隣家のモッコウバラ

お隣のモッコウバラが満開を迎えた。伸びたつるの一部が境界フェンスを越えて我が家の敷地に侵入していて、それをお隣さんがしきりに気にされるのだが、その都度「かまわないですよ」と答えている。

だっておかげでこのかわいらしい花を楽しめるんだから♪

画像

ということで、この写真を撮るにあたり一応お隣の許可をもらったが、撮影場所はもちろん我が家の敷地である(笑)

この記事へのコメント

2009年04月22日 21:34
こんな境界なら、嬉しいですね~。しかも、きれいな花房!お写真を撮って差し上げたら、喜ばれるのでは。
我が家は、お隣さんの畑から、雑草の種がびゅんびゅんやってきています(苦笑)
SOAR
2009年04月22日 21:51
ちゅうさん、こんばんは♪
我が家の裏手なので、このモッコウバラのおかげで寂しい雰囲気が華やかになってるんですよ。大歓迎です。
むしろお隣さんには、我が家の庭にまで実を落とす柿の木の剪定のほうを強く望みます!(笑)
リコリン
2009年04月24日 14:49
おいしいですね~♪
自分は育てなくてもかわいい花が見られるなんて~。
この淡い黄色がたまらなくかわいいんですよね、モッコウバラって。

以上、勤務中の休憩時間にコメントいたしました。(上司に見つかったら大変だわ~)
SOAR
2009年04月25日 17:15
リコリンさん、こんにちは♪
両家の境界線上にこのモッコウバラがあることで、防犯上の効果もあるみたいです。
この写真、わざと薄曇の日に撮ってみたのですが、ふんわりとソフトな感じになりました。
(おやおや、職場でのネット、ほどほどにね~)

この記事へのトラックバック