進化を遂げた(?)開かずのダンボールたち

引越して3ヶ月が過ぎるというのに、恥ずかしながら開かずのダンボールが未だ多数・・・。そして始末の悪いことに箱詰めのままでやりくりするクセがついてしまった私。困ったものである(^_^;)

そもそも箱詰め作業の際、開梱時に楽なような工夫をした。
各ダンボール箱に通しナンバーを付け、底面を除く5面にその数字を書き込んだ。これならどのように運び込み、またどのように積み上げても何番の箱かすぐわかる。
そして何番の箱に何が入っているかを、箱詰めしながら記録しリスト化した。これがレポート用紙9枚。詰めながら「○○のCD」とか「押入れ上段の○○」とか「4畳半の机周辺のもの」とか、時に細かく時に大ざっぱに、とにかく自分にわかりやすく書いていった。余計な手間がかかったが、あとで絶対楽だからと妙にがんばったっけ。

これが裏目に出た。
居室の一部屋にダンボールを運び込んであるのだが、正確ににいうと“開かずのダンボール”ではなく“一度開けたダンボール”ということになる。ただしこれはいわゆる荷解きの形にはなっていない。
私の行動の一例をあげるとこうなる。

「あ、あれ出さなきゃ。どこだっけな~♪」とこの部屋へ。目に付くところにファイルされた前述のレポート用紙があるのでそれをペラペラっとめくる。
「お、24番か。さて、24番の箱はと・・・24・・・・あ、あったあった」と24とマジックで記された箱を開け目的の物を取り出す。

問題はここからである。
使い終わったその物を、おバカな私はご丁寧に24番のダンボールへ戻してしまうのだ。完全にそういう癖がついてしまった。

つまり荷解きをし適切な各所に配するという面倒を省略する術・・・すなわち、この部屋を倉庫ないし物置と位置付け、各ダンボールをそれぞれ収納ケースにある意味進化させてしまったわけだ。

画像
見て見ぬふりする開かずのダンボールなんていう方も多いと思うが、私の場合はそれより質(たち)が悪い。

この手法が確立してしまう前にどうにかしなければ・・・。(ってどうにかしろよ自分!)

この記事へのコメント

manbou
2006年01月15日 17:46
こんにちは。トラックバックありがとうございました。
ダンボール、番号でとても整然と整理なさっているので、すごいです!
私は直接部屋の名前を書き込んでいました。それでも中味がわからなくて、同じく「開かず」ではなく「開いてるけど中味の入ってる」ダンボールです(笑
SOAR
2006年01月15日 21:16
manbouさん、ようこそ♪
引越し屋さんでくれるダンボールには部屋名と中味を書く欄がありますよね。でも新居で並べたり積んだりすると見えにくくなると思ったので、箱には番号だけにしてそれと対比できるリストを作ってみたんです。
この作戦が成功だったのか失敗だったのかは謎ですが・・・^_^;
2006年01月16日 08:43
そうなんだ~片付いているようでそれはそれで大変かも。。荷造りのときに整理しすぎるのもよくないのかもしれないですね(*^。^*)
我が家の引越しは、引越し屋さんに詰めてもらったので、自分で段ボールを開けないとよくわからない状態。だから、ほとんど開けましたよー
2006年01月16日 19:45
そうなんですかぁ。
引越しのダンボールって書き込みが出来るんですね。
引越し屋さんに頼む引越しってしたことがないので、いろいろ段取りを考えないと大変そう。
「必要ないかもBOX」が、そのままほって置かれる可能性大ですね。
SOAR
2006年01月17日 00:11
海にゃんさん、こんばんはー♪
そうそう、ポイントはそこなんですよ!引越し屋さん(=他人)が詰めると、開けてみなくちゃわからないですよね。だから言わば強制的に整理が進む。
私の作戦は想定外の事態を招いてしまいました~(ToT)
SOAR
2006年01月17日 00:19
我が家のお花・・・さん、こんばんは♪
そちらへのご訪問がなかなかできずスミマセン。
あ、「必要ないかもBOX」、これ必要ないです(笑)
ここにコメント頂いているmanbouさんや海にゃんさんもそれぞれのブログで書かれていますけど、引越し前はとにかくゴミ捨て!「必要ないかも」って感じた品々は思い切ってじゃんじゃん処分したほうがいいですよー。私も引っ越し直前は自分ちのゴミで集積場所を独占状態でしたもん(^^ゞ

この記事へのトラックバック