驚愕のシマトネリコ(伸びるのが速いんだってば!)

夏の気候にダメージを受けたヒメシャラとジャノメエリカとは対照的に、枝葉をぐんぐん伸ばし青々と元気いっぱいのシマトネリコ。今年初めにポットの苗木を購入春先に庭へ植えつけたこの常緑樹の勢いが止まらない。

画像

現在の高さ130センチは植え付け時のほぼ2倍である。初夏の頃までは高さばかり成長して風の強い日に揺れる様など危なっかしくて見てられなかったものだが、夏も終わろうとしている今では幹の太さもそれなりにたくましくなってきた。また横方向、つまり枝張りの具合もいいので樹形もずいぶん整いつつある。

シマトネリコの成長はヒメシャラにとっても好都合。現在ヒメシャラが軽い葉焼け状態になっているのは真夏の強烈な西日を浴びたせいだが、シマトネリコの植え位置はこの西日をさえぎる絶好のポジションなのだ。もっとも今夏はまだ背が足りなかったけど、来年の夏までにヒメシャラを西日から完全にガードするだけのサイズに育つ可能性は高い。

メインのシンボルツリーはあくまでヒメシャラ。新築一周年の記念樹として選んだその意味合いは私にとって永劫不変である。しかし我が家を訪れる人の目にまず留まるのは今やシマトネリコのはず。まだヒメシャラのほうがはるかに高さがあるものの、主観客観を問わずその存在感が逆転するのも時間の問題かもしれない。

この記事へのコメント

2008年09月29日 21:07
きましたね~。充分、冬の庭でも耐えられるサイズですね。
我が家では、何度かアオムシの襲来を受けているので、たまに点検して見てください。

SOAR
2008年09月30日 00:27
はい、きましたよ~師匠!
年内2倍という師匠の予言がほぼ確実となりました!
正確には2倍の134センチまでもうチョイなんですが(^^ゞ
アオムシ、今のところ被害はないようです。いつもご指南どうもです~♪

この記事へのトラックバック