SOARのパストラーレ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 『誰も守ってくれない』・・・救いのない中から見えてくる希望

<<   作成日時 : 2009/01/24 17:56   >>

トラックバック 42 / コメント 20

事件の被害者ではなく加害者側、すなわち容疑者の家族を警察が守る場合があるという。警察は公に認めていないそうだが、その是非はともかくとしてこういう対応はあって当然な気がする。

本作はある容疑者の妹沙織(志田未来)と、彼女を守ることになった刑事勝浦(佐藤浩市)の、マスコミやネット掲示板の悪質な書き込みに追い詰められながらの逃避行をセミドキュメンタリータッチで描く社会派ヒューマンドラマで、ありがちな感動物にまとめてないところに大いに惹かれた。これは傑作だ。

容疑者の逮捕と同時に家族保護の態勢をとる警察だったが、皮肉にも家宅捜索の最中に悲劇が起こる。その後もストーリーは「守ってくれない」「守ってもらえない」「守れない」といった状況に終始する。ボーイフレンドに最悪の仕打ちを受ける沙織、悪質な嫌がらせを受ける勝浦の家族、息子のイジメ問題を抱える記者の梅本(佐々木蔵之介)、過去のある事件の被害者であるペンションオーナーの圭介(柳葉敏郎)と妻久美子(石田ゆり子)・・・。
守ってもらえない現状にあったり、あるいは過去に守ってもらえなかった登場人物たち。彼らが持つ心の傷、そしてそれゆえの“トゲ”と”毒”がなんとも痛々しい。もっと希望に満ち溢れたエンディングに昇りつめていくようなストーリーを予想していたが、基本的に誰一人救われるわけではないのだ。
ただ、そういう救いのない中でそれぞれに少しずつ少しだけ希望の光が射すようなラストの描写は素晴らしいと思った。救いはないがけっして絶望ではないんだというそんなさじ加減の巧みさ。モントリオールでの最優秀脚本賞受賞も納得である。

勝浦が娘のために買い求めたプレゼントの包みが序盤からラストにかけて小道具として実に効果的に使われていて、これがまた非常に上手い。ネタバレ配慮ということで詳細は避けるが、沙織がこの包みを手に取ってのラストシーンは救いのない物語に最高の観後感を与えてくれた。

『誰も守ってくれない』・・・このなんとも突き放した響きを持つタイトルの印象が、私は鑑賞の前後で大きく変わった。守ってくれないこと、守ってもらえないこと。それは結局どういうことなのか。そもそも守るとは何なのか。そのあたりをぜひ多くの方に劇場で感じてほしいと思う。

★『誰も守ってくれない』公式サイトはこちらから

★刑事たちが蹴散らした鉢植えに思うこと・・・レビュー番外編はこちらから

 過去記事にこんな石田ゆり子ネタがありました〜(笑)

1/25 0:02 追記
フジテレビのドラマ『誰も守れない』を見た。
なるほど、勝浦と三島(松田龍平)の絆はここにあったのか。そして令子(木村佳乃)と勝浦はこうして出会ったのか。
ドラマのエンディングと映画のオープニングが見事につながっていて、特に前述の“プレゼント”に関する憎い演出に思わずニヤリ。
私は映画・ドラマの順だったがこれはどちらが先でも楽しめそうだ。
goo 映画
goo 映画

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(42件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「誰も守ってくれない」加害者家族を守る刑事のみたマスコミとネット犯人たちの狂気
「誰も守ってくれない Nobody to watch over me」は殺人を犯した18歳の少年の加害者家族を守るために任命された警察官がマスコミ、一般市民の迫害から加害者家族を守っていくストーリーである。現在ではインターネットの発達で個人情報を守るのが困難になっているし、世間... ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2009/01/24 21:14
誰も守ってくれない
この映画は決して目を逸らしてはいけない秀作であり、残された加害者家族の現状について決して目を背けていない静かで力強い作品です。モントリオール国際映画祭で脚本賞を受賞しただけあって、とても重厚な物語に見終わった後、ふとケータイの電源を入れる自分の倫理観はど.... ...続きを見る
めでぃあみっくす
2009/01/24 21:25
映画「誰も守ってくれない」試写会。
12月3日、映画「誰も守ってくれない」試写会、行って参りました。 このところ、楽しみにしてた映画・舞台を鑑賞しても、 睡魔には勝てなかったという、疲れ果ててる僕ですが(笑)、 今回はまったく睡魔も訪れず、ラストまで食い入るように、 スクリーンに集中できました。 来年の1月24日と、公開までかなりの時間があるので、 あまりネタバレしないように感想を書いてみます。 ...続きを見る
「ボブ吉」デビューへの道。
2009/01/24 22:30
試写会「誰も守ってくれない」
ワーナー・マイカル・シネマズで行われた、「誰も守ってくれない」の試写会に出席してきました社会的に注目を集める殺人事件を巡って巻き起こるネットの暴走やマスコミ報道のあり方を、警察による容疑者家族の保護という新たな切り口で問い直す力作社会派エンタテインメン... ...続きを見る
日々“是”精進!
2009/01/25 07:00
誰も守ってくれない
ふーん、こう展開して行くのか・・・。 ...続きを見る
迷宮映画館
2009/01/25 08:28
誰も守ってくれない
今日は「誰も守ってくれない」の試写会をニッショーホールで観てきました。 ...続きを見る
まぁず、なにやってんだか
2009/01/25 11:37
誰も守ってくれない
邦画が今よりもずっときちんと主張をし、一般に問題提起をしていた時代に映画鑑賞に時間を沢山割けたという点で筆者はとても幸せだったのだと思う。所謂、「社会派」というジャンルには、当時、普通に暮らしている日本人にとっては同じ国、同じ国民の中にもこういう考えやこういう主張、こういう人間が存在するのだということを認識する数限られた情報ツールであった。なぜなら、当時テレビというメディアは、報道という部分をより客観的に伝達しようという、良い意味である種の抑止作用が働いていたからであるが、何時の日からか、こ... ...続きを見る
利用価値のない日々の雑学
2009/01/25 14:39
誰も守ってくれない
主演・佐藤浩市、志田未来。監督・君塚良一、製作・亀山千広というフジテレビの定番製作陣。コレだけ揃えばヒット確実と言えるメンツです。さて、ただいま1月24日の23時をまわったところ。本作の前番組『誰も守れない』を観終わり、24時10分からのレイトショーで本作を観てきます。ドラマは結構イイ出来でした。これは映画にも期待大です!レビューは帰宅後UP予定です。(明け方か?!) ...続きを見る
LOVE Cinemas 調布
2009/01/26 00:14
映画「誰も守ってくれない」
映画「誰も守ってくれない」を鑑賞して来ました。 ...続きを見る
FREE TIME
2009/01/26 01:01
誰も守ってくれない
JUGEMテーマ:映画 ...続きを見る
UkiUkiれいんぼーデイ
2009/01/26 08:47
誰も守ってくれない
声を聞こう。人の声を。   ...続きを見る
Akira's VOICE
2009/01/26 15:59
映画 【誰も守ってくれない】
映画館にて「誰も守ってくれない」 ...続きを見る
ミチの雑記帳
2009/01/26 16:37
ドラマ「誰も守れない」
ドラマ「誰も守れない」 ...続きを見る
ミチの雑記帳
2009/01/26 16:37
誰も守ってくれない
■ストーリー■平凡な4人家族の船村家で、ある日、一家の未成年の長男が小学生姉妹殺人事件の容疑者として逮捕されてしまう。東豊島署の刑事・勝浦(佐藤浩市)は容疑者家族の保護を命じられ、保護マニュアルに従って15歳の沙織(志田未来)をマスコミの目、そして世間の目から ...続きを見る
映画君の毎日
2009/01/27 16:54
誰も守ってくれない <ネタバレあり>
試写会に当たったので お友達と観に行ってきましたが重い、実に重い内容ですこの映画は 容疑者の家族側の話になっているので 普段あまり知り得ないことや容疑者の家族が世間からどういう仕打ちを受けるのかというのがよくみえた被害者の家族を保護しないといけないのは... ...続きを見る
HAPPYMANIA
2009/01/27 18:42
誰も守ってくれない
「お茶漬けにしてやってください」「筋子が凍ってるな」 ...続きを見る
ネタバレ映画館
2009/01/27 23:31
誰も守ってくれない
 今日は佐藤浩市主演の社会派ドラマ「誰も守ってくれない」を観てきましたよっ! ...続きを見る
なにも起こらなかった一日の終わりに。ve...
2009/01/28 00:31
【映画感想】誰も守ってくれない
『誰も守ってくれない』 見てきました!平凡な4人家族の船村家で、ある日、一家の未成年の長男が小学生姉妹殺人事件の容疑者として逮捕されてしまう。東豊島署の刑事・勝浦(佐藤浩市)は容疑者家族の保護を命じられ、保護マニュアルに従って15歳の沙織(志田未来)をマスコ... ...続きを見る
掃き溜め日記〜てれびな日々〜
2009/01/28 21:02
『誰も守ってくれない』
□作品オフィシャルサイト 「誰も守ってくれない」□監督・脚本 君塚良一&nbsp;&nbsp;&nbsp; □脚本  鈴木智   □キャスト 佐藤浩市、志田未来、松田龍平、木村佳乃、佐野史郎、佐々木蔵之介、柳葉敏郎、石田ゆり子■鑑賞日 1月24日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 第32回モントリオール世界映画祭では、最優秀脚本賞を受賞したこの作品。 その脚本家君塚良一がメガホンを取る。   ある日突然、殺人犯の妹になってしまった15歳の少女沙織... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2009/01/29 13:16
誰も守ってくれない(映画館)
俺に、人を守れるのか。あなただけは、信じてる。 ...続きを見る
ひるめし。
2009/01/30 10:47
『誰も守ってくれない』完成披露試写会@TOHOシネマズ六本木ヒルズ
キャストが来なきゃ映画を見る気がしない(爆)「レッツハンサム!」からあまりインターバルを空けず、またまた舞台挨拶へ行ったのだが、忙しくてUP出来ず2週間が経過・・・ドラマ化まで決まってた(爆)今回の舞台挨拶レポは、11/10に行われた第32回モントリオール世界映... ...続きを見る
|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο
2009/01/30 19:42
[映画『誰も守ってくれない』を観た]
☆いやはや、評判が悪いので、奇を衒った<1アイディア映画>かなと思いきや、とてもよく出来た作品だった。 ...続きを見る
『甘噛み^^ 天才バカ板!』
2009/01/30 20:17
誰も守ってくれない
ある日当然、兄が殺人犯となったことで自身が殺人犯の妹となってしまった 少女と、彼女を保護する刑事の逃避行を通じて日本社会特有の動きを描いた 社会派ドラマ。 両親と兄とで何不自由なく暮らしていた15歳の沙織は、ある日兄が小学生姉妹 殺人事件の容疑者として逮捕さ.. ...続きを見る
だらだら無気力ブログ
2009/01/31 15:50
映画「誰も守ってくれない」を観ました!!(2009-3)
映画「誰も守ってくれない」を観ました!!2009年の第3作目です。 ...続きを見る
馬球1964
2009/01/31 20:49
「誰も守ってくれない」 守ること、守られること
皆があたかもそう言っているかのように一方的に書くメディア。 他人の中傷ばかりをす ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2009/01/31 22:51
「誰も守ってくれない」:錦糸町駅前バス停付近の会話
{/hiyo_en2/}なに、ポカンとしてるの? {/kaeru_en4/}いや、この駅ビルでみんなと待ち合わせの約束をしてるんだけど、その約束、誰も守ってくれないんだよなあ。 {/hiyo_en2/}駅ビルのどこで? {/kaeru_en4/}いや、駅ビルで・・・。 {/hiyo_en2/}ずいぶん大雑把な場所指定ね。それじゃあ、誰もわからないんじゃないの?誰も守ってくれないはずよ。 {/kaeru_en4/}映画の「誰も守ってくれない」みたいだな。 {/hiyo_en2/}うーん、意味がま... ...続きを見る
【映画がはねたら、都バスに乗って】
2009/02/01 09:22
何か物足りない。『誰も守ってくれない』
殺人犯の妹になった少女と彼女を保護する刑事の様子を描いた作品です。 ...続きを見る
水曜日のシネマ日記
2009/02/01 19:02
誰も守ってくれない
誰も守ってくれない’09:日本 ...続きを見る
☆C'est joli〜ここちいい毎日を...
2009/02/01 21:48
誰も守ってくれない 2009-6
「誰も守ってくれない」を観てきました〜♪ ...続きを見る
観たよ〜ん〜
2009/02/03 21:53
誰も守ってくれない (佐藤浩市さん)
◆佐藤浩市さん(のつもり)佐藤浩市さんは、現在公開中の映画『誰も守ってくれない』に勝浦卓美 役で出演しています。先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想 ...続きを見る
yanajunのイラスト・まんが道
2009/02/04 13:04
【映画】誰も守ってくれない
▼動機 時間的にこれしか合わなかったっていう話 ▼感想 マスコミの良心を信じようとした私がバカだった ▼満足度 ★☆☆☆☆☆☆ がっかり やっぱり ...続きを見る
新!やさぐれ日記
2009/02/04 20:35
「誰も守ってくれない」
映画「誰も守ってくれない」を観に行きました。 ...続きを見る
またり、すばるくん。
2009/02/05 13:55
誰も守ってくれない
映画「誰も守ってくれない」を観てきました!! ...続きを見る
Thanksgiving Day
2009/02/09 00:29
誰も守ってくれない
観てきました。 <有楽座> ...続きを見る
お萌えば遠くに来たもんだ!
2009/02/11 11:59
映画:誰も守ってくれない
 う〜、記事にしていないタイトルが溜まってきてしまった。例によって、観てから記事にするまで1週間近くたってしまいましたが、今回は誰も守ってくれないです。  観ようか迷っていたのですが、製作が亀山千広さん、世界の亀山品質ですからね。とりあえず観ることにしたんです。 ...続きを見る
よしなしごと
2009/02/14 22:12
誰も守ってくれない☆独り言
公開当日にTVで『誰も守れない』というSPドラマ放映うまいな・・・やっぱりフジテレビ(笑)とはいえ、TVドラマのほうは、吸引力ではいま一つな感じでしたが・・・それぞれのキャラ紹介としてはいい感じの効果を出していました。木村佳乃扮するメンタルクリニックの先生は、 ...続きを見る
黒猫のうたた寝
2009/02/18 23:44
誰も守ってくれない
2月8日(日) 19:00〜 有楽座 料金:1250円(有楽町のチケットフナキで前売りを購入) パンフレット:600円(買っていない) 『誰も守ってくれない』公式サイト 踊る大捜査線コンビの映画。 加害者の家族(犯人の妹)とそれを保護する刑事が、マスコミ、ネットで袋叩きに合う話だ。 柳葉敏郎は案の定いい人、佐野四郎は案の定姑息な男。 松田龍平はチンピラが板についてきた。(役柄は、刑事なんだけど。) 蔵之助が中途半端なキャラクターで残念。 ロードショー公開時に、本作の前日談(4ヶ月前)の... ...続きを見る
ダイターンクラッシュ!!
2009/02/21 04:46
「誰も守ってくれない」
                          「誰も守ってくれない」 ...続きを見る
ひきばっちの映画でどうだ!!
2009/03/06 22:24
mini review 09395「誰も守ってくれない」★★★★★★☆☆☆☆
殺人犯の妹になった少女と、彼女を保護する刑事の逃避行を通じて日本社会の理不尽さを問う社会派ドラマ。『踊る大捜査線』シリーズの脚本を手掛けた君塚良一が脚本と監督を兼ね、過熱するマスコミ報道と容疑者家族の保護をテーマにした問題作を撮り上げた。兄の逮捕で世間から糾弾される少女に志田未来、彼女を守る刑事に佐藤浩市。手持ちカメラの擬似ドキュメンタリー手法が非情な社会感情を浮き彫りにし、観る者の心に迫る。[もっと詳しく] ...続きを見る
サーカスな日々
2009/09/25 01:29
誰も守ってくれない
容疑者は18歳の少年だった。 マスコミから容疑者の家族を守るよう指示された勝浦刑事だったが。 ...続きを見る
単館系
2009/09/29 00:10
誰も守ってくれない
加害者の家族に視点を当てた映画だということと タイトルに魅かれて観てみました。 ...続きを見る
映画、言いたい放題!
2009/10/12 11:27
映画『誰も守ってくれない〜NobodyToWatchOverMe』...
9-6.誰も守ってくれない〜NobodyToWatchOverMe■製作:東宝■製作年・国:2009年、日本■上映時間:118分■鑑賞日:1月24日、シネフロント(渋谷)スタッフ・キャスト(役名)□... ...続きを見る
KINTYRE’SDIARY
2011/03/21 16:16

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
あのプレゼントは小道具として実に効果的でしたよね。
あれがあるからこそ勝浦が娘と沙織を重ねて見てしまうという演出も見事でした。
私たちが知らないところでこんな悲しいことが起こっている現状は本当に淋しいですよ。
にゃむばなな
URL
2009/01/24 21:15
にゃむばななさん、こんばんは♪
勝浦が沙織と自分の娘を重ねてしまうことに沙織が嫉妬した結果、信じられないことをしてしまいますよね。
その沙織がラストであのプレゼントを手に勝浦と向かい合う場面、よかったです。
(どうもlivedoorさんへのTBが不調です。またあとで試してみます)
SOAR
2009/01/25 00:18
なんかTVの方が良くできてたと思いませんか。
映画は、マスコミの取材攻勢のすごさと、ネットの速さと、えぐい暴き方がメインになってましたが、なんか電車男がちらついて。。。
あすこは韓国かあ!と思ってしまいましたが、ほんとにあんな感じなんでしょうかね。
なんだか見てて、ものすごく気分が悪くなってきました。
希望が見えたのはいいのですが、生易しい道じゃないですよね。「手紙」も頭をよぎりながら見てました。
でも、二つ通して龍平のカッコよさにガツンでした。
あのそげ方!ちょっといたずらっ子っぽい振る舞い。うまかった。カンドーしました。
sakurai
URL
2009/01/25 08:34
こんにちは。

いろいろと考えさせられる内容でしたね。

被害者家族からしてみれば、やはり犯人には重い罪を!
と思うでしょう・・・
今作は加害者家族視点で描かれていたので、
その点は非常に興味深く鑑賞することが出来ました。
BROOK
URL
2009/01/25 10:30
私も、仕事がひと段落着いたら観に行きたいです!「浩市さんLOVE」ですからね〜。
金曜日、徹子の部屋のゲストが浩市さんだったのですが、この映画の話をしていて、徹子さんが鼻をすすっていたのが印象的でした。
ちゅう
2009/01/25 16:53
sakuraiさん、こんにちは♪
しょせん映画の宣伝のための取ってつけたような話だろうと思っていたら、いや〜よかったですドラマ。いわゆるスピンオフではないところがポイントですね。

映画では、ふらっと現れてケータイ構えて、またふらっと帰って行く連中が気味悪かったです。“こっそり忍び込んで盗撮して走って逃げる”のが普通だろうに・・・。
松田龍平、最高です!ニヒルにしてフラット、冷めてるくせに熱く、ひねてるようで優しさをじんわりとにじませる・・・。往年のお父さんにかぶります。涙出そう。
SOAR
2009/01/25 17:04
BROOKさん、こんにちは♪
犯人には極刑を、その家族にも社会的制裁を。悲惨なニュースを見るたび聞くたびに私たちは自然とそう思います。未成年者の罪は親が償えと考えます。でもこれって無意識のうちに自分が被害者の側に立ってるんですよね。
もし自分の子供や親や親類が凶悪な犯罪を犯したらどうだろう。加害者の家族となったら・・・。そのあたりをじっくり考えさせてくれる作品でしたね。
「なんでこんな目に会わなきゃいけないの!?悪いのはお兄ちゃんなのに!」
沙織の叫びが胸に刺さりました。
SOAR
2009/01/25 17:04
ちゅうさん、こんにちは♪
浩市ファンなら見逃せない一本だと思いますよ、これは。本作では圧倒的な存在感を見せつけてくれます!
既に公開中の『感染列島』に来月の『少年メリケンサック』と、邦画界は今、浩市ラッシュですよ〜!
ちゅうさんもぜひ劇場で!
SOAR
2009/01/25 17:19
こんにちは♪
ご訪問が遅れてスミマセン。
私も映画→ドラマでした。
映画で「?」と思っていた部分がドラマで解明されて、それはそれで面白かったです。
ドラマの最後の部分はかなり映画と被っていましたね〜。
あと、興味深かったのは事件直後の対応が被害者家族と加害者家族では違っていたことです。
ミチ
URL
2009/01/26 16:40
こんばんは。
TBありがとうございます。
いろいろと考えさせられる事の多かった映画でした。
報道は規制があるけど、インターネットは無法地帯。
そのネット上での遣り取りは見ていて気分が悪くなるものでした。
短期間で心身ともに打ちのめされた沙織が勝浦の一言を受けて、今後どのように立ち上がっていくのか続きが気になってしまいました。
FREE TIME
2009/01/26 22:58
ミチさん、こんばんは♪
ドラマを先に見たほうがわかりやすいですが、制作は映画が先ですので(俳優たちはドラマ編のことを知らないまま映画の撮影を終えてるとのこと)、そう思いながらドラマを見るのもまた楽しかったです。
冷蔵庫の「禁酒」の貼り紙、勝浦が娘にプレゼントを買う理由、三島が「シャブヅケ」を連発する理由等々、おもしろかった〜。

離婚・結婚・子の入籍っていう手続き、すごかったですね。唖然としてしまいました。あれは取材に基づく再現なのか、それともあくまでフィクションなのか・・・。
対照的に描かれたドラマのあのシーンとの違いが興味深かったですね。
SOAR
2009/01/27 19:35
FREE TIMEさん、こんばんは♪
沙織のこれから、気になりますね。例えどれだけ心の傷が癒えようとも、亡くした母は帰らないし、殺人犯の妹というレッテルも消えることはありません。
父や兄との関係も今までと同じというわけにはいかないでしょう。彼女にこれ以上の悲しい出来事が起こらないよう祈るばかりです。
SOAR
2009/01/27 19:35
俺はドラマ→映画。
松田龍平の最初の「シャブ漬けにしてやってください」の台詞に思わず笑ってしまった不謹慎男のkossyです。
冷蔵庫の「禁酒」の張り紙にも・・・
kossy
URL
2009/01/27 23:34
kossyさん、こんばんは♪
映画で彼がしつこく「シャブ漬け」って言うのが気になったんですよ。家に帰ってドラマ見たらあんな目に会わされてたんですねえ。
ここはドラマを先に見たほうが面白いかもしれませんね。
SOAR
2009/01/29 01:16
コメントありがとうございます。
きっと「踊る大捜査線」他刑事ドラマの脚本を長年書くなかでこういうテーマに突き当たったんでしょうね。一朝一夕ではつくれない映画だと思いました。
ジョー
URL
2009/02/01 09:33
ジョーさん、こんばんは♪
こちらこそいつもお世話になってます。

「踊る〜」で描けないこともなかったんでしょうが、やはりシリーズではなく1本の作品としてやりたかったようですね、君塚監督。
SOAR
2009/02/01 23:11
こんばんは
TB&コメント、ありがとうございました
この映画には今の日本社会が抱える大きな問題が
明確に描かれていましたよね
ただ私にとっては
人間の嫌な部分を散々見せ付けられたような気がして
ドキュメンタリー的な手法であっても
もう少し人間のあるべき姿を表現して欲しかったところです
特にネットで卑劣なサイトを立ち上げているヤツらには
厳罰を下して人を傷つけたという自覚を持たせて
改心する所まで観たかったかも…
ヤジうまが集まってきたり、写真を撮りまくったりと、
やったモン勝ち的な部分も見受けられたので、
私個人的には、そこで終わらせて欲しくはなかったです
決して悪い作品ではなかったんですけどね…
テクテク
URL
2009/02/01 23:52
テクテクさん、こんばんは♪
人間ドラマにしては嫌な部分が大半を占めるんですよね。嫌がらせ、裏切り・・・。
ストーリー的に善の人も悪の人も嫌な部分をばんばん出しといて、最後の最後にちょっとだけそれぞれに希望や安堵を与えるという作風は意図的なんだと思います。
ただそれが観客に不快感を与えてしまうことも考慮してほしかった気がしなくもないです。

仮に・・・ほんとに仮にですが、もし「踊る〜」でやってたら、勧善懲悪をはっきりさせた人間味のある内容になったかもしれませんね!
SOAR
2009/02/02 19:52
お邪魔します。
ラストのプレゼントのシーン、良かったですね!
勝浦は、沙織を守ってあげられたのだろうか・・・
はっち
URL
2009/02/04 07:16
はっちさん、こんばんは♪
なにかこう無彩色的な作品の中であのプレゼントの真っ赤なリボンがすごく印象的でした。
ドラマのほうでプレゼントを買うに至るエピソードも描かれていたので、映画を先に観てあのプレゼントを気に留めていた私としてはちょっとうれしかったかも。
SOAR
2009/02/04 23:56

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『誰も守ってくれない』・・・救いのない中から見えてくる希望 SOARのパストラーレ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる