SOARのパストラーレ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 『名探偵コナン 戦慄の楽譜』・・・“絶対音感”の解釈

<<   作成日時 : 2008/04/25 22:39   >>

トラックバック 14 / コメント 6

会社帰りにコナン君の新作『戦慄の楽譜(フルスコア)』を鑑賞。うん、これはなかなか楽しめた。

コナンシリーズの劇場鑑賞は昨年に続き二度目。前作『紺碧の棺(ジョリーロジャー)』が正直イマイチで今後劇場で観るのはやめようと思っていたこのシリーズだが、今作は音楽ネタということでやはり観たくなってしまったのだ・・・(^^ゞ

【以下、劇中の事件そのものに関するネタバレはありません

コミック&テレビアニメ作品の映画化ということで入れなければならない要素も何かとある中で、今回は単体の音楽サスペンスとしてもそれなりに高い完成度でまとまっていたと思う。鍵盤楽器の運指の描写はアニメとしての技術的なレベルからすると昨年観た『ピアノの森』のほうが数段上を行くが、あちらはピアノ演奏シーンがとにかく重要な作品なので比べてどうこう言う必要はないだろう。

トリックやその謎解きにおいてキーとなるのが“絶対音感”。私的にはこれの表現にも注目していた。コナンと怜子がある方法で電話をかける場面と、哀がリコーダーを吹いてコナンにあるメッセージを伝える場面。このふたつは絶対音感がなければたしかに不可能。
ただしパイプオルガンの「シ」の音の異常に絶対音感を持つ者だけが気付くという設定については、単音で鳴らしたのではなく楽曲演奏中のシーンだったので、この場合なら絶対音感がなくても一定レベルの相対音感の持ち主・・・居合わせた演奏家たちなら気付くはずで、ま、しいて言うならこれがツッコミどころだったかな。

もちろんこれは“より優れた音感を持つ登場人物だけが気付いた”という表現であり、たまにドラマなどで見かける絶対音感のトンチンカンな解釈とは違うので念のため。さほどの違和感はないし目くじらを立てて指摘するレベルではありません。
(ところであの電話のかけ方、理論上はおそらく可能なんだろうけどスゴ過ぎ!)

それにしても全編を通して流れる楽曲のなんと心地良いこと♪
テレビアニメではたとえ1時間枠のスペシャル版でもクラシック中心というのは番組制作上無理だろうから、これはもう劇場版ならではの醍醐味といったところか。

まずゲネプロのシーンで怜子が歌う「アヴェ・マリア」でゾクッと来るが、それよりなによりラスト近くで彼女が朗々と歌いあげる「アメージング・グレイス」!これは鳥肌モノである。彼女が突然歌い出すのは実は時間稼ぎのためで、この間に我らがコナン君がある仕掛けを解除すべく孤軍奮闘しているのだ・・・というストーリー展開が頭の中で一時中断してしまうほどの名場面だった。
ちなみにアメージング・グレイスのメロディが聴こえてくると私はどうしても亡くなった本田美奈子の歌声を重ねてしまう。10代の頃大ファンだったんだよねえ・・・うるうる(T_T)

ラストも爽やか。蘭と園子の会話の中でちらりと出てくる中学生時代の蘭と新一のケンカの顛末に、実は怜子のアメージング・グレイスがかかわっていたというエピソードは、観終わった後の心地良さをより深いものにしてくれた。

おっと忘れちゃいけない。エンドロールで流れる主題歌はZARD!アメージング・グレイスに本田美奈子を思ってうるっと来ていた私は、最後の最後で今度は亡き坂井泉水の歌声を聴かされてもう完敗!“参りました状態”で席を立った。そういえば彼女が亡くなってそろそろ一年になるんだ・・・・。
(08/05/27追記:主題歌『翼を広げて』の記事をアップしました)

シリーズ中きちんと観た作品はせいぜい3〜4本なのでなんとも言えないが、今作は歴代作品の中でも傑作の部類に入るんじゃないかな。事前にコミックやアニメ版『名探偵コナン』の設定を押さえておかなくても充分楽しめる作品なので、特に楽器演奏や声楽の経験があって推理モノが嫌いじゃない方はぜひ。
子供向けアニメという先入観だけで敬遠するにはちともったいない作品ですヨ!

★『名探偵コナン 戦慄の楽譜(フルスコア)』公式サイトはこちらから
goo 映画
goo 映画

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(14件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
名探偵コナン 戦慄の楽譜(フルスコア)
今日は、『名探偵コナン 戦慄の楽譜(フルスコア)』を見てきました。 いつも同じ映画館で見るのですが、何故か今日は、とにかく音がうるさかった。 ストーリー中のセリフの時は良いのですが、はじまる時のいつもの音楽(ちゃらんちゃちゃちゃ♪ってヤツ)が流れてる時、これまたいつもの「・・・真実はひとつ!!」ってセリフに、大音響で被さって、耳を押さえたくなりました。 ...続きを見る
Matthewの映画日記?
2008/04/26 10:36
劇場版「名探偵コナン・戦慄の楽譜(フルスコア)」みた。
納得の行く”劇場版:コナン”が戻ってきた!本当にただ嬉しいのひと言。脚本が古内一成さんに戻っただけで、なんともあっけなく(涙) 13弾は確信していたけど、これで絶望することなく待てる。復活に感謝!(し ...続きを見る
たいむのひとりごと
2008/04/26 18:16
名探偵コナン 戦慄の楽譜
 拙ブログ、1000記事突破記念、「音楽ベスト10」募集中!あなたが考える音楽史 ...続きを見る
eclipse的な独り言
2008/04/27 19:29
【2008-101】名探偵コナン 戦慄の楽譜(フルスコア)Full Score of Fear
人気ブログランキングの順位は? ...続きを見る
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!...
2008/04/30 23:01
劇場版名探偵コナン戦慄の楽譜(フルスコア)感想
名探偵コナン戦慄の楽譜(フルスコア)観に行きました。 ...続きを見る
篤姫 F1ブログコム
2008/05/03 22:44
名探偵コナン 戦慄の楽譜(フルスコア)
今年はアヴェマリアとアメージンググレースの当たり年。 ...続きを見る
ネタバレ映画館
2008/05/05 11:25
名探偵コナン「旋律の楽譜」
今回は、クラシック音楽界を舞台とした難事件!!堂本音楽アカデミーで練習中だったプロの音楽家3人がレッスン室に仕掛けられた爆弾の爆発に巻き込まれ2人が死亡、1人が重傷を負う事件が発生!!3人ともアカデミー出身で、現在活躍中の有名な音楽家だった。しかもその... ...続きを見る
Sweetパラダイス
2008/05/06 18:16
名探偵コナン戦慄の楽譜<ネタバレあり>
 最新作のテーマは 音楽 ですとコナンって 究極に音痴やってんな(^-^; でも絶対音感持ってるねん そしてバイオリンも弾ける  凄いんだか凄くないんだか・・・謎っ音楽家たちが 次々に殺されていくねんけど それぞれの人物の繋がりとか関係が徐々に分かって... ...続きを見る
HAPPYMANIA
2008/05/07 05:49
名探偵コナン 戦慄の楽譜(フルスコア)☆独り言
はい、今年も『名探偵コナン』詣でをしてまいりました。なんだかなぁ〜と思いつつも、とりあえず劇場版チェックしに出かけてしまう性、、、今回のテーマは音楽・・・音楽学校での爆破事件から始まる一連の事件堂本ホールのこけら落としのコンサートで何かが起こる?『名探偵 ...続きを見る
黒猫のうたた寝
2008/05/07 21:42
名探偵コナン 戦慄の楽譜(フルスコア)
GW中の映画9本観まくり、4/30は、109シネマズ富谷で「あの空をおぼえてる」、<a href="http://minkara.carview.co.jp/user ...続きを見る
欧風
2008/05/16 06:13
名探偵コナン 戦慄の楽譜 観てきました
 去年の名探偵コナン 紺碧の棺はいまいちでしたが、予告編のアメイジング・グレイスを聞いた瞬間、今年も観に行かなくては!!と決めていたのですが、やはりアニメ映画はレイトショーがないのでなかなか見に行けませんでした。ちょうど代休を取らなくてはいけなくなったので、ようやく名探偵コナン 戦慄の楽譜を観ることができました。 ...続きを見る
よしなしごと
2008/05/31 16:44
名探偵コナン 戦慄の楽譜(フルスコア)
上手く歌えねど、絶対音感有り ...続きを見る
Memoirs_of_dai
2008/10/13 16:46
コナン戦慄の楽譜(116作目)&疾風&探偵
戦慄の楽譜は地上波でして鑑賞したのだけども 結論だが音楽は満足も絶対音感を強調し過ぎだね ...続きを見る
別館ヒガシ日記
2009/05/09 14:58
名探偵コナン 戦慄の楽譜(フルスコア)
映画名探偵コナンの12弾。 今回のお話はアクションは少ないし、蘭が特別危機に遭うわけでもないのですが かなり、良かったと思います。 ...続きを見る
単館系
2012/04/17 21:40

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
びっくりしました。「コナン」も観に行かれたんですね〜。
劇場でないですけど、映画は全部観ています&コミックもほとんど持っています(笑)ジョリーロジャーは、私もいまいちだと思っていたので、今回は面白いんですね〜。ネタバレは、飛ばして読みました(笑)

ちゅう
2008/04/26 08:26
ちゅうさん、こんばんは♪
元々コナンは嫌いじゃないうえに、今回の題材はクラシック!
学生時代にその方面で青春していた私は観るしかないでしょ〜!(笑)
先日地上波で放送した「ジョリーロジャー」はガッカリ。冒頭のカーチェイスシーン、丸々カットでしたね。
劇場でビックリした「ル●ン」と「不●子」を改めて見たかったのに〜。
SOAR
2008/04/26 18:49
こちらには初めまして^^;
コナン君の劇中に流れる「アヴェマリア」の作曲者を教えていただき、ありがとうございました。

話が まったく違うことになりますが、オリジナル曲の「Crystal Tears」 すでに3回続けて再生してます。
とても美しい曲ですね。

今回の・・・という説明があるところからすると、他にも 作品があるのだと思いますが、
他の作品も聴かせていただける方法はないでしょうか?

ひさしぶりに 音楽で キュンとしました^^;
空見子
URL
2008/04/28 19:01
空見子さん、ようこそ♪
お役に立てて何よりです。

オリジナル曲、聴いていただきありがとうございます。ここには短めの曲を不定期に差し替えながら公開しているのですが、最近新曲がなかなか・・・(^^ゞ
他の作品の試聴の件、なにか方法考えます。とりあえずは既存曲での更新ペースをあげますので、よかったら時々チェックしてみてくださいね。

気に入ってもらえて感激です!
SOAR
2008/04/29 00:36
はじめまして!私もみました。クラシックが多く、またやや地味なので子供は退屈しそうですね。さて●を○に付けることが簡単にできるのでしょうか?コナンが数分で外せた?オルガンがちらっと見たことがありますが大変だと思います。それから肝の絶対音感。平均律であればなかなかいいのですが、キルンベルガーやヴェルクマイスター等の調律法あるいはキー音の周波数が低く調律してあると、違和感が有るはずです。もちろん凄い人はいますが、セントの違いは微妙で問題にならないときがあります。
しかしコナンや怜子がそれだけこだわりがあるのなら、調律法に拘りが無いのもちょっと疑問があります。ある調査では奏者は完全なセントの間隔で弾いてないことも指摘され、またある曲の演奏ではヴェルクマイスターを念頭におくとしっくりくることがあります。
たぬき
2008/04/30 20:54
たぬきさん、はじめまして♪
ひえ〜、ごめんなさい。調律法の知識皆無です私(^^ゞ
ただストーリー上はあくまで“12平均律で調律してあるオルガンの一音だけが・・・”という解釈が自然でしょうね。
そういえば管楽器をやっていたころ、セントレベルのピッチコントロールを要求する指揮者がいましたよ。
「そこ、●●!もうちょい低めに!」みたいな。
例えば同じAでもそれが和音構成のどこで使われるかによって音程を微妙に上下させる必要がある・・・当時はそう理解してました。

いずれにせよ熱心なコナンファンにはちょっと物足りないかわりに、私のように音楽目当てで観た人が意外に楽しめる、そんな作品でしたね♪
SOAR
2008/04/30 21:56

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『名探偵コナン 戦慄の楽譜』・・・“絶対音感”の解釈 SOARのパストラーレ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる