SOARのパストラーレ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 『はやぶさ/HAYABUSA』・・・“みんな、ただいま”

<<   作成日時 : 2011/10/02 16:58   >>

トラックバック 28 / コメント 4

MUSES-C はやぶさプロジェクトがこうまで脚光を浴びたのは、満身創痍で長い旅路の果てに流れ星となって帰ってきたあの劇的な映像によるところももちろん大きいだろう。帰還成功イコール燃え尽きることというサンプルリターン探査機の宿命は多くの人の心に響いたはずだ。
しかしあの“奇跡の帰還”の何年も前から、本作の原案とも言える「はやぶさ君の冒険日誌」(命名前は「みゅーぜすしー君の冒険日誌」)にたくさんの子供たちが興味を示していたことも忘れてはなるまい。

戦闘機、オートバイ、新幹線。日本が世界に誇る「はやぶさ」は他にもあるが、JAXA公式サイト内で堂々と“君呼び”されるこの小惑星探査機の親しみやすさは別格だ。当時の相模原宇宙研スタッフのユーモアセンスが実に気持ちいい。


さて本作。
リアクションホイール故障、最初の着陸失敗、マイナス高度、通信途絶、イオンエンジンのトラブル、最後の地球撮影、お手玉をヒントにしたターゲットマーカー、漁協との交渉等々散りばめられたエピソードは既にニュースや各種メディアで紹介され尽くされた物ばかりで、正直今さらな感じではあった。せっかくなら「ミネルバ」のようなマニアックなネタにも触れて欲しかったなあ。
そんな中でプロジェクトのメインスタッフ中唯一個人モデルが存在しないキャラ、水沢恵がなかなかよかった。リアルさを追求すればするほどよくできた再現ドラマになってしまいそうな作品である。やはりこういうキャラがいるだけで雰囲気ががらりと変わるというもの。そもそも竹内結子がウマイんだよね。
ちなみにエンドロールで気付いた方も多いと思うが劇中の“はやぶさ君”の声も彼女水沢恵によるものである。クレジットは竹内結子ではなくあくまで水沢恵なのだ。このあたりの堤監督のこだわりもシャレている。

通信途絶により漆黒の宇宙に一人ぼっちとなってしまった“はやぶさ君”が懸命に発し続ける電波を劇中では

「ぼくはここにいるよ」

という“水沢恵”のセリフに置き換える。7週間に渡ったロスト期間中、姿勢制御ができず回転が止まらない彼の孤独感が伝わる地味ながら屈指の名シーンとみた。佐久の臼田観測所がこの電波をついにキャッチするくだりは何気に涙ものである。

はやぶさを見守り続けた3組の一般市民にもそれぞれドラマがあり、これまた堤監督らしいなと思った。笑いどころは当然生瀬だが、あのチャラカップルもよかったよね。


メインスタッフの徹底したコピーにこだわったことでも話題の本作。そうした再現に徹することでであえて(水沢の存在以外)フィクション性を排除し淡々と描いたことは好印象だ。怒号飛び交う管制室などという嘘くさい演出が皆無なのは映画的には地味でも好感が持てる。ただ、それだけにクライマックスの大気圏突入シーンはもっともっとCGで盛り上げて欲しかった気もする。はやぶさストーリーの見せ場はやはりここなのだから。

それでもここが感動の名シーンであることに違いはない。

大気の中をプラズマに包まれて一直線に落下してくるエントリーカプセルと、まるで我が子を見守るかのようにそれを後方から追うはやぶさ。大きな流れ星となってバラバラに燃え散らんとする彼・・・“はやぶさ君”の最後の言葉が胸を打った。
あの日数え切れないほどの「おかえり」が日本中を飛び交った中で、彼だけが言うことのできたその言葉。

「みんな、ただいま」


goo 映画
goo 映画

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(28件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
はやぶさ/HAYABUSA
2010年6月13日、7年間にも及ぶ飛行を終え、地球にイトカワのサンプルを持ち帰った「はやぶさ」プロジェクトを描いた映画。実写版はやぶさ映画は3作製作(競作)される予定ですが、その第一弾。本作品の制作に際しては、JAXAが全面協力。JAXA/ISAS相模原キャンパスでの撮... ...続きを見る
勝手に映画評
2011/10/02 17:13
映画『はやぶさ/HAYABUSA』
ファーストデイで土曜日、しかも公開初日ってことで 今日は朝イチで夫とこの作品を鑑賞〜♪ ...続きを見る
よくばりアンテナ
2011/10/02 18:12
映画「はやぶさ/HAYABUSA」@一ツ橋ホール
 試写会の客入りはかなり空席の目立つ6〜7割くらい、お子さんから年配の方まで幅広い客層だ。   はやぶさ-HAYABUSA サウンド・トラック潟Aリオラジャパン 2011-09-28 サントラ Amazonアソシエイト by ...続きを見る
新・辛口映画館
2011/10/02 18:32
夢ある宇宙。【映画】はやぶさ/HAYABUSA
【映画】はやぶさ/HAYABUSA 2003年に飛び立ち、小惑星イトカワからサンプル採取に成功した 小惑星探査機「はやぶさ」の挑戦を描いたドラマ。 ...続きを見る
B級生活 ゲームやら映画やらD-POPや...
2011/10/02 18:52
「はやぶさ/HAYABUSA」お帰り〜!!
[はやぶさ] ブログ村キーワード  日本中を感動の渦に巻き込んだ、あの小惑星探査機帰還のニュースを映画化。「はやぶさ/HAYABUSA」(20世紀フォックス映画)。競作ブームの先陣を切っての公開です。さあスクリーンで、あの感動を再現できるか? ...続きを見る
シネマ親父の“日々是妄言”
2011/10/02 21:10
映画「はやぶさ/HAYABUSA」感想
映画「はやぶさ/HAYABUSA」観に行ってきました。2003年5月9日に打ち上げられ、2010年6月13日にサンプルを地球に投下して消滅した小惑星探査機「はやぶさ」、およびその... ...続きを見る
タナウツネット雑記ブログ
2011/10/03 00:10
はやぶさ/HAYABUSA
予想以上に見応えあった。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2011/10/03 00:37
はやぶさ/HAYABUSA
NHKスペシャルの映画化!(違   ...続きを見る
Akira's VOICE
2011/10/03 11:14
はやぶさ/HAYABUSA
2011/10/01公開 日本 140分監督:堤幸彦出演:竹内結子、西田敏行、高嶋政宏、佐野史郎、山本耕史、鶴見辰吾、筧利夫、生瀬勝久 あきらめない勇気を与えてくれたのは、君――。 2003年5月9日、小惑星イトカワを目指して地球を出発した小惑星探査機&amp;ldquo;はやぶさ&a... ...続きを見る
新・映画鑑賞★日記・・・
2011/10/03 12:45
はやぶさ/HAYABUSA
2002年、古本屋でアルバイトをしていた水沢恵は、宇宙科学研究所(現・JAXA)対外協力室室長の的場から、相模原の宇宙科学研究所で働かないかと誘われる。 それは1985年の構想から17年、研究所のスタッフたちが人生を懸けてきたプロジェクトに参加することだった…。 2010年に奇跡の帰還を果たした小惑星探査機<はやぶさ>を支えた人々の7年間にわたる挑戦と苦闘の日々の物語。 ...続きを見る
象のロケット
2011/10/04 00:07
HAYABUSA はやぶさ
?140分?? - 人間ドラマ? 監督: 堤幸彦 ...続きを見る
as soon as
2011/10/04 03:11
映画「はやぶさ/HAYABUSA」
10月1日のファーストデーに映画「はやぶさ/HAYABUSA」を鑑賞しました。 この映画は、2003年に飛び立ち、小惑星のイトカワからサンプルの採取に成功した小惑星探査機「はやぶさ」の挑戦を描いた壮大なドラマ。 7年に及ぶプロジェクトの中で、装置の故障や燃料漏れなどの危機を乗り越え、宇宙科学研究所(JAXA)のスタッフが偉業を成し遂げる姿を描く作品。 ...続きを見る
FREE TIME
2011/10/04 22:45
はやぶさ/HAYABUSA ほんとよく帰ってきてくれたよ〜!感動再び。
【=51 -9-】 ハヤブサはJAXAのウェブサイトでちょこちょこ追っかけていた、ほんとに大変な挑戦でそして日本はやりきった! 自分の中でも昨年1年間で一番感動し勇気を貰った出来事だった。 そんなハヤブサを題材にした映画はいくつも作られているらしいが、この映画が一... ...続きを見る
労組書記長社労士のブログ
2011/10/05 07:03
娯楽媒体を通して観せる事の難しさ。『はやぶさ/HAYABUSA』
小惑星イトカワからサンプルの採取に成功した小惑星探査機「はやぶさ」を取り巻く人たちの様子を描いた作品です。 ...続きを見る
水曜日のシネマ日記
2011/10/09 11:25
「はやぶさ」
<木曜日> ...続きを見る
大吉!
2011/10/09 21:53
映画「はやぶさ/HAYABUSA」感想
歴史的偉業を”ヲタ女の成長物語”にしてしまったセンスのなさに脱力。なによりも・・ステレオタイプのヲタ女のわざとらしさが、女性研究者に失礼極まりない。研究者の端くれを何年... ...続きを見る
帰ってきた二次元に愛をこめて☆
2011/10/10 04:15
はやぶさ/HAYABUSA
{%CDwebry%}  公開中の「はやぶさ/HAYABUSA」を観賞してきましたので、今日はレビューを兼ねてこの話題を。 ...続きを見る
日比野庵 本館
2011/10/10 11:31
「はやぶさ/HAYABUSA」 はやぶさくん
「宇宙キター!」(これをわかる人は一部であろう) 最近、テレビや出版物でも宇宙に ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2011/10/10 19:51
はやぶさ/HAYABUSA
宇宙航空研究開発機構(JAXA)の職員を役者が演じた再現ドラマで、大変にわかりやすいものだった。難しい専門用語が少し出てくるけど、竹内結子演じる水沢恵が子供にもわかるように説明してくれた。多額の税金を投じて世界初の快挙を成し遂げた価値が、しっかりと伝わるすばら ...続きを見る
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ve...
2011/10/11 16:43
映画:「はやぶさ/HAYABUSA」♪。
平成23年10月11日(火)。 映画:「はやぶさ/HAYABUSA」。 2012年2月11日に「はやぶさ 遥かなる帰還」。 2012年3月10日に「おかえり、はやぶさ」が、公開予定。 【監  督】堤幸彦 【脚  本】奥平綾子・井上潔 【撮  影】唐沢悟… ...続きを見る
☆みぃみの日々徒然日記☆
2011/10/11 16:45
はやぶさ/HAYABUSA
2003年に打上げに成功し、小惑星イトカワからのサンプル採取に成功した小惑星探査機「はやぶさ」の7年にも渡る挑戦の軌跡を描いた感動のドラマだ。主演は『僕と妻の1778の物語』の竹内結子。共演に西田敏行、高嶋政宏、佐野史郎、山本耕史、鶴見辰吾といった実力派が揃う。監督は『20世紀少年』シリーズの堤幸彦。いくつもの困難を知恵と工夫で乗り切った世界初の偉業を称えたい。 ...続きを見る
LOVE Cinemas 調布
2011/10/12 00:37
[映画『はやぶさ/HAYABUSA』を観た(短信)]
☆非常に面白かった。 ...続きを見る
『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッド...
2011/10/12 21:54
『はやぶさ/HAYABUSA』 あなたも必見かもしれない
 こうしてみなさんにブログをご覧いただけるのも、インターネットへの接続も、そもそもパソコンや携帯電話やスマートフォンが動作するのも、コンピュータの中でプログラムが動いているからだ。現代社会ではあ... ...続きを見る
映画のブログ
2011/10/14 01:06
『はやぶさ−HAYABUSA−』
『はやぶさ−HAYABUSA−』公式サイト ...続きを見る
シチュー鍋の中の混沌の弐
2011/10/16 15:16
『はやぶさ/HAYABUSA』
□作品オフィシャルサイト 「はやぶさ/HAYABUSA」□監督 堤 幸彦□脚本 白崎博史、井上潔□キャスト 竹内結子、西田敏行、高嶋政宏、佐野史郎、山本耕史、鶴見辰吾■鑑賞日 10月10日(月)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2011/10/17 12:16
はやぶさ/HAYABUSA
2011年10月15日(土) 17:40〜 TOHOシネマズ川崎プレミアスクリーン 料金:0円(フリーパス) パンフレット:未確認 『はやぶさ/HAYABUSA』公式サイト TOHOシネマズのフリーパスポート鑑賞。26本目。 突然の「はやぶさ」ブーム。本作だけでなく、他に3本。そして、2本は来年公開。 先駆者達の苦労を顧みもせず、日本の宇宙計画を愚かにもバカにしていたので、俺は、昨年の「はやぶさ」の帰還も良くわかっていない恥ずべき野郎だ。 何も知らない俺は、「はやぶさ」が探索した小惑星... ...続きを見る
ダイターンクラッシュ!!
2011/10/17 13:05
『はやぶさ/HAYABUSA』(2011)
アメリカ映画には『ライトスタッフ』とか『アポロ13』とか宇宙を舞台にした実録モノがありますが、有人宇宙飛行がまだ夢のまた夢といった感じの我が国はフィクションで勝負をせざるを得ないのかなあ、なんて考えていたもんです。 ところが、ここに格好の素材が現れましたね。 小惑星探査機<はやぶさ>の奇跡のミッションの映画化。 プロジェクトの経過そのものを追っても、プロジェクトに携わった人間たちに的を絞っても、色々な描き方が出来そうです。 というワケで他にも幾つか企画が上がっているようですが、こういうの... ...続きを見る
【徒然なるままに・・・】
2011/11/03 22:41
映画:はやぶさ/HAYABUSA
 部長に借りた(無理矢理渡された)小惑星探査機 はやぶさの大冒険を読み終えると、すっかり、はやぶさのファンに(汗)。冒険活劇であるだけでなく、技術者があつい!僕も技術者の端くれですので、目からうろこの場面がたくさん。そんなわけでこの映画も楽しみにしていました。と言うわけで、はやぶさ/HAYABUSAです。 ...続きを見る
よしなしごと
2011/11/25 02:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは^^
今日のレイトで観てきました

わたしも水沢恵の存在はよかったと思います
最初はなんでフィクションの人主役なんだろう?って思ったんですけど、
映画をみてるうちに納得しました

出演者の方に徹底的にコピーしてくれって要求していたというのを聞いて、
このひとつひとつの癖はご本人のものなんだろうなと思いながら微笑ましい気持ちでみてた^^

だからこそ、ほとんどの人が主役といっていいからこそ、フィクションの存在が必要で効いていた、とわたしは感じました
おくやぷ
URL
2011/10/04 03:17
おくやぷさん、こんにちは♪
総責任者なり各部門のリーダーなり、誰か一人を主役に据えて描くほうがドラマとしては散漫にならずじっくりいけると思います。
でも本作はそうしたくなかったのでしょうね。みんなのプロジェクトっていう感じにしたかったのでしょう。だからこその水沢恵。
プロジェクト参加からカプセル回収まで、彼女がそのすべてを観客にガイドしてくれたように思いました。
SOAR
2011/10/09 08:48
SOARさん、こんにちは〜♪。(おひさしぶりですm(_ _)m。)

竹内結子さん演じる水沢、ほんとに良かったですね〜♪。
その時、感じた思いを素直に(そぉ〜っと)表しているので、より気持ちが伝わってきます。
おっきな目にいっぱい涙を溜めてる時なんて、こちらまで…(T_T)。

はやぶさ君にも産まれて(製造されて)から星になるまで(燃え尽きるまで)があるように、周りの人間達にもそれぞれの人生があるわけで、地球に存在する「命」は、みんな平等なんだ、という水沢の講演会での言葉にさらにジーンときました。

次回、次々回作公開も楽しみです。
みぃみ
URL
2011/10/12 10:26
みぃみさん、こんばんは♪
そう、ようするにハイテク機械の固まりである惑星探査機をごく自然に擬人化してしまったこと、そしてその流れで映画化してくれたこと。これが本作のウリであり、そこに我々は惹かれるんですよね。

水沢嬢、私も気に入ってしまいましたが、巷の声を聞いてみると理系出身の方ほどあのキャラ設定に馴染めないみたいですね。どこか抜けててオドオド感もあるけど、でも知性もちゃんと表れてるし思考自体は至ってまともだし、ホントよかったけどな〜。

燃え尽きる姿に「命」すら感じさせてくれたこのプロジェクトが次々に映画化されるなんて、うれしい限りですね。
SOAR
2011/10/14 00:21

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『はやぶさ/HAYABUSA』・・・“みんな、ただいま” SOARのパストラーレ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる