SOARのパストラーレ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 『運命のボタン』・・・ああ、そっち系の話でしたか

<<   作成日時 : 2010/05/09 17:59   >>

トラックバック 29 / コメント 6

キャメロンが精神的に追い詰められていく様子や絶対的な未知の存在を連想させる中盤の不可解な空気感に、ふとジョニデとシャーリーズ主演の『ノイズ』を思い出した。夢と希望に満ちあふれた・・・少なくともそういうイメージが先に立つ宇宙探査や宇宙飛行士という存在。そういう場で起こったとされる謎の事件事故が、夫婦や家族に得体の知れぬ恐怖をじわじわと植えつけていく展開はなんとなく似てるよね。ストーリー自体はまったくの別物だけど。

ボタンを押すか押さないか。押せば百万ドルが現金で手に入る代わりにどこかで誰かが死に至る。

前宣伝で強調されたのはこの奇妙な不可解さで、この運命の選択を迫られた夫婦が味わう恐怖と少しずつ崩壊していく家族を描くサイコスリラーを期待しての鑑賞だったが、微妙にそうではなかった。まあ家族崩壊を除けば大筋はそんなところだけど、NASAのバイキング計画に結びつくなどとは予想もしてなかった。冒頭でタイプライター式に打ち出されるテロップが空軍基地がどうとかNSAやらNASAやらだったので、もしやそっち系の話?と思ったら案の定そう来たか。
その手のストーリーも好きなのでなんともいえないが、本作の予告編から連想される範疇を大きく越えていた事は確か。こんな事後説明的背景など設定せずに作れなかったのかなあ。たとえば『シャッフル』のようにけっきょくなんだかよくわからないまま不可解な現実だけが残るというシンプルさで見せてもよかったかも。

キャメロン演じるノーマがボタンを押した場面とその後に展開する女性の殺人事件の一連の映像が、ラストシーンで配役を入れ替えてフラッシュバックのように再現されていく。もはやどうにも回避できない運命であるわけだ。この連鎖感は、ノーマの「私は許されるのか?」という問いかけと共に印象に残った・・・とまとめたいところなのだが、うーんどうだろね。私には正直イマイチな作品だったよ。
ただ、これってすごく面白く鑑賞できる方もいるはずだと思う。万人受けしないだけで駄作というわけでもないので、興味のある方はぜひご自身で確認のほどを。
goo 映画
goo 映画

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(29件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
運命のボタン
リチャード・マシスンが1970年に発表した短編小説の映画化。ある日突然家に届いたボタン。それを押せば1億円が手にはいる代わりに、自分の知らない誰かが死ぬ…。奇妙な選択を迫られた夫婦を待ち受ける想像もつかない運命を描き出したサスペンスミステリーだ。主演はキャメロン・ディアス、共演にジェームズ・マースデン、フランク・ランジェラ。監督はリチャード・ケリー。 ...続きを見る
LOVE Cinemas 調布
2010/05/09 18:25
運命のボタン
1976年12月。 朝5時45分、ヴァージニア州郊外で暮らすルイス夫妻宅に、赤いボタンが付いた奇妙な装置が届く。 ボタンを押せば2つのことが起きるという。「その1:どこかであなたの知らない誰かが死にます。」「その2:あなたは現金100万ドル(1億円)を手にする。」 期限は24時間。 悩んだ末にボタンを押した直後、原因不明の殺人事件が発生する…。 サスペンス・スリラー。 ...続きを見る
象のロケット
2010/05/09 21:38
運命のボタン /THE BOX
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click ...続きを見る
我想一個人映画美的女人blog
2010/05/09 21:49
運命のボタン
なんの仕掛けもない箱の上にある赤いボタンを押すと、100万ドルが手に入り代償として知らない人間が死ぬという。そんな条件が決まっていたのに、最終的には因果応報のエンディングが待っている。わては、見ていて気分が悪くなった。 ...続きを見る
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ve...
2010/05/09 23:31
運命のボタン
短編を長編化することの難しさ ...続きを見る
Memoirs_of_dai
2010/05/09 23:39
運命のボタン
2010年5月9日(日) 20:50〜 TOHOシネマズ川崎3 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:未確認 『運命のボタン』公式サイト 本国で大コケと聞いていたが、こいつは、トンデモ映画の範疇だ。 ある日、キャメロン・ディアス夫人の3人家族の玄関先に、早朝、箱が届けられる。ボタンのついた謎の箱が入っており、17時に説明に来ると言う。いかにも怪しい男が説明に来る。「ボタンを押したら100万ドルやる。ただし、見知らぬ誰かが不幸になるぞ。その覚悟はあるかね。」 息子の学費も捻出に... ...続きを見る
ダイターンクラッシュ!!
2010/05/10 02:41
運命のボタン
(原題:THE BOX) 【2009年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★★★) ...続きを見る
ともやの映画大好きっ!
2010/05/10 03:28
映画「運命のボタン」ほとんどの人がボタンを押すだろうな
「運命のボタン 」★★★ キャメロン・ディアス、ジェームズ・マースデン、フランク・ランジェラ主演 リチャード・ケリー監督、115分 、 2010年5月8日公開、2009,アメリカ,ショウゲート (原題:THE BOX) ...続きを見る
soramove
2010/05/10 07:04
運命のボタン
【THE BOX】 2010/05/08公開 アメリカ 116分監督:リチャード・ケリー出演:キャメロン・ディアス、ジェームズ・マースデン、フランク・ランジェラ、ジェームズ・レブホーン、ホームズ・オズボーンあなたなら、押しますか?ボタンを押せば1億円、ただし見知らぬ誰かが死ぬ。... ...続きを見る
映画鑑賞★日記・・・
2010/05/10 10:38
【運命のボタン】
監督:リチャード・ケリー、 出演:キャメロン・ディアス、ジェームズ・マースデン、フランク・ランジェラ ...続きを見る
日々のつぶやき
2010/05/11 10:20
[映画『運命のボタン』を観た]
☆う〜ん・・・、これはつまらないし、意味が分からなかった。 ...続きを見る
『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッド...
2010/05/12 22:49
運命のボタン コミカルな映画だと思っていたら・・(||゚ω゚||)
【{/m_0167/}=23 -8-】 昨日は大津で交通政策に関する大勉強会、夜の懇親会は大広間で300人近くが一堂に会してってなので、たいへんな迫力だった。 そんな大人数での宴会ってのはお膳に出された会席料理が多いが、俺はいつも乾杯から最初の10分くらいでとりあえずのお膳に載っているものを一気に掻き込んで、その後はあっちへ挨拶、あっちで談笑、こっちでねぎらい、とウロウロうろうろ、次に次席に返ってくるのはたいていは中締めの乾杯の頃(事実上の解散のころ)。 あとは冷めてベトベトの天ぷらと、白ご飯と... ...続きを見る
労組書記長社労士のブログ
2010/05/13 09:18
運命のボタン
気になっていた映画を観に行けた〜【story】ある日の朝、ノーマ(キャメロン・ディアス)とアーサー(ジェームズ・マースデン)夫妻の元に、赤いボタン付きの装置が入った箱が届く。夕方、謎めいた男(フランク・ランジェラ)がノーマを訪ね、「このボタンを押せば100万ドルを手に入れられるが、代わりに見知らぬ誰かが死ぬ。考える猶予は24時間」と驚くべき提案を持ちかける。二人は迷いながらもボタンを押してしまうが―     監督 : リチャード・ケリー     原作 : リチャード・マシスン【comment】途... ...続きを見る
★YUKAの気ままな有閑日記★
2010/05/13 22:13
運命のボタン
運命のボタン&rsquo;09:米◆原題:THE BOX◆監督:リチャード・ケリー「ドニー・ダーコ」◆出演:キャメロン・ディアス、ジェームズ・マースデン、フランク・ランジェラ◆STORY◆1976年、ヴァージニア州のとある街。郊外に住むノーマとアーサーの夫妻の元に、謎の箱が届け... ...続きを見る
C'est joli〜ここちいい毎日を〜
2010/05/14 14:25
運命のボタン
リチャード・マシスンの短編小説を原作に、キャメロン・ディアス主演で 映画化したサスペンススリラー。 ある日、ボタンを押せば大金が手に入り、その代わりに見知らぬ誰かが死んで しまうという謎のボタン装置を送りつけられた夫婦の運命を描くサスペンス スリラー。1976.. ...続きを見る
だらだら無気力ブログ
2010/05/16 00:58
運命のボタン
1976年12月の早朝、 ヴァージニア州郊外に暮らすノーマ(キャメロン・ディアス)とアーサー(ジェームズ・マースデン)夫妻宅の玄関前に、赤&... ...続きを見る
心のままに映画の風景
2010/05/17 01:39
運命のボタン
いかにもマシスン&リチャード・ケリー!! ...続きを見る
迷宮映画館
2010/05/17 12:58
運命のボタン
The Box (2009年) 監督:リチャード・ケリー 出演:キャメロン・ディアス、ジェームズ・マースデン、フランク・ランジェラ 赤いボタンのついた装置が入った箱が届けられた夫婦が遭遇する出来事を描いたスリラー。 箱が届けられた翌日、顔の一部が欠けた老人が現われ、妻に「ボタンを押せば、100万ドルを差し上げますが、あなたの知らない誰かが死にます」と伝える・・・。 「アイ・アム・レジェンド」などでお馴染みのリチャード・マシスンの原作に合わせて、70年代が舞台となっており、その古めかしさが、映画... ...続きを見る
Movies 1-800
2010/05/18 21:54
「運命のボタン」感想
 ごく普通の、平和な夫婦のもとに届いた謎のボタン。押せば、自分達の知らない誰かが死ぬかわりに、100万ドルが手に入るという。 生活苦と良心の間で揺れ動く夫婦。次第に二人... ...続きを見る
狂人ブログ 〜旅立ち〜
2010/05/19 22:18
運命のボタン/THE BOX
今週末公開は、「ボックス! 」だけで、いまいち興味が持てず。 他に観たいものがあったので、パスしていた「運命のボタン 」を、金曜日のレイトショーで鑑賞。 (そういえば、この作品の原題も「THE BOX」^^;) ...続きを見る
いい加減社長の日記
2010/05/23 20:13
『運命のボタン』
数日前に、数か月ぶりにあった友達と新宿武蔵野館へ『運命のボタン』を観に行ってきました。 ちょうど自分が観たかった映画の1つで、その日の自分の移動の都合も考えて、この作品に。 ちょっと思っていた話とは違っていて驚きましたが。。。 ...続きを見る
Cinema + Sweets = ∞
2010/06/06 13:57
運命のボタン
あるテレビ番組を観ていたら、 映画評論家とか映画監督がいくつかの映画を採点していて、 これ、酷評だったんですよ。( ^ _ ^; その様子を配給会社の人たちが 陰で見ているのですが、 気の毒になってしまうくらいでした。 私もいつも言いたい放題なのでちょっと反省しま ...続きを見る
映画、言いたい放題!
2010/06/23 03:56
運命のボタン
作品情報 タイトル:運命のボタン 制作:2009年・アメリカ 監督:リチャード・ケリー 出演:キャメロン・ディアス、ジェームズ・マースデン、フランク・ランジェラ、ジェームズ・レブホーン あらすじ:ある日の朝、ノーマ(キャメロン・ディアス)とアーサー(ジェームズ・マースデン)夫妻の元に、赤いボタン付きの装置が入った箱が届く。夕方、謎めいた男がノーマを訪ね「このボタンを押せば100万ドルを手に入れられるが、代わりに見知らぬ誰かが死ぬ。考える猶予は24時間」と驚くべき提案を持ちかける。二人は迷いながら... ...続きを見る
★★むらの映画鑑賞メモ★★
2010/10/28 02:10
【映画】運命のボタン
<運命のボタン を観ました> ...続きを見る
★紅茶屋ロンド★
2010/11/20 21:24
【映画】運命のボタン…ビジンダーの第三ボタンなみの誘惑と危険度なボタン
ヤバいです…といっても朝鮮半島の話では無くてゲームの話 ...続きを見る
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
2010/11/23 21:05
『運命のボタン』 映画レビュー
『 運命のボタン 』 (2009) &#160;監  督 :リチャード・ケリーキャスト :キャメロン・ディアス、ジェームズ・マースデン、フランク・ランジェラ、ジェームズ・レブホーン、ホームズ・オズボーン、サム... ...続きを見る
さも観たかのような映画レビュー
2010/12/14 01:28
運命のボタン (The Box)
監督 リチャード・ケリー 主演 キャメロン・ディアス 2009年 アメリカ映画 115分 サスペンス 採点★★★ 「火星の自転周期と人間の体内時計はほぼ一緒だから、人類は昔火星からやってきたんだー!」とか、「地球人は科学の進んだ宇宙人の実験用に作り出されたんだ… ...続きを見る
Subterranean サブタレイニア...
2011/01/20 15:59
「運命のボタン」 トンデモ科学映画だったんだ!
興味はあったのですが、なんとなくスルーしていた作品です。 んー、感想としては、不 ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2011/03/27 07:14
運命のボタン : まさかの宇宙人オチ
 今日は、自民党総裁選の投票日ですね。しかし、投げっぱなし〜安倍さんと、往生際悪〜い町田さん、この二人には当選して欲しくないなぁ。正直、この二人に日本の運命を託したく ...続きを見る
こんな映画観たよ!-あらすじと感想-
2012/09/26 09:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは★Soarさんもダメでしたか〜。

既に評判悪いですよね 笑

雰囲気のせいなのか、駄作って感じは確かにないんだけど
それでもかなり好みでわかれそうな内容でしたよね〜。
キャメロン夫婦のラストの行動、
なんだかわざとらしさ感じてどうにもダメでした  笑
mig
2010/05/09 22:06
migさん、こんばんは♪
うん、これはダメだ〜。こういう雰囲気やNASAがどうとかっていうのは嫌いじゃないんですが、違う見せ方があったんじゃないかと残念に思います。

あ〜たしかに!最後に二人が決断するに至るやりとりは、自分たちの行動に酔ってるようなウソっぽさがありましたよね。
SOAR
2010/05/09 23:37
なんだか残念な展開になってしまっていましたねー前半が面白かっただけにガッカリ。
そっちに行っちゃう?!ってあたりから私は一気にトーンダウンでした。

私のブログの表示が変なようですいませんーアメブロ最近色々不調で(泣)
でもSOARさんからのコメントもTBもちゃんと届いています、ありがとうございます!
hito
URL
2010/05/11 10:21
hitoさん、こんばんは♪
SF仕立てを全否定するつもりはないんですが、もともと興味を持ったのは不可思議なサイコホラーっぽさに惹かれたからだったので、同じく「そっち行っちゃう!?」って感じで唖然でしたよ〜。

あ〜それはよかったです。アメブロさん側の不調ではなく、たぶん私のPCのIEのバージョンが古いせいかもしれません。お気遣いありがと〜♪
SOAR
2010/05/12 22:12
そうそう、これって、テーマといい、原作者といい、中身といい、どう考えてもアート系というか、ミニシアター系の方がマッチする映画ですよね。
これをさも万人むけのような映画の作り方にしたとこが、ボタンの押し間違い、いや、掛け違いかな・・・と思います。
後味最悪ですが、マシスンだと思うと、納得です。
sakurai
URL
2010/05/17 13:01
sakuraiさん、こんばんは♪
おお、うまいことおっしゃいますな!
まさにボタンの押し間違いならぬ掛け違いな作品でした。いっそもっとマニアックにしちゃえばよかったのに。あのラストじゃ救いなさ過ぎです。あの夫婦の葛藤はなんだったのでしょう。キャメロンがかわいそう(そこかよ)
私マシスンには疎いのですが、なるほどこういう世界なのですね。
SOAR
2010/05/18 23:57

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『運命のボタン』・・・ああ、そっち系の話でしたか SOARのパストラーレ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる