SOARのパストラーレ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 『おっぱいバレー』・・・「道程」そして「道標ない旅」

<<   作成日時 : 2009/04/21 07:06   >>

トラックバック 31 / コメント 22

ただただおバカなだけの映画だろうと予定に入れてなかったのだが、日頃お世話になってる映画ブロガー諸氏、特に私と世代の近い男性陣がまずまずの評価をされているので、ワーナーマイカルの千円の日を利用して観ることにした。

弱小バレー部の新任顧問となった寺嶋美香子(綾瀬はるか)が、おっぱいに憧れるおバカな部員たちと交わした約束。それは「試合に勝ったらおっぱいを見せる」というものだった。

この約束で俄然やる気になった部員たちの姿に感動しつつも、「勝ったら困る!」という本心も当然ある美香子先生。そんな悩める女性教師を綾瀬はるかが好演。当たり年だった昨年に続き今年の彼女もよさそうだ。

おっぱいおっぱいと連呼する部員たちを「オバカなやつらだなあ」と呆れながら見ているうちに、自分が中学生の頃もけっきょくそうだったことを思い出した。女子のブラジャーがどうだとか、誰それ先生の胸がどうだとか、そんな話ばかりしてたよなあ。頭の中がそういうことでいっぱいだった時代なんだ。そもそも当時のエッチな思いって案外純粋なんだよね。具体的な嫌らしさなんてないのだ。ただ見たくて、ただ触りたくて・・・。

この作品が単なるおバカコメディに終わってないことも評価したい。
美香子が抱えるトラウマの重さ。かつて自分の保身のために生徒に嘘をついたことがある美香子は、それゆえ彼らとの約束を反古にしたくない思いが強いのだ。
そして自分が中学生の時に犯してしまった万引き。そのときに出会った原田先生とのエピソードも胸が熱くなる。
墓前で出会う原田の妻(市毛良枝)に家に招かれた美香子が、そこで初めて知る当時の真実も私にはかなり効いた。

70年代を代表する楽曲群も懐かしいものばかり。オープニングの「渚のシンドバット」でつかみはOK。ひたむきな少年たちには「HERO」がバッチリ似合った。レストランでのピアノによる「オリビアを聴きながら」がいつの間にか「卒業写真」になり、続くホテルのシーンで途切れることなくストリングスアレンジに変化していくところなども、なかなかやるな〜と感心。
でも一番のツボは永井龍雲の「道標ない旅」だろう。歌詞が高村光太郎の「道程」にこうも見事にリンクするとは今まで気付きもしなかった。(「道標〜」は以前カラオケでよく歌ったのに)
初戦を不戦勝で勝ち進んだ2試合目。第2セットを取り返して迎えた第3セット。メンバーを1軍に入れ替えた竜王中にことごとくやられてしまう場面に流れるこの曲がとても印象的だった。

こうした曲についつい気を取られてしまいがちだが、佐藤直紀が創り出す切なくも優しいメロディーが70年代の風景にすんなり溶け込んで、これもまた素晴らしい。彼が手掛けるこの手のBGMはやはりいいなあ。(私がいろんな意味で注目している9月公開の某作品の音楽は彼とのことで、こちらも大いに期待したいところである)

試合に負けてしまったバレー部員と、妙な約束が学校側に知られてしまった美香子。
交わされた約束はどうなるのか。美香子の処分は?
感動のラストはぜひ劇場で。私、かなりウルッときました。これ、隠れ名作となりそうな予感!

 ☆『おっぱいバレー』公式サイト

4/23追記
記事中「私がいろんな意味で注目している9月公開の某作品」とは言うまでもなく『BALLAD 名もなき恋のうた』のことです。元作品、『クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』が純愛を描いたアニメとしては稀に見る傑作であることはご存知の通りで、私の大好きな作品でもあります。
主演俳優が本日逮捕されたことが『BALLAD〜』にどう影響するか、ご本人の今後も含めとても心配です。
goo 映画
goo 映画

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(31件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【映画評】<!-- おっはいはれー -->おっぱいバレー
思春期まっただ中の男子バレー部員たちに「試合に勝ったら、おっぱいを見せる」という約束させられた悩める美人女性教師を綾瀬はるかが演じる青春コメディ。 ...続きを見る
未完の映画評
2009/04/21 08:16
「おっぱいバレー」
試写会で 観てきました。「おっぱいバレー」公式サイト水野宗徳による実話を基にした同名小説を映画化。当日監督と綾瀬はるかの舞台挨拶がありました。僕の彼女はサイボーグの時より、彼女太った気が・・気のせい?現場では挨拶が「おはようおっぱい!」だったそうで。監... ...続きを見る
かいコ。の気ままに生活
2009/04/21 10:28
おっぱいバレー
目の前に夢があるから頑張れる!   ...続きを見る
Akira's VOICE
2009/04/21 10:39
[映画『おっぱいバレー』を観た(ブルマ太もも女子バレー^^;)]
☆『おっぱいバレー』は、私の映画鑑賞の歴史で出会った(意識した)初めての「映画女優」と呼べる女優・綾瀬はるかの主演作である。 ...続きを見る
『甘噛み^^ 天才バカ板!』
2009/04/21 19:43
映画 【おっぱいバレー】
映画館にて「おっぱいバレー」 ...続きを見る
ミチの雑記帳
2009/04/21 20:49
おっぱいバレー なんてタイトルなんだ・・・(-_-;)
【 22 -6-】 大阪会の年金特別部会(実務コース)に今年は時間のやり繰りが付きそうなので参加することにした。 昨日がその第1回で「老齢年金」、会場に着いたら受験仲間で現在は宴会仲間であるTeam Daieiの中核をなすMさんを発見。 「もし寝てしまったら起こしてね{/m_0199/}」ってお願いしてたのに、ふと気付くと俺すっかり{/hamster_7/} 「なんで起こしてくれないんや〜{/m_0152/}」って隣を見たら彼も{/m_0198/}{/m_0157/}{/m_0157/}。。。納... ...続きを見る
労組書記長社労士のブログ
2009/04/21 23:41
『おっぱいバレー』 (2009)/日本
監督:羽住英一郎原作:水野宗徳出演:綾瀬はるか、青木崇高、仲村トオル、石田卓也、大後寿々花公式サイトはこちら。<Story>1979年、北九州市の公立中学校。新任教師、美香子(綾瀬はるか)は赴任早々、男子バレー部の顧問になった。しかし、部員全員やる気のない... ...続きを見る
NiceOne!!
2009/04/22 00:19
【レビュー】「おっぱいバレー」〜一文字違いの人情劇だった
題名を言うのも恥ずかしく 前売券を買い逃した この映画 中盤のクライマックスで ある言葉がキーワードになっていた おっぱいという「文字」は それを象徴していただけかもしれない   主人公たちの悪ふざけ過ぎに 当初は抵抗があったが 導入部としては必要条件だったのだろうか     おっぱいバレー - goo 映画   物語のテンポと 懐かしい楽曲の組み合わせが 今ひとつ しっくりこない感じはしたが 音楽は音楽として捉えれば 懐かしさとともに楽しめるし 特に当時の自動車を よく揃えたなと感心した   ... ...続きを見る
映画の部屋☆とらとら分室(^^;
2009/04/22 00:26
劇場鑑賞「おっぱいバレー」
おっぱいバレーオリジナル・サウンドトラック「おっぱいバレー」を鑑賞してきました実話を基にした水野宗徳の同名青春小説を「ハッピーフライト」の綾瀬はるか主演で映画化。70年代後半の中学校を舞台に、新任女性教師の成長と彼女のおっぱい見たさに見違えるように練習... ...続きを見る
日々“是”精進!
2009/04/22 15:02
『おっぱいバレー』
ナイスおっぱい!そう言いたくなるほど楽しい映画でした。実話を基にした青春コメディとはいえ、笑えるだけでなく感動もさせてくれる、まさにお疲れ気味の日本にぴったりの元気映画。 私も中学生男子を経験してきた者として、これほどまでにおっぱいに対する憧れをきちんと.... ...続きを見る
めでぃあみっくす
2009/04/23 20:25
おっぱいバレー
JUGEMテーマ:映画 ...続きを見る
UkiUkiれいんぼーデイ
2009/04/24 08:38
「おっぱいバレー」 実はノスタルジー映画
あまりにストレートなタイトルと予告を観ると、本作のストーリーがなんとなく想像でき ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2009/04/25 11:14
『おっぱいバレー』シークレットライブ・舞台挨拶付き完成披露試写会@渋谷C.C.レモンホール
基本、キャストが見られないと映画を見ない人w今回のそんじょそこらの映画サイトより&ldquo;無駄に詳しい&rdquo;舞台挨拶レポートは、4/18公開『おっぱいバレー(OPV)会場は、渋谷C.C.レモンホール(旧渋谷公会堂)登壇するのは、綾瀬はるか、青木崇高、『LIMIT OF LOVE 海.... ...続きを見る
|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο
2009/04/25 17:14
おっぱいバレー
映画「おっぱいバレー」を観てきました!! ...続きを見る
Thanksgiving Day
2009/04/26 01:29
「おっぱいバレー」見る事を夢見て目標へ向かってがんばる事を知った青春バレー
「おっぱいバレー」は23歳の新任女性教師が赴任した学校のバレーボール部でやる気のない部員に勝ったら何でもするという約束に部員たちが「おっぱい見せてください」というとんでもない約束をさせられ部員たちが目の色を変えて猛練習して1勝を目指すストーリーである。タ... ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2009/04/29 09:57
『おっぱいバレー』 おっぱいの行方、青春の彼方−。
『おっぱいバレー』 監督: 羽住英一郎 原作: 水野宗徳 脚本: 岡田惠和 撮影: 西村博光 美術: 北谷岳之 音楽: 佐藤直紀 キャスト: 綾瀬はるか 青木崇高 仲村トオル 石田卓也 大後寿々花 福士誠治 光石研 田口浩正 市毛良枝 木村遼希 高橋賢人 橘義尋 本庄正季 ...続きを見る
ketchup 36oz. on the...
2009/04/29 11:11
おっぱいバレー
実話を基にした同名青春小説を『海猿』シリーズや『銀色のシーズン』の 羽住英一郎監督が『ハッピーフライト』、『ICHI』の綾瀬はるかを主演で 映画化。70年代後半の九州の中学校を舞台に新任女性教師と弱小男子バレー ボール部の部員達が勝利を目指して奮闘する様を描く。.. ...続きを見る
だらだら無気力ブログ
2009/04/30 23:33
『おっぱいバレー』@ワ-ナーマイカル
この「おっぱいバレー」が映画化ということを知ったとき実話ということをどこからか入ってきて興味が湧きました♪去年あたりから映画で多く見るようになり初めは「サイボーグ」でもこみちくんのように演技に?の場合それが似合ってるかと思いましたがその後の活躍で旬の役... ...続きを見る
たーくん'sシネマカフェ
2009/05/03 10:47
おっぱいバレー (綾瀬はるかさん)
◆綾瀬はるかさん(のつもり)綾瀬はるかさんは、現在公開中の映画『おっぱいバレー』に寺嶋美香子 役で出演しています。先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想 ...続きを見る
yanajunのイラスト・まんが道
2009/05/05 00:48
「おっぱいバレー」
                          「おっぱいバレー」 ...続きを見る
ひきばっちの映画でどうだ!!
2009/05/07 01:28
ナツメロPV映画?『おっぱいバレー』
1979年の北九州を舞台に描かれた作品。中学校の弱小男子バレーボール部とその顧問になった新任女性教師の物語です。 ...続きを見る
水曜日のシネマ日記
2009/05/09 10:31
『おっぱいバレー』
  見せられるわけ、ないじゃん!?   ■1979年、北九州。赴任早々、中学の弱小男子バレー部の顧問になった新任国語教師・美香子(綾瀬はるか)は。やる気もなければ、バレーボールすらまともに触ったことがない部員たちに”試合に勝ったらおっぱいを見せる”というあり ...続きを見る
唐揚げ大好き!
2009/05/10 06:47
【おっぱいバレー】
監督:羽住英一郎 出演:綾瀬はるか、仲村トオル、青木崇高、石田卓也、大後寿々花 ...続きを見る
日々のつぶやき
2009/05/12 10:46
おっぱいバレー
自分なら映画館でチケットを購入する際、そう言っちゃうよなぁ。 ...続きを見る
単館系
2009/05/17 22:25
映画:おっぱいバレー
 もうすぐ公開終了ですが、やっとおっぱいバレーを観てきました。 ...続きを見る
よしなしごと
2009/06/03 22:25
おっぱいバレー
「おっぱいバレー」(2009)を観ました。監督:羽住英一郎出演:綾瀬はるか、青木崇高、仲村トオル、石田卓也、大後寿々花<内容>1979年、北九州市の公立中学校。新任教師、美香子は赴任早々、男子バレー部の顧問になった。しかし、部員全員やる気のない弱小チーム。思春... ...続きを見る
paseriのブログ
2009/10/28 00:46
おっぱいバレー
脚本ゼミでの映画を観る会で候補に挙がった作品ですが却下。 でも結構評判よいですよね。(^^) 映画の紹介番組でも面白そうだったので 観てみました。 ...続きを見る
映画、言いたい放題!
2009/11/10 17:05
「おっぱいバレー」
もっとコメディっぽいのかと思ったら、結構まじめなお話でした ...続きを見る
心の栄養♪映画と英語のジョーク
2009/11/11 17:22
『おっぱいバレー』 (DVD)
 タイトルに抵抗がありましたが(笑)、結構良いということで鑑賞。はい、意外に良作でした。 ...続きを見る
みゆみゆの徒然日記
2009/12/10 23:52
おっぱいバレー−(映画:2009年鑑賞)−
監督:羽住英一郎 出演:綾瀬はるか、大後寿々花、木村遼希、橘義尋、高橋賢人、田口浩正、市毛良枝、仲村トオル ...続きを見る
デコ親父はいつも減量中
2009/12/30 00:18
???????(???)b
???????????1?? ...続きを見る
??????
2011/01/31 19:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
夫はすごくひかれているようです(苦笑)元気になれそうな映画ですよね。
チケット買う時、恥ずかしかったですか〜(笑)
ちゅう
2009/04/21 19:13
ちゅうさん、こんばんは♪
恥ずかしそうにしなければ恥ずかしくないですよ〜。
単なるタイトル、固有名詞ですもん。
でも、よりによってスタッフがアルバイト風の可愛らしい女のコだったので、ちょっとためらいました(笑)
こういうときはにーちゃんでいいのに!
SOAR
2009/04/21 20:29
こんにちは〜♪
女性的にはこの作品のタイトルよりも「人のセックスを笑うな」の方が窓口で言いにくかったな〜(笑)
中学生男子の頭の中を垣間見せてもらったようで、呆れるやらほほえましいやら。
音楽も懐かしすぎました〜。
ミチ
URL
2009/04/21 20:54
リアルで「バカ部」みたいなのが2人もうちに住んでますんで(爆)、彼らの生態は手に取るように分かるんですよ(笑) ぉいぉいそれで隠したつもりかよ!? みたいなw 毎日目がテン&ちょーウケてますね。この映画の中学生クンたちも頭の中がおっぱいでいっぱーい♪なのが面白かった。美香子先生も、あの時代の真面目な先生の感じが(→ 今、ああいう女の先生ってホントいないんですよ。若くても理屈っぽかったり自己満足だったりする人が多くてね)よかったな〜。
rose_chocolat
URL
2009/04/22 08:44
こんにちは。

タイトルはちょっと、えっ?と思いますが、
ストーリーは至って青春物語となっていました。
それに美香子のエピソードを上手く取り入れつつ、
ラストは清々しかったですね。♪
BROOK
URL
2009/04/22 15:26
ミチさん、こんばんは♪
なるほど〜。「おっぱい」は親しみやすい言い回しでもあるのに対し、「セックス」はストレートですもんねえ。

はい、あの選曲にはやられました!そういえば作品の冒頭で流れ出すイントロに、最近やられっぱなしの私です。
SOAR
2009/04/22 21:26
rose_chocolatさん、こんばんは♪
私は単純に自分の中学時代と重ね合わせるように観てましたが、なるほど、中学生の息子さんに重ねるパターンもあるわけですね。
中学生ってエッチなことで頭がいっぱいですからね〜。何か見つけても見て見ぬフリをしてあげてくださいね(笑)

そうそう。私の友人に、子供思いで一生懸命で・・・。そんな素敵な女の先生がいますよ〜(^o^)
SOAR
2009/04/22 21:26
BROOKさん、こんばんは♪
美香子の感動エピソードはこの作品にはちょっと反則気味な感じもするんですが、取ってつけたような設定ではなかったのが成功してましたね。
ほんと清々しいラストでした!
SOAR
2009/04/22 21:26
ほんと、あの頃の男の頭の中ってこんな感じでしたよね。
女子からはいつも軽蔑され、でも男同士で一番盛り上がれる話題でした。
まぁ今でも下ネタで盛り上がっているのは変わらないのが私の人生ってヤツなんですけどね。
にゃむばなな
URL
2009/04/23 20:22
SORAさん こんにちは♪

>でも一番のツボは永井龍雲の「道標ない旅」だろう。

いやぁ〜私この時代にどんぴしゃ生きてた人間なんですが、この曲知らなかったんです。
でもこの曲が流れたシーンと映像がピッタリ合っていましたね。
そぉ〜「道程」とも詩がリンクしていて。
荒井由実時代のユーミンはLPを買ってよく聴いていました。
「ひこうき曇」と「ミスリム」は私の青春のバイブル的なアルバムです。

映画館の窓口で言うのがはばかれらるようなタイトルですが、中身は本当に純粋でけして"おバカ映画"ではありませんでしたよね!
なぎさ
URL
2009/04/24 08:45
SOARさん、こんにちは!

彼らと同じくらいの世代の男性はたぶんみなさん、同じような記憶はありますよね。
今思えばたわいもないようなことで大騒ぎしていたものです。
オバカ映画かと思っていたら、自分のあの頃を思い出させるノスタルジックな映画だったんですね。
はらやん
URL
2009/04/25 14:38
にゃむばななさん、こんにちは♪
昔も今も気のあう仲間が集まればエロ話に花が咲いてしまいますが、大人になるとその内容が露骨になりがちですよねぇ。
まあいい年して当時のような純粋さでエッチな話をしてたら、それはそれで危ない気もしますけどね(笑)
SOAR
2009/04/25 16:55
なぎささん、こんにちは♪
永井龍雲、私も実はリアルタイムではないんですよ。学生の終わり頃だか社会人成り立ての頃だかに買った70〜80年代のオムニバスCDで聴いてハマりました。
(今もこれ書きながら聴いてます)
「おっぱい」って言葉、自然に言えば別に嫌らしさはないんだから、チケットが買いにくいってためらってる人にじゃんじゃん見てほしいですね。いい作品でした!
SOAR
2009/04/25 16:55
はらやんさん、こんばんは♪
何を隠そう私を観る気にさせたのはそちらの記事なんですよ〜(笑)
「これだけレトロな車をそろえました」感が少々気になりましたが、端々に映る小道具のあれこれと懐かしのヒット曲が素晴らしく、ノスタルジーに浸れるその映像と音楽にすっかり魅せられました。
SOAR
2009/04/25 16:55
おはようございます!
私も「おっぱいバレー」観に行きました。
泣いて笑って、すっきりしました。
バレーを通して感動!たくさんの人に観てもらいたいと思います(^O^)/
勝利の女神
URL
2009/05/08 07:04
勝利の女神さん、こんばんは♪
泣けて笑えるいい映画でしたね。
多くの人に見てもらいたい作品です。

(当ブログではコピペ送信による複数ブログ同一コメントはスルーまたは削除させていただく場合がありますので、ご理解のほどよろしくお願いします)
SOAR
2009/05/09 21:23
こんにちは〜♪

爽やかな青春ストーリーでしたね。
昔のこの年齢の男の子ってこんな感じだったな〜と懐かしくなりました。
おバカなんだけど可愛かったです♪

かかる曲がどれも良かったですね〜
hito
URL
2009/05/12 10:47
hitoさん、こんばんは♪
こういう爽やかな青春物って、おバカ要素があってもやっぱりいいですよね。
選曲もなかなかで、歌詞が劇中のシチュエーションにマッチしてる使い方がナイスでした♪
SOAR
2009/05/12 23:56
DVDで借りて見ましたが、良かったです!
男子がバカだなーと思う部分ももちろんありましたが(笑)、ラストでボールを胸に入れて・・・なんてところはバカだなープラスかわいいなーなんて思ってしまったし、かなりうるっときました。

みゆみゆ
URL
2009/12/10 23:57
みゆみゆさん、こんばんは♪
映画館で観るよりDVD借りるときのほうが恥ずかしい気がする・・・(笑)
電車で去り行く先生を沿線でのパフォーマンスで見送る生徒たちというラストもベタですけど、それでも涙を誘いましたね。今年の邦画では大健闘の良作だと思います。
SOAR
2009/12/13 17:17
今、映画記事をさかのぼってよませていただいてるのでTB今頃ですが送らせてください(>д<)

わたしは女なのでみか子の気持ちに共感したし、このおいぱいにかける清々しい情熱に心を打たれましたw

仲村トオルさんがまた、効いてましたねー。
おくやぷ
URL
2011/01/31 19:55
おくやぷさん、こんばんは♪
いえいえ、古い記事を読んでいただきありがとうございます。
中学生たちの清々しいまでの情熱にはホント心を打たれましたねえ。その情熱を、もっと違うものに向ければいいのに・・・なんて思ってはいけませんね。おっぱいだからこその情熱なんです(笑)
トオルの「ないすおっぱい!」もまさにナイスでした。

で、えーと。
すいません! おくやぷさんって男性だと思ってました〜(汗)
SOAR
2011/01/31 23:17

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『おっぱいバレー』・・・「道程」そして「道標ない旅」 SOARのパストラーレ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる