庭の片付けとガーデンシクラメン

連休はガーデニング三昧。映画や写真撮影に出掛けようという思いもないことはなかったが、まあ秋晴れの空の下で久々に庭での土いじりに没頭するのもよかろうということで。

まずはトレニアの片付け。トレニアは例のオーガニックガーデンのボスキャラ(笑)的存在である。まだ花を咲かせているのでかわいそうな気もしたが、早めに処分しないと大量のこぼれ種が落ちることとなり、来年さらにパワーアップしたオーガニックガーデンと戦うことになるのは必至なので思い切って・・・・・思い切って・・・・・・・思い切って全体の半分ほどを片付けた。(←思い切ってないじゃん!)

トレニアを片付けていたら忘れかけてたダイアンサスが出現!!(おいおい)
これウソみたいなホントの話で、4月に植えつけたダイアンサスの区画が旺盛に繁茂するトレニアに埋もれてしまっていたのだ。それでも健気なこの妖精たちは黙々と株張りに精を出していたようで立派な株に成長していた。
ううう、ごめんよう、ダイアンサスたち。
夏の間は花をお休みしていた四季咲きの君たちにいよいよ出番が回ってきたよ。さあ、じゃんじゃん咲いてね♪

2年目のブルーサルビアも処分。冬を越して芽を出し初夏の頃までは順調に成長していたのだが、真夏になるときちんと直立できずその後はあまりきれいな姿にならなかったので、今シーズンでお別れすることにした。去年と今年、二回の夏に爽やかなブルーをありがとう!

メランポジウムベゴニアはまだ花付きがいいので残したものの、各鉢花も終焉を迎えつつあり夏の庭はぼちぼち終了。となるとそろそろ準備を始めたくなるのが秋植え球根、そしてパンジービオラである。
今年は某メーカーのビオラに気になる新色があるので、昨日偵察がてら園芸店巡りも敢行した。残念ながらお目当てのビオラはまだ出回ってなかったが、最初に立ち寄ったお店で大々的にコーナーを作って売り出されていたとある花にフラフラと惹きつけられ、気付くと4株お買い上げ~(^^ゞ

ガーデンシクラメン。去年は興味を持ちつつけっきょく時期を逃してしまったこの花。ちょうど出掛ける前に見た趣味の園芸で取り上げていたせいもあって、衝動的にほしくなっちゃったんだな。

画像

           FinePix E550/絞り優先AE F3.6/ISO80 (トリミング)

背景に写る黄色はメランポジウム。両者の競演が楽しめるのもあと一ヶ月くらいだろうか。
季節の移ろいとともに草花たちも主役の座を順々に交代していくんだね(^^♪

この記事へのコメント

亀子
2008年10月14日 12:43
わ~~♪まさにガーデンですね(意味不明)

ウチの数年物のシクラメンはようやく夏の眠りから覚めて、葉っぱが茂りだしたところです~
花がつくのはいつになることか・・・。

そろそろ冬支度しなくっちゃ(って、ベランダの鉢だからたいしたことないんだけど・・汗)
SOAR
2008年10月14日 23:30
亀子さん、こんばんは♪
数年物ですか~!
いつも思うんですが、亀子さんすごいですよね。
夏の花の冬越し、冬の花の夏越し、どちらもきちんとこなしていらっしゃる。さすがです!

この記事へのトラックバック