SOARのパストラーレ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 『チェンジリング』・・・権力に屈しない正義

<<   作成日時 : 2009/02/23 15:06   >>

トラックバック 60 / コメント 20

失踪した息子を捜すために腐敗しきった警察に立ち向かう母クリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)の強さにとにかく圧倒される。警察の信じられないような仕打ちの中で、決してあきらめない母の姿が強烈なインパクトを作品に与えていて見応え十分。ひとりの少年の失踪が恐ろしい事件に繋がって行く展開も衝撃的で、最後まで食い入るように観た。

別人をクリスティンの息子だと決め付けたまま、ミスを認めようとしない警察の徹底した姿勢が空恐ろしい。時代が違うとはいえこれが実話ベースの話だというのだから驚きだ。そんな警察に対し信念を曲げることなく、見つかった少年が息子ではないことを訴え続けるクリスティンの悲痛な叫びが胸を打つ。演じるアンジーは全編通してほぼ出ずっぱりだが、そのテンションは常に保たれたままでわずかな隙もない。どちらかというとアクションやお色気などスター性で評価されがちな彼女。惜しくも今回のアカデミー主演女優賞は逃した(さっきまで生中継見てました・・・)が、その演技力はやはり本物だと再認識した。

一人戦う彼女に心強い味方が徐々に現れる様子は、ありがちではあってもやはり観ていてうれしくなってくる。ウォルターが掛かっていた歯科医や通っていた小学校の担任教諭など、別人であることを証言するうえでこれほどふさわしい人たちはいない。そしてなによりもグスタヴ牧師(ジョン・マルコヴィッチ)の存在が彼女にとって最大の味方となっていく。彼が敏腕の弁護士をクリスティンに引き合わせる場面がまたいい。
実績ある弁護士の話をする牧師が、「しかし我々にはその弁護士を雇う余裕がない」とクリスティンに言う。「そうですか」と気落ちする彼女に、「だから無償で引き受けるんです」と語りかける弁護士が実に頼もしく見えた。

正義の力。彼女と彼女の周囲に集まってくる人たちにはそれがある。間違った権力に立ち向かおうとする正義。そしてそれは腐敗しきったかに見えた警察の中にもあった。ウォルター失踪の本質に関わる凄惨な誘拐事件の捜査に当たるヤバラ刑事(マイケル・ケリー)だ。職務を全うするためなら上司にもきっぱり意見する彼の存在があったからこそ2つの事件が繋がり、聴聞会や裁判でのあの流れが出来上がったのだ。

このヤバラ刑事とクリスティン、2人のラストシーンもまた素晴らしい。
「確かなものをつかみました」と穏やかな表情の彼女に、見送るヤバラが優しく問う。
「それはなんですか」
「希望です」
それまで常に帽子を目深に被っていた彼女が、ここではふちのある白い帽子姿でさっそうとLAの街中に消えていく・・・。

劇中には凄惨な描写もあるし、また根本的な解決には至っていないという歯がゆさも残るのだが、このラストシーンのおかげで後味はちっとも悪くない。ラストだけ取って付けたような“名シーン”にされるとかえって興醒めなものだが、本作ではクリスティンが希望を確信するある出来事がこの直前に署内で起こっており、それをきちんと描いてくれているのでそうした心配は無用。

レイトのせいかあわただしく退席する人が多い中、心ゆくまでその余韻に浸ってから十分に満足して席を立った。フィクションではなく真実だからこそおもしろく感じる映画がある。本作もそんな醍醐味を存分に味わえる作品であることは間違いない。

changeling ・・・取り替え子

                  プログレッシブ英和辞典より

 ★『チェンジリング』公式サイト
goo 映画
goo 映画

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(60件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「チェンジリング」
息子失踪の5か月後に見知らぬ少年を押し付けられた母親の物語。「チェンジリング」公式サイトクリント・イーストウッド監督なので覚悟してたつもりでしたが・・やっぱり し、しんどかったデス〜〜会社帰りにフンフーンて観にいくにはテーマが重かったどう見ても他人の子... ...続きを見る
かいコ。の気ままに生活
2009/02/23 20:32
チェンジリング アンジーの目の演技が凄いなー!
 うちの各事業所の朝礼まわりを初めて3週目突入(_ _)(-.-)(~O~)ファ…(~O~)(-.-)。 本来自分の仕事ではないのだけど、職場を担当する執行委員があんまりやってくれないのと、自分自身が現場が好きなのと、それからやはり職場組合員に労働組合のことをもっと意識して貰うために。 朝一5:09、朝二5:21、朝三5:37の電車に乗らなくてはいけないが、朝早い電車は空いているし座れるし、だからむちゃくちゃ本を読むのに集中できる。 だからだから読む本の補充が間に合わない、みなさんみなさん、いら... ...続きを見る
労組書記長社労士のブログ
2009/02/23 20:51
劇場鑑賞「チェンジリング」
「チェンジリング」を鑑賞してきましたクリント・イーストウッド監督がアンジェリーナ・ジョリーを主演に迎えた感動のミステリー・ドラマ。1920年代のロサンゼルスで実際に起きた事件を映画化。5ヶ月の失踪ののち保護され帰ってきた幼い息子が別人だったことから、本... ...続きを見る
日々“是”精進!
2009/02/23 22:13
[二観目、映画『チェンジリング』]
☆連れが観たいと言うし、私も、も一度観たかったので、一昨日に続いて『チェンジリング』を再観した。 ...続きを見る
『甘噛み^^ 天才バカ板!』
2009/02/23 22:16
チェンジリング/Changeling
土曜日が「はしご観キャンペーン」で、1ポイントもらえるということで。 まずは1本目に「チェンジリング 」を選択。 ...続きを見る
いい加減社長の日記
2009/02/23 23:27
チェンジリング
柱のきずはおととしの〜♪ ...続きを見る
ネタバレ映画館
2009/02/24 00:02
映画 【チェンジリング】
映画館にて「チェンジリング」 ...続きを見る
ミチの雑記帳
2009/02/24 20:22
チェンジリング
何かと話題を提供してくれるブラピ&アンジー夫妻。 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』に主演の夫ブラピがアカデミー主演男優賞にノミネートされ、同時にアンジーはこちらの映画で主演女優賞にノミネート。 それだけでも話題性たっぷりですが、俺が本当にこの映画を観たかった理由はクリント・イーストウッド監督作だから。 『チェンジリング』を観てきました。 ★★★★★ ...続きを見る
そーれりぽーと
2009/02/25 00:51
映画「チェンジリング」
changeling 2008年 アメリカ 09年2月20日公開  試写会鑑賞 公式サイト ココログのブロガー試写会に当選して東宝東和の試写室にて鑑賞。予告編を観て気になってた作品なので嬉しかったです。上画像は東宝東和様よりいただいたものです。どうもありがとうございます。 舞台は1928年のロサンザルス。主人公クリスティン(アンジェリナ・ジョリー)は、9歳の一人息子ウォルターを育てながら、電話局で働くシングルマザー。 ある日、クリスティンが急な休日の出勤から帰ってくると、ウォルターの姿がなくなっ ...続きを見る
Andre's Review
2009/02/25 01:37
チェンジリング/Changeling
土曜日が「はしご観キャンペーン」で、1ポイントもらえるということで。 まずは1本目に「チェンジリング」を選択。 ...続きを見る
いい加減社長の映画日記
2009/02/25 06:14
チェンジリング
JUGEMテーマ:映画 ...続きを見る
UkiUkiれいんぼーデイ
2009/02/25 09:43
チェンジリング
子は鎹(かすがい)。 永遠に!!   ...続きを見る
Akira's VOICE
2009/02/25 17:30
『チェンジリング』
衝撃の傑作。しかも3度も衝撃を味あわせてくれる骨太な傑作。アカデミーでの評価が3部門だけというのも、過小評価されすぎでは?作品賞にノミネートされていてもおかしくないのでは?と思えるほどに素晴らしい映画でした。そして改めてクリント・イーストウッドという映画.... ...続きを見る
めでぃあみっくす
2009/02/25 18:30
チェンジリング
どれだけ祈れば、 あの子は帰ってくるの──? 原題 CHANGELING 製作年度 2008年 上映時間 142分 映倫 PG-12 脚本 J・マイケル・ストラジンスキー 監督 クリント・イーストウッド 音楽 クリント・イーストウッド 出演 アンジェリーナ・ジョリー ジョン・マルコヴィッチ/ジェフリー・ドノヴァン/コルム・フィオール/ジェイソン・バトラー・ハーナー/エイミー・ライアン/マイケル・ケリー ...続きを見る
to Heart
2009/02/26 00:56
映画「チェンジリング」(2008年、米)
     ★★★★★  Clint Eastwood 監督、 実際にあった連続少年殺人事件を モデルにしたドラマ。傑作。 原題は「Changeling」で、「取り替え子」の意。 「取り替え子」とは、西欧の民話で、妖精が人間の子供をさらった後に 置いていく妖精の子供のこと。        1928年3月のLos Angeles。 女手ひとつで9歳の息子Walter Collinsを育てている 電話局の交換係の主任Christine Collins (Angelina Jolie)が 仕事から帰ると... ...続きを見る
富久亭日乗
2009/02/26 07:11
チェンジリング
見ごたえ十分、さすが(政治家)・イーストウッド!! ...続きを見る
迷宮映画館
2009/02/26 08:04
チェンジリング
原題:CHANGELING公開:2009/02/20製作国・年度:アメリカ、2008年上映時間:142分鑑賞日:2009/02/21監督:クリント・イーストウッド出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール、ジェイソン・バトラー・ハーナー... ...続きを見る
映画鑑賞★日記・・・
2009/02/26 10:01
【チェンジリング】
監督:クリント・イーストウッド 出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ ...続きを見る
日々のつぶやき
2009/02/26 12:15
求めているのは希望。『チェンジリング』
1928年のアメリカで実際に起こった事件を基にした作品。行方不明になった息子を探し続ける母親の物語です。 ...続きを見る
水曜日のシネマ日記
2009/02/26 14:31
チェンジリング 2009-10
「チェンジリング」を観てきました〜♪ ...続きを見る
観たよ〜ん〜
2009/02/26 19:12
「チェンジリング」:古川橋バス停付近の会話
{/hiyo_en2/}時代屋なんて、村松友視の小説みたいな骨董屋ね。 {/kaeru_en4/}しかし、古き良き時代を感じさせるものはいいよな。 {/hiyo_en2/}1920年代のロサンゼルスでも? {/kaeru_en4/}そりゃあ、クリント・イーストウッド監督の映画「チェンジリング」みたいに息子を誘拐された母親にとっちゃあ最悪の時代だろうけど。 {/hiyo_en2/}しかも、5ヶ月ぶりに発見された息子が、実の息子ではなかったというミステリー。 {/kaeru_en4/}警察はその取... ...続きを見る
【映画がはねたら、都バスに乗って】
2009/02/26 19:24
チェンジリング-★★★★★-
もし。休日出勤を断っていたら?そんな声がずっと聞こえた気がします。 ...続きを見る
not simple.
2009/02/26 22:00
「チェンジリング」残酷で重いけど…イイ映画です。
[チェンジリング] ブログ村キーワード  監督クリント・イーストウッド。主演アンジェリーナ・ジョリーという、豪華なタッグが実現した本作「チェンジリング」(東宝東和)。実話を基に、“魂を揺さぶる映画”に仕上げています。さすが名監督に名女優。 ...続きを見る
シネマ親父の“日々是妄言”
2009/02/27 00:21
チェンジリング / CHANGELING
クリント・イーストウッド監督作にハズレなし! と思ってはいるけど過度な期待はしないで観て来ました〜 金曜日からの1日前倒し公開。ちょうどタイミングよく時間あいてたので{/shootingstar/} ...続きを見る
我想一個人映画美的女人blog
2009/02/27 11:25
チェンジリング(映画館)
どれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの―? ...続きを見る
ひるめし。
2009/02/27 13:15
「チェンジリング」 苦さの意味
クリント・イーストウッド監督の作品というのは、観賞後にかなりビターな口当たりが残 ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2009/02/27 20:40
【映画】チェンジリング
▼動機 名作っぽい雰囲気に。 ▼感想 格が違う。 ▼満足度 ★★★★★★★ まんぞく ...続きを見る
新!やさぐれ日記
2009/02/28 11:00
映画「チェンジリング」
原題:Changeling 昔のことゆえ不条理な警察権力も行方不明も、驚くほど珍しいことではないかも知れないけど、児童20人が惨殺、我が子が替え玉だったという衝撃の事件〜 ...続きを見る
茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行...
2009/02/28 17:12
「チェンジリング」完成度は高いが今日性には疑問
「チェンジリング」★★★☆ アンジェリーナ・ジョリー主演 クリント・イーストウッド 監督、2008年、アメリカ、142分 ...続きを見る
soramove
2009/03/01 00:43
チェンジリング
ただ1人のわが子を求めて ...続きを見る
悠雅的生活
2009/03/01 17:53
桶川ストーカー騒音おばさんの黒い夏●チェンジリング
どれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの ―― ?   (公式キャッチコピー) ...続きを見る
Prism Viewpoints
2009/03/01 18:53
『チェンジリング』
□作品オフィシャルサイト 「チェンジリング」□監督・音楽 クリント・イーストウッド □脚本 J・マイケル・ストラジンスキー □キャスト アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、コルム・フィオール、デヴォン・コンティ、ジェフリー・ドノヴァン、マイケル・ケリー、ジェイソン・バトラー・ハーナー、エイミー・ライアン、ガトリン・グリフィス■鑑賞日 2月21日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 『7つの贈り物』を観たすぐあとに観る作品だったので、被... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2009/03/01 21:28
『チェンジリング』を観たぞ〜!
『チェンジリング』を観ましたクリント・イーストウッド監督がアンジェリーナ・ジョリーを主演に迎えた感動のミステリー・ドラマです>>『チェンジリング』関連原題: CHANGELINGジャンル: ミステリー/ドラマ製作年・製作国: 2008年・アメリカ上映時間: 142分監督... ...続きを見る
おきらく楽天 映画生活
2009/03/01 23:00
チェンジリング
最近、劇場に行く時間がなかなか取れないけれど、アンジーがアカデミー賞にノミネートされたこの作品だけは、、、這ってでも観に行きたかった―【story】1928年、ロサンゼルス。ある日突然、クリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)の息子ウォルターが姿を消す。それから5ヶ月後、警察が連れてきたイリノイ州で発見された少年は別人だった。だが、見知らぬ少年は、自分がウォルターだと言い張った。クリスティンが、「この子は自分の息子とは別人だ―」と訴えても警察は聞き入れてくれず―    監督 : クリン... ...続きを見る
★YUKAの気ままな有閑日記★
2009/03/02 08:49
チェンジリング
チェンジリング’08:米 ...続きを見る
☆C'est joli〜ここちいい毎日を...
2009/03/03 21:48
チェンジリング●○CHANGELING
アンジェリーナ・ジョリーの母親魂がこもっていた!! タイトルのチェンジリングとは?「取り換えられた子供」の意。背景に、「さらった子供の代わりに妖精がが置いていく醜い子供」という伝説が宿るこの言葉は母親にとってどれほどの悪夢をもたらすものなのか?それを身をもって体験するのが、本作の主人公クリステイン・コリンズなのである。 3月3日〜〜!ひな祭りですね。3月最初の映画レビューは、アンジー主演、クリント・イーストウッド監督の「チェンジリング」です。鑑賞したのは2月24日でした。今回のアンジーは今ま... ...続きを見る
銅版画制作の日々
2009/03/04 00:33
「チェンジリング」
「チェンジリング」、観ました。 ...続きを見る
クマの巣
2009/03/04 12:28
チェンジリング
Changeling (2008年) 監督:クリント・イーストウッド 出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン 1920年代のロサンゼルスで、横暴な警察権力と戦いながら、行方不明の息子を探し続ける母親の姿を実話に基づいて描く。 腐敗した警察組織を題材にした映画は珍しくないので、今更驚くこともないはずだが、警察に助けを求めた一市民に、面目を保つ為に、本作のようなひどい仕打ちをしていたとは、真に信じがたく、フィクションであって欲しいと願いたくなった。 行方不明... ...続きを見る
Movies 1-800
2009/03/05 01:39
チェンジリング
オレ(息子)オレ(息子)詐欺 ...続きを見る
Memoirs_of_dai
2009/03/05 04:15
Changeling(2008)
オーストラリアからアメリカに帰って来て最初に映画館で観た映画は、 『Changeling』だった。監督は、ClintEastwood(クリント・イーストウッド)で、制作者の1人でもあり、音楽も担当している。主演は、Angelina Jolie(アンジェリーナ・ジョリー)で、1920年代の... ...続きを見る
犬連れ国際結婚
2009/03/06 01:52
映画『チェンジリング』
『母は強』 ...続きを見る
頑張る!独身女!!
2009/03/06 14:00
チェンジリング
「コリンズ事件」というのはお恥ずかしながら知らなかったが、「ゴードン・ノースコット事件」は、以前にアメリカの犯罪史の研究をしていた時に、どこかで出くわした事があった。但し、文献は英文だったし、内容に関しても「養鶏場を営むノースコットが連続殺人を犯し、死体を証拠隠滅のために生石灰で処分した」という当時としては異常性だけに着目し、この作品に描かれた、「クリスティン・コリンズに起きた悲劇」に関しては全く無視してしまったために、この事件を知らなかったのである。単位欲しさの適当やっつけレポートを書いた... ...続きを見る
利用価値のない日々の雑学
2009/03/08 16:38
チェンジリング
1920年代、息子が行方不明になった母親が5ヶ月後に見知らぬ少年を息子 だと言って警察に押し付けられる。本当の息子を取り戻すために堕落した 警察相手に孤独な戦いを挑む母親をクリント・イーストウッド監督が アンジェリーナ・ジョリーを主演に迎えて描いたミステリード.. ...続きを見る
だらだら無気力ブログ
2009/03/09 23:03
チェンジリング  CHANGELING
2月27日、雪混じりの雨の中、横浜まで出たついでにムービルで鑑賞。 メチャクチャ寒かった・・・です。 ...続きを見る
映画の話でコーヒーブレイク
2009/03/10 00:33
「チェンジリング」観てきました♪
☆「チェンジリング」 (原題:CHANGELING) 監督:クリント・イーストウッド 出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール、ジェイソン・バトラー・ハーナー、エイミー・ライアン、マイケル・ケリー ...続きを見る
りんたろうの☆きときと日記☆
2009/03/11 22:55
チェンジリング
映画チェンジリングの感想 クリント・イーストウッド監督らしい作品ですね。 単純な... ...続きを見る
映画どうでしょう
2009/03/14 13:23
チェンジリング
映画チェンジリング見てきました。 ...続きを見る
エンタメ日々更新
2009/03/14 14:12
チェンジ・リング を観ました。
Did you kill my son?と叫ぶアンジーの迫力はなかなかです。 ...続きを見る
My Favorite Things
2009/03/14 20:59
チェンジリング☆独り言
クリント・イーストウッドの監督する作品のテーマになる曲が・・・いつも心に残るんですよね。。。それも、かなり切なさを募らせる・・・『チェンジリング』は実話を元にした物語でした。電話交換の仕事にローラースケートが使われているのって、びっくりしました。あぁ、こ ...続きを見る
黒猫のうたた寝
2009/03/15 22:22
チェンジリング
//ストーリー//1928年、シングルマザーのクリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)は、ロサンゼルス郊外で9歳の息子ウォルター(ガトリン・グリフィス)と暮らしていた。ある土曜日、彼女は同僚に泣きつかれて断り切れずに休日を返上して仕事へと向かう。暗くなって彼女が帰宅 ...続きを見る
映画君の毎日
2009/03/17 17:42
映画:チェンジリング
 久々に、たぶん1年以上ぶりに銀座で映画を観ることに・・・。知らない間に日劇がTOHOシネマズになっていて、14日だったので、TOHOの日ということで1,000円で鑑賞。最近はちょっとした繁華街に映画館が乱立されているので銀座で観る人って減っているのかと思いきや、かなりの人でした。と言うわけで、チェンジリングを観てきました。 ...続きを見る
よしなしごと
2009/03/21 00:58
チェンジリング
映画館で観た予告編が面白そうだったので。 監督はクリント・イーストウッド。 ミステリーっぽくて面白そうなのだけれど、 彼の作品は、結構後味が悪かったりするので、 要注意。( ^ _ ^; 映画館で観ました。 ...続きを見る
映画、言いたい放題!
2009/03/23 11:28
チェンジリング
とても力強く、そして怖い・・・ 重苦しい余韻の残る凄い作品でした。 ...続きを見る
future world
2009/03/29 00:27
チェンジリング 私がいまいちのめり込めなかった3つの理由(大ネタバレ)
タイトル:チェンジリング ジャンル:いろいろ/2009年/142分 映画館:TOHOシネマズ二条 鑑賞日時:2009年4月2日(木) 私の満足度:65% (緑が多く電車が走るロサンゼルスの街並みや、ローラース ケートでフロアを駆け巡る電話交換室、土曜日がお休みの小学校など当時の生活 感が伝わってきたのがよかったです。つかみはOK) オススメ度:65% ...続きを見る
もっきぃの映画館でみよう(もっきぃの映画...
2009/04/10 00:21
『チェンジリング』
ちょっと前に観ていたんですけど、なかなか忙しくて記事があげられずにいた『チェンジリング』の感想をあげますー。 思っていたよりも感情の抑揚が静かな映画だったかなーっていう印象が。 ...続きを見る
cinema!cinema! ミーハー映...
2009/04/24 03:02
「チェンジリング」(CHANGELING)
「ダーティハリー」や「許されざる者」「マディソン郡の橋」「ミリオンダラー・ベイビー」などの作品で知られる米映画界大御所のクリント・イーストウッド(79)が2008年にメガホンを執ったミステリー・タッチのサスペンス・ドラマ「チェンジリング」(原題=「取り替え子」、米、142分、C.イーストウッド音楽)。この映画は1920代に米国で実際に起きた事件に基づき、疾走した9歳の息子が5カ月後に保護されるが、別人であったことから、本物のわが子を取り戻そうと、警察の権力に屈することなく真実を追及しようと... ...続きを見る
シネマ・ワンダーランド
2009/08/02 05:23
チェンジリング−(映画:2009年)−
監督:クリント・イーストウッド 出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール、ジェイソン・バトラー・ハーナー、エイミー・ライアン、マイケル・ケリー ...続きを見る
デコ親父はいつも減量中
2009/09/24 21:59
【映画】チェンジリング…私程度がツッこみする隙無しな良作、高評価。
一昨日の記事でも「朝まで仕事」{/face_hekomu/}と書きましたが、昨日の朝も同様{/face_hekomu/} 15時間労働の末に朝10:00頃に帰宅{/face_hekomu/}。お陰でそのまま夕方まで寝ちゃって{/kaeru_night/}…昨日の土曜日は無駄に{/face_ase1/}{/ase/} 今日{/kaeru_rain/}{/hiyoko_cloud/}もなんだか疲れてて、買い物に行っただけ。休んだ気のしない週末となっちゃいました{/face_ase1/} 来週もお仕事... ...続きを見る
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
2009/10/10 10:48
チェンジリング/Changeling(映画/DVD)
[チェンジリング] ブログ村キーワードチェンジリング(原題:Changeling)キャッチコピー:どれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの?製作国:アメリカ製作年:2008年配給:東宝東和ジャンル&... ...続きを見る
映画を感じて考える〜大作、カルトムービー...
2010/02/04 23:52
チェンジリング
この映画を観たのはだいぶ前になるが 感情や想いはあるのにそれをどう現していいか 心に残った映画であるけれど これについて書きたい衝動があっても、なかなか書けなかった作品 ...続きを見る
as soon as
2011/12/30 23:55

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。

アンジーの演技にかなり惹き付けられる作品でしたね。
イーストウッド監督の演出方法も非常に良かったと思います。

ミステリーな展開から感動へ。
僅かな希望が残るラストが素敵でした。
BROOK
URL
2009/02/23 22:23
こんにちは♪
こんなに緊迫感に満ちた良い映画なのに、トイレに立つ人が何人も・・・(泣)
やっぱり二時間越えの作品はキツイのかなぁ。

実話だけにキッチリと終わる事は無かったですが、それでも上手い終わり方だな〜と思いました。
イーストウッドはさすがですね。
ミチ
URL
2009/02/24 20:24
BROOKさん、こんばんは♪
アンジーはどんな役を演じても惹きつけられる人ですが、今回はそのレベルが半端じゃなかったです。
イーストウッド作品は正直苦手なものもあるんですが、これは嫌なところがありませんでした。
お見事!
SOAR
2009/02/25 00:32
ミチさん、こんばんは♪
トイレに立つこと自体を責めるつもりはないけど、上映中に席を立つことが周囲の客に少なからず迷惑をかけてることを意識してほしいものですね。

このラストは素晴らしいと思います。ハッピーエンドにはなり得ないストーリーにしてこの穏やかな後味。クリスティン最後のツーショットの相手があの刑事というのも上手いですよねぇ!
SOAR
2009/02/25 00:33
こんばんは。

これは本当に良い作品でした!
アカデミー賞で無冠に終わってしまったのが
本当にもったいないなぁと思います。

弁護士が登場する場面、
本当に心強かったですよね〜。
しかし、喜んだのもほんの一時で、
その後の怒涛の展開にはただただ
度肝を抜かれ、実話ならではの重みを
感じ取りながら釘付けになってしまいました。
ANDRE
URL
2009/02/25 01:42
史実だからこその重みのある映画でしたね。
農場から遺骨が出てくるシーンは本当に怖かったです。
あの怖さは史実だからという前提がなければ感じれない怖さだったと思います。
にゃむばなな
URL
2009/02/25 18:31
ANDREさん、こんばんは♪
アカデミー賞での無冠、そもそもノミネート自体が少ないように思いました。特に作品賞は狙えたんじゃないかと思うんですよねー。残念。

あんな恐ろしい事件が絡んでくるなんて全く知らずに観たので驚きでした。とにかくすごい映画でした!
SOAR
2009/02/26 00:00
にゃむばななさん、こんばんは♪
史実であるという冒頭の前置きが効いてました。下手な作り話より実話の方がおもしろいという典型的な作品だと思います。
少年に地面を掘らせるシーン。何が出てくるのかわかって観ているのが逆に怖かったですね。
SOAR
2009/02/26 00:01
こんばんは!
憎むべきは犯罪であるのだけれど、
ロスが悪魔に乗っ取られていた時代の恐ろしさを、
ぶれることなく淡々と描いた作品でしたね。
過剰な盛り上げも無く腐敗した警察との戦いにケリをつけた親の姿に、
このタイトルがとても優しいという感じがしましたね。
イーストウッド監督の人間性とセンスを感じます。
kira
URL
2009/02/26 01:08
どうもです。
力のある作品でしたね。ぐいぐいと引き込まれていきました。
いつも一癖ある役のマルコヴィッチが、正義の人でしたね。なんだか違和感ありありで、どんでん返しが!なんて思っちゃいけないですよね。
権力を握ったものたちが、それを力と思ってしまうと、本当に恐ろしいです。でも、それに立ち向かう勇気が、こっちにも勇気を与えてくれたような気がしました。

sakurai
URL
2009/02/26 08:11
時代が違うはいえ、他人の子をあんたの息子だ!って
押し付けるのはちょっと無理がると思わなかったん
かな??
ヤバラ刑事の動きが、LAPDの救いでしたね〜♪
はっち
URL
2009/02/27 07:03
SOARさん、こんばんは!

見応えある作品でしたね。
クリスティンの弁護士はかなりかっこよかったです。
それまでクリスティンは権力側にひどい目にあわされ続けますが、それでも立ち向かう勇気があったからこそ、救いが訪れたのですよね。
イーストウッド監督はさすがです。
今年はもう一本ありますし、楽しみです。
はらやん
URL
2009/02/27 23:42
kiraさん、こんにちは♪
自分からは仕掛けないけど売られたケンカはケリをつける。そんな自分のモットーを見事に貫いた母の姿が感動的でした。
重くて残虐なテーマもイーストウッド監督の手にかかるとこんなに優しい作品になっちゃうんですね!
SOAR
2009/03/01 11:37
sakuraiさん、こんにちは♪
マルコヴィッチの牧師役、ついつい怪しんだり警戒したりするのは映画好きの性かもしれませんねぇ(笑)
でも、最後までかっこいい正義の人でした。
権力を持つ者が使い方を間違え、暴走してしまうことの恐ろしさ。怖いですね・・・。
SOAR
2009/03/01 11:37
はっちさん、こんにちは♪
観ている最中にある可能性を考えたんですが、あの警部ってもしかしたら息子は本人でありおかしいのはクリスティンだと、本当に思ってたんじゃないでしょうかね?(頭カタ過ぎですが)
ヤバラ刑事、本作中で一番気になるキャラでした!
SOAR
2009/03/01 11:38
はらやんさん、こんにちは♪
弁護士とマルコヴィッチ扮する牧師の毅然とした態度が、本当に頼もしく印象的でしたね。

イーストウッド監督の次回作、久々に自ら主演の作品ですね。私的にはやっぱりこのスタイルのほうが彼らしいと思ってますのでとても楽しみです!
SOAR
2009/03/01 11:38
こんばんは〜♪
アンジーの演技は素晴らしかったですね〜
アクションばかりが印象に残る彼女ですが、演技派
なんだなぁ〜と改めて思いました。

『このラストシーンのおかげで後味はちっとも悪くない。』
希望が感じられるラストでしたね。
でも私としては、その希望が儚い故に切なさが残りました。完成度の高い素晴らしい映画でしたが、息子のいる身としては全編を通して辛かったですし、、、
後の人生でクリスティンが少しでも幸せに過ごせていたらいいなぁ〜と願うばかりです。

由香
URL
2009/03/05 22:53
由香さん、こんばんは♪
演技派アンジーの本領発揮な作品でしたね!
このラストの希望加減(ヘンな日本語ですが)が、イーストウッド監督の上手さだなと思います。けっしてハッピーエンドの希望ではないですからねぇ。
そっかあ、子を持つ母の気持ちが由香さんには痛いほど伝わったんですね。生存の可能性を知ってしまったことの苦悩もクリスティンにはあったでしょうし、彼女の余生が気がかりです。
SOAR
2009/03/08 00:02
2011年の映画についてからのリンクで2009年ベストから読ませていただきました

わたしも、希望を感じたんですよね
辛い話であるし、手放しのハッピーとは違うのですけど
SOARさんが感じたきっかけと違うところで希望を感じているのかもしれないのですが、
アンジーの息子役の子は犯人にもあの子は優しかった、と言われたり、一緒に逃げた子も助けて逃がしてますよね
わたしが感じた希望はそこで
なにをかなぐり捨てても逃げてほしい
でも他の人を見捨てなかった誇らしさもある
なんというのか…
その、子供のことを犯人や一緒に逃げた子が語るシーンでエピソードを聞くたびに、だってわたしの子だものという母親の声が聞こえるような気分になって
これが実際監督が伝えようとしたことかもわかりません
でも、希望を感じたことは確かです

好きとも嫌いともいいにくい作品なんですが、とても心に残ってずっしり響いた映画でした
おくやぷ
URL
2011/12/31 00:03
2011年の映画についてからのリンクで2009年ベストから読ませていただきました

わたしも、希望を感じたんですよね
辛い話であるし、手放しのハッピーとは違うのですけど
SOARさんが感じたきっかけと違うところで希望を感じているのかもしれないのですが、
アンジーの息子役の子は犯人にもあの子は優しかった、と言われたり、一緒に逃げた子も助けて逃がしてますよね
わたしが感じた希望はそこで
なにをかなぐり捨てても逃げてほしい
でも他の人を見捨てなかった誇らしさもある
なんというのか…
その、子供のことを犯人や一緒に逃げた子が語るシーンでエピソードを聞くたびに、だってわたしの子だものという母親の声が聞こえるような気分になって
これが実際監督が伝えようとしたことかもわかりません
でも、希望を感じたことは確かです

好きとも嫌いともいいにくい作品なんですが、とても心に残ってずっしり響いた映画でした
おくやぷ
2011/12/31 00:09

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『チェンジリング』・・・権力に屈しない正義 SOARのパストラーレ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる