SOARのパストラーレ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 『サブウェイ123 激突』・・・情けないぞNYPD

<<   作成日時 : 2009/09/05 16:55   >>

トラックバック 40 / コメント 16

ジョン・トラボルタ演じる地下鉄ジャック犯ライダーと、デンゼル・ワシントン演じる地下鉄職員ガーバーの心理戦。二人の名優のぶつかり合いはそりゃあもう見応えがあった。しかしながら、う〜ん、逆に言えば主演がこの二人じゃなかったらあまり記憶に残らない作品のような気も・・・(汗)

前置きにダラダラと時間をかけずに事件が発生する導入は好印象。あれよあれよという間に乗っ取られるスピーディーな展開は、まるで劇中の乗客たちといっしょにこの事件に巻き込まれたかのような独特のスリルがあった。
ネゴシエーターが関連当局のプロではなく、たまたま運行指令室で席についていた職員というのも、先が見えない感じでサスペンスとしては面白い設定だと思う。

何よりこの作品が面白いのは単なる身代金目的の犯行ではないことで、捜査が進むにつれ徐々に明らかになるライダーの素性から、要求額の意味と彼のNY市長に対する私怨が浮かび上がる。さらにライダーが見据えるのは地下鉄ジャックによる株価下落であって、彼にしてみれば身代金はこのジャックを事件として成り立たせるための手段でしかないのも興味深かった。こういう乗っ取り身代金要求物で、犯人が自分の起こした事件による株価の動きをチェックするというパターン、あまり描かれたことがないんじゃないかな。

それにしてもNYPDが情けない。身代金をパトカーと白バイで運ぶ発想自体は間違ってないと思う。市内での移送にヘリを飛ばすのは準備や離発着の手間を考えると時間が掛かりすぎる。しかしさあ、同時スタートの先導白バイが要所要所で道路を封鎖して回るって作戦はどう考えてもおかしいぞ。目的地までのルートが決定したら真っ先にその区間を所轄が封鎖しておくのがセオリーじゃないかなあ。あんな一か八かの曲芸走行じゃ、そりゃあ事故るわな。
まあガーバーとライダーの息づまる交渉シーンの合間に挿入されるこのカーアクションは、映画的には別の意味で有効だった気もするけどね。
情けないその2。SWATだか市警の特殊部隊だか、地下鉄内に展開した狙撃班の彼!だめだよ〜あそこで撃っちゃあ!(笑)
情けないその3。ラストで橋の上で対峙するガーバーとライダーの所に駆け付けるのが、なんで普通のおまわりさんたちなんだ?(しかもへっぴり腰の)
絵的に欲しいのは制服私服はともかく、やっぱりライフルやショットガン構えた精悍な警官だよなあ。

・・・ちょっと自分の趣味で劇中のNYPDを非難してしまったが、たぶん似たような考えを持った方も多いはず。

単純に狂気を表現するだけではないトラボルタの演技がいい。冗舌になったり急に目付きが鋭くなったりと、こういう“紙一重”的な役どころはゲイリー・オールドマンあたりがとにかくウマいけど、トラボルタのイっちゃった目や半端じゃない切れ具合もかなりの恐ろしさだった。
対するデンゼル・ワシントン。一瞬彼だとわからないほどのふっくらした丸顔に拍子抜けしたものの、悲しい目をした正義の男(私のイメージ)は本作でも健在で、いかにもな彼らしさがあふれていた。
この二人が無線でやりとりしているくだりがもっともおもしろい。ここから事件の裏側がポロリポロリと見えてくるので聞き漏らせないし目も離せないという緊張感の持続が強いられ、自然と引き込まれてしまうのだ。ただし、ガーバーとライダーが接触するあたりからは急速にそんな面白さがしぼんじゃったような気がする。
また、乗客の元空挺隊員、ビビッておしっこが出なかった男、何かしでかしそうな少年、そしてビデオチャット中のノートパソコンなど、なんとなく伏線を思わせるあれこれが結局活かされずに終わったのも正直ちょっとシラけたかも。

VFXやアクションに頼らない俳優同士のまさに“激突”する演技の迫力は最近観た作品の中ではダントツだったが、それだけではどうしても物足りなくなる。
リメイクであるうえにこのジャンルだ。新鮮味や奇抜さという名の高いハードルがあっただろうし、そんな中でけっしてマンネリな内容ではなかったことは評価したいが、もうひとつ、何かが欲しかったなと言ったら欲張りすぎだろうか。

そうそう。颯爽と現れたものの一瞬にしてライダーに嫌われてしまったイタリアンな警部補。最後はヘリから手を挙げてカッコつけてた(?)けど、ジョン・タトゥーロだけにあの時はもう勝負パンツに履き替えてたんだろうな〜(爆)

 ★『サブウェイ123 激突』公式サイト
goo 映画
goo 映画

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(40件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
サブウェイ123 激突
<<ストーリー>>午後2時、ニューヨーク地下鉄運行司令部で働くガーバー(デンゼル・ワシントン)は、ペラム発1時23分の電車が緊急停止したことに気付く。しかも、その電車はなぜか1両だけほかの車両と切り離されて停止していた。胸騒ぎを覚えたガーバーが無線連絡すると、ラ ...続きを見る
映画君の毎日
2009/09/05 17:07
サブウェイ123 激突 [映画]
原題:THE TAKING OF PELHAM 1 2 3公開:2009/09/04製作国:アメリカ上映時間:105分鑑賞日:2009/09/05監督:トニー・スコット出演:デンゼル・ワシントン、ジョン・トラヴォルタ、ジョン・タートゥーロ、ルイス・ガスマン、マイケル・リスポリ、ジェームズ・ガンドルフィー... ...続きを見る
映画鑑賞★日記・・・
2009/09/05 17:09
劇場鑑賞「サブウェイ123激突」
サブウェイ123激突「サブウェイ123激突」を鑑賞してきましたデンゼル・ワシントンとジョン・トラヴォルタの豪華2大スターを主演に迎えたクライム・サスペンス。ジョン・ゴーディのベストセラー小説を原作に、1974年の「サブウェイ・パニック」に続いて再映画化。... ...続きを見る
日々“是”精進!
2009/09/05 17:47
サブウェイ123 公開日
「サブウェイ123 激突」試写会「サブウェイ123 激突」 の試写会に行ってきた。原題は"The Taking of Pelham 123"。「ペラム発1時23分の乗っ取り」てなとこか?ニューヨークの地下鉄が1両ハイジャックされて ...[記事全文] ...続きを見る
シニアからのニュース先読み
2009/09/05 18:07
サブウェイ123 激突 奥さんの云うことはちゃんと聞きなさい!
【 44 -10-】 大阪労働大学に行きだしてから、週に2日(たまに3日)が潰れてしまうので、その他の日に仕事や用や飲み会やらが押し込まれてしまってなかなかフリーな日がない。 たまに友人から「飲みに行こうよ、いつが空いてる?」って聞かれて、「えーっと2週間後の・・・」「もういいっ{/ari_2/}」ってな感じで。 そんなんだから割合に間近になって当選通知が来る試写会ってのは、せっかく当たってもちっとも行けない{/body_deject/} しかし久しぶりにちょうど良い日にすっぽり試写会がはまって... ...続きを見る
労組書記長社労士のブログ
2009/09/05 18:18
■『サブウェイ123 激突』■ ※ネタバレ有
2009年:アメリカ映画、トニー・スコット監督、デンゼル・ワシントン、ジョン・トラボルタ主演。 ...続きを見る
〜青いそよ風が吹く街角〜
2009/09/05 18:50
「サブウェイ123 激突」オッサン2人…激突!
記事投稿日時 2009年8月27日0:30 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始1週間後まで固定。  デンゼル・ワシントン、ジョン・トラボルタ豪華共演!そして監督はトニー・スコット!!何とも豪華な顔合わせだこと。「サブウェイ123 激突」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。NYの地下鉄を舞台に繰り広げられる、“オッサンの熱い攻防(^^;”。さあ、勝つのはどっちだ? ...続きを見る
シネマ親父の“日々是妄言”
2009/09/05 19:19
サブウェイ123 激突
1974年の映画『サブウェイ・パニック』のリメイク。ただし、設定は異なっており、ガーバーが、鉄道警察官からMTAの輸送司令になっている。 ...続きを見る
勝手に映画評
2009/09/05 19:39
サブウェイ123 激突
原作の『サブウェイ・パニック』は知的で洒落っ気のある名作だったのに対し、リメイク作はまさにトニー・スコット印の「ザ・ハリウッド」なドンパチ映画でした。知的な面白さが全くないうえに、ラストではテーマが「対決」から「NYに潜む孤独」にすり替えられていたことには.... ...続きを見る
めでぃあみっくす
2009/09/05 19:51
サブウェイ123 激突
『アメリカン・ギャングスター』のデンゼル・ワシントンと『ヘアスプレー』のジョン・トラボルタという豪華2大スターが共演!1974年の『サブウェイ・パニック』を監督は『トップ・ガン』のトニー・スコット、脚本を『ボーン・スプレマシー』、『ミスティック・リバー』のブライアン・ヘルゲランドが担当でリメイクした。ニューヨークの地下鉄を舞台にした緊迫感溢れるクライム・サスペンスムービーです。 ...続きを見る
LOVE Cinemas 調布
2009/09/05 20:22
サブウェイ123 激突
デンゼル・ワシントンもジョン・トラヴォルタも好きなので観に行きました〜【story】午後2時、ニューヨーク地下鉄運行司令部で働くガーバー(デンゼル・ワシントン)は、ペラム発1時23分の電車が緊急停止したことに気付く。しかも、その電車はなぜか1両だけほかの車両と切り離されて停止していた。胸騒ぎを覚えたガーバーが無線連絡すると、ライダー(ジョン・トラヴォルタ)と名乗る男が人質19名の命と引き換えに、残り59分で1,000万ドルを市長に用意させるよう要求してくるが―     監督 : ト二ー・スコット... ...続きを見る
★YUKAの気ままな有閑日記★
2009/09/05 23:21
サブウェイ123 激突
1974年の『サブウェイ・パニック』をトニー・スコット監督がリメイク。 ニューヨークの地下鉄をハイジャックした犯人と身代金の交渉役を務める ことになった地下鉄職員との緊迫感溢れるやりとりを描く。 ハイジャック犯をジョン・トラヴォルタが、犯人と交渉することになっ.. ...続きを見る
だらだら無気力ブログ
2009/09/06 01:31
『サブウェイ123 激突』
昨日の夜は、新橋・ヤクルトホールでの『サブウェイ123 激突』の試写会に行ってきました。 開場して10分くらいで会場に到着したら、結構席がもう埋まっていて、後ろの方の空き席を探すのが大変でした。 これだけお客さんが入るってことは期待値のあらわれかもしれないです ...続きを見る
cinema!cinema! ミーハー映...
2009/09/06 02:49
サブウェイ123 激突 / THE TAKING OF PELHAM 123
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click ...続きを見る
我想一個人映画美的女人blog
2009/09/06 08:32
[映画『サブウェイ123/激突』を観た]
☆母親が、<MOVIX昭島>で、アンケートに答えたら郵送されてきたフリーチケットをくれたので、私が行ってきた^^ ...続きを見る
『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッド...
2009/09/06 15:14
サブウェイ123 激突/The Taking of Pelham 123
平日、特に週末金曜日のレイトショーは、仕事の疲れもあって、よき記憶がなくなるんだけれど^^; 眠気を誘わずに見せてくれるかどうか期待しながら、「サブウェイ123 激突 」を鑑賞。 ...続きを見る
いい加減社長の日記
2009/09/06 19:47
「サブウェイ123 激突」(試写会:ソニーピクチャーズ試写室 虎ノ門)
JUGEMテーマ:映画 ...続きを見る
なつきの日記風(ぽいもの)
2009/09/07 00:40
サブウェイ123
【サブウェイ123】 ★★★☆ 映画(29) ストーリー ニューヨーク、午後2時。地下鉄運行指令室で勤務中のガーバー(デンゼル・ワシントン) ...続きを見る
りらの感想日記♪
2009/09/07 19:33
映画 【サブウェイ123 激突】
映画館にて「サブウェイ123 激突」 ...続きを見る
ミチの雑記帳
2009/09/07 21:53
「サブウェイ 123 激突」奪う者と守る者が静かに激突する
「サブウェイ 123 激突」★★★☆ デンゼル・ワシントン、ジョン・トラヴォルタ、ジョン・タートゥーロ主演 トニー・スコット監督、105分、2009年、アメリカ ...続きを見る
soramove
2009/09/09 07:57
サブウェイ123 激突
安全管理は万全に。   ...続きを見る
Akira's VOICE
2009/09/09 10:26
サブウェイ123 激突
123号車、応答せよ── 要求は何だ? ...続きを見る
Addict allcinema おすす...
2009/09/11 01:30
サブウェイ123 激突!!
 原題:THE TAKING OF PELHAM 123 123号車、応答せよ──要求は何だ?この車両ひとつで、NYはハイジャックできる。 もたもやリメイクか〜〜!と呟いてしまった。何と35年前の作品「サブウェイ・パニック」をリドリー・スコットの実弟であるトニー・スコット監督が監督と製作を手がけたリメイク作品である。リメイクですが、調べると今回で3度目となるそうです。1974年版、1988年版、そして2009年の本作。主演はあのデンゼル・ワシントン 。トニー・スコット監督と3度目のタッグを組... ...続きを見る
銅版画制作の日々
2009/09/12 11:14
サブウェイ123 激突
いきなり余談だけど、邦題の「サブウェイ123」の読み方が分からず、「いちにさんかな?」とか、それとも「ワンツースリーかな?」と考えあぐねながら映画館の窓口スタッフに「サブウェイ一枚…」と言ったら、「はい、サブウェイひゃ ...続きを見る
k.onoderaの日記
2009/09/12 12:11
サブウェイ123
トニーさんにしちゃあ、痛さが少なかったような。 ...続きを見る
迷宮映画館
2009/09/12 21:14
サブウェイ123 激突
 アメリカ  サスペンス  監督:トニー・スコット  出演:デンゼル・ワシントン      ジョン・トラヴォルタ      ジョン・タートゥーロ      ルイス・ガスマン ...続きを見る
小泉寝具 ☆ Cosmic Thing
2009/09/12 22:48
サブウェイ123 
監督   トニー・スコット キャスト デンゼル・ワシントン      ジョン・トラボルタ      ジョン・タトウーロ ほか ...続きを見る
You got a movie
2009/09/13 00:36
★「サブウェイ123 激突」
いよいよTOHOシネマズのシネマイレージ6000ポイントを使って、 1ヶ月フリーパスをゲット。 1ヶ月間観まくるぞーーーって事で、初日は4本観ちゃいました。 その1本目。 ...続きを見る
★☆ひらりん的映画ブログ☆★
2009/09/17 02:41
『サブウェイ123 激突』
&nbsp; □作品オフィシャルサイト 「サブウェイ123 激突」□監督・脚本 トニー・スコット □脚本 ブライアン・ヘルゲランド □原作 ジョン・ゴーディ □キャスト デンゼル・ワシントン、ジョン・トラヴォルタ、ジョン・タトゥーロ、ルイス・ガスマン、ジェームズ・ガンドルフィーニ、マイケル・リスポリ、ベンガ・アキナベ■鑑賞日 8月30日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> &nbsp;『サブウェイ・パニック(1974) 』のリメイク版。 今回... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2009/09/17 17:50
「サブウェイ123 激突」
「サブウェイ123 激突」、観ました。 ...続きを見る
クマの巣
2009/09/18 10:16
「サブウェイ123 激突」 ハズレのトニー・スコット作品
4度目のタッグとなるトニー・スコット監督とデンゼル・ワシントンのコンビに、キレた ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2009/09/20 19:46
サブウェイ123 激突
公開後初の週末はやっぱり混みますねぇ。久々に満席の映画館で鑑賞。 でもエンドロールが始まると、直ぐに席を立って退場する方が多かったのでちょっと驚きました。 暗い中、階段を下りるのは危ないよ。 あと5分くらい余韻を楽しんで、明るくなるまで待ちましょうよ〜。 ...続きを見る
映画の話でコーヒーブレイク
2009/09/21 00:12
映画:サブウェイ123 激突
 トニー・スコットの3年ぶりの監督作品。そして好きな俳優が主役として2人も登場している。これは観なくては!とサブウェイ123 激突を観てきました。 ...続きを見る
よしなしごと
2009/09/21 00:53
サブウェイ123 激突
2009年9月21日(月) 19:00〜 TOHOシネマズ日劇3 料金:1250円(チケットフナキで前売り購入) パンフレット:500円(買っていない) 『サブウェイ123 激突』公式サイト 「大地震」「エアポート75」そして本命「タワーリング・インフェルノ」のパニック映画ブームの頃に公開された「サブウェイ・パニック」。それのリメイク。パニック映画でないので、そのタイトルは引き継がなかったようだ。原作があるのだが、原題は昔のも本作も、その原作のタイトル。 トニースコットとデンゼル・ワシント... ...続きを見る
ダイターンクラッシュ!!
2009/09/23 00:01
【サブウェイ123 激突】
監督:トニー・スコット 出演:デンゼル・ワシントン、ジョン・トラボルタ、ジョン・タトゥーロ ...続きを見る
日々のつぶやき
2009/09/25 11:55
映画「サブウェイ123 激突」
映画「サブウェイ123 激突」を鑑賞しました。 ...続きを見る
FREE TIME
2009/09/30 00:14
サブウェイ123 激突(アメリカ)
劇場予告観て観たかった「サブウエェイ123 激突」をやっと観ました。 ( → 公式サイト  ) ...続きを見る
映画でココロの筋トレ
2009/10/27 12:38
「サブウェイ123 激突」
トラちゃんとデンゼルのやりとりは迫力ありでした・・ ...続きを見る
心の栄養♪映画と英語のジョーク
2010/03/05 10:37
「サブウェイ123 激突」
「トップ・ガン」や「マイ・ボディガード」「デジャヴ」などの作品で知られる英国出身の米アクション映画の鬼才、トニー・スコット監督がメガホンを執ったクライム・サスペンス「サブウェイ123激突」(2009年、米、105分、コロンビア映画配給)。この映画は、ジョン・ゴーディのベストラー小説を映画化した「サブウェイ・パニック」(74年)をリメイクした。主演はデンゼル・ワシントンとジョン・トラボルタの豪華2大スター。 ...続きを見る
シネマ・ワンダーランド
2010/04/04 04:43
【映画】サブウェイ123 激突…トラボルティング微減
九州よりも東京の日没が早いのが違和感だったピロEKです。 今週は夜勤週。お仕事は多めです ...続きを見る
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
2010/10/19 16:12

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。

前半から飛ばしていた作品ですね。
一気に引き込まれた感じがします。

NYPDの情けなさはツッコミどころでしょうか?
もっと、違う運搬方法があったように思えます。

それでも、主演2人の演技はとても見応えがありました。
BROOK
URL
2009/09/05 18:00
パトカーが事故るシーンはオリジナルにもあったシーンでしたからね。
でもそこまで丁寧にリメイクするなら、ライダーのキャラなどをもっと丁寧にリメイクしてほしかったですよ。
にゃむばなな
URL
2009/09/05 19:50
個人的にこの作品のような映像効果や編集、カメラワークが大好きなんでモロにツボでした。反面ストーリーの古くささを何とか現代的なガジェットで補おうとしていたようですが、いま一つ空振り気味だったのは否めないかなと。(苦笑)情けないその2は私も思いましたよ。ネズミに噛まれて撃っちゃいましたって、そりゃねーだろさ!もし犯人じゃない人に当たったらどーすんだよって。(笑)事実上列車を降りた時点で、もっと言えば車両が停止した時点で終わっていた話で、あとはまあオマケみたいなもんかなって思います。
と突っ込みつつかなり好きな作品でした♪
KLY
2009/09/05 20:25
こんばんは〜♪
前半はなかなか面白かったんですけどね〜
警察がショボイとか、人質に危機感がないし、あまり活かされていないとか、ライダーの目的もショボイとか、、、色々と粗が目につきました。
2大スターの共演は嬉しかったですが、それに頼り過ぎたかなぁ〜物語がチープで残念でした。
由香
URL
2009/09/05 23:26
BROOKさん、こんばんは♪
つかみはよかったですよね。ガーバーが成り行きで交渉役に選ばれ、自身の裏事情まで暴露する形になったりと、なかなかおもしろいやりとりに引き込まれました。

陸送はとっさに思いつける最も手っ取り早い方法ではありますよね。サイレン鳴らせば絶対的優先権があるわけだし。
SOAR
2009/09/06 00:56
にゃむばななさん、こんばんは♪
そっか、オリジナルでもある事故シーンだとすると、リメイクの過程で意図的に再現する必然性はあるわけですね。
あー、これはオリジナルも見てみる必要がありそうです。興味わいてきました。
SOAR
2009/09/06 00:57
KLYさん、こんばんは♪
オープニングの映像効果について論じているそちらの記事を読んで、おーそうだったと思い出した次第です。あれは上手い演出でした。

誤発砲のシーン、照準を合わせトリガーに指を掛けたままでひたすら待機というものすごく張り詰めた状況下での出来事なのはわかるんです。ただそれをフィクションの映画の中でやっちゃうと、かえってリアリティがなくなってしまいますよね。

後半の追跡&捕り物はオマケ・・・なるほど〜(笑)
SOAR
2009/09/06 00:57
由香さん、こんばんは♪
主演のスター二人に頼った作品ではないと思いますが、結果的にそんな感じになっちゃったのは事実ですね。
材料はいろいろ面白く揃えてるのに活かしきれてない様な、そんな印象を持ちました。
リメイクなりの制約もあるでしょうし、なかなか難しいところなんでしょうね。
SOAR
2009/09/06 00:58
SOARさん

おはようございます、
>それにしてもNYPDが情けない

ほんとですよね。
一介の地下鉄職員があんなに活躍しちゃうなんて
ありえないー!
でしたけど楽しめたので良かったです(笑)
悪役のトラさんもハマってましたしね★
mig
2009/09/06 08:36
SOARさん、こんにちは〜♪
ホント、この二人の対決じゃなかったらここまで盛り上がらなかったかも。
二人とも客を呼べる演技派ってことでオッケーでしょうか?

私はガーバーの上司にすごくムカつきました。
とっても嫌な感じだった〜。
ミチ
URL
2009/09/07 21:56
migさん、こんばんは♪
私の目当てはデンゼルのほうだったのですが、トラボルタの悪役っぷりに釘付けでした。
困りながらも覚悟を決めて交渉に臨むという序盤のガーバーはとてもよかったのですが、最後は・・・ねぇ(笑)
まあこういう映画は嫌いじゃないので、よしとしましょう。
SOAR
2009/09/08 00:00
ミチさん、こんばんは♪
二人のネームバリューは相当な物ですからね。もちろんけっしてそれに頼った作品ではないですが、そんな風にも感じられました。

そうそう、あの上司、嫌ですねえ。ガラス越しに警部補とひそひそやってるのをガーバーが見つめるシーン、あのときのデンゼルの表情が印象的でした。
SOAR
2009/09/08 00:00
なんか突然忙しくなって、半端にしてしまってました。
スイマセン。
二人ありきの映画でしたが、あまりにもらし過ぎて、先が読めてしまいました。
もっと意外性のある配役だったら、いいかもと思ったのですが、そしたら、普通の映画かな・・・。
トニー・スコットらしさが、いい意味でも、悪い意味でも出てたような気がしますわ。
sakurai
URL
2009/09/12 21:17
sakuraiさん、いつもコメントありがとうございます。
私こそ忙しさにかこつけて、TBのみで失礼することも多くなんだか申し訳ないっス(汗)

両者とも正義と悪、どちらもこなせる俳優ですが、やはりデンゼルには正義漢が似合うし、トラボルタは胡散臭い役が似合うので(いずれも主観ですが)、配役での意外性はたしかになかったですね。妥当でした。

トニーらしさ・・・。私「クリムゾン・タイド」が大好きなんですが、デンゼルとジーン・ハックマンの“対決”を思わせるようで、それには及びませんでしたねぇ。あっちはすごかった。閉鎖空間から出たあとのドラマもあっちのほうが秀逸です。
SOAR
2009/09/13 08:50
SOARさん、こんばんは〜。
いろいろと同感です。あの二人の緊迫した駆け引きがなかったら、見終わって怒ったかも?です。
前半の二人の駆け引きが良かっただけに、それ以外のアレレ?が際立ってしまった感が残りました。
ryoko
URL
2009/09/21 00:32
ryokoさん、こんばんは♪
よいと思ったその駆け引きさえも、鑑賞して2週間も経つともはや忘却の彼方・・・(笑)
おっしゃるようにアレレ?満載の内容も思い出すだけで怒りそうです。
2大スターのネームバリューだけが命の作品だったようですねぇ。
SOAR
2009/09/22 00:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『サブウェイ123 激突』・・・情けないぞNYPD SOARのパストラーレ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる