アイビーの復活

一年ほど前にミニ観葉として購入したアイビー(ヘデラ)、プテリス、アジアンタム。暖かい時季にそれぞれ一度植え替えを行った結果もはやミニとは呼べない株に成長し、アイビーは玄関先に、プテリスとアジアンタムは浴室にと、存在感を発揮してくれそうな場所に先月初旬より移動させていた。

で、そのアイビー。いきなり冬の屋外に出したためかほんの数週間で葉が見苦しく変色し、かなりの枚数が落ちてしまった。あわててリビングに避難させたものの、せっかく長く伸びた数本のつるはところどころ葉の無い無残な姿に・・・。

ところが!葉の落ちた節からはもう新しい葉が出ることはないものだとがっかりしていた矢先、今度はその節々からちゃーんと新しい葉が続々と出始めた!

なあんだ、そういうものだったのか~。いやあ知らなんだ。しかもうれしいことに葉の落ちてない節のあちこちからも新芽が顔を出しているし、つるの先端も伸び出した。一度ある程度の葉が落ちたことと、戸外から暖かい環境に移ったこととで成長が促されたのかもしれないなー。

画像


画像

この記事へのコメント

2007年02月13日 19:00
植物は、気温の急激な変化で、葉が落ちることがありますね。でも、アイビーは強いです。水につけてあるだけで、根が生えてきますからね。室内にグリーンがあるのは、気分がいいですよね。
SOAR
2007年02月13日 22:41
ちゅうさん、こんばんは♪
はい、家の中にグリーンがあるのってほんと気分がいいです。これは単に気持ちの問題だけでもないんだそうですね。科学的にもいろいろと裏付けがなされているって何かで読みました。
2007年02月14日 23:02
アイビーは好きですねー。
蔦だから生命力も強くて、どんどん育っていくんでしょうね。
植物の新芽を発見すると、とてもハッピーな気持ちになります。
我が家でも、引っ越しのときにいただいた胡蝶蘭、もう瀕死だと思っていたのに、新しい花芽が出てきました^^
亀子
2007年02月15日 13:33
意外と植物は丈夫なので、よほどのことが無い限り?復活しますよ。(といいつつ、結構ダメにしたものもあるけど)

いいなー。緑を浴室におけるなんて。
ウチの安普請マンションは、いわゆるユニットなんで窓もありませんし。
トイレも同様で切花を飾るくらいしかできません。。。。

家中、ジャングル化には要注意!(笑)
SOAR
2007年02月15日 23:57
manbouさん、こんばんは♪
ほほう、洋ランですかあ。私には敷居が高い気がして手を出してません(^^ゞ
ダメだと思っていた植物に新たな芽を見つけたときのうれしさは格別ですよネ♪
SOAR
2007年02月16日 00:01
亀子さん、こんばんは♪
戸建てとマンション、それぞれメリット・デメリットがあるかと思いますが、戸建てのほうが確かに窓は多いですよね。
はい、わかりました。窓辺に片っ端からグリーンを配置することは控えようと思います(笑)

この記事へのトラックバック