階段と手すりと麻丘めぐみ(?)

先日「我が家のお花&アクアリウム」のちゅうさんが新居の階段について書かれているのを拝見して、自分が家探しをしていた頃を思い出した。(ってまだ2年も経ってないケド・・・)

階段は家の中でも代表的な危険箇所だ。そのため間取りや日当たりだけでなく、階段の構造についても自分なりに条件付けをして物件めぐりに臨んでいた。しかし条件の一つである「回り階段の折り返し部分は踊り場であること」は早々に断念。少なくとも私が見て回った分譲住宅では、ほとんどが折り返し部分もその前後(上下?)と同様の段々がある構造だったのだ。方向が180度切り替わるこの部分は平らな踊り場となっているほうが、もしもの時にも安全だと聞いていたのだが注文住宅でないとなかなか難しいのかもしれない。

そんなわけで踊り場については妥協を余儀なくされたかわりに、絶対譲れない条件を新たに決めた。それが「手すり」の位置。

「回り階段を降りるときの外側にあること」

しかし当初は降りるときの利き手側がよいという説を優先していて、これに悩んでいたこともあったっけ。

一般的には右側なんだろうけど左利きの私はどうしたらいいのだ???(笑)

幼少の頃、麻丘めぐみの「わたしの彼は左きき」にドキドキしピンクレディーの「サウスポー」に元気をもらったこの左利きが、人生最大の決断時において悩みの種になろうとはっ!(ってそれは大げさ過ぎだろ)

そんな時注文で家を建てたばかりの同僚からもらったアドバイスが、この外側説だったのだ。

よく言われる「利き手」も大事だけど、回り階段の場合は内側か外側かのほうが重要だよ。

こう教えてくれた彼の説明に今ひとつピンと来なかった私も、実際にそれを意識しながらいろんな階段を降りてみるうちにはっきりとわかった。手すりは内側より外側にあるほうが安心して降りられるということを。回り込んでいく部分の数段は内側のほうが狭い三角形の踏み板となっているため、内側を伝っていくと踏み外しやすいのである。
これは「利き手」より優先すべき条件だと確信してから今の家にめぐり合うまでは、今思うとあっという間だったような気がするなあ。

画像

ちなみに我が家は右回りに降りていくので、その外側ということで左の壁にそって手すりが設置されている。そう、結果として利き手側に納まったわけだ。

♪わったしっのわったしっの彼っは~ (じゃんじゃん) ひっだりっきっき~♪(^o^ )
♪わ~たしピンクのサウスポ~♪(≧∇≦)

この記事へのコメント

2007年01月29日 09:01
お~っ!久しぶりにSOARさんのお家見せていただきました。きれいです♪
我が家の階段は折れ曲がってはおらず、落ちる時は一直線です。手すりも左側に付いてます。危ないかも??
亀子
2007年01月29日 11:59
SOARさんは左利きでしたか~
でも、今回の話 とても参考になりますね~
(ってウチは家を建てる予定も、まったくありませんが・・)
そういうことまで、考えてるなんて
さすがです!!

むか~し、住んでた家は古くて手すりも無く、まっすぐで落ちたら玄関の土間に一直線でした。今思うと怖い家~(笑)
2007年01月29日 18:34
外側ですねぇ~。蹴上げを低くすると、どうしても段数が増えるし、そうすると広い踊り場が作れなくなるんでしょうね。
「私の私の彼は~、高木ブー」てTVの物まねででやっていたのが、頭をグルグルしてしまいました(笑)
2007年01月30日 14:31
おおっ、左利き仲間ですね。
私は幼少の頃矯正されたので、隠れ左利きです(お箸や鉛筆は右)。
「私の彼は左利き」とか「サウスポー」とか……な、懐かしすぎますっ!
ちなみに、実家の階段は、曲がるところが踊り場ではないですが(たぶんSOARさんちみたいな感じ)、かつて上から落ちたとき、その曲がるところでちゃんと止まりましたから、大丈夫ですよ(何が
SOAR
2007年01月31日 00:40
みなさま、こんばんは♪
某大手ハウスメーカーのHPによると、踊り場のない回り階段よりは直階段のほうが安全性は高いとあります。
踏み外しによる転落事故は回り部で発生しやすいということなんでしょう。(>海にゃんさん、亀子さん)

ただし上のほうから転落した場合のダメージは大きくなりますから、ベストなのは踏み外しが起きにくい踊り場がある回り階段ということのようで。(>ちゅうさん、manbouさん)

ただ、降りるときばかり想定しているのも考えもののような気がするんですよ。
降りるときって案外慎重になるかわりに、昇るときは平気で駆け上がったりなんてこと、ありますよねぇ(^^ゞ

この記事へのトラックバック