ありがとうトレニア

夏に青々としていた葉や茎が紫がかってきてからも頑張って花をつけてくれてたトレニア。

正直見栄えもかなり悪くなってたし、庭の景観の事を考えればもうとっくに抜いて処分する頃らしいのだが、せっかくまだ寒さにめげず咲いているのだからと12月に入ってからも放置し続け温かく見守ってきた。
そしてついに最後の花が終わったのが先週のこと。殺風景だった新居の庭を最初に彩ってくれた花でもあるトレニアに感謝しつつ、茂りに茂ったすべての株を引き抜いた。庭のその一角がずいぶんすっきりとしたが、一抹の寂しさも・・・。

しかし、ここにはたくさんのこぼれ種が来年の夏にまた繁茂すべく静かに眠っているはず。また君たちに会える日を楽しみにしてるからね。

初夏から晩秋にかけて、我が家の庭にさわやかな風景をありがとう( ^-^)

☆過去のトレニアの記事はこちら☆
 7/28 トレニアがそろそろ咲き始めそう(^^♪
 8/13 この夏はトレニア
 9/10 トレニアの繁茂

この記事へのコメント

亀子
2006年12月18日 09:33
あれ~!?引っこ抜いたトレニアの画像はないの~?(笑)
来年また会えるのですね~
生えてきた芽を雑草と間違えて抜かないようにしてくださいね~
2006年12月18日 14:50
トレニアは、こぼれダネで咲いたことないです(悲)たぶん、見苦しくなる前(笑)に、抜いちゃうからタネがこぼれないんだろうなぁ~。手のかけすぎも良くないですね。
SOAR
2006年12月18日 19:11
亀子さん、こんばんは♪
ふっふっふ、雑草と間違えることはないのだ~。
初めて芽を見た今年、もちろんそのときは雑草かどうかわからなかったので定期的にそのあたりの写真を撮っていたんです。つまりさかのぼって写真を見ればどれがトレニアの芽か一目瞭然なんです~(^^)v
SOAR
2006年12月18日 19:14
ちゅうさん、こんばんは♪
夏の間も新しい花が次々と咲くわけだから、見苦しくなる前から絶えず種は落ちてるはずですけどねえ・・・。
雨に流されやすいロケーションだったりしたのかな?
2006年12月22日 09:19
種が付くと、そっちに栄養がいっちゃって花が咲かなくなるので、花がらはまめに摘んでしまうんです。今年は、のびのびしたら、見えにくい場所に植え替えようかなぁ。
SOAR
2006年12月24日 17:31
ちゅうさん、こんばんは♪
開花期間の長い花の場合、花がら摘みは宿命ですからね。ただ少なくとも今年の我が家のトレニアに関しては、マメに摘まなくても花つきはすごく良かったです。
あくまで今年の我が家の場合ですが・・・。(一方現在咲いているビオラはせっせと摘まないと花つきが悪くなっちゃいます)

この記事へのトラックバック