SOARのパストラーレ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 『クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁』・・・夜明けのMEW(懐)

<<   作成日時 : 2010/04/18 18:58   >>

トラックバック 7 / コメント 2

映画第9作『嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲』(2001年)で大人たちから21世紀を取り返したしんのすけが、今回は未来(20年後くらいか?)の自分に会いに行くという本作。『オトナ帝国〜』で勝ち取った未来は希望に満ちた明るいものだったはずだが、たどり着いた未来の春日部は隕石の落下によって舞い上がった塵が太陽を閉ざす絶望の世界だった・・・。

子供たちが大喜びのネタがたっぷり散りばめられていたものの、作品の根幹にしっかりとした重さを感じた。ギャグ的要素を取り除くと見えてくる本筋は、ピュアな正義や勇気や愛や友情の物語なのだ。これは臼井儀人の原作コミックにも共通するクレしんならではの魅力でもある。第10作『嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』(2002年)を最後に原恵一監督が去って以降久々にその魅力が復活した作品だと私は感じた。

冒頭、アクション仮面に扮した未来のしんのすけがネオトキオタワーに忍び込みその最上部で“何か”をしようとする。ところがあるパワーが足りず、とっさに5歳の自分の力を求める。

では彼は何をしようとしていたのか。

ラストでわかるその壮大な目的が実に清々しい。その理由としてしんのすけが語る内容のおバカさも最高だ。しんのすけがこういうことを語る場合、多くは照れ隠しであって彼の本心は常に誠実。それを見抜いているからこそ優等生の風間くんもしんのすけに一目置いているのである。

成り行きでしんのすけと一緒に未来に来てしまう風間くんたちカスカベ防衛隊の面々も厳しい現実に直面する。5歳の子供たちが思い描いていた未来の理想を、厳しい現実が打ち砕く。それでも彼らは前向きだ。屈折した大人になっている未来の彼らも、過去から来た幼い自分たちのそんな姿に失っていた何かを取り戻し始める。

劇中『オトナ帝国〜』を意識したかのようなセリフに二つ気付いた。
5歳のしんのすけの「ちょっと未来まで」と、大人のしんのすけの「未来はお前のものだ」の二つ。『オトナ帝国〜』での「ちょっと21世紀まで」(しんのすけ)と、「お前の未来、返すぞ」(ケン)にそっくりではないか。これ、絶対意識したんだろうなあ。

個人的に気に入ったキャラが大人のひまわり。赤ん坊の彼女が将来ツンデレ美人となることは長年見続けていれば容易に想像がつくわけだが(笑)、果たして本作で登場した大人の彼女はまさにそんなタイプの女性であった。さっそうと(ヘンテコな)バイクで登場した彼女、その職業も含めカッコよかった〜。

クライマックスに常識を覆すようなアイデアを取り入れた『戦国〜』や『オトナ帝国〜』には及ばないものの、終盤の盛り上がりもなかなかすばらしかった。今や伝説と化したあの2作に並ぶ作品はおそらく作りたくても作れない事情があるだろうから、それを考えれば本作の出来映えは現状での最高レベルといえるかもしれない。

かつて劇場を訪れた親子連れがそれぞれの視点で楽しめるアニメ映画として高い評価を受けていたクレヨンしんちゃん。ある時期を境にしばらくあいまいだった感のあるその魅力が、ここ何作かで確実に戻ってきている。原作者亡き後もずっと続いてほしい作品だと思う。

エンドロール最後に青空を背景に浮かび上がった手書きタッチの一文。思わず涙がこぼれそうになったよ・・・。

以下余談。
この土日に観た3作品の共通点発見。『アリス〜』が吹替え版だったことがミソで、3作ともに声優の茶風林が出演してた〜。(チェシャ猫、目暮警部、団羅座也)

「クレヨンしんちゃん」関連過去記事
 『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』・・・泣けます!傑作です! 05/09/25
 『BALLAD 名もなき恋のうた』・・・原作への敬意と愛情がこもったリメイク 09/09/05
 臼井儀人と私の中の「クレヨンしんちゃん」 09/09/21
goo 映画
goo 映画

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
[映画『クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁』を観た]
☆大方の予想を裏切り、本日公開の映画で、俺が最初に観たのはこれだ! ...続きを見る
『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッド...
2010/04/18 21:58
映画クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁
ある日、しんのすけの元に、20XX年の未来都市・ネオトキオから、タイムマシンに乗って、しんのすけの未来の花嫁、タミコがやってきた。 未来のしんのすけが、ネオトキオの支配者でありタミコの実の父親である、金有増蔵によってどこかへ連れ去られ、助けるためには5歳のしんのすけの力が必要だという。タミコとしんのすけはネオトキオへと向かうが…。 大ヒットアニメ劇場版第18作。 ...続きを見る
象のロケット
2010/04/18 23:22
クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁☆独り言
今年のしんちゃんは映画が公開されて本当によかったと思いました。まさかの作者の訃報には、きついものがありましたものね。そして今回の舞台は未来のお話。未来の大人のしんちゃんが、5歳のしんちゃんにSOS!迎えにきたのはしんちゃんの婚約者だというタミコ。未来のチョコ ...続きを見る
黒猫のうたた寝
2010/04/23 00:48
『映画クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁』
 宣伝で見かけるタキシードしんちゃんが可愛くて気になっていたクレヨンしんちゃんの劇場最新作を見てきました〜。 ...続きを見る
みゆみゆの徒然日記
2010/04/26 23:06
【クレヨンしんちゃん超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁】
「ある日公園で遊んでいると、突然現れた綺麗なお姉さんタミコに助けを求められたしんのすけ。 なんとタミコは未来からやってきた将来のしんのすけの婚約者だというのだ。 とりあえず、未来のしんのすけの危機の瞬間5歳のオラを連れてきてと頼まれたタミコは未来にしん ...続きを見る
日々のつぶやき
2010/05/01 10:15
クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁
臼井儀人原作人気TVアニメの劇場版第18弾。 タイムマシンで現代にやってきた未来のしんのすけの花嫁に導きで、未来の しんのすけを助けにいく様を描く。 監督は17作目の『クレヨンしんちゃん オタケべ!カスカベ野生王国』に 引き続き、しぎのあきらが務める。 ある日、.. ...続きを見る
だらだら無気力ブログ
2010/05/05 00:21
クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁
 「面白い度☆☆☆☆☆ 好き度☆☆☆☆☆」 ...続きを見る
HEAVEN INSITE's Blog
2010/05/16 05:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは!
私もしんちゃん見てきました〜。
ひろしとみさえの変貌ぶりに笑いつつも、今回もおいしいところをもっていったひろしの発言に感動しちゃいました。

原作者の臼井さんが亡くなられても、おバカだけど心温まる作品であってほしいな〜と私も思いました。
みゆみゆ
URL
2010/04/26 23:11
みゆみゆさん、こんにちは♪
ひろしとみさえの変わり果てた(笑)姿はもちろん笑わせ要素なんですが、訪ねてきた過去のしんのすけと友だちのみんなに接する温かさにはじーんとしましたね。

臼井氏が残されていた原稿も尽き、「まんがタウン」では去る3月号で掲載が終わりました。表紙の“ありがとう!!”の大きな文字が、映画ラストの一文同様印象的でした。

過去の映画では臼井さんが何度かゲスト出演されているので、機会があれば探してみてくださいね。
SOAR
2010/04/29 09:09

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁』・・・夜明けのMEW(懐) SOARのパストラーレ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる