『ディア・ドクター』・・・自分を偽る嘘と他人のための嘘

“その嘘は、罪ですか。”

山あいの小さな村。診療所の医師伊野(笑福亭鶴瓶)が村民たちに隠してきた重大な秘密。嘘。最初に提示した本作の宣伝文句の問いに答えるなら、これはれっきとした罪である。人の命を預かる医療の現場において、伊野の犯し続けた行為は断じて許されるものではない。
しかし無医村にやってきた彼の存在が住民たちにとってどれほど心強いものだったかを考えたとき、これを罪とし罰するには少々忍びない思いもあって然りである。(もちろん安易な感傷から許すべきではないのは百も承知だが)

この相反する捉え方は我々観客が感じる以前に、作り手にとっても作品の方向性を決める大きな要素だと思う。捜査のため村を訪れる二人の刑事(岩松了・松重豊)の視点を用いての断罪路線もありだし、あるいは裏切られたことに動揺する住民たちがそれでも伊野をかばおうとするお涙頂戴路線というパターンもあろう。

ところが西川美和監督はそのどちらへも傾けず、基本的にグレーなまま意外なオチへと持っていく。ふつう物語というのは善悪白黒ハッキリしたほうが気持ちいいものだが、そこはあいまいなままとし登場人物たちの心理描写や端的な会話によって観客側に判断を委ねつつ見せていく本作に不思議と違和感は感じなかった。

看護師大竹(余貴美子)、研修医相馬(瑛太)、薬品営業マン斎門(香川照之)、患者かづ子(八千草薫)。この4者の伊野との関わり方が絶妙。伊野の秘密を知っていた大竹、ある程度知っていた節のある斎門、そしてまったく知らなかった相馬とかづ子。演じる各俳優がその微妙なポジションをきちんと把握し、受ける鶴瓶もそれぞれに対し違った表情を巧みに演じわける。
また伊野失踪後の事情聴取で大竹、相馬、斎門、かづ子が刑事たちに話す内容においても監督の脚本の上手さが光る。特に相馬の言葉は非常に興味深く、伊野の秘密を知らないままに彼を慕い僻地医療に身をささげようとまで思った若者の複雑な心理状態の表現は、瑛太の演技のすばらしさもあって見事だった。

「もし伊野が戻ってきたら村人はどうするんだろうな・・・。案外袋叩きに遭うのは俺たちなんじゃないか?」

相馬の話を聞きながら刑事の一人がぽつりとこうつぶやく。このセリフもまた実に深い。もしかしたら村人たちは伊野の秘密のことなどとっくに気付いていたのではないか。相馬や村長(笹野高史)の態度には自分の保身が表れただけのことで、伊野への直接的な怒りなど彼らには微塵もなかったのではないか。村にとって伊野はどうしても必要な存在だったのではないか・・・。刑事のこの一言にそんなことまで考えてしまった。

胃を患うかづ子が都会で医師となった娘りつ子(井川遥)に心配をかけたくないという思いを汲み、偽の胃カメラ写真まで用意する伊野。毎晩癌に関する医学書を読みあさり、かづ子の家へと往診する彼の姿が切ない。帰省したりつ子が母に処方された薬に疑問を持ち伊野を訪ねるのだが、りつ子の詮索を何とかかわした伊野にもはや嘘をつき通すだけの精神力はなかった。

ラストは正直驚いたが、かづ子の笑顔がすべてを物語っているのではないだろうか。向かい合う伊野の表情ははっきりと見えない。しかしそこに浮かぶのは、かづ子の家のキッチンで不器用に大葉を刻み、食事を共にしながら野球中継に見入ったあの穏やかな笑顔だったに違いない。

原作と脚本を自分で手掛ける監督が好きだ云々を以前どこかに書いた記憶がある。西川監督もまたそんな一人だ。先日NHKのトップランナーに出演した折、“他人の脚本で撮ることは今後もないしそもそも自分には出来ないこと”といった趣旨の話をされていて、そのときの彼女の凛とした瞳がとても印象的だった。

さて、西川美和といえばやっぱり是枝裕和である(強引だけど・・・)。
私は是枝監督の原作・脚本も大好きで、昨年の『歩いても 歩いても』の余韻が未だ覚めずに残っているのだが、カンヌで好評を博した『空気人形』で、彼が自分以外の原作をどう脚本しどう見せてくれるのか、秋の公開が今から非常~に楽しみなのだ♪

 ★『ディア・ドクター』公式サイト

この記事へのコメント

mig
2009年06月30日 23:15
SOARさん
こんばんは。

>かづ子の笑顔がすべてを物語っているのではないだろうか。

本当、そうですね!
やっぱりやってきたことは犯罪でも、心が通っていれば違いますよね。
なかなかあまりないテーマでみせてくれた作品だと思いマス。
わたしも是枝監督の「空気人形」楽しみです。
「誰も知らない」好きなので。^^
SOAR
2009年07月01日 22:39
migさん、こんばんは♪
あのラスト、私の好みではないのですが(汗)、まあそれでも作品としては非常にいい感じでした。気になる監督さんがまたひとり増えましたよ。

「誰も知らない」で是枝監督を知りファンになりました。「空気人形」待ち遠しいですね。
2009年07月03日 23:54
SOARさん、こんにちは~♪
西川監督が繰り広げるグレーな世界は独特ですよね。
またもや揺れてしまいました。
犯罪だとは思っても、なんだか責めきれない。
「空気人形」は私も楽しみです。
なんせオダジョーがチラッと出ているので(オイオイ!)
2009年07月04日 09:36
許される罪ではありませんが、
その姿勢は、村人達に伝わっていたことでしょうね。
SOAR
2009年07月04日 23:36
ミチさん、こんばんは♪
実は私、西川作品初めてだったんですよー。こうした世界観は彼女特有なんですか。本作のレビューで多くのみなさんが引き合いに出されている「ゆれる」は近いうちに観ておこうと思ってます。
「空気人形」オダジョー出てるのは知らんかった。さすがオダジョー通のミチさん!
SOAR
2009年07月04日 23:39
まりっぺさん、こんばんは♪
伊野がどんなにいい人だったにせよ、無資格での医療行為は断固許されません。
ただ、村人たちに笑顔で接したり話し相手になったりしていたことは、村にとって救いだったに違いないですね。
2009年07月07日 17:33
本来ならカンタンに描かれるはずの、伊野とは直接関係ない刑事さんたちのセリフまで、実は凝っているというあたり、監督の脚本の巧みさが伺えますよね。

次回作も楽しみです。
2009年07月08日 14:45
こんにちは~
インパクトある作品でしたね!

>もしかしたら村人たちは伊野の秘密のことなどとっくに気付いていたのではないか

私もそんな気がしてなりません。
それでもやっぱり必要な存在だったんですよね。
又無医村になってしまったあの村、相馬が残ると期待していたのですが・・残念でした。
SOAR
2009年07月09日 23:52
にゃむばななさん、こんばんは♪
伊野失踪後のパートは刑事たちの行動や発言に“引っ張らせる”わけですが、一見安易なこの手法が西川監督の手に掛かると見違えってしまいますね。
自身の原作を脚本する・・・これが出来る監督さんの作品はやはり違うなあと思います。
SOAR
2009年07月09日 23:52
hitoさん、こんばんは♪
この作品、裏を読もうとするといろんなパターンが見えてくるような面白さも含んでいるように私は思いました。
村人や相馬の態度、そしてあのラストさえもいろんな風に読み取れますよね。もしかすると相馬の本心は・・・。
いやあ深い作品でした。
なな
2009年08月30日 23:47
こちらにもお邪魔します。

人間そのものが実は善悪のものさしでハッキリと線引きできるものではないのかもしれませんね。そのことを監督はよくわかってて(若いのに老成してますね)こういう灰色の物語を好んで作られますよね。
私も,相馬医師は実は伊野に対する思いは真実を知っても,そんなに変わらなかったと思ってます。刑事の手前,ああいう発言と態度を演じてみせただけで・・・。伊野のついた嘘が心情的には「赦したい」ものであったとしても,犯罪になる限りは,おおっぴらにかばうわけにはいきませんし,きっと自分が相馬たちの立場になっても同じ反応をしたのかなぁと思いました。
SOAR
2009年09月01日 23:32
ななさん、こんばんは♪
西川監督の見た目可愛らしい雰囲気とこうした作風が頭の中でなかなか一致しません(笑)

皆さんの感想をいろいろ読ませていただいて、相馬の態度の変化をどう読み解くかで観た人の印象が分かれる作品だと思いました。
もちろん正解はないし、そのグレー感こそがまた監督らしさなんですがね。
ただ、ななさんと同じで自分を相馬の立場に置き換えると、やはりあの反応になったかなとは思います。
2009年09月10日 08:44
やっとという地まで来ました。
楽しみにしてたんですよ。
で、期待にたがわず、うまかったですね。
さすがです。
自分の作りたいもの、生み出したいものと、描き出されてものに、一切にぶれがない。完全に彼女を世界を作り出してるスタンスはお見事でした。
どうやったら、あんなに人の気持ちをゆさゆさと揺さぶることができるのか・・・。どこか、ねたみもありますわ。
嘘をつき通す精神力もそうでしょうが、私にはかづ子をなんとかしたかった。毅然と看取る自信がなくなって行ったのかなと思いました。
2009年09月12日 21:19
↑当地の間違いです。
すんません。
急に忙しくなったのは、この映画の音楽を担当しているバンドのコンサートを、急遽やることになりまして、目が回ってます。
西川美和監督のお気に入りだそうですので、なんか楽しみ。
SOAR
2009年09月13日 08:14
sakuraiさん、こんにちは♪
派手なアクションや音響、突飛なストーリーなどに頼らなくても、こんなに心をつかみ揺さぶることができるんですね。
やはり西川監督は是枝監督に通じる物を間違いなく持っているのでしょう。

医者として接していたかづ子をなんとしても救いたいと思った結果が、彼のあの行動につながったんですよね。

え!目が回るほどお忙しいのは、そのコンサートを主催する側になられてるってことですか!?
すごいなあ!!お仕事もあるでしょうし、がんばってください!

この記事へのトラックバック

  • 『ディア・ドクター』 (2009)/日本

    Excerpt: 監督・脚本・原作:西川美和出演:笑福亭鶴瓶、瑛太、余貴美子、井川遥、香川照之、八千草薫試写会場 : 京橋美学校公式サイトはこちら。<Story>山あいの小さな村で、唯一の医者として人々から慕われていた.. Weblog: NiceOne!! racked: 2009-06-30 21:10
  • ディア・ドクター

    Excerpt: 『ゆれる』に西川美和監督作品。主演に落語家の笑福亭鶴瓶を迎えたオリジナルストーリーです。共演は『ガマの油』、『余命一ヶ月の花嫁』の瑛太、『おくりびと』の余貴美子、最近では瑛太と同じく『ガマの油』に出.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2009-06-30 21:17
  • 【映画】ディア・ドクター

    Excerpt: ▼動機 待ってました!今年一番の期待作。 ▼感想 絶対的な別格扱い ▼満足度 ★★★★★★★ べっかく ▼あらすじ 村でただ一人の医師、伊野(笑福亭鶴瓶)が失踪する。村人たちに全幅の.. Weblog: 新!やさぐれ日記 racked: 2009-06-30 22:55
  • ディア・ドクター/ Dear Doctor

    Excerpt: {/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click つるべー主演かぁ.... Weblog: 我想一個人映画美的女人blog racked: 2009-06-30 23:12
  • 映画「ディア・ドクター」@映画美学校第一試写室

    Excerpt:  今回は「Yahoo!映画ユーザーレビュアー試写会」で、沢山のレビュアーさんが招かれ試写室も満席となった。映画上映後には西川美和監督を招き観客とのティーチインが行われた。 映画の話 都会の医大を出た若.. Weblog: masalaの辛口映画館 racked: 2009-06-30 23:49
  • ディア・ドクター

    Excerpt: ●ストーリー●村でただ一人の医師、伊野(笑福亭鶴瓶)が失踪(しっそう)する。村人たちに全幅の信頼を寄せられていた伊野だったが、彼の背景を知るものは誰一人としていなかった。事件前、伊野は一人暮らしの未亡.. Weblog: 映画君の毎日 racked: 2009-06-30 23:52
  • 「ディア・ドクター」感想

    Excerpt: 西川美和監督の最新作「ディア・ドクター」を観てきたので感想。 西川美和監督最新作『ディア・ドクター』公式サイト .. Weblog: ぷりどうぐ racked: 2009-07-01 13:05
  • ディア・ドクター(試写会)

    Excerpt: [ディアドクター] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:5.5/10点満点 2009年58本目(54作品)です。 またしても、週刊誌による試写会の招待券が当選.. Weblog: 必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー! racked: 2009-07-01 23:21
  • ディア・ドクター

    Excerpt: 娘は(5歳)うそつきです。 願望、想像、気を引きたい、私に怒られたくない。 娘の友だちが娘に嘘をつかれ、私に言いました。 「うそ�... Weblog: 映画感想 racked: 2009-07-03 15:20
  • 映画 【ディア・ドクター】

    Excerpt: 映画館にて「ディア・ドクター」 『ゆれる』の西川美和監督オリジナル脚本の長編第三作。 おはなし:村でただひとりの医師、伊野(笑福亭鶴瓶)が失踪してしまった。村人たちに全幅の信頼を寄せられていた伊野.. Weblog: ミチの雑記帳 racked: 2009-07-03 23:51
  • レビュー:ディア・ドクター

    Excerpt: [人情ドラマ][ユーモア][葛藤][インフォームドコンセント][人間交流][実写][邦画][ビスタ][SR] 鶴瓶師匠のハマり度:★★★★★ 葛藤度:★★★★★ ユーモア:★★★★☆ .. Weblog: シネコンバイトまりっぺの映画レビュー日記 racked: 2009-07-04 09:36
  • 「ディア・ドクター」:葛西駅通りバス停付近の会話

    Excerpt: {/kaeru_en4/}しっかし、お稲荷さんて、日本中どこにでもあるな。 {/hiyo_en2/}それだけ、無病息災を祈る人が多いってことなのかしら。 {/kaeru_en4/}お稲荷さんと同じく.. Weblog: 【映画がはねたら、都バスに乗って】 racked: 2009-07-04 10:15
  • 胴上げは、上げられた人に止める選択肢は無い●ディア・ドクター

    Excerpt: その嘘は、罪ですか。   (公式キャッチコピー) 『ディア・ドクター』 ディア・ドクター - goo 映画 山間の小さな村のただ一人の医�... Weblog: Prism Viewpoints racked: 2009-07-04 11:21
  • 『ディア・ドクター』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「ディア・ドクター」□監督・原案・脚本 西川美和□原作 西川美和(「きのうの神さま」ポプラ社刊)□キャスト 笑福亭鶴瓶、瑛太、余貴美子、井川遥、八千草薫、香川照之、松重豊、岩.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2009-07-05 11:51
  • ディア・ドクター

    Excerpt: 『ゆれる』の西川美和監督が笑福亭鶴瓶を主演に、過疎化が進む へき地に赴任している医師を巡って巻き起こる騒動を描いたドラマ。村でただ一人の医師、伊野は数年前に無医村のこの村に赴任し、村民からの 信頼.. Weblog: だらだら無気力ブログ racked: 2009-07-06 01:14
  • 『ディア・ドクター』

    Excerpt: 医者とは何か?流れ作業的に病気と向き合う仕事なのか、それとも患者一人一人と向き合う生き方なのか。僻地医療という社会問題をテーマにしていながら、TVドラマの「Dr.コトー診療所」とは違い、観客に「あなた.. Weblog: めでぃあみっくす racked: 2009-07-07 17:36
  • 「ディア・ドクター」なりたい自分に近づけるように

    Excerpt: 「ディア・ドクター」★★★★オススメ 笑福亭鶴瓶 、瑛太 、余貴美子 主演 西川美和 監督、2009年、127分                               ★映画.. Weblog: soramove racked: 2009-07-07 23:23
  • 【ディア・ドクター】

    Excerpt: 監督:西川美和 出演:笑福亭鶴瓶、瑛太、香川照之、余貴美子、八千草薫、井川遥、村重豊      その嘘は、罪ですか。 「小さな村のたった一人の医師伊野が突然消えた。 全村人から信頼され.. Weblog: 日々のつぶやき racked: 2009-07-08 14:43
  • ディア・ドクター

    Excerpt: 「ゆれる」の西川美和、原作、脚本、監督作品 笑福亭鶴瓶 初主演作品 ある町を舞台にしたヒューマンドラマというところでしょうか? �... Weblog: 単館系 racked: 2009-07-13 15:07
  • 舞台挨拶へ行けなかったので、サインを撮影して1000円で見てきた『ディア・ドクター』

    Excerpt: どこよりも無駄に詳しい舞台挨拶レポートは、無し。今年初のキャスト無し鑑賞。サインだけは撮影してきた(爆)     『ディア・ドクター』チェック:『蛇イ.. Weblog: |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο racked: 2009-07-25 18:21
  • ディア・ドクター(映画館)

    Excerpt: その嘘は、罪ですか。 Weblog: ひるめし。 racked: 2009-07-28 17:16
  • ディア・ドクター☆笑福亭鶴瓶×西川美和監督

    Excerpt: その嘘は、罪ですか。 笑福亭鶴瓶主演、あの「ゆれる」の西川美和監督が撮った最新作「ディア・ドクター」をようやく鑑賞してきました。鶴瓶は落語家ですが、タレントとしてのイメージが強いという印象があります.. Weblog: 銅版画制作の日々 racked: 2009-07-28 18:10
  • 「ディア・ドクター」 ちゃんと向き合う

    Excerpt: ちょうど海堂尊さんの「イノセント・ゲリラの祝祭」を読んでいるところだったというこ Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2009-08-01 21:15
  • ディア・ドクター

    Excerpt: その嘘は,罪ですか? 物語は,僻村の医師である伊野(笑福亭鶴瓶)の突然の失踪事件で幕を開ける。3年半の間,村人から「神様」とまで崇められ,絶大な信頼を受けていた彼が何故?・・・・・・。現在と過去を行き.. Weblog: 虎猫の気まぐれシネマ日記 racked: 2009-08-30 23:48
  • Gott ist tot

    Excerpt: 凄い映画を観た。観賞後、いつものように牛の如く反芻すると、その度に気付くことがあり、その深い味わいに... Weblog: MESCALINE DRIVE racked: 2009-08-31 00:06
  • ディア・ドクター

    Excerpt: ディア・ドクター’09:日本 ◆監督・脚本:西川美和「ゆれる」「毒イチゴ」◆出演:笑福亭鶴瓶、瑛太、余貴美子、井川遥、香川照之 ◆STORY◆山間の小さな村のただ一人の医師、伊野が失踪した。村.. Weblog: C'est joli~ここちいい毎日を~ racked: 2009-09-07 16:40
  • 「ディア・ドクター」資格とは何か

    Excerpt: 完全ネタバレです。でも映画が始まるとすぐにこのあたりのことはばればれなので、この秘密の暴露は許してください。その前にすこしあらすじ。山間の小さな村のただ一人の医師、伊野が失踪した。村人たちに全幅の信頼.. Weblog: 再出発日記 racked: 2009-09-08 17:35
  • ディア・ドクター

    Excerpt: 『ブラック・ジャック』を思い出した・・・・。 Weblog: 迷宮映画館 racked: 2009-09-10 08:39
  • ディア・ドクター

    Excerpt: どんな道草にも花が咲く Weblog: 悠雅的生活 racked: 2009-10-01 19:34
  • ディア・ドクター■「羅生門」+「赤ひげ」+「野良犬」

    Excerpt: 西川監督の作品としては「ゆれる」を見ているが、これを見たときに黒澤監督の「羅生門」を連想した。今回の「ディア・ドクター」は、無医村であった村にやっとやってきて医者として働き村民に信頼されていたが、突然.. Weblog: 映画と出会う・世界が変わる racked: 2009-10-10 12:44
  • mini review 10432「ディア・ドクター」★★★★★★★★☆☆

    Excerpt: 『蛇イチゴ』『ゆれる』の西川美和監督が、へき地医療や高齢化など現代の世相に鋭く切り込む人間ドラマ。本作で映画初主演を務める笑福亭鶴瓶が無医村に赴任した医師を演じ、その医師の失踪(しっそう)をきっかけに.. Weblog: サーカスな日々 racked: 2010-01-20 00:18
  • ディア・ドクター

    Excerpt: 最近ずっと洋画の紹介ばかりでした。 たまには邦画もね。(^^)b この作品は、「ゆれる 」の西川美和監督の最新作ですね。 「ゆれる 」がなかなか面白かったので ちょっと期待してしまいま.. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2010-03-17 15:29
  • アデルとドクター

    Excerpt: 「アデル/ファラオと復活の秘薬」 「ディアドクター」  Weblog: Akira's VOICE racked: 2011-01-27 12:26
  • 別館の予備(感想208作目 ディア・ドクター)

    Excerpt: 9月28日 ディア・ドクター TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/11027357876/209a30b5 LIMIT .. Weblog: スポーツ瓦版 racked: 2011-09-29 11:44