アグラオネマの古い葉、新しい葉

アグラオネマの葉がちょうど新旧交代の季節を迎えている。

熱帯アジア原産ゆえ冬になるとどうしても外(下)側の古い葉から黄変し枯れてくる。これはしょうがないことなんだけど、今年はその枯れ落ちる葉の数が例年の3倍くらいと大量で、実はかなり心配していた。
でもそんな心配は要らなかったようで、ここへきて新しい葉がどんどん展開し始めている。

画像

              FinePix E550/ 絞り優先AE F2.8(開放)/ +1/3補正

絞りを開放にしたうえでプラスの露出補正を少しだけかけ、レース越しの陽光の中、浅い被写界深度の外で完全にボケる黄変した古い葉と、中央で巻かれた状態から今まさに開かんとする淡い緑の新葉とを撮ってみた。
・・・そういや「満月」以降EOSの出番ないな~(^^ゞ

アグラオネマは室温10℃が管理上のボーダーライン。ずいぶん暖かくなってきたが、夜間から明け方にかけてこれを下回る日がもうないとは言い切れない。
画像
我が家に10種ほどある観葉植物のうち唯一夜間の寒さ対策をしているのがアグラオネマ。
毎晩寝る前に施す発泡スチロールとダンボールを利用したこの防寒措置も、もうしばらく続けることにしよう。

この記事へのコメント

2008年03月12日 22:22
室内でも、防寒してもらっているなんて、すごい過保護ですね~。
観葉植物って、水の加減がいまいち良くわからなくて、困ってしまいます。
SOAR
2008年03月13日 22:49
ちゅうさん、こんばんは♪
過保護疑惑浮上!
というわけであらためてあちこち調べてみたところアグラオネマの冬の防寒は基本のようなので、ひとつ大目に見てやってくださいまし~(^^)
2008年03月14日 16:58
ほんとに、室内でも防寒対策をするのですね。えらいデス!写真で見ると、緑と赤のコントラストが綺麗。インテリアに良さそうです。でも実物をご覧になっている、ご家族は何て言っているのかしら?
SOAR
2008年03月14日 20:11
里の花鳥子さん、こんばんは♪
えーと。赤・・・ですか!?
たまたまあったスーパードライの空き箱利用でして、ちなみに反対側はサントリーダイエットの箱なので青と黄です(^^ゞ
実際には別のダンボールで蓋もしちゃいますから夜間は姿が見えません。さらには独り者ゆえ家族は・・・(笑)
2008年03月15日 15:24
ごめんなさい。失礼な事を書いて。
年齢が分からなかったものですから。
SOAR
2008年03月15日 19:02
里の花鳥子さん、こんばんは♪
失礼だなんてとんでもないですう。
お気遣いありがとうございます(^-^)

この記事へのトラックバック