SOARのパストラーレ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』・・・泣けます!傑作です!

<<   作成日時 : 2005/09/25 09:32   >>

トラックバック 6 / コメント 8

「あなたが最も泣けた映画は?」

そんな質問をされた時に、「これや!」って自信を持って答えられるお気に入りな作品が、映画ファンなら誰にでも1本や2本はあると思う。私にももちろんそれはある。文句なし一番の1本が。しかしそのタイトルを口にすると、「え〜?マジに言ってんの〜?」的な反応をされることが多い。これが非常〜に残念!観てない人から先入観によってここまで嫌われてる作品もめずらしいのではないだろうか。

『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』

・・・・・ほらね、今これ読んで「え〜?」って思ってる人、多いんじゃないか。しかしこの作品、劇場版クレしん第10作は、某映画評価サイトでのアニメ部門におけるランキングで、堂々の3位にランクインしているのだ。
ジブリ映画、とりわけ宮崎監督作品には一目置く私だが、客観的にみてこの『戦国大合戦』は、『ラピュタ』や『ナウシカ』には負けても『トトロ』や『魔女宅』とは互角、『もののけ』や『千と千尋』には勝っているように思う。(評価基準が難しいところではあるが)

【以下多少のネタバレあり】
戦国時代にタイムスリップしてしまったしんのすけと野原一家。そこで一人の侍(又兵衛)と彼が仕える殿様の一人娘(廉姫)に出会う。この二人の身分の差ゆえの悲恋を軸にストーリーは進んでゆくわけだが、5歳のしんのすけが戦国の世の不条理に直面して、時に悩み、時に怒り、時に涙する、そんな5歳児なりの心のうちを実にキレイに描いている作品だ。
ラスト近く、しんのすけが必死に涙をこらえ立ち尽くすシーンがある。それでもこらえ切れずこぼれ落ちる涙・・・。私はこのシーンにとにかく弱い。何度観ても絶対泣いてしまう。
そしてラストシーンへ。

無事我が家に帰りついて空を見上げるしんのすけ
「あ、おじさんの旗だ!」
続いて場面は数百年の過去へ。そこで同じように空を見上げる廉姫
「おい、青空侍・・・」

観てない方にはなんのこっちゃ?なセリフだけど、後半さんざん悲しいシーンを見せられてのこのラストが実に爽やかで後味がよい。最後の最後でもうひと泣きさせられてしまうわけだが、それはなんとも心地よい涙。完璧なエンディング。
時代物、タイムスリップ物としての完成度もそれなりに高く、時代考証もかなりしっかりしているし、“変えてしまった歴史はいずれ修正される”というツボもきちんと押さえられている。
前年公開の第9作『モーレツ!大人帝国の逆襲』と共に、私が自信を持ってお薦めする作品です。

ところでその『アッパレ!戦国大合戦』が10月1日にテレビ朝日系で放送されるようだ。PTAのおかげで「子供に見せたくない番組」のイメージが強いクレしんだが、『アッパレ!戦国大合戦』は公開当時いくつもの賞を受賞した作品でもある。また、子供にせがまれ渋々劇場に足を運んだ親たちがその内容に感動し、後日リピーターとなって大人だけで再度劇場にて鑑賞したケースが多かったことでも話題になった。

子供に見せたくないと判断するのも、下品なマンガと評価するのも人それぞれだからそれはかまわない。ただし!先入観は抜きにしましょうよ。評価は見てからにしませんか。

2009/09/15追記
『BALLAD〜』の記事からこちらへ来ていただいたみなさん、ありがとうございます。この記事は4年前の2005年に書いたもので、テレビ放映については当時の情報ですのでご注意ください。


映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦
映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦 [DVD]
goo 映画
goo 映画

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!戦国大合戦』 (DVD)
 クレしん映画は感動すると聞いたことはあったのですが、今まで未見でした(^^;。お友達のお薦めもあって鑑賞。クレヨンしんちゃんというと、まあ・・・私もよく見ていましたが(笑)、どうしてもお下品という評判がついてまわると思いますが(お子さんたちには見るなとは言わないけどお尻出したり親を名前で呼び捨てにするのはやめようね〜!)・・・結構奥が深くて感動してしまいました。テレビアニメは昔はよく見ていましたけど、実は劇場版を見るのはほぼ初めて。(ちらっとテレビで見たことはあったかな・・・。) ...続きを見る
みゆみゆの徒然日記
2009/05/16 00:30
クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦
まさか「クレヨンしんちゃん」で恥ずかしくなるほど号泣するとは思いもしませんでした。前作『モーレツ!オトナ帝国の逆襲』で泣いた以上に、大泣きしてしまいました。正直言いまして、実写リメイク版の『BALLAD名もなき恋のうた』にここまでの感動は期待できないと断言でき.... ...続きを見る
めでぃあみっくす
2009/08/29 16:21
クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦
ブログネタ:シリーズもので面白い映画 参加中 ...続きを見る
映画、言いたい放題!
2009/09/05 00:36
「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」
クレヨンしんちゃんの劇場版アニメでも、評判の良かった2002年公開の本作は、 いつか見ようと思ってたけど、丁度地上波で放送してたので録画・鑑賞。 本作の実写版映画がスマップ・草? 剛主演で公開中だし・・・ 行方不明中と報道されてた原作者の臼井 儀人さんは、 荒船山の崖下の遺体がほんにんとかくにんされたようだし・・・ タイミングがいいんだか、悪いんだか?の複雑な鑑賞になってしまった。 ...続きを見る
★☆ひらりん的映画ブログ☆★
2009/09/22 04:07
クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦
映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦 [DVD]/出演者不明 ...続きを見る
シネマと書店とライブハウス
2010/04/11 12:38
《クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦》
「BALLAD 名もなき恋の歌」がとても良くて、その時にしんちゃんの原作の方がいいよーという声を沢山聞いたので見たかった作品。 とーっても人気のようで、なかなかレンタルできませんでした。 ...続きを見る
日々のつぶやき
2010/08/07 17:47

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
今まで何でクレしん映画を見ていなかったんだろう・・と思いました・・・。
またこちらで記事を拝見して、あのラストの台詞(しんのすけも廉姫も)がよかったな〜・・・と思いました(^^)
みゆみゆ
2009/05/18 00:49
コメントのところに記事を見つけて、思わず書き込みします。
素晴らしかったですねえ。話のうまさに、時代の使い方、おまたのおじさんのキャラも最高でしたし、怒涛の最後への流れは、涙にくれてました。
いや、子供と、見に行ったので、あんまり泣いてもいられなかったのですが、それでもこらえることができませんでした。あれから7年も経っちゃったんですね。
誕生日のプレゼントに、亭主からDVDを買ってもらいました。
この映画の最大の思い出は、満員の劇場で、みさえがしんちゃんをはっしと助けたとき、会場から拍手喝采が起こりました。自然発生的に!!
あたしも長いこと、映画観てきましたが、満員の会場で、拍手喝采が起きたのは、後にも先にもあれだけです。
会場全体が一つになって見てましたね。
このことを、矢口史靖監督と話す機会があったとき、おこがましくも言ったのですが、「それが映画作り冥利に尽きる!!」と、語ってました。
失礼しました。
sakurai
2009/05/18 09:02
みゆみゆさん、こんにちは♪
監督さんによってがらっと作風が変わるクレしん劇場版、まだまだいい作品があるのでぜひ観てくださいね。

廉姫の「おい、青空侍」、
そしてぽろっと涙がこぼれ落ちるあのラストは、アニメ映画史上屈指の名ラストシーンだと思います!
SOAR
2009/05/19 18:47
sakuraiさん、古い記事に気付いていただきありがとうございます!
7年前ですからお子様連れでというのは今のちびちゃんではなくお兄ちゃんのときですね。
私は劇場公開時全く興味がなかったことを今でも激しく後悔しています。
みさえのあのシーンは、胸がキューっとなりますよね。その直後のひろしでけっきょく笑ってしまうのですが(笑)
演劇やコンサートではなく映画で拍手がわくなんて!私もいつか体験してみたいです。
今後の原監督(と矢口監督)作品では拍手の準備をしておこうっと♪
SOAR
2009/05/19 18:47
先入観がなくても号泣できる映画ですが、先入観があったからこそもっと号泣できた映画でもありました。
そういう意味でも好き嫌いせずに見ていただきたい映画ですよね。

私はひろしが「野原家ファイト!オー!」の気合の下、愛車で戦場を撹乱するシーンで涙腺が決壊しましたよ。
にゃむばなな
2009/08/29 16:20
にゃむばななさん、こんばんは♪
初見時に感動で涙した作品は数知れずですが、何度見ても感動が色あせず泣ける作品となるとかなり限られてきます。
戦国大合戦は間違いなくそんな一本ですよね。私なんてDVDが擦り切れるほど(擦り切れませんが)繰り返し観てますが、毎回うるうるです。

はい、そこも名場面ですね。「お助けしなくていいのかなあ」というしんのすけの言葉がひろしの心を動かします。そして気合の一言!
SOAR
2009/09/01 23:03
こんにちはー♪TB&コメントありがとうございます!

いいという評判は聞いていたので、期待しすぎると拍子抜けしちゃわないかな・・と心配しながら鑑賞したのですが・・いやー良かったです!
こんなにアニメ、しかもクレヨンしんちゃんで泣けるとはー

あの、いつもふざけていておばかなことばかりしているしんちゃんが・・
しんちゃんの口から「おまたのおじさんだいじょうぶかな?」「おまたのおじさんオラもてつだう?」なんて言葉が出るともういちいち泣けてきちゃって。

ラストも哀しくて切ないんだけどいいんですよねー
DVDやっぱり買います!!

hito
2010/08/07 17:56
hitoさん、こんにちは♪
しんのすけが又兵衛を慕う気持ちが繊細に描かれ続けるので、ラストの切なさがどうにもたまらなくなりますよね。しんのすけの素直な一言一言が又兵衛と廉姫の心を優しく溶かしていく様子も素晴らしいと思います。

クレしん本来のターゲットを明らかに逸脱した脚本と演出が問題になったとかならなかったとか聞きますが、多くの人の心を掴んだことは間違いないし、思い切ったことをやってくれた原監督にほんと感謝ですね。

夏休み中にもう一回観ようっと!
SOAR
2010/08/08 12:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』・・・泣けます!傑作です! SOARのパストラーレ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる