SOARのパストラーレ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記』・・・でリンカーンの件はどうなったの??

<<   作成日時 : 2008/01/13 23:55   >>

トラックバック 3 / コメント 2

レンタルDVDで観た前作『ナショナルトレジャー』が、「これ劇場で観たかったかも」と思わせるほど予想外におもしろかったので、続編に当たる今回の『ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記』を迷うことなく劇場鑑賞した。

歴史学者ベン・ゲイツ(ニコラス・ケイジ)と相棒のライリー、前作のヒロインであるアビゲイル・チェイス(ダイアン・クルーガー)の3人組、そしてベンの父(ジョン・ヴォイト)、FBI捜査官(ハーヴェイ・カイテル)といった面々は今回も健在で、さらに敵役のウィルキンソン(エド・ハリス)が新たに加わったこの渋めのキャスティングは個人的に大満足。

サクサクした小気味よいストーリー運びもこれまた前作同様で、謎をひとつひとつ解き明かしながらパリ、ロンドン、ワシントンと世界を飛び回る前半は飽きる間もない。バッキンガム宮殿やホワイトハウスになんなく侵入してしまう彼らはまるでルパンや次元たちみたい(笑)で楽しい楽しい。

リンカーン大統領暗殺実行犯の日記から破り取られていたページを持って現れるウィルキンソンが、ベンの遠い先祖の共犯説を唱えることから今回の冒険(?)が始まるというのもおもしろい。ゲイツ家の汚名を晴らすために歴史の真実に迫ろうと立ち上がるベンと仲間たち・・・。

・・・と。よかった点をまず書いてみたけれど、実際には観ていてだんだん自分のテンションが萎えてしまった。正直今ひとつ盛り上がりに欠けた感じ。そもそも今作に私が何より惹かれたのは、史実であるリンカーン暗殺事件の謎に迫るというサスペンスタッチな部分に期待したから。たしかに序盤はそんな雰囲気もある。でも話が進むにつれいつの間にか“お宝探し”になっちゃってるんだよね。おーい、リンカーンはどうした〜!?(爆)

あとどうしても言いたいのがエド・ハリスについて!
『アビス』以来私の大好きな俳優さんなんだけど、彼が全然生きてないじゃないか〜!
ベンと敵対する存在という点では前作でショーン・ビーンが演じたイアンのほうがよっぽどよかった。劇中でのエドのポジションがなんとも中途半端だったのがもったいない。ウィルキンソン役が彼クラスじゃなかったらあまり印象に残らんぞ。
(余談だがマイベストテンに入る映画、『ザ・ロック』におけるニコラス・ケイジとエド・ハリスの敵対する様はよいです!)

まあエドの件はともかく、私の期待が的外れだっただけで映画的にはけっしてつまらない類の作品ではないと思う。スリルありアクションありのトレジャーハントものは元々観る人を選ばないジャンルだけど、そんな中でもこの作品は前作も含めいろんな世代がそこそこ楽しめる映画であることは確かじゃないかな。このあたりはさすがディズニーってとこか。

あ、そうそう!大統領秘密文書とやらの47ページって何が書いてあったんだろう?映画ご覧になったみなさん、気になりますよね〜!!

★『ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記』公式サイトはこちら
goo 映画
goo 映画

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記
やると思った!『ローマの休日』ネタ。 ...続きを見る
ネタバレ映画館
2008/01/14 04:53
★「ナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記」
今週の週末レイトショウ鑑賞は・・・ ニコラス・ケイジ主演の「ナショナル・トレジャー」の続編。 前作の印象を振り返ると・・・ なんかアメリカ国内の史跡巡りお宝ツアー映画だった・・・って感じ。 しかし・・・ ...続きを見る
ひらりん的映画ブログ
2008/01/27 23:56
ナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記
 最近映画観る回数が減ってストレス気味。。。そんなわけで上映終了が近くなってきましたが、ナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記を観てきました。 ...続きを見る
よしなしごと
2008/02/02 15:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
気になるのが47ページですよね(笑)
席を立ち上がりながら・・「47ページなにがかいてあったの?」そう息子にたずねられました。

たしかに エド・ハリスの役は ちょっとかわいそうっていうか・・いきてませんでしたね。
逆に彼じゃなくてもいいかもっていう・・。
最期の場面もなんかあっけないというか、なんというか。
息子みたいな人間が見ると、「で、あの人はいい人悪い人?」そんな感想になっちゃうみたいだし(汗)

ニコラス・ケイジが 続編には普通は出ないのに出たいと思った作品といってたので、かなり期待しちゃったのですけど。
面白かったけど、なかなか1を抜いて面白いって思えるのはむつかしいのでしょうかね〜
亀子
2008/01/15 11:37
亀子さん、こんばんは♪
エドって悪役に徹した時にはもっと凄みが出る人なんですよ。また強さや優しさも似合う役者だと思います。
その両方を求めての抜擢だったのでしょうが、裏目に出たというかどっちも中途半端になっちゃったように感じました。だから息子君の感想もある意味的を得てるのではないかなあ。

あ、亀子さんそちらのブログでフェラーリのことに触れてましたよね。あれって前作の終わりでライリーが手に入れたものなんですよね〜!
SOAR
2008/01/15 22:26

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記』・・・でリンカーンの件はどうなったの?? SOARのパストラーレ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる