朝を告げる使者 メジロの訪問

朝、聞きなれない鳥の鳴き声に起こされた。

二階の窓をそおっと開け、お隣の大きな柿の木を観察する。

・・・いた!メジロだ♪

画像

          EOS30D / EF70-200mmF2.8L USM / 絞り優先AE F4.0

窓越しのすぐ近くの枝でピーチクピーチクにぎやかにさえずっていたメジロは、私がカメラを準備する間ちゃんと待っていてくれて、その後きっかり3枚撮影したところで薄曇りの空へ消えていった。

この記事へのコメント

2007年09月24日 07:52
おはようございます!
小鳥も用心深くてすばしこくて写真に撮るのが難しそうですよね。このメジロは律儀にSOARさんがカメラの準備をするのを待っていたなんて撮ってほしかったのかな(笑)
それにしても本当に目の周りが白くて「メジロ」ですね~(と妙なことに感心してしまう私でした)
SOAR
2007年09月24日 18:00
spicaさん、こんばんは♪
そうなんですよ。すばしっこいのなんの!待っていたといってもこの枝でじーっとしてくれてたわけではなく、近くの枝を行ったり来たり・・・。
あ、メジロは英名も“White-eye”なんですって♪
2007年09月25日 15:26
すご~。野鳥の写真がきちんと撮れているなんて。
SOARさんが、そ~っと歩み寄るのが想像できました(笑)
SOAR
2007年09月25日 19:26
ちゅうさん、こんばんは♪
歩み寄るというよりベッドの上を膝立ちで窓まで前進なんですがね(笑)
寝室の東側の窓を開けるとそこはまるで雑木林の世界なんです。特にこの柿の木は実がなると野鳥天国になりますよ~♪

この記事へのトラックバック