SOARのパストラーレ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 『アイ・アム・レジェンド』・・・今日も戦うウィル・スミス(^^ゞ

<<   作成日時 : 2008/01/28 21:26   >>

トラックバック 3 / コメント 0

実は『ナショ・トレ2』より楽しみにしていた『アイ・アム・レジェンド』。でもあんまりもったいぶっているといつの間にか終わっちゃいそうなので満を持して観てきた。

【ネタバレありです ご注意を!】
あえてたいした事前情報を持たずに観たものだからいろんな意味でびっくり・・・というのが正直な感想。なにせ私がイメージしていたのは近未来SFであり、政治や医療や軍事・兵器の絡むサスペンス仕立てにより、ウィル・スミス演じる主人公ネビルが“世界最後の男”となってしまったワケを明かしていくといったものだったので、そうではなくむしろ闇に潜む感染者のなれの果てとの壮絶な戦いに重点を置いた、ぶっちゃけゾンビホラーだったのには驚いた。

が、これは裏切られたとか期待はずれというのとは違い、映画としてはかなり見応えある作品だったので、まあなんというか救われた感あり。どうせならそういうお話ですよって言っといてくれればいいのに〜(笑)

荒廃したNYで彼とともに行動する愛犬のサムがいい。封鎖が決まったNYを脱出する妻と娘から託されたサムの存在は、直後に妻子を失うことになる彼にとってまさに生き残った唯一の家族。街にあふれる鹿を追って危険な場所に飛び込んでしまうサムを救い出すネビル。かと思えば感染者のトラップにかかりゾンビ犬に襲われるネビルを守ろうとするサム。
そしてついには感染してしまうサムをその発症の瞬間まで抱き続けるネビルのシーンは泣けた。シチュエーションとしては目新しいアイデアではないが、サムが発症したそのときにネビルが何をしようとしているのかが観ていてはっきりと伝わってくるのでどうにも泣けた・・・。
ウィルのここの演技はとにかくよかった。

それにしてもウィル・スミスは世界を救うべく、特殊かつ異常な敵の集団としょっちゅう戦ってるなあ〜(^^ゞ
大挙して押し寄せる感染者たちの異様なすばしっこさやそのグロ怖さに、『アイ・ロボット』や『インディペンデンス・デイ』での敵集団を連想した方は私だけではないだろう。
ロボットや異星人やゾンビを相手に日夜戦うウィル・スミス!この世の平和を守っているのは地球防衛軍でもアメリカ空軍でもウルトラ警備隊でも富士教導団(マニアックすぎ!)でもヤッターマンでもなく、きっとウィル・スミスその人なのだ!(おいおい)

★『アイ・アム・レジェンド』の公式サイトはこちらから
goo 映画
goo 映画

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
★「アイ・アム・レジェンド」
2007.12.14の金曜日公開初日の本作。 TOHOシネマズ川崎ではナイトショウタイムもやってたので、見てきちゃいました。 主演はウィル・スミス。 ...続きを見る
ひらりん的映画ブログ
2008/01/29 01:59
アイ・アム・レジェンド
ボブ・マーリーを知らない世代がいるのか・・・ ...続きを見る
ネタバレ映画館
2008/01/29 04:08
2007年最後の劇場映画鑑賞は アイ・アム・レジェンド でした
 スーパーマンVSバットマンは2009年公開なのかな? ...続きを見る
よしなしごと
2008/02/02 23:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『アイ・アム・レジェンド』・・・今日も戦うウィル・スミス(^^ゞ SOARのパストラーレ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる