『いけちゃんとぼく』・・・クライマックスは確かに泣けるのだが

ヨシオ(深澤嵐)のそばにいつの頃からか現れるようになったいけちゃん(蒼井優・声)。ヨシオが辛い時、困った時にいつも寄り添い励ましてくれるいけちゃんは、ヨシオにとって大切な存在。
いつまでもいけちゃんと一緒にいられると思っていたヨシオだったが、彼が少年として成長していくにつれいけちゃんの姿が見えなくなってくる。そしてある日、ヨシオはいけちゃんから真実を打ち明けられる。自分はどこから来たのか、なぜヨシオの元に来たのか。そして・・・・自分は誰なのか。

前宣伝でほとんどネタバレしてしまっている感があるのはともかく、いけちゃんがヨシオに自分の正体を明かすクライマックスは評判どおり泣けた。実際に涙はこぼれなかったが、それはじわっと目頭が熱くなったときあわてて上を向いたからかもしれない。
いけちゃんのまん丸な黒目が涙であふれ、そしてヨシオに告げるあの一言。演じる蒼井優がとにかくすばらしいのでこのシーンはほんとによかった。

ただ、作品として全体を見直してみるとどうもまとまりがない。ヤスとたけしとの攻防、父(萩原聖人)の戦艦長門への思いと突然の死、その死に関わる浮気相手の女、憧れのお姉さん(蓮佛美沙子)の本当の姿、妖怪あずき洗い(岡村隆史)、空手の得意な牛乳屋のオヤジ(モト冬樹)、そして隣町の悪ガキたち・・・。一つ一つのエピソードが散漫で、ばらばらと置かれているだけの印象が否めないのだ。ともさかりえ演じる母親の存在感もあるんだかないんだか・・・。

それと私がどうにもダメだったのが序盤に繰り返されるいじめのシーン。後に彼らが結束を見せるときの盛り上がりを狙っての描写なのはわかるのだが、正直かなり不快だった。

「成長の前提としていじめがあり、それを解決する話にしよう」

脚本化にあたり意識したこととして監督はこう述べている。これはもう少年の成長物語の王道でもあるし、それ自体は一つのアイデアとして悪くはない。よっていじめシーンの必然性はあるわけだ。しかしあれはやり過ぎだ。石を投げつけたり顔を踏みつけたりは必要ない。ちょっかいを出され取っ組み合いに・・・。そんな程度で十分だったんじゃないかな。なにより、あれだけ悪質な暴力が繰り返されたあとに、ちょっとしたきっかけで急に仲間意識が芽生えるというのはどうだろう。かえって不自然にも思えた。子供の社会と言えどそんなに単純ではないのでは?

もうひとつ苦言。泣けるクライマックスについて前述したが、私はあれがエンディングだと思った。自分が誰だったのかを告白したいけちゃんが空へ消えていく。蒼井の演じる完璧なあのセリフと共に・・・。

これで終わって欲しかったなあ!

野球のシーンあたりから泣けるクライマックスまでは、ベタな展開ではあるけど確実に私の琴線に触れる内容でじんわりと温かく感動させてもらった。泣けた。
未読ながら察するに西原理恵子の原作絵本もまた評判に違わない泣ける作品なのだろう。それをベースにした本作もストーリー自体はけっして悪くはないのだ。それだけに散漫な構成と不快な暴力シーンと蛇足のラストが実に惜しい。

いや間違いなくいい話なんだよ。いい話なんだけどねぇ・・・。

 ★『いけちゃんとぼく』公式サイト

この記事へのコメント

2009年07月01日 20:34
こんばんは。

私も蒼井優さんの声は、いけんちゃんにピッタリだったと思います。
心温まる声をしてましたね。
ヨシオを見守る“言葉”のひとつひとつが心に沁みました。

しかしね、やはり気になったのがラストです。
いけちゃんが空に消えていく・・・これで最後だと思っていたのに、
あの大学時代は蛇足過ぎでしたね。
SOAR
2009年07月01日 22:55
BROOKさん、こんばんは♪
あの海岸の別れはなんだったのでしょう?
あれが最後だと思いますよね、ふつう。私の勘違いなのか理解力不足なのか・・・。
“数年後”っていうシチュエーションを、まだお若い監督さんが入れてみたかったのかもしれませんね。

蒼井優の声の演技はすごくよかったですね。雰囲気の出し方がとてもうまかった。おっしゃるように名言も多かったです♪
2009年07月02日 18:22
こんばんは。初めてお邪魔してます。
墨映画(BOKUEIGA)のde-noryと申します。

いい話でした。
蒼井優のアフレコもよかったし。
いい話なのだけれど、たっぷり泣けなかった。
きっと、欲張りすぎてあちこちテーマいっぱいなので、焦点ボケかな。
SOAR
2009年07月04日 23:23
de-noryさん、はじめまして♪
泣ける部分もありましたが、抵抗ある部分も多くて・・・。
テーマがいっぱいでまとめ切れてないのは、もしかすると原作絵本がエピソードを1ページごとに描いていくような構成だからなのかなと思ってきました。
未読の原作、近いうちにチェックしてみます。

蒼井優はほんといい声の演技をしてくれましたね!
2009年07月07日 09:34
私は以前原作のほうを読みました。
だいぶ前に「泣ける本1位」でネタバレでテレビで紹介
されているのを偶然観てしまい、憤慨したもんです;^^
ほとぼりさめてから、原作を読みましたが
とてもシンプルでよかったです。
絵本だからでしょうねー。
映画だったら、何かストーリーをいっぱいつけないと
いけないんだろうなあ。
そういう意味では、映画のあとだと物足りないかな?
ぜひぜひ、原作もチェックしてみてくださいね。
SOAR
2009年07月08日 22:02
ちゃいむさん、こんばんは♪
原作絵本を読まれているんですね。
主人公の元に現れた不思議な存在の正体は・・・といったお話のネタバレは配慮して欲しいものですよねぇ。お気持ちわかります。

で、映画のほうなんですが、原作に沿った筋書きはたしかに感動できました。よかった!
ただ監督の好みなのかネチっとした暴力シーンが長くてひいてしまいました。
物足りないのとはちょっと違うかな。とにかく原作読んでみたいと思います。
2009年09月04日 20:32
私も、あのいじめられるシーンは心が痛みました。
親が出てきたら、半端で済ませられないだろ・・みたいなことを言ってましたが、彼らのいじめじゃなくて、暴力は半端なかったっすよね。
でも、あの眉をギュッと曲げた表情は、嵐君、うまかったです。
子供の暴力は一歩間違うと、危ないので、扱い注意だと思いましたわ。
お話は、そうそう、まぎれもなくよかったんですがね。
SOAR
2009年09月06日 00:34
sakuraiさん、こんばんは♪
イジメ・・・いや暴行シーンが気になったので、鑑賞後に原作絵本を確認しました。西原さんの描く絵の中にああいう描写はありませんでした。
監督の脚本で生まれたシーンだったんですね。
作品のいい悪いを語る以前に、生理的にひいてしまったのがとても残念な作品でしたよ・・・。
2009年12月26日 23:26
SOARさん、こんばんは☆^^
いつもTBではお世話になっておりますm(__)m
なかなかコメントの越せず、申し訳ありません(^^ゞ

で、この映画ですが、いけちゃんに命を吹き込んでくれた
優ちゃんの声優としての素晴らしさに感激しましたが、
やはりあのイジメのシーン・・。どうにかならなかったのか・・ととても残念な、いや~な気持ちがしてしまいました。
ほんとSOARさんが仰ってるようにあれはイジメの度を超えて、暴行ですよね。それも繰り返し繰り返しで、確かにあそこまでされたら、あのラストの感動のシーンも嘘くさいものに感じてしまいますよね。
せっかく良いお話だったのに・・と、そこがとても残念でした。
でも、海辺でのいけちゃんの言葉には思わず目頭が熱くなりました(^^ゞ
SOAR
2009年12月28日 10:20
メルさん、こんにちは♪
いえいえ、こちらこそ先にTB頂いてからのお返しばかりでスイマセン。
例えば殴りかかられるシーンで暗転、絆創膏だらけの姿で再開・・・でもじゅうぶんなんですよね。後半の自転車連中も不良少年というよりチ●●ラですわ。
温かく優しいストーリーの中にアクション要素を入れたかったのかもしれませんが、私はあれで評価を下げてしまいました。蒼井さんの声は涙が出るほど魅力的だっただけに残念でなりません。

この記事へのトラックバック

  • 試写会「いけちゃんとぼく」

    Excerpt: いけちゃんとぼく「いけちゃんとぼく」の試写会に行ってきました人気漫画家・西原理恵子が初めて手掛けた感動絵本を実写映画化。フジテレビ系「ザ・ベストハウス123」で、“絶対に泣ける本”第1位を獲得し話題に.. Weblog: 日々“是”精進! racked: 2009-07-01 20:30
  • [映画『いけちゃんとぼく』を観た]

    Excerpt: ☆全くノーマークの映画だった。  私は原作の西原理恵子の作品を読んだことはあるが、こんな作品があるのは知らず、映画化されるのも知らず、その公開がMOVIX昭島でやることも、つい最近まで知らなかった。.. Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 racked: 2009-07-01 20:51
  • いけちゃんとぼく

    Excerpt: 不思議な生物“いけちゃん”と少年の交流を描いたと言いながら、ただそうなわけではないのは予告編で読め読めだけれど、それでも惹かれるものがあって『いけちゃんとぼく』を観てきました。 ★★★★ 癒されるわ.. Weblog: そーれりぽーと racked: 2009-07-01 21:08
  • いけちゃんとぼく

    Excerpt: ●ストーリー●いつのころからか、いつも一緒に過ごしているよしお(深澤嵐)と謎の生き物いけちゃん。山登りや虫取り、友だちとケンカしたりするとき以外にも、熱が出たときには看病したりと、いけちゃんはいつもよ.. Weblog: 映画君の毎日 racked: 2009-07-01 21:44
  • キツイ、痛い、厳しい、ファンタジー?~「いけちゃんとぼく」~

    Excerpt: ワタシはトトロかドラえもんみたいなもんを最初想像し、 もしくはヨシオを困らせるイタズラ大好きお化けを想像してたんですが。 もっと楽しくてしっちゃかめっちゃかなコメディを あてにしてたんですが、 .. Weblog: ペパーミントの魔術師 racked: 2009-07-01 23:55
  • いけちゃんとぼく

    Excerpt: 漫画家・西原理恵子が初めて手掛けた絵本を実写化。主演は最近では『GOEMON』の小平太役が記憶に新しい深澤嵐。というよりむしろ“いけちゃん”の声を蒼井優が演じている方が話題を呼んでいる作品ですね。他に.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2009-07-02 01:13
  • いけちゃんとぼく

    Excerpt: 漫画家・西原理恵子が手がけた同名絵本を実写映画化。 不思議な生き物・いけちゃんと少年の交流を通じて少年の成長を ファンタジックに描く。 いけちゃんの声は蒼井優が担当。小学生のヨシオのそばには、いつ.. Weblog: だらだら無気力ブログ racked: 2009-07-02 01:21
  • [『いけちゃんとぼく』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「いけちゃんとぼく」□監督・脚本 大岡俊彦 □原作 西原理恵子(「いけちゃんとぼく」角川書店) □キャスト 蒼井優(いけちゃんの声)、深澤 嵐、ともさかりえ、萩原聖人、モト冬.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2009-07-02 08:08
  • 【いけちゃんとぼく】

    Excerpt: 監督:大岡俊彦 出演:深澤嵐、ともさかりえ、萩原聖人、モト冬樹、蓮佛美沙子、吉行和子、蒼井優   忘れないでね 好きだと必ず 帰ってこられるの。 「よしおとよしおにだけ見える不思議な.. Weblog: 日々のつぶやき racked: 2009-07-02 09:59
  • いけちゃんとぼく

    Excerpt: いじめられっ子だけど、決して弱音をはかないヨシオ。 毎日、いじめっ子にできるだけ遭遇しないようにはするものの。 会ってしまったら、何をされようが決してへこたれない。 しかし、一方では、立場の弱い子をい.. Weblog: 墨映画(BOKUEIGA) racked: 2009-07-02 18:22
  • 「いけちゃんとぼく」 ずっと側にいるよ、ずっと側にいたいよ

    Excerpt: こういうのには弱い。 それは予告を観た時から、そう思っていたのだけれど、やっぱり Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2009-07-05 17:49
  • レビュー:いけちゃんとぼく

    Excerpt: [現実世界が舞台のファンタジー][少年ドラマ][絵本原作][ドラえもんぽい][実写][邦画][ビスタ] ドラえもんとのび太的関係度:★★★★☆ 少年のケンカ度:★★★☆☆ 監督:.. Weblog: シネコンバイトまりっぺの映画レビュー日記 racked: 2009-07-05 23:44
  • 「いけちゃんとぼく 」誰でもかつては“いけちゃん”と話していた

    Excerpt: 「いけちゃんとぼく 」★★★☆ 深澤嵐 、ともさかりえ 主演、蒼井優 声の出演 大岡俊彦 監督、2009年、107分                               ★映.. Weblog: soramove racked: 2009-07-15 09:45
  • ~『いけちゃんとぼく』~ ※ネタバレ有

    Excerpt: 2008年:日本映画、西原理恵子原作&出演、大岡俊彦監督&脚本、深澤嵐、ともさかりえ共演、蒼井優がいけちゃんの声を担当しています。 Weblog: ~青いそよ風が吹く街角~ racked: 2009-07-16 22:18
  • いけちゃんとぼく ~遠くに来てしまって見えなくなったもの~

    Excerpt: 実写だとどういう感じになるんだろう、絵本(というか漫画だけど)で2時間の映画、モつのだろうか?・・という一抹の不安を胸に、見に行ってきました。[画像] 映画版「いけちゃんとぼく」。  この本を初めて.. Weblog: 椿的濃縮タマシイ racked: 2009-07-17 11:47
  • いけちゃんとぼく

    Excerpt: 蒼井優の声が、とってもはまってた。 Weblog: 迷宮映画館 racked: 2009-09-04 20:27
  • 「いけちゃんとぼく」

    Excerpt: いけちゃん”にしっかり生命を吹き込んでくれた蒼井優ちゃん、いいわ~♪ Weblog: 心の栄養♪映画と英語のジョーク racked: 2009-12-25 18:10