SOARのパストラーレ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 『50/50 フィフティ・フィフティ』・・・身近なガン患者への接し方とは

<<   作成日時 : 2011/12/04 17:44   >>

トラックバック 24 / コメント 6

ガン患者を主人公に据えた作品だが、壮絶な闘病物語でもなく、その生死をめぐる感動号泣ドラマでもない。世話役を買って出たはずの恋人は去ってしまうし、親友も影で涙を流すどころかガンをネタにして悪ふざけの日々。担当となった新米セラピストもどこか頼りない。
それなのに観ているうちに心がポカポカと温かくなっていく展開が実に爽やか。ストーリーにドラマチックな起伏のある作品ではないのだが、ガンを告知された青年アダムが周囲の支えの中で希望を見出していく過程とラストシーンがとにかく心地よかった。


親友からガンであることを打ち明けられたとき、人はどのように接するだろうか。今までと変わりない付き合いを続ける意思にウソがなくても、実際には交わす会話の一言一言にさえ気を遣ってしまうに違いない。
実は今、ガンを患い闘病中の友人がいる。入退院を繰り返している彼女に対し日々のメールは欠かさないものの、遠方を理由に会いに行けないでいる私。いつでも電話して来いよと言うくせに、自分からは電話できないでいる私。面と向かい合うのが怖いのだ。メールではなく声で言葉を交わすのが怖いのだ。

そんなネガティブな私と比べ、アダムの友人カイルのなんとも能天気・・・いやポジティブなことか。アダムの生存率50%をギャンブルなら高確率だと笑い飛ばし、アダムがガンであることをネタにしてナンパも成功させる始末。腫れ物に触るような両親や恋人とは正反対のこの態度。
そんな彼がアダムの知らないところでガンについて勉強していたことがわかるシーンがある。これにはやられた。彼が繰り返し読んでいたのであろうガン患者への接し方についての本。そこに残るおびただしい数の付箋とドッグイアは、アダムを心から心配している何よりの証拠。だからこその親友。

セラピストのキャサリンも、カイルと共にアダムの闘病生活を医師とは違った角度から支えたひとり。同時に彼女自身もセラピストとして確実に成長して迎えるラストシーン。どうやらプライベートでもアダムのよきパートナーになりそうな予感。二人の交わす「どうする?」が最高の締めくくりである。

さあ、お二人さん。どうするんですか?(笑)



ジョセフ・ゴードン=レヴィットが演じるアダムは、『(500)日のサマー』でのトム役に雰囲気がそっくりで、なんだかトムのその後の波乱に満ちた人生のようでもありおもしろかった。

キャサリン役のアナ・ケンドリック。見覚えある彼女のことを鑑賞中どうしても思い出せず、帰宅後拙ブログにて確認して納得。『マイレージ、マイライフ』の新人ちゃんだ。あちらでの役どころも、本作同様“新米ながら主人公とのかかわりを通して人間的に一皮剥ける脇役”だったねぇ。うん、カワイイ♪


さてと。私も迷ってないで、必ずその友人に会いに行こう。カイルに負けないくらいの、とっておきのジョークをひっさげて。神妙な表情など見せるものか。


goo 映画
goo 映画

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(24件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
50/50 フィフティ・フィフティ
映画自体がセラピー? 公式サイト。ウィル・ライザー脚本、ジョナサン・レヴィン監督、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、セス・ローゲン、アナ・ケンドリック、ブライス・ダラス・ ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2011/12/04 18:09
50/50 フィフティ・フィフティ
ラジオ局で働く27歳のアダム (ジョゼフ・ゴードン=レヴィット) は、背中の痛みで病院へ行くと脊髄の癌と宣告される。 ガールフレンドのレイチェル (ブライス・ダラス・ハワード)や親友カイル(セス・ロー... ...続きを見る
心のままに映画の風景
2011/12/04 18:16
『50/50 フィフティ・フィフティ』の確率、悪くはないって思えるか。
50/50(フィフティ・フィフティ) ★★★★★ 12月1日(木)TOHOシネマズ渋谷、TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー 「生きている」「想っている」「感じている」 がんであっても、そうじゃなくても、それは同じ 『インセプション』『(500日)のサマー』のジョセフ・ゴードン=レヴィットが主演。 酒もたばこもやらず、ジョギングもかかさない、 ちょ ...続きを見る
Healing
2011/12/04 18:27
五分五分だけど、君となら 〜『50/50 フィフティ・フィフティ』
 50/50  アダム(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)はシアトルに住む27歳。前衛画家 のレイチェル(ブライス・ダラス・ハワード)と付き合い、高校時代からの親友 にして公営ラジオ局の同... ...続きを見る
真紅のthinkingdays
2011/12/04 18:40
50/50 フィフティ・フィフティ
本作に出演し製作も務めているセス・ローゲンの親友で、脚本のウィル・ライザーが実際にガンを克服した実話をもとに作られたヒューマンコメディだ。主演には『(500)日のサマー』のジョセフ・ゴードン=レヴィットが、共演には『マイレージ・マイライフ』のアナ・ケンドリック、ブライス・ダラス・ハワード、アンジェリカ・ヒューストンらが出演している。監督はジョナサン・レヴィン。 ...続きを見る
LOVE Cinemas 調布
2011/12/04 19:28
『50/50 フィフティ・フィフティ』
27歳、生存率50%のガン宣告。友だち、家族、仕事、好きなひと…。人生、あきらめるには早すぎる。 実際にガンを克服した脚本家ウィル・ライザーの実体験をもとに描かれたこの作品 ... ...続きを見る
こねたみっくす
2011/12/04 21:22
50/50 フィフティ・フィフティ
【50/50】 2011/12/01公開 アメリカ PG12 100分監督:ジョナサン・レヴィン出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット、セス・ローゲン、アナ・ケンドリック、ブライス・ダラス・ハワード、アンジェリカ・ヒューストン、マット・フルーワー、フィリップ・ベイカー・ホール ... ...続きを見る
新・映画鑑賞★日記・・・
2011/12/04 22:04
50/50 フィフティ・フィフティ
アナ・ケンドリックは綺麗というよりかは可愛い! ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2011/12/05 00:02
『50/50 フィフティ・フィフティ』
先日、アスミック・エースの試写室で、『50/50 フィフティ・フィフティ』を鑑賞してきました。 病気ものってシリアスなものが多いけれど、この作品はそれほど重苦しくなく、逆にとってもユーモラス。 ...続きを見る
Cinema+Sweets&#61;∞
2011/12/05 00:16
『50/50 フィフティ・フィフティ』 (2011) / アメリカ
原題: 50/50 監督: ジョナサン・レヴィン 脚本: ウィル・レイサー 出演: ジョセフ・ゴードン=レヴィット 、セス・ローゲン 、アナ・ケンドリック 、ブライス・ダラス・ハワード 、アンジェリカ・ヒューストン 試写会場: なかのZEROホール ...続きを見る
Nice One!! @goo
2011/12/05 02:07
50/50 フィフティ・フィフティ
50/50 フィフティ・フィフティ ★★★☆☆(★3つ) ...続きを見る
食はすべての源なり。
2011/12/05 12:57
50/50 フィフティ・フィフティ / 50/50
笑いと涙も50/50 ...続きを見る
我想一個人映画美的女人blog
2011/12/05 23:27
50/50 フィフティ・フィフティ(2011)
人生、あきらめるには早すぎる。 評価:+5点=75点 東宝シネマズ二条にて鑑賞。 メタルヘッドのジョセフ君が、一転してごく普通のちょっと弱気で優しい青年 アダムを好演! この柔らかな表情がたまらなく心を癒してくれる。そんな彼が突然医者からガン宣告を受け... ...続きを見る
銅版画制作の日々
2011/12/06 10:05
50/50 フィフティ・フィフティ / 50/50
脚本家ウィル・レイサーのガン闘病体験を元にした作品。 ...続きを見る
勝手に映画評
2011/12/10 17:25
ガンになりまして・・・
1日のことですが、映画「50/50」を鑑賞しました。 ...続きを見る
笑う学生の生活
2011/12/15 21:04
50/50
 『50/50 フィフティ・フィフティ』を、TOHOシネマズ渋谷で見ました。 ...続きを見る
映画的・絵画的・音楽的
2011/12/17 06:00
がん免疫療法
がん免疫療法の情報 ...続きを見る
がん免疫療法
2011/12/20 17:22
50/50 フィフティ・フィフティ
トーキョー女子映画部さんの試写会で、ひと月くらい前に鑑賞。 やっと劇場公開だと思ったのに・・・ヒットしているのかしら? 地味ですが、なかなかいい〜映画です ...続きを見る
映画の話でコーヒーブレイク
2011/12/22 02:02
笑えてリアルな闘病記。〜「50/50 フィフティ・フィフティ」〜
あのな〜、そんなものを剃ったバリカン渡すなって。(笑) ...続きを見る
ペパーミントの魔術師
2011/12/22 11:15
「50/50 フィフティ・フィフティ」 ポジティブとネガティブと拮抗
いわゆる難病ものというのは、あまり好きじゃなかったりします。 (特に邦画の)難病 ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2011/12/29 22:55
映画『50/50 フィフティ・フィフティ』を観て
11-82.50/50 フィフティ・フィフティ■原題:50/50■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:110分■字幕:石田泰子■料金:1,800円■鑑賞日:12月4日、TOHOシネマズ渋谷□監督:ジョナサン・レヴィン□脚本・製作総指揮:ウィル・レイサー□製作総指揮:ネイサン... ...続きを見る
kintyre&#039;s Diary...
2012/01/15 17:27
人生、あきらめるには早すぎる。「50/50 フィフティ・フィフティ」
...続きを見る
Addict allcinema おすす...
2012/01/25 23:13
50/50 フィフティ・フィフティ (50/50)
監督 ジョナサン・レヴィン 主演 ジョセフ・ゴードン=レヴィット 2011年 アメリカ映画 100分 ドラマ 採点★★★★ 髪を切った女性に対しては「髪、切ったんだ?良いね!」とか「可愛いね!」とか言っておけばいいらしいんですが、あんまりにもバッサリいかれてる… ...続きを見る
Subterranean サブタレイニア...
2012/07/30 16:38
50/50 フィフティ・フィフティ
もし自分がいま癌と申告されたら、「ははは」と笑って終わらすかも^;酒もタバコもやらないのはアダムと同じだし、いたって普通に生きてきた(病気になる前は)。ぎこちない周囲の環境がわずらわしくなったり、妙な親切がイライラしたりはするかもしれない。人間いつかは死ぬんだし、それが自分の寿命と決めて諦めるだろうなと考えます。でもって最後はじたばたするんだろう。これは、私の場合。 アダムは悪友のカイルと病気をネタにナンパしたり、なるべく笑って過ごそうとする…けれど。 病気であることで起こる弊害を様... ...続きを見る
いやいやえん
2012/08/07 09:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
いいタイミングでいい映画に出会われましたね。
そう、実際にそういう立場にいると改めて自分の弱さに悔やんでしまうんですよね。
でも多分その友人の方に会われたら「何だ、簡単なことだったんだ」と思われるでしょうね。
だってカイルがやっていることは何も特別なことはしていないんですから。
にゃむばなな
URL
2011/12/04 21:20
SOARさん、こんばんは。

そうなんですね、お友達が…。
ガンに限らず、病気を抱えてる人と接する難しさってあるんですよね。
特に日本人の気遣いは、そっとしておくのが美徳みたいな…。
当然、それぞれのタイプにもよりますが、そんな点でも色々と考えさせられる作品でした。
飛び切りのジョークで笑わせてあげてくださいね♪

純粋な主人公のタイプや、コミカルな笑いがあるヒューマンストーリーは「(500)日のサマー」と同じでした。
ジョー君は役へのリサーチが徹底してるし、セスは、実際、こうやって接していたんだろうな〜と感じるようなお芝居でした。
オリーブリー
URL
2011/12/04 22:48
この映画は見ていませんし、今は何にも見る気にもなれないんですが・・・。つい先日、身近な身内をがんで亡くしました。
事実を受け止めたくない、見たくない・・・というのは、決してネガティブではなく、優しい人だからこそ思ってしまうことだと思います。
というか、看病している人も暗くならないように明るく振舞っていたつもりでも、こういった映画なんて見られない!と思う私の方がネガティブだと思います(−−;
でも、身内だけでなく、私の周りにいた他の患者さんにも言えることですが、本人がどんなに明るく振舞っていても一番辛いのは患者さん本人。
ぜひそのお友達を少しでも励ましてあげてくださいね。
みゆみゆ
URL
2011/12/05 13:43
にゃむばななさん、こんばんは。
患者が親子や兄弟、夫婦や恋人といったパターンの作品なら数知れずでその持っていき方も似たり寄ったりなんでしょうが、本作では親友の目線が印象的に描かれるんですよね。
カイルの行動が必ずしも現実的とは思いませんが、普段と変わらないあの明るさは見習うべきでしょうね。
SOAR
2011/12/11 00:58
オリーブリーさん、こんばんは。
不定期ではありますが年に2〜3度会う機会がある友人です。映画もこれまでに何度一緒に観たことか・・・。本作の二人のように同僚でもなく近くに住んでるわけでもないので単純に例えることはできませんが、明るく接する大切さを学んだ思いです。

セス・ローゲン、1月の『グリーンホーネット』がイマイチだったせいもあって今年はあまりいいイメージがなかったのですが、本作で好感度アップです!
SOAR
2011/12/11 00:59
みゆみゆさん、こんばんは。
身内の方を亡くされたとのことで、本作でのセス・ローゲンの役どころを支持するレビューを目にするのはお辛いかもしれませんね。
彼が接したのはあくまで友人であり、突飛な行動言動は身内の場合には適さないかもしれません。
ただ、そんな彼も患者である友人の知らないところで真剣にガンに向き合おうと努力していたことがわかるシーンがあり、このこととの対比でカイルという役がが評価されていることも知ってほしいと思います。
SOAR
2011/12/11 00:59

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『50/50 フィフティ・フィフティ』・・・身近なガン患者への接し方とは SOARのパストラーレ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる