SOARのパストラーレ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 『はやぶさ 遥かなる帰還』・・・順繰り

<<   作成日時 : 2012/02/12 07:58   >>

トラックバック 30 / コメント 8

M-Vロケットに搭載され打ち上げを待つはやぶさ内部をボアスコープが巡るオープニング。最初にアップになる電子基盤上の小さな部品こそが、後にイオンエンジン全停止というプロジェクト最大の危機を救うことになるクロス運転回路のダイオードだ。次いでボアスコープはX軸のリアクションホイールも映し出す。
宇宙に飛び立つはやぶさがこの先体験する様々な出来事にかかわってくるこうした部品たちを最初に見せるアイデアにまず惹かれた。

本編のほうは意外とあっさりな印象を持った。JAXAやメーカー技術者たちの熱い思いがどこか空回りしていて、期待したほど伝わって来なかったのだ。こうした現場の淡々とした雰囲気こそがリアルなエンジニア像と言えるのかもしれないし、一人一人の真剣なまなざしからは内に秘める心意気が読み取れないわけではない。実際に個々の役者さんたちは皆いい演技をしているのだ。ただ、実話ベースとはいえドキュメンタリーではないのだから、言動・行動どちらにもオーバーアクションはほしい気がする。

そんな中で唯一感情的な性格を見せるのが茶川・・・じゃなくて(笑)森内。NECのイオンエンジン開発者なのだが、プロジェクトの中にあってひとりよがりというか少々ワガママな思考をする人間で、この人物だけが浮いて見えた。プロジェクトマネージャーである山口教授(モデルはもちろんあの川口淳一郎教授)のことを“尊敬はしているが好きではない”という森内のセリフがあって、これがまたイヤな感じ。その心情はわかるけど、イオンエンジンの想定外運用のアイデアが出されるたびにイジけたりふてくされる理由がそこにあるのだとしたらあまりに子供じみている。コンビであるJAXAの藤中教授のフォローがなければどうなったことやら。

ただ、そんな森内のキャラがJAXAと民間企業の立場の違いをあえておおげさに表現すべく生まれたものだとしたら合点はいく。地球帰還が3年遅れると聞いて宇宙関係の次の仕事がしばらく入らないことを憂う町工場の社長の姿からもわかるように、こうした国家的プロジェクトに利益度外視で参加する民間企業はないだろう。はやぶさプロジェクトを通してイオンエンジンの商品化と売り込みにかけるNECにしてみれば、一か八かの運用に消極的になるのは当然ではある。
はやぶさプロジェクトには百社を超える民間企業が参加していると劇中であったが、小さな町工場から大手の電気・航空関連企業に至るまで、それぞれの思惑は純粋に宇宙への夢や希望や憧れだけにあるわけではないのかもしれない。


昨年10月公開の『はやぶさ/HAYABUSA』を観たときも淡々とした印象を持ったのだが、いざ本作と比較してみるとあちらのほうが感情に訴えてくるものは大きかったと思う。描かれるトラブルは同じものばかりなのに、本作よりもスタッフたちの落胆や苦悩や安堵や喜びといった心情変化が断然わかりやすかった。臼田のスタッフが地道かつ懸命に迷子のはやぶさを探すシーンを比較してみてもそれは明らかで、やはりはやぶさを“はやぶさ君”と擬人化したことでエンジニアたちとはやぶさとのやりとりが感覚的に伝わったのだろう。
というわけで競作となっている「はやぶさ」映画、まずは第一弾の『はやぶさ/HAYABUSA』に一票!


もちろん本作にもいいところはたくさんある。『はやぶさ/HAYABUSA』に比べ、圧倒的に勝っているのがCG。実物大模型の質感を取り込みながら作ったというCGは文句なしに素晴らしい。太陽電池パネル展開の様子、イオンエンジンやスラスターの動き、ターゲットマーカーの質感・・・。燃料漏洩という深刻なトラブルのシーンなど、不謹慎ではあるが拡散する燃料の描写に美しささえ感じるほどであった。
圧巻は地球帰還のシーン。大気との摩擦で燃え尽きる本体の最期は胸に迫るものがあった。そんなはやぶさ本体にとって、一筋の光となってオーストラリアの大地を目指すカプセルは希望の輝きだ。大気圏突入前に切り離したカプセルを生還させる代わりに自分は流れ星となって散ったはやぶさ。あの日、ニュースを見たとき以来このシチュエーションを思うだけで泣けてくる私。

町工場の社長の「順繰りだよ」のセリフも深い。
はやぶさの最期を見届けた者はそれを次の世代に伝えなければならないのだと彼は言う。朝日新聞記者である彼の娘はオーストラリア現地で“遥かなる帰還”の瞬間に立ち会った。彼女の目から溢れた涙の意味は、宇宙や物作りに興味を持ち始めた彼女の息子に確実に伝わっていく。

自分をリレーのアンカー例えたカプセル担当エンジニアがいた。前走者からバトンが渡されなければ、すなわちはやぶさが地球に還ってこなければ出番はないのだと彼はぼやく。ここにも順繰りがある。設計した者、作った者、打ち上げた者、着陸させた者、軌道計算した者・・・。それぞれの成功があって最終走者にバトンは渡る。そして若いエンジニアたちが新たに参加するであろう「はやぶさ2プロジェクト」も既に始動した。2014年にイトカワ以外の小惑星を目指して打ち上がる。

次世代への順繰りがあるからこそ物事は未来に向けて継承されていく。壮大な宇宙開発プロジェクトだろうと下町の小さな工場の物作りだろうと、そのことになんら変わりはない。


goo 映画
goo 映画

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(30件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「はやぶさ 遥かなる帰還」 淡々としてる
日本中が熱狂した「はやぶさ」プロジェクトの映画化作品です。 本作は東映作品ですが ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2012/02/12 08:36
試写会「はやぶさ 遥かなる帰還」
はやぶさに、夢を乗せて… ...続きを見る
日々“是”精進! ver.A
2012/02/12 09:56
くろねこルーシー Vol.6 「先人は言う。猫が顔を洗うとなんたら・・・」
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ&amp;nbsp;&amp;nbsp; ...続きを見る
こみち
2012/02/12 14:17
はやぶさ 遥かなる帰還
2010年6月13日に約7年の期間を経て地球へと戻ってきた小惑星探査機<はやぶさ>プロジェクトの道のりを描いた作品。主演を務めるのは日本が誇る世界の渡辺謙だ。共演に江口洋介、夏川結衣、小澤征悦といった実力派が顔を揃えている。監督は『星守る犬』の滝本智行。多くの困難を知恵と勇気で乗り切るスタッフたちの姿に感動と元気を貰える作品だ。 ...続きを見る
LOVE Cinemas 調布
2012/02/12 14:34
はやぶさ 遥かなる帰還
その信号は未来への架け橋。パルス!   ...続きを見る
Akira's VOICE
2012/02/12 14:47
はやぶさ 遥かなる帰還
2010年6月13日地球帰還を果たした工学技術実証衛星「はやぶさ(MUSES-C)」。それを描いた実写映画。第一弾は、2011年に竹内結子主演で『はやぶさ/HAYABUSA』。これは、第二弾映画となります。はやぶさを描いた映画はもう一作『おかえり、はやぶさ』が予定されています。 ...続きを見る
勝手に映画評
2012/02/12 18:21
映画「はやぶさ 遥かなる帰還」感想
映画「はやぶさ 遥かなる帰還(以下「遥かなる帰還」)」観に行ってきました。 2003年5月9日に打ち上げられ、2010年6月13日にサンプルを地球に投下して消滅した、小惑星探査機「はやぶさ」とその開発・運用に関わった人々の実話を元に製作されたドラマ作品。 小惑星探査機「はやぶさ」に関する行程やトラブ ...続きを見る
タナウツネット雑記ブログ
2012/02/12 19:04
はやぶさ 遥かなる帰還 比較
はやぶさ 遥かなる帰還 比較しますよね先行公開されたはやぶさ/HAYABUSAと。はやぶさ 遥かなる帰還が同じ事実をどうちがって描くのか比較せずにはいれません。はやぶさ 遥かなる帰還は東映60周年記念作品だそうです。竹内結子主演のはやぶさ/HAYABUSAの方は、面白かったんですが個人的にはプロジェクトメンバーの苦労、苦悩がもっともっと描かれていればなあという思いがあったので、はやぶさ 遥かなる帰還はその点を主に比較対象にして見てみようと思ってます。はやぶさ 遥かなる帰還の原作はノンフィクション... ...続きを見る
たさいの多彩な日記
2012/02/12 22:32
はやぶさ 遥かなる帰還
2003年、十数年の歳月を費やして開発された小惑星探査機「はやぶさ」を搭載したM-V-5ロケットが、鹿児島県内之浦宇宙空間観測所から飛び立った。 その目的は小惑星イトカワから石や砂を採取し、地球へ持ち帰ること。 それは太陽系の起源や地球の起源を探る上で貴重な資料となる。 しかし宇宙でのミッションはトラブルの連続で、プロジェクトチーム内でも不協和音が出始めるのだが…。 「はやぶさ」7年間の軌跡。 ...続きを見る
象のロケット
2012/02/12 23:46
はやぶさ 遥かなる帰還
個人的には、『はやぶさ/HAYABUSA』 > 『はやぶさ 遥かなる帰還』かな。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2012/02/13 00:53
映画「はやぶさ 遥かなる帰還」感想
NECの基盤が映る。 ...続きを見る
帰ってきた二次元に愛をこめて☆
2012/02/13 05:18
はやぶさ 遥かなる帰還
監督:滝本智行出演:渡辺 謙、江口洋介、夏川結衣、小澤征悦、中村ゆり、吉岡秀隆、石橋蓮司、藤 竜也、山崎 勉・・・なんで同じような作品が3本も・・・? ...続きを見る
ハリウッド映画 LOVE
2012/02/14 17:33
『はやぶさ 遥かなる帰還』
□作品オフィシャルサイト 「はやぶさ 遥かなる帰還」□監督 瀧本智行□脚本 西岡琢也□原作 山根一眞(「小惑星探査機はやぶさの大冒険」)□キャスト 渡辺 謙、江口洋介、夏川結衣、小澤征悦、中村ゆり、吉岡秀隆、石橋蓮司、       藤 竜也、山崎 努、嶋田... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2012/02/15 12:11
はやぶさ 遥かなる帰還
「キツツキと雨」も迷ったけど、渡辺謙さんの演技に期待して・・・ ...続きを見る
いい加減社長の映画日記
2012/02/15 18:46
はやぶさ 遥かなる帰還
「キツツキと雨 」も迷ったけど、渡辺謙さんの演技に期待して・・・ ...続きを見る
いい加減社長の日記
2012/02/15 18:53
映画「はやぶさ 遥かなる帰還」
映画「はやぶさ 遥かなる帰還」を鑑賞しました。 ...続きを見る
FREE TIME
2012/02/15 22:55
はやぶさ 遥かなる帰還 【映画】
はやぶさ映画第3弾 ...続きを見る
as soon as
2012/02/16 02:04
「はやぶさ 遥かなる帰還」多くの困難を最後まで諦めず乗り越えた技術者たちの決断と勇気
「はやぶさ 遥かなる帰還」は2003年に打ち上げられた小惑星探査機「はやぶさ」の打ち上げから2010年6月の帰還までの技術者たちの葛藤と勇気ある決断を描いたストーリー ... ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2012/02/19 16:43
映画『はやぶさ 遥かなる帰還』 観てきた〜♪
はやぶさを映画にした3本のうち、 2本目の観賞。 1本目『はやぶさ/HAYABUSA』を観たから、別にいいかって思っていたのですが、 ま、監督も俳優陣も視点も違うかなと思って、 たまってたポイントを... ...続きを見る
よくばりアンテナ
2012/02/19 17:58
はやぶさ 遙かなる帰還
・はやぶさ 遙かなる帰還(2月11日より公開 渡辺謙・江口洋介・吉岡秀隆等出演)映画制作大手3社がそろって題材にしている小惑星探査機「はやぶさ」の打ち上げから帰還にかかわるまで、7年間のプロジェクトチームの活躍を描いたもの。ハリウッド映画に何度か出てい... ...続きを見る
充実した毎日を送るための独り言
2012/02/19 22:55
はやぶさ 遥かなる帰還
お勉強になりましたが、ちゃんとはわかってない。 ...続きを見る
迷宮映画館
2012/02/20 14:13
『はやぶさ 遥かなる帰還』(2012)
東映60周年記念作品。 小惑星探査機「はやぶさ」を題材にした映画としては、CGを使ったプラネタリウム作品『はやぶさ/HAYABUSA BACK TO THE EARTH』を別にすると、20世紀フォックスの『はやぶさ/HAYABUSA』に次ぐ2本目の映画で、来月には3Dで描く松竹作品『おかえり、はやぶさ』も公開になります。 ...続きを見る
【徒然なるままに・・・】
2012/02/20 23:11
『はやぶさ 遥かなる帰還』
『はやぶさ』映画第三弾。渡辺謙のアレです。 ...続きを見る
シチュー鍋の中の混沌の弐
2012/02/23 12:45
はやぶさ 遙かなる帰還
映画館で観賞した作品 ...続きを見る
A Day In The Life
2012/02/26 18:50
[映画『はやぶさ 遥かなる帰還』を観た]
☆う〜む、「映画」ってのはつくづく面白いものだと感じた。 ...続きを見る
『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッド...
2012/02/29 22:32
■映画『はやぶさ 遥かなる帰還』
2003年に小惑星イトカワに向けて発射され、7年かけてイトカワと地球を往復した小惑星探査機はやぶさ。 ...続きを見る
Viva La Vida! <ライターC...
2012/03/02 05:03
【映画鑑賞】はやぶさ  遥かなる帰還 2時間16分(東映)
はやぶさに関する映画作品4つ観たわけですが私は映画としてはこの作品が一番芸術性が高いと思いました。 あと人間ドラマがしっかりしていてリアリティーがあるから感動も大きかったと思います。 床に... ...続きを見る
愛知女子気侭日記
2012/03/19 15:46
「はやぶさ遥かなる帰還」取り説 映画
この1年間で公開された『はやぶさ』関連映画は3本。 最後の3本目が公開中というのに、2本目の映画「はやぶさ 遥かなる帰還」を今更観て来たyo ...続きを見る
ノルウェー暮らし・イン・原宿
2012/03/19 23:53
映画:はやぶさ 遥かなる帰還
 3つの制作会社がそれぞれの視点と思いで惑星探査機・はやぶさを映画化しました。今回は東映が描いた作品はやぶさ 遥かなる帰還の記事です。  3作品見たら、もうどのエピソードがその作品だったかすっかり混同してしまったので、ちゃんと記事に出来るか心配ですが。。。  ちなみに2012年、劇場20本目ですね。 ...続きを見る
よしなしごと
2012/05/24 08:01
はやぶさ 遥かなる帰還 : 二番煎じムービー
 ここ広島市内では、夕方から寒くなってきました。寒暖の差が激しいので、皆さんも風邪など引かぬように気をつけて下さい。それでは、本日紹介する作品はこちらになります。 ...続きを見る
こんな映画観たよ!-あらすじと感想-
2012/09/29 17:16

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
20世紀FOX版は未見で、本作が初めての“はやぶさ”映画となりました。

淡々と描かれつつも、その中に様々な人間ドラマが入っていて、
そして、はやぶさ帰還のために労力を惜しまない…
それぞれの“思い”みたいなのが良かったと思います。
この辺りは演技派俳優陣の為せる業かもしれません。

たしかにCGのクオリティは素晴らしかったです。
まるで実際の映像のようでした。
BROOK
URL
2012/02/12 10:03
BROOKさん、こんにちは♪
三作の競演が話題の「はやぶさ」ですが、本作ははやぶさとJAXAの技術者たちの他に、メーカー技術者と町工場の人間を加えてのドラマが秀逸でしたね。
大きなプロジェクトを支える民間の苦労を描いたことは価値がありますよ。

そうそう。CG、美しかった〜!
SOAR
2012/02/12 18:22
こんにちは
最後のシーンは胸にぐっときました
どのはやぶさ映画をみても思うのは、
成功したからこそ注目されたということです
お金だけじゃない、という町工場のお父さんの言葉も胸にあり、同じく、所長がいうように失敗というものはない(次につながるんだということ)というのも真理
過程も大事
でも結果も大事で、いままでの過程が報われる最大のご褒美ですよね
それでもここまで浸透したのは成功したからこそですよね
一枚岩ではない人間の心理や想い
それでもはやぶさを帰還させることにおいては、全員が完全に一致していた
立場の違いからぶつかり合うことはあってもひとつの方向に向かう…そこがよく描かれていたと思います
おくやぷ
URL
2012/02/16 02:10
おくやぷさん、こんばんは♪
昨年、はやぶさ映画が三本作られると聞いてとにかく期待したのが燃え尽きるはやぶさとその先を一直線に進むカプセルの映像をどう見せてくれるかということでした。
本作でのこのシーン、大気との摩擦でどんどんばらけていくはやぶさ本体の最期はよかった。私ここでも涙出ちゃいましたよ。
宇宙開発に失敗はない。よく聞く言葉ですが、民間企業にとってはそうも言ってられないのが実情で、帰還を願う思いは全関係者共通ながら、法人・メーカー・町工場それぞれの立場の違いというものもさりげなく描いていたと思います。
JAXA内においても、危険な二度目のタッチダウンはやめて帰還させようという意見もあれば、サンプルリターンが目的なんだからタッチダウンが成功しなければ帰ってくる意味がないという意見もあり、立場の違いによる様々な衝突が、とてもリアルだったなと。

とにもかくにも帰ってきたはやぶさ。たいしたものです!
SOAR
2012/02/19 19:24
こちらこそ、大変ご無沙汰で申し訳ないです。
お元気そうで何より。
はやぶさもんはあまり触手がのびず、今回が初見だったのですが、それなりにはわかりました。
なんですが、やっぱ違和感を感じたのが、茶川・・もとい、森内さん役の吉岡君でした。
立場が違うのはわかるのですが、究極の選択を迫られたチームの葛藤・・・にしては、感情的すぎたような。
妙なわざとらしさが、鼻についてしまいました。
長島一茂の役柄が重要なのはわかったんですが、描き方がへたくそでしたね。
いろいろあるとは思いますが、彼らの矜持は伝わりました。
sakurai
URL
2012/02/20 14:13
はやぶさの映画だった?
テレビドラマでよかったんじゃない?程度のものに「はやぶさ」って冠つけて映画にした感じだった。
神社のシーンは良かったけど…
はやぶさダシにつかわないで。
Hi
2012/02/23 19:20
sakuraiさん、こんばんは♪
遥か遠くのわずか数百メートルの物体に無人探査機を着陸させサンプルを回収し帰還させることのすごさ、これが伝わりにくいと致命的なんですよね。
スタッフたちの現実的でない怒鳴り合いも残念に思いました。
けっきょく実際にはやぶさが帰ってきた日のニュース映像や報道されたエピソードなどで補完しつつの鑑賞でないと、置いてかれる人も多いのかもしれませんね。
ますます興味が遠のいてしまわれたかもしれませんが、それでももし機会があれば『はやぶさ/HAYABUSA』のほうもぜひ!
こっちのほうが断然わかりやすく、また人物ではなく「はやぶさ」そのものへの共感がわくと思いますよ。
SOAR
2012/02/24 00:04
>Hiさん
宇宙のシーンなどテレビでは表現しきれない大きなスクリーンならではの迫力はあったかな。
神社のシーン、たしかによかったね。
SOAR
2012/02/26 14:29

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『はやぶさ 遥かなる帰還』・・・順繰り SOARのパストラーレ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる