SOARのパストラーレ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS あってはならない社保中京病院での出来事

<<   作成日時 : 2006/10/14 17:07   >>

トラックバック 0 / コメント 2

善意からの臓器提供意思。それによって摘出された腎臓を病院職員が誤って廃棄するという信じられない事件が起きた。

「提供された腎臓捨てる 社保中京病院 名古屋」

私が臓器提供意思表示カードを持つようになって1年が経った。(“私が「意思表示カード」を持つ意味”)
画像

裏面の意思表示欄では腎臓はもちろん、記された各臓器に丸を付けてある。以前にも書いたように自分の命が尽きると同時に、尽きかけていた他の人の命が再び輝き出すことに意義を感じたからだ。
画像


命をつなぐ・・・そう臓器移植は命のリレーだと思う。
なのに!!それを託された医療機関でのこの失態。これでは既に亡くなっている提供者も浮かばれないし家族の方だってやりきれない。そして、移植を予定されていたふたりの腎不全患者の方たち。待ち望んだ末やっと見えた希望の光は、最悪のかたちで潰えてしまった。

カードを持つ持たないにかかわらず、臓器提供に理解を示しその意思表示をする全ての人の思いが、無駄になることのないよう切に願う。
goo 映画
goo 映画

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
毎日嫌なニュースが多いとぼやいておりますが、このニュースほど腹立たしいものはありませんでした。
臓器を提供を決意した時の気持ち、臓器を提供せざるを得ない状況に直面した時の本人や家族の気持ち、実際に提供した時の遺族の気持ち。
病院関係者にとって日常の出来事のひとつかもしれませんが、提供側の当事者にとって一生に一度のことです。
それが。。
カードを持たない私でも怒りをおぼえるのだから、カード保持者のSOARさんはもっと情けなく思っておられるでしょうね。(興奮してしまった。。コメント長くなってすみません)
海にゃん
2006/10/14 20:11
海にゃんさん、こんばんは♪
まったくもって腹立たしいです。ドナーの方がどういう経緯で腎臓提供に至ったのかはわかりませんが、ご本人か家族の方の一大決心があったことは確かです。
それを誤って捨ててしまったとはいったい・・・。
病気で苦しむ人に役立ててもらおうと、死後の体にメスを入れることを承諾した家族の方の無念は計り知れません。
記事ではあえてトーンを落としましたが、私だって憤りで興奮してますよー。
SOAR
2006/10/15 01:52

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
あってはならない社保中京病院での出来事 SOARのパストラーレ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる