SOARのパストラーレ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ユナイテッド93』

<<   作成日時 : 2006/08/18 22:09   >>

トラックバック 3 / コメント 4

なんというか、すごい映画だった。ここ最近劇場鑑賞した作品の中で最も衝撃的だったのは確か。

2001年9月11日の朝、NYのニューアーク空港を離陸したユナイテッド航空93便。あの悪夢の日にハイジャックされた4機の旅客機のうち、テロリストの計画を乗員乗客たちが唯一阻止し墜落させた機の、事実に基づくドラマである。

判明している事実を軸に(推測部分も織り交ぜながら)淡々と話は進んでいく。立ち向かう乗員乗客たちのヒロイズムが強調されるでもなく、かといって4人のテロリストたちが必要以上に凶悪に描かれるわけでもない。ドラマとしての脚色が最小限に抑えられているのだ。
また離陸から墜落までの時間と、映画の「尺」が近いせいもあってか、各管制センターや軍の防空指令センターと、それぞれの立場でこの事件に直面した人々の緊迫した姿も丁寧に描かれていた。

今月始めにディスカバリーチャンネルで放映された、『9・11抵抗のフライト』というドキュメンタリー番組を見てからの鑑賞となったのだが、その番組では再現ドラマの合間に遺族の方たちが語る場面が多かったので、スクリーンの中で家族に別れを告げる乗員乗客たちのシーンのときに、電話の向こうの家族の顔が思い浮かんでしまい胸が痛かった。

93便の最期については、戦闘機による撃墜説も存在する。映画のようにコックピットに突入しての戦いが実際にあったかどうかはわからないが、家族との間で交わされた電話ひとつひとつは紛れもない事実であり、

「みんなで犯人たちと戦うことに決めたよ・・・愛してる、さよなら」

といった内容の録音も複数残っている以上、彼らがテロリストたちに屈することなく消火器や熱湯やフォークを武器に立ち向かっていったのは間違いない。ワールドトレードセンターやペンタゴンの惨劇を家族との電話から知った彼らは、自分たちが生還するためには犯人を倒さなければならないこともわかっていたはずだ。

ワシントンDCに転進した93便の目標はおそらくホワイトハウスだったことだろう。結果としてこれを阻止した彼らの勇気、たまたま乗り合わせた者同士の団結と行動、絶望を確信してなお家族を思う優しさと強さ。無名の俳優さんたちのすばらしい演技もあって、こうした彼らの姿に強い感銘を受けた。

鑑賞中隣席の女性が後半に入ってからずっとすすり泣いていて、若い方だったと思うがその声がまだ耳から離れない・・・。


☆spicaさんのブログ『いつかどこかで』にもこの作品の感想があります
goo 映画
goo 映画

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
17個の9.11の記事
ヒロさんの日記に17個の9.11の記事がある。 まだ全部読み切れていないけれど、これは本当なのかという思いがある。 ...続きを見る
大津留公彦のブログ
2006/08/23 06:03
『ワールド・トレード・センター』の価値
8月の『ユナイテッド93』に続いて、同じくあの「9.11」を扱った作品、『ワールド・トレード・センター』を観た。 ...続きを見る
SOARのパストラーレ♪
2006/10/15 01:41
『ユナイテッド93』
なんとなくずっと観れずにいた『ユナイテッド93』をやっと鑑賞しました。9・11テロを題材にしたものとして比較するなら、個人的には『ワールド・トレード・センター』よりこちらの作品の方が好みかも。 ...続きを見る
cinema!cinema!〜ミーハー映...
2008/07/14 21:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
この映画のすごいところは、SOARさんが書かれているように「乗員乗客たちのヒロイズムが強調されるでもなく、かといって4人のテロリストたちが必要以上に凶悪に描かれるわけでもない」ことだと思います。
派手な爆発シーンがあるけでもない。有名なスターが出ているわけでもない。それでいて(それだからこそか)静かに訴えかけてくるものがあります。こういう描き方があるんだとしみじみと思いました。
spica
2006/08/19 19:45
spicaさん、こんにちは♪
“真実に基づいたストーリー”がウリの作品って多いけど、それとは根本的に違う作りなんですよね。
本文で触れませんでしたが、冒頭のシーンが非常に印象的でした。事件の朝、ホテルの一室で犯人たちが祈りを捧げるシーン。
テロ行為の成功を祈るというよりは、普段と変わらぬ日常のお祈りに見えました。
SOAR
2006/08/20 13:22
SOARさん、初めまして。
映画の完成度は高いそうですね。実はこの事件は日本の新聞・テレビが伝えない事実が沢山あるようですね。(最新の米・世論調査では約4割の人が政府の9/11への関与を疑っています。。。)

「2001年9月11日にはテロは起きなかった・・・」とする、9・11・ドキュメンタリー「Loose Change=ルース・チェインジ」が全世界で波紋を広げていますが、22歳のディラン・エイブリー監督が百万円以下で制作した作品を、既に二千万人以上がネットで観て話題です。

初の劇場用映画となる3弾のプリビューも来月のイベントで公開予定など、いまアメリカ国内では「9・11真相解明運動」が高まっています。

英語版なら色んな場所から、2弾=完全版を「無料」でダウンロードできます。現在「911 cover up」で登録。詳しくは検索で。真実に関心があればお薦めです。
http://www.wa3w.com/911/index.html
http://www.mypress.jp/v2_writers/hirosan/story/?story_id=1461254
ホワイト・ラビット
URL
2006/08/21 14:47
ホワイト・ラビットさん、はじめまして。
なるほど。9.11には多くの見解があるようですね。真実が明らかになる日が果たして来るのか来ないのか。
あの日4機の旅客機と2棟のビルが、そこにいた多くの人々と共にこの世から消えてしまったことだけは、変えようのない真実だと思います。
SOAR
2006/08/22 22:45

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『ユナイテッド93』 SOARのパストラーレ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる