SOARのパストラーレ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』・・・逆行する二人の時間が交錯して

<<   作成日時 : 2009/02/07 18:17   >>

トラックバック 68 / コメント 26

第一次世界大戦末期に、ある願いを込めて時計職人が作った逆回転の時計。まるでそれがきっかけであるかのようにベンジャミンの数奇な人生が始まる・・・。

老人の姿でこの世に生まれたベンジャミン(ブラッド・ピット)と、生涯彼を想い続けた女性デイジー(ケイト・ブランシェット)。幼少の頃、テーブルの下にもぐり込んでろうそくに火を灯したあの出逢いの瞬間からふたりの運命の時間は回り始めた。
しかし離れた地でそれぞれの人生を過ごしていた二人は再会の場でなんとなくすれ違ってしまう。ダンサーとして華やかな世界で成功しつつあったデイジーの栄光と挫折が皮肉にも二人を遠ざけることになるのだ。
そんな二人に訪れる一瞬。若返り続けるベンジャミンと年を重ねていくデイジーの逆行する人生がそれぞれの折り返し地点でちょうど交錯する頃、ようやく二人は結ばれる。

    「おたがいやっと追いついた」

若返っていくベンジャミンの淡々と生きる姿勢が胸を打つ。数奇な宿命を背負って生きなければならないこの男はそれなのに悲観の表情をちっとも見せないのだ。育ての母クイニーや豪快な海の男マイク船長、そして福祉施設の老人たちといった優しく温かい面々に囲まれることで自分の呪われた運命を受け入れることができたのだろうか。そしてデイジーを想う気持ちがそれを維持させたのだろうか。

施設から旅立った彼がロシアで出会う人妻エリザベスとの恋と、彼女絡みの一連のエピソードがちょっといい感じで気に入ってしまった。若かりし頃かなわなかったある夢をベンジャミンに語ってくれた彼女が、後に見事その夢を成功させる。それをテレビニュースで知った時のベンジャミンの穏やかな表情がなんとも印象的だった。

老いて病床に就くデイジーに娘キャロラインが、ベンジャミンの綴った自伝を読み聞かせる形で進行する構成もいい。奇抜な設定があるとはいえ一人の男の生涯を延々追っていくだけではどうしても飽きてしまいそう。その点この手法だと適当なタイミングで一息つかせてくれるので、3時間近い上映時間もほとんど苦にならず最後までじっくり楽しむことができた。

時間は本来どんな人にも平等である。誰もが同じ時間の流れの中で生まれ、成長し、恋をし、子を育て、老い、死んでいく。ともに生きる運命の人と一緒に老いていけることに、私たちはもっと喜びを感じなければいけないのかもしれない。
ベンジャミンとデイジーが逆行する時間のすれ違いざま、互いの人生でのその一瞬につかむことのできた愛も尊く美しいが、彼らの場合そこからまた遠ざかっていく運命にあるのも事実。それに対し日常の私たちが並行する時間のどこかで出逢う人は、時間の概念上では決して遠ざかることはないのだから・・・。

歳を取ったデイジーに優しく抱かれ、彼の大好きだったその青い瞳に見守られながら赤ん坊の姿で人生を終えるベンジャミンを見ていて、とりとめもなくそんなことを思った。

 ☆『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』公式サイト
goo 映画
goo 映画

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(68件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ベンジャミン・バトン 数奇な人生
それでも人生は素晴らしい。見終わった後に自然とそう感じる完成度の高い映画でした。『フォレスト・ガンプ一期一会』のように一人の男を狂言回しに描いていく人生ファンタジーなんですが、こちらの方がより大人向けといった感じでした。そしてブラッド・ピットファンはあら.... ...続きを見る
めでぃあみっくす
2009/02/07 18:33
ベンジャミン・バトン 数奇な人生
ブラッド・ピッドがどんどん若返って『リバー・ランズ・スルー・イット』の頃よりも美しくなる(謎)と噂の『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』を観てきました。 ★★★★ ...続きを見る
そーれりぽーと
2009/02/07 18:49
劇場鑑賞「ベンジャミン・バトン数奇な人生」
「ベンジャミン・バトン数奇な人生」を鑑賞してきました「セブン」「ファイト・クラブ」に続いて3度目のコンビを組んだデヴィッド・フィンチャー監督、ブラッド・ピット主演で贈る感動ヒューマン・ファンタジー。『グレート・ギャツビー』で知られる小説家F・スコット・... ...続きを見る
日々“是”精進!
2009/02/07 19:11
ベンジャミン・バトン-数奇な人生-/TheCURIOUS CASEofBENJAMIN BUTTON
『セブン』『ファイトクラブ』に続き、デヴィッド・フィンチャー監督×ブラッド・ピットのコンビ 3作目は 今年ももうすぐ発表になるアカデミー賞で 最多13部門ノミネート{/atten/} ...続きを見る
我想一個人映画美的女人blog
2009/02/07 19:53
ベンジャミン・バトン 数奇な人生
観たい映画が、何本も公開される中で、一番期待していた「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」。 1000円で観られる割引券があったので、朝一で観てきました。 ...続きを見る
いい加減社長の映画日記
2009/02/07 20:06
映画 【ベンジャミン・バトン 数奇な人生】
映画館にて「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 ...続きを見る
ミチの雑記帳
2009/02/07 20:07
ベンジャミン・バトン 数奇な人生
1月29日、MOVIXの一斉試写会で「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」を観てきました。 ...続きを見る
まぁず、なにやってんだか
2009/02/07 20:24
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』
仕事を早退させてもらって、新宿厚生年金会館に『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』の試写会に行ってきました。 早退予定の時間前に3時間に及んだ電話でのテクニカルサポートの案件があって、予定時間に退社できないはその対応が長引いた分昼休憩もとれないで踏んだり蹴った ...続きを見る
cinema!cinema! ミーハー映...
2009/02/08 07:16
ベンジャミン・バトン 数奇な人生
若(作り)いブラッド君見て、自分も若くなったような気が・・・。 ...続きを見る
迷宮映画館
2009/02/08 08:40
[映画『ベンジャミン・バトン』を観た^^;]
☆非常に面白かった^^v ...続きを見る
『甘噛み^^ 天才バカ板!』
2009/02/08 09:19
ベンジャミン・バトン 数奇な人生-★★★★-
冒頭の時計職人の逸話はどういう風にベンジャミンに絡んでくるんだろう?と思いつつ観てましたが、関係なかったっぽいです。なんとなくですが、人間って子供のときと老人のときって近い感じがしますよね。どっちも明快な思考はなかったりするし、誰かの世話になっていたりする。多分そのことを挙げられる方は多いような気がします。 ...続きを見る
not simple.
2009/02/08 13:37
ベンジャミン・バトン 数奇な人生
人生は驚きの連続。与えられた運命を受け入れて。試写会にて。 ...続きを見る
悠雅的生活
2009/02/08 18:26
ベンジャミン・バトン 数奇な人生
昨夜、試写会で「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」を観た。 死の床に就くデイジー(ケイト・ブランシェット)は、娘にある男が残した日記を読ませるが、それは自分のかつての恋人で、年老いて生まれ、次第に若返っていくという、数奇な運命を背負った男ベンジャミン(ブ.. ...続きを見る
シネマ大好き
2009/02/08 23:59
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』を観たぞ〜!
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』を観ました『セブン』『ファイト・クラブ』に続いて3度目のコンビを組んだデヴィッド・フィンチャー監督、ブラッド・ピット主演で贈る感動ヒューマン・ファンタジーです>>『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』関連原題: THECURIO... ...続きを見る
おきらく楽天 映画生活
2009/02/09 07:44
ベンジャミン・バトン 数奇な人生
1918年、クイニーは赤ん坊なのに80歳の老人のような風貌をした男児を拾い、ベンジャミンと名付けて慈しみ育てる。 成長するにつれどんどん若返るベンジャミンは、ある日6歳のデイジーと出会い、自分の秘密を打ち明ける。 やがて人生のちょうど真ん中で、ほぼ同じ年齢を迎えた二人は結ばれるが…。 人生を逆回りに生き抜いた男の数奇な物語。 ...続きを見る
象のロケット
2009/02/09 15:48
ベンジャミン・バトン 数奇な人生
人生という名のロードムービー。   ...続きを見る
Akira's VOICE
2009/02/09 18:15
映画「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」(2008年、米)
  ★★★★★  80歳の老人の姿で生まれ、年をとるにつれ若返っていく男と バレリーナの愛の物語。 『The Great Gatsby 』のFrancis Scott Key Fitzgeraldが 書いた短編小説(1922年)をEric Rothが脚色。 第81回アカデミー賞で作品賞など13部門にノミネート。 原題は「The Curious Case of Benjamin Button」。        1918年、New Orleans。 生まれたばかりの男の子が養老院の前に捨てられた。 ... ...続きを見る
富久亭日乗
2009/02/09 21:45
ベンジャミン・バトン 数奇な人生(2008年製作)
実は、あまり見に行こうと思って居なかったんですが、2008年度第81回アカデミー賞で、最多の13部門(作品賞、主演男優賞(ブラッド・ピット)、助演女優賞(タラジ・P・ヘンソン)、監督賞(デヴィッド・フィンチャー)、美術賞、撮影賞、衣装デザイン賞、メークアップ賞、作曲賞、音響賞、視覚効果賞、脚色賞、編集賞)にノミネートと言う話を聞いて、見に行ってみました。アカデミーに功罪はありますが、それでも、アカデミーノミネート作品に駄作は無いと思ったので。 ...続きを見る
勝手に映画評
2009/02/09 22:01
ベンジャミン・バトン 数奇な人生
JUGEMテーマ:映画 ...続きを見る
UkiUkiれいんぼーデイ
2009/02/10 08:45
ベンジャミン・バトン を見たゾ
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 を見てきました 物語は 第一次世界大戦終戦の日に生まれた ...続きを見る
ヤジャの奇妙な独り言
2009/02/10 09:10
ベンジャミン・バトン 数奇な人生
一瞬、一瞬を、大切に生きていますか――? 全ての出逢いを、胸に刻んでいますか――? 原題 THE CURIOUS CASE OF BENJAMIN BUTTON 製作年度 2008年 上映時間 167分 原作 F・スコット・フィッツジェラルド 脚本 エリック・ロス 監督 デヴィッド・フィンチャー 音楽 アレクサンドル・デスプラ 出演 ブラッド・ピット/ケイト・ブランシェット/ティルダ・スウィントン/ジェイソン・フレミング/イライアス・コティーズ/ジュリア・オーモンド ...続きを見る
to Heart
2009/02/11 00:37
ベンジャミン・バトン 数奇な人生
第81回アカデミー賞に13部門ノミネートされた話題作【story】80代の男性として誕生し、そこから徐々に若返っていく運命のもとに生まれたベンジャミン・バトン(ブラッド・ピット)。誰とも違う数奇な人生を歩まなくてはならない彼は、愛する人との出会いと別れを経験し、人生の喜びや死の悲しみを知りながら時を刻んでいくが―     監督 : デヴィッド・フィンチャー 『セブン』『ファイト・クラブ』『ゾディアック』     脚本 : エリック・ロス 『フォレスト・ガンプ/一期一会』『グッド・シェパード』  ... ...続きを見る
★YUKAの気ままな有閑日記★
2009/02/11 10:54
ベンジャミン・バトン 数奇な人生
デイジーにヒナギクの花束を・・・ ...続きを見る
ネタバレ映画館
2009/02/11 11:44
便宜上、倍評価 数奇な凡作●ベンジャミン・バトン 数奇な人生
過剰包装は止めましょう。 ...続きを見る
Prism Viewpoints
2009/02/11 13:31
ベンジャミン・バトン 数奇な人生
ブラッド・ピット的に考えると、筆者の評価が最も高い作品は「ジョーブラックをよろしく」である。この作品が評価が高い理由はレビューを読んで頂きたいのであるが、ひとつには時間の取り方である。この作品は物凄くゆっくりと(確かに上映時間も180分と長いが・・・)、流れているが、それはブラピが演じる死神の時間軸であり、同時に一財を為すために仕事一途で人生を駆け抜けてきた男(アンソニー・ホプキンス)の人生最後の時間を丁寧に描いているからである。この「ベンジャミン〜」の作品化を知った際に最初に脳裏に浮かんだ... ...続きを見る
利用価値のない日々の雑学
2009/02/11 15:18
ベンジャミン・バトン 数奇な人生
上映時間2時間47分は・・・長い! でも全く気になりませんでした。 ...続きを見る
future world
2009/02/11 15:59
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」:高輪北町バス停付近の会話
{/hiyo_en2/}あのビル、人間の顔みたいね。 {/kaeru_en4/}目があって、鼻があって、耳があって・・・。ほんとだ、人間の顔みたいだ。 {/hiyo_en2/}でも、人間と違ってあの顔は年をとらないのよねえ。うらやましい。 {/kaeru_en4/}うらやましいか? {/hiyo_en2/}うらやましいわよ。特に「ベンジャミン・バトン」とか観た後だと。 {/kaeru_en4/}あの映画は年をとるんじゃなくて、主人公がどんどん若くなっていく映画だぜ。 {/hiyo_en2/}うん... ...続きを見る
【映画がはねたら、都バスに乗って】
2009/02/11 18:01
ベンジャミン・バトン 数奇な人生
    = 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』  (2008) = ...続きを見る
今宵、サムソン・マスマスラーオの映画座で
2009/02/12 00:01
『ベンジャミン・バトン〜数奇な人生〜』
'09.01.19 『ベンジャミン・バトン 〜数奇な人生〜』(試写会)@よみうりホール ...続きを見る
・*・ etoile ・*・
2009/02/12 02:38
「ベンジャミン・バトン数奇な人生」
試写会で 観てきました。「ベンジャミン・バトン数奇な人生」公式サイト80代で生まれ、徐々に若返っていく男の数奇な運命。予告でその設定と淡々とした感じは伝わってきてて、さらに2時間47分て長さに退屈しそうな不安があったけど全然心配無用でした。淡々としてるのに... ...続きを見る
かいコ。の気ままに生活
2009/02/12 19:05
*『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』* ※ネタバレ有
2008年:アメリカ映画、デビッド・フィンチャー監督、ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット主演。 ...続きを見る
〜青いそよ風が吹く街角〜
2009/02/12 21:42
ベンジャミン・バトン 数奇な人生−(映画:2009年7本目)−
監督:デヴィッド・フィンチャー 出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、エル・ファニング、 ティルダ・スウィントン、ジュリア・オーモンド、タラジ・P・ヘンソン、ジェイソン・フレミング ...続きを見る
デコ親父はいつも減量中
2009/02/12 23:53
★「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」
今週の週末ナイトショウは・・・ ミュージカル好きなひらりんとしては 「ハイスクールミュージカル・ザ・ムービー」も観たかったけど、 やはり「ケイト・ブランシェット特集」継続中なので本作を鑑賞。 この特集は「エリザベス」「あるスキャンダルの覚え書き」「アイム・ノット・ゼア」に続く第4弾ね。 でもでも注目はなんてったって主演のプラピ。 ...続きを見る
★☆ひらりん的映画ブログ☆★
2009/02/13 00:52
ベンジャミン・バトン 数奇な人生(映画館)
人生は素晴らしい。 ...続きを見る
ひるめし。
2009/02/13 10:43
【ベンジャミン・バトン 数奇な人生】
監督:デヴィッド・フィンチャー 出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ティルダ・スウィントン、エル・ファニング ...続きを見る
日々のつぶやき
2009/02/13 16:07
ベンジャミン・バトン 数奇な人生
監督   デビット・フィンチャー キャスト ブラッド・ビット       ケイト・ブランシェット       ティルダ・スウイントン ...続きを見る
You got a movie
2009/02/13 22:03
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 自分の人生の肯定
時間というものは不可逆性の流れを持っています。 今のところ物語の中でしかタイムト ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2009/02/13 23:42
ベンジャミン・バトン★数奇な人生 
 原題:The Curious Case of Benjamin Button 80歳で生まれ、若返っていく男の物語 公開前から予告での宣伝もじゃんじゃん流されていたので、観ないわけにはいかないなあと思っていました。2月9日夕方、鑑賞してきました。ところが長い!3時間まではいかなかったが。後で調べたら167分=2時間47分・・・・・・。いやあここまで長いとやはり疲れますね。 F・スコット・フィッツジェラルドの短編小説をもとに、デヴィッド・フィンチャーが映画化。なお、フィンチャーと主演のブラ... ...続きを見る
銅版画制作の日々
2009/02/14 01:00
ベンジャミン・バトン 数奇な人生
The Curious Case of Benjamin Button (2008年) 監督:デヴィッド・フィンチャー 出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、タラジ・P・ヘンソン、ティルダ・スウィントン 老人の身体で生まれ、年を重ねるごとに若返っていく男の生涯を最愛の女性との交流を通して描く。 冒頭で、戦争で息子を失った時計職人が、逆に回転する時計を作り、「時を戻すことができたら、後悔をすることもない」と言って姿を消すというエピソードが紹介されるが、本作はこの言葉を否定する物語である... ...続きを見る
Movies 1-800
2009/02/15 16:51
ベンジャミン・バトン 数奇な人生
ベンジャミン・バトン 数奇な人生’08:米 ...続きを見る
☆C'est joli〜ここちいい毎日を...
2009/02/15 22:03
映画「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」
the curious case of Benjamin Button アメリカ 2008 09年2月公開  劇場劇賞 公開に先立って原作を読み準備万端の中、鑑賞してきました。 物語は病床にある老女が、娘にとある日記を朗読して欲しいと頼む場面から始まる。 主人公ベンジャミンは老人の姿で生まれ、その衝撃から父親は幾ばくかのお金と共に、黒人女性クイニーの営む老人施設の玄関前に我が子を置き去りにしてしまう。 生まれながらに老化していたベンジャミンは長くは生きられないだろうと言われていたが、クイニーによ ...続きを見る
Andre's Review
2009/02/17 10:51
ベンジャミン・バトン 数奇な人生
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」監督:デビッド・フィンチャー(『ゾディアック』『パニック・ルーム』) 出演:ブラッド・ピット(『オーシャンズ13』『バベル』)ケイト・ブランシェット(『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』『エリザベス:ゴール... ...続きを見る
マー坊君の映画ぶろぐ
2009/02/17 12:17
【映画】ベンジャミン・バトン 数奇な人生
▼動機 子供の頃、こういう歌があったよね ▼感想 ま、それなり ▼満足度 ★★★★☆☆☆ それなり ...続きを見る
新!やさぐれ日記
2009/02/17 22:45
人生は偶然の積み重ね。『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』
80代の肉体で生まれ、徐々に若返っていく一人の男性の数奇な運命を描いた作品です。 ...続きを見る
水曜日のシネマ日記
2009/02/18 11:27
ベンジャミン・バトン 数奇な人生☆独り言
人生は今は80年くらいが平均だとしたらやっぱり40代あたりで帳尻が合うことになるのね。『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』80歳の姿の赤ちゃん・・・しかもその子が最愛の妻の命を奪ったという事実にバトン氏は衝動的に赤ちゃんを老人ホームに捨ててしまう。ベンジャミン ...続きを見る
黒猫のうたた寝
2009/02/19 00:18
ベンジャミン・バトン 数奇な人生
久しぶりの映画{/m_0199/}に、『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』観て来ました。 ...続きを見る
Matthewの映画日記?
2009/02/20 00:16
『ベンジャミン・バトン 数奇な運命』
□作品オフィシャルサイト 「ベンジャミン・バトン 数奇な運命」□監督 デヴィッド・フィンチャー&nbsp; □脚本 エリック・ロス&nbsp;&nbsp; □原作 F・スコット・フィッツジェラルド□キャスト ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ティルダ・スウィントン、タラジ・P・ヘンソン、イライアス・コティーズ、ジェイソン・フレミング、ジュリア・オーモンド、エル・ファニング、ジャレッド・ハリス■鑑賞日 2月14日(土)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2009/02/20 21:36
ブラッド・ピッドだから…
観たようなものですが(^_^;)体調不良だったため、予定よりも一週遅れの鑑賞です。ウズウズ  めちゃ観たかった〜。  やっぱり観て良かった〜。  本当に数奇な人生でした。  『ベンジャミン・バトン』老人に生まれて若返って行くなんて、どんなストーリーなの?そんな世 ...続きを見る
美容師は見た…
2009/02/20 22:20
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生 』
昔、「じじい」とか「せんぱい」なんてあだ名で呼ばれていたクラスメートが、中年になって同窓会に出たら、あまりにそのまんまなので吃驚されるということがあります。老け顔の人って、年くっても意外と変わらないものなんですが、かように「相対的に若返る」というのはありえると思います。 ...続きを見る
音次郎の夏炉冬扇
2009/02/21 17:03
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 を観ました。
デヴィッド・フィンチャーは好きな監督のおひとりですが、今までの作品とは全然違いますねぇ… ...続きを見る
My Favorite Things
2009/02/22 20:12
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』
 『タイタニック』のような格調高い構成に、『フォレスト・ガンプ 一期一会』のよう... ...続きを見る
シネクリシェ2.0
2009/02/24 06:23
ベンジャミン・バトン 数奇な人生
2月14日(土) 14:50〜 TOHOシネマズ川崎7 料金:1000円(TOHOシネマズデー) パンフレット:900円 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』公式サイト アカデミー賞にやたらノミネートされている相当に長い映画。 爺として生まれ若返っていくのだが、成長するにつれ若返り、少年の容姿で痴呆になり、赤子になってご臨終。 でも、生まれたとき赤子のサイズ、7歳のときもサイズは7歳で顔が爺、成長して体がまた縮むのはどうにも理解できない。老人になると体が縮むとはいえ、赤子はないだろう。 ち... ...続きを見る
ダイターンクラッシュ!!
2009/02/25 02:04
人生は“一期一会”と申します
みなさまこんにちは! Movie-Highway編集部のTannyです ...続きを見る
movie-highway編集部!のブロ...
2009/02/26 15:55
映画vol.170『ベンジャミン・バトン』*試09-01
監督:デビット・フィンチャー 出演:ブラッド・ピット ケイト・ブランシェット  製作:米国 2008年公式HP ...続きを見る
Cold in Summer
2009/02/26 16:57
ベンジャミン・バトン 数奇な人生
2月24日、映画館で鑑賞♪ ...続きを見る
☆お気楽♪電影生活☆
2009/03/01 14:29
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」、観ました。 ...続きを見る
クマの巣
2009/03/01 20:19
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」よく出来た、大人のおとぎ話。
[ベンジャミン・バトン数奇な人生] ブログ村キーワード  アカデミー賞13部門ノミネート!上映時間2時間47分!!「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」(ワーナー・ブラザース)。アカデミー賞では残念な結果(主要部門でカスらず、3部門の受賞)に終わりましたが、興行の方は、長尺モノにも関わらず、まずまずの数字を挙げています。こりゃあ、ブラピの底力って、とこですかね? ...続きを見る
シネマ親父の“日々是妄言”
2009/03/02 22:37
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」観てきました♪
☆「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 監督:デヴィッド・フィンチャー 出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ティルダ・スウィントン、ジェイソン・フレミング、イライアス・コティーズ、ジュリア・オーモンド、エル・ファニング デイジー、タラジ・P・ヘンソン、フォーン・A・チェンバーズ、ジョーアンナ・セイラー、マハーシャラルハズバズ・アリ、ジャレッド・ハリス、デヴィッド・ジェンセン、テッド・マンソン、トム・エヴェレット ...続きを見る
りんたろうの☆きときと日記☆
2009/03/12 22:54
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』'08・米
あらすじ80代の男性として誕生し、そこから徐々に若返っていく運命のもとに生まれた男ベンジャミン・バトン(ブラッド・ピット)は、愛する人との出会いと別れを経験していくが・・・。感想映画の日に、久しぶりに劇場鑑賞。『セブン』、『ファイト・クラブ』のデヴィッ... ...続きを見る
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
2009/03/13 06:32
ベンジャミン・バトン 数奇な人生
映画 ベンジャミン・バトン 数奇な人生 の感想 ...続きを見る
エンタメ日々更新
2009/03/15 11:37
ベンジャミン・バトンの数奇な運命
何とも荒唐無稽な設定で、一体どういう終わり方をするのか?と興味が膨らむストーリー。 61ページほどの短編なので、映画を見てから読んでみました。 「華麗なるギャツビー」のスコット・フィッツジェラルド原作、今回映画にあわせて 初めて翻訳出版されたそうです。 こんな短い話を、文字サイズを大きくしたり化粧装丁で1冊1000円くらいにした 便乗商法もあるけれど、 探しました〜、見つけました〜{/choki/} 角川文庫、「ベンジャミン・・・」他6篇収録で476円(税別)なり〜。 ...続きを見る
映画の話でコーヒーブレイク
2009/03/15 21:29
ベンジャミン・バトン 数奇な人生
1920年代にF・スコット・フィッツジェラルドが執筆した、 ニューオーリンズを舞台に、80代で生まれ、そこから若返っていく、 1918年の第一次世界大戦から21世紀に至るまでの、 ひとりの男の姿を描いた短編の映画化作品。 主演はブラッド・ピット。 ...続きを見る
映画、言いたい放題!
2009/03/19 01:05
ベンジャミン・バトン 数奇な人生
2008 アメリカ 洋画 ドラマ ファンタジー 作品のイメージ:感動、ほのぼの、切ない 出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、タラジ・P・ヘンソン、ジュリア・オーモンド ...続きを見る
あず沙の映画レビュー・ノート
2009/05/22 14:50
ベンジャミン・バトン 数奇な人生
人生は素晴らしい ...続きを見る
Addict allcinema 映画レ...
2009/07/22 14:03
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」
文豪アーネスト・ヘミングウェイ同様、「失われた世代」に属する米国の著名な純文学作家、F・スコット・フィッツジェラルド(1896年―1940年) の小説(角川文庫所収)を映画化したファンタジー・タッチのヒューマン・ドラマ「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」(2008年、米、167分、パラマウント映画配給)。この映画は80歳の老体で生まれ、年をとるにつれ若返っていく男ベンジャミンの波乱に富んだ生き様を描きながら、人生とは何かというテーマを追求した作品だ。監督は「セブン」や「ファイト・クラブ」... ...続きを見る
シネマ・ワンダーランド
2009/07/28 03:18
【映画】ベンジャミン・バトン 数奇な人生…今年の観賞記録は今年のうちに計画(1)蛇足無し
{/kaeru_fine/}あいかわらずモンハンばっかりなピロEKです{/ase/} (ゲームでは、ちょっと前に買った「Forza Motorsport 3」は全然遊んでいなくて勿体ないし{/ase/}、すでに払い込んでるXboxのゴールドメンバーシップとかも全然使ってなくて{/ase/}…勿体ないですなぁ{/face_ase2/}) ...続きを見る
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
2010/02/28 09:58
ベンジャミン・バトン 数奇な人生
マイミクさんからのお誘いで試写会に行ってきました。 1/25、九段下サイエンスホール 1918年のニューオーリンズ。80歳の姿で生まれた赤ん坊は置... ...続きを見る
単館系
2010/03/02 22:38
映画『ベンジャミン・バトン〜数奇な人生』を観て〜アカデミー賞受賞作品
9-11.ベンジャミン・バトン〜数奇な人生■原題:The Curious Case Of Benjamin Button■製作年・国:2008年、アメリカ■上映時間:167分■字幕:小山悟■鑑賞日:2月7日、新宿ジョイシネマ(歌舞伎町)スタッフ・キャスト(役名)□監督:デヴィッド・フィンチャー□脚... ...続きを見る
kintyre&#039;s Diary...
2011/05/08 11:18

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(26件)

内 容 ニックネーム/日時
「おたがいやっと追いついた」というのはこの映画を見ると、自然と思えてきますよね。
デイジーとベンジャミンのせつないお話はあの世に行ってからは幸せな話になってほしいと願ってしまうほどでしたよ。
にゃむばなな
URL
2009/02/07 18:31
赤ん坊で生まれて赤ん坊で死ぬ・・・
良く考えてしまうと、ちょっと頭が混乱しますが、
ベンジャミンとデイジー、二人の人生を巧みに交錯させて、
人生の素晴らしさを描いていたと思います。
BROOK
URL
2009/02/07 19:28
こんばんはSORAさん

コメTBありがとうございます♪
ラストの3行が、ほんとそうだよなぁ、、、、って思いました★
フィクションとはいえ本当に切ないお話でしたよね
mig
URL
2009/02/07 19:56
こんにちは〜♪
「やっとおいついた」と思ったらその瞬間からまた離れていく。
なんとも切ない二人のラインです。
愛した人の腕に抱かれて亡くなったのはせめてもの救いでした。
ミチ
URL
2009/02/07 20:09
あたしは、そんなにとんでもない人生だったとか、呪われた人生だった・・という風に思えなかったんですよ。
こんなにいい人たちに囲まれ、若返って行く肉体を謳歌してる風に見えたのは、不謹慎?
まともに生きてても、本当にいい時期なんてのは、わずかなような気もするし。
これもひとつの人生だよなあなどと、思ってきてます。
sakurai
URL
2009/02/08 08:43
にゃむばななさん、こんにちは♪
まさに人生を終わろうとしている病床のデイジーが、娘とともにベンジャミンを回想していく様子に泣けました。
あの世には時間の概念はないでしょうから、きっと幸せだと思います。
SOAR
2009/02/08 09:13
BROOKさん、こんばんは♪
おー、言われてみれば鋭いご指摘だと思います。生まれたときは赤ちゃんの体格で老人の容姿ですから、最後は老人の体格で赤ちゃんの容姿でないと・・・。
人生の素晴らしさを実に奇抜なアイデアで描いたことに脱帽です。
SOAR
2009/02/08 09:14
migさん、こんにちは♪
若返りの最後は当然赤ちゃんですから、彼の80年の記憶がどうなるのかも注目していたんです。だからあのラストは切なかったです・・・。
SOAR
2009/02/08 09:14
ミチさん、こんにちは♪
BFグッドリッチのジッパーのことがチラッと出てきましたが、二人の悲劇は出合ったあとはひとつになるジッパーとは違ってまた離れていくことなんですよね。それでも最後まで幸せそうな2人でよかったです。
SOAR
2009/02/08 09:14
sakuraiさん、こんにちは♪
彼には悲愴感が全くないんですよね。“呪われた運命の男が女を抱く”というシチュエーションに『スカイクロラ』を思ったんですが、あっちの描き方とは正反対に感じました。
娘ができた時点で身を引く決断など運命ゆえの辛さがあったとは思いますが、彼の数奇な人生はそれほど不幸ではなかったのかもしれません。
SOAR
2009/02/08 09:15
こんにちは☆

コメントありがとうございました☆

やった追い付いたのにまた離れていって
しまうなんとも悲しい2人の物語でしたね。
あのラストもなんだか非常に考えさせられ
てしまいました。
dai
URL
2009/02/08 14:29
3時間の映画は どうしても中だるみとか 飽きがくるとか(?)ありがちですが、この映画は全く感じませんでした。
おそらく・・・その自伝を読み聞かせると言う設定が
自分が 本を読み進めているかのような気になるからかもしれませんね〜
映像もなにか 本を読むときに思い描く想像の世界のような、そんな感じがしました。
なので 時々涙ぐみながら あふれて流れるというほどの量ではない涙を そのままにしていました。。。

どの年代のブラピが 特殊メイクをしていないの??と
ちょっと 気になったおばさんです(笑)
亀子
2009/02/09 12:34
TBありがとうございました。こちらからのTBがうまくいかず、すみません。
重苦しい運命を背負っているのに、暗さも悲壮な感じもなく、淡々と生き抜くベンジャミンの姿が、かえって切なさを増していたと思いました。
HIROMI
URL
2009/02/09 20:38
daiさん、こんばんは♪
あのラストは救いのようでもあり、そうでないようでもあり・・・でしたね。
ベンジャミンに悲愴感がないので、観てるこちらがより切なくなるという演出にやられました。
SOAR
2009/02/09 23:10
亀子さん、こんばんは♪
お、亀ちゃんもさっそく観ましたね!
日記や自伝を第三者が読み聞かせる形で進行する作品自体は珍しくはないですが、本作のそれはちょっとひねりがあるので新鮮な感じでした。
言われてみれば映像もどこか幻想的なところがありました。

特殊メイクだけでなくCGも使ってるんですよねえ。もはやどれがリアルブラピなのか・・・。娘ができたあたりですかね。
SOAR
2009/02/09 23:10
HIROMIさん、こんばんは♪
TB、スパムと認識してしまうことが時々あるようなんです。こちらこそご迷惑おかけしてすいません。

淡々と生きている彼の胸の内は必ずしも明るいもではなかったと思います。それでも悲観することなく生きる喜びを静かに感じながら生きたんでしょうね。そこがかえって切ないですよね。
SOAR
2009/02/09 23:11
SORAさん こんにちは♪
一人の男性の人生をここまで淡々と見せてもらえる作品なんてそんなにはないですよね。
赤ちゃんに戻っていくラストは本当に切なさが込み上げてきました。
好きな人に見守られて旅立っていくのは素敵でしたね。
本当に"数奇な人生"だったなと。
なぎさ
URL
2009/02/10 08:44
なぎささん、こんばんは♪ SOARです(笑)

>一人の男性の人生をここまで淡々と見せてもらえる作品なんてそんなにはない

そう、そこなんですよね!
デイジーとの関係を描く上で若返りという設定は不可欠なんですが、個々のエピソードは「ある男の回顧録」といった見方をしても充分満足のいく作品でした!
SOAR
2009/02/10 19:52
好きな人たちと出逢えても、共に人生を全うすることは出来ない。
若返りの悲劇が十分伝わってきましたね。
記憶をなくす人が予め好きな人の前から去っていくというドラマを思い出しましたが、
あの決心をするところが耐えられなかったですね、、。
kira
URL
2009/02/11 20:50
kiraさん、こんばんは♪
あるいは子供が生まれなければ、ふたりはずっと一緒にいられたのかもしれませんね。
すべてを承知で愛しあうことができたのに、それゆえに去る決意をするしかなかったベンジャミン・・・。
切ないですね。
SOAR
2009/02/12 19:06
SOARさん、はじめまして。
トラックバックありがとうございました。(*^-^*

確かに、キャロラインがベンジャミンの自伝を読み聞かせる形で進行する構成は良かったですね。
自伝に綴られたベンジャミンの人生が進展しては一息つき、
その後の展開を想像して観る事が出来たので退屈はしなかったです。
BC
URL
2009/02/12 22:03
BCさん、はじめまして♪
こちらこそ先日は「マンマ・ミーア!」のほうへの初TBありがとうございました。

エピソードごとに現在のデイジーの表情が微妙に変わるんですよね。またそれを読んでいるキャロラインも驚いたり考え込んだりと、その都度複雑な表情を見せます。
こうしたふたりのシーンが挟まったことで本編への興味がより高まり、長丁場が苦にならなかったんでしょうね。
SOAR
2009/02/12 23:36
こんにちは〜♪
『人妻エリザベスとの恋と、彼女絡みの一連のエピソードがちょっといい感じで気に入ってしまった』
私もエリザベスのエピソードは気に入っています♪
ティルダ・スウィントンも上手かったですよね〜

少々長い物語でしたが、最後まで惹きこまれました。
数奇な運命ながら穏やかで優しい人柄のベンジャミンが凄く良かった!!
ラストも感動しました。『青い瞳に見守られながら赤ん坊の姿で人生を終える』ベンジャミンをみて、何故だか温かな気持ちになりました。
由香
URL
2009/02/13 18:51
由香さん、こんばんは♪
2時間超えるってだけで身構えてしまうのに、この作品は3時間近いでしょう。どうなることかと思いましたよ(笑)
ベンジャミンが穏やかに人生を終えることができた背景には、周囲の人たちの温かな目があったからなんですよね。
幸い私は数奇でもなんでもない平凡な日々を送ってますが、穏やかに温かく生きることが大切なのは同じだよなって思います。
SOAR
2009/02/14 22:14
TB&コメント
ありがとうございました。

老いることに対して、
マイナスに捉えがちですが、
やっぱり一緒に老いる幸せを
考えたら、この物語は切ないですね。

ひらで〜
2009/03/01 14:42
ひらで〜さん、こんばんは♪
実際のところ“老い”にはやはりマイナス要素がどうしてもあります。
でもそうかと言って“若がえり”がプラスではないんですね。
まるでおばあちゃんと孫のような2人の後ろ姿にそんなことを考えさせられました。
切ないですねー。
SOAR
2009/03/04 23:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』・・・逆行する二人の時間が交錯して SOARのパストラーレ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる