ひまわりは本当に太陽を追うのか?

9日、11日に掲載した写真、そのつぼみが12日に開花しました~♪4本の中でまずは第一号!草丈145cm(その後少し伸びた)、花径17cm。う~ん、このサイズは必ずしも満足ではないのだが、発芽から成長初期にかけて肌寒かったこと、そして梅雨の後半は陽射しも少なく連日の雨模様であること、さらには鉢植えであること、これらを考えればまずまずの成長ぶり。「よくぞ咲いてくれた」って思わなきゃね。大きさについては、葉は大きく茎は太く成長中の地面植えのほうに期待しよう。

『ひまわりの花が太陽の動きを追いかけるというのは間違い』ってなことを先月21日のブログで書いた。同時に『まったくのウソでもない』とも書いた。きょうはそのへんのお話を。

結論から言うとひまわりの花の向きは、固定したままで動かない。しかしひまわり畑を訪れたことのある人なら、ひまわりたちがみんな同じ方向を向いてる光景をご覧になったことと思う。同じ方向・・・つまりその場所において最も日光を受けられる方を向いて固定しているのだ。
その方向を探り当てたのは・・・そう、花ではなくつぼみ。太陽を追いかけるのは開花前、つぼみの段階ということ。

今年の我が家のひまわりは鉢植えもあるので、ちょっと実験をしてみた。きょう写真で紹介した他にもう1本、つぼみが大きく膨らんでいる鉢植えがある。このつぼみは30~40度程おじぎしているので、先日これをちょっと意地悪して、鉢ごと家の壁に向けてから出社した。夕方帰宅すると案の定反対側、すなわち日の当たる側におじぎし直してる健気な姿が・・・。
一方写真のひまわりも、開花後同じように壁に向けてから会社へ行ってみた。帰ってみたらそのまんま壁をじーっと向いてました。(笑・・・じゃないな。ひまちゃん、ごめんよう)

この実験により、太陽を追うのはつぼみの頃で、開花後は太陽を向いて固定するというのが実証できた。そしてこれこそが、ひまわりが漢字で「向日葵」と表記される所以なのである。

この記事へのコメント

エンジェル
2005年11月13日 02:09
知りませんでした!!

へぇボタン 100回くらい押しちゃいました。

この記事へのトラックバック