『BALLAD 名もなき恋のうた』・・・原作への敬意と愛情がこもったリメイク

原作アニメ『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』に対する愛情がいっぱいこもった仕上がりだった。原作の大ファンである私は、実写化リメイクの話を初めて聞いたとき、原作のすばらしさが損なわれはしないかと本気で心配した。原恵一監督が創り上げた日本のアニメ史上に残るであろう名作をこれ以上イジってほしくなかったのだ。断片的な予告映像を目にするようになってからもその気持ちは変わらず、ついに迎えた公開日。

でも、複雑な思いで臨んだ初日初回上映を観終えた私の心からは、そんな不安やモヤモヤがきれいに消え去り、心地よい清々しさに満たされた。

おそらく監督は何度も何度も原作アニメを鑑賞されたに違いない。あるいは相当なファンだったに違いない。でなければ・・・さらっとストーリーを理解しただけではこうは撮れなかったはずだ。それほどにいい、原作を大切にしたリメイクだった。

リメイクにあたっての最大の難関は主人公の変更にあったと思う。
言うまでもなく原作の主人公はしんちゃんこと野原しんのすけである。原作公開当時、高い評価の一方で「これをクレしんでやる必要があったのか」という声も多く聞かれたが、しんのすけがラストで見せる涙に作品のすべてが集約するいわば彼の成長物語こそが本筋であり、よって又兵衛としんのすけの交流がまずありきで、又兵衛と廉が育む儚い恋物語はむしろサブテーマとして考えるべき作品だったと私は解釈している。
一方本作では原作でのしんのすけのポジションに川上真一(武井証)という小学生の少年が配されるが、又兵衛(草なぎ剛)と廉姫(新垣結衣)の悲恋がメインストーリーである。山崎監督がその違いをどう見せてくれるか、まずはそこに注目した。
(余談だがつい先日黄色い自転車で横浜から小豆島へ旅する武井証くんの作品を観たばかりなので、今度は赤い自転車で戦国時代へ旅する彼がなんだか途方もなくすんごい少年に思えてきたよ・・・)

いきなり話がラストに飛ぶが、戦いを終えての帰り道で真一が又兵衛の脇差をねだるシーンがある。原作でも同様のシーンがあるのだが、しんのすけがこれを欲しがるのには理由がある。序盤で又兵衛としんのすけがある約束をかわす際に武士の儀式である「金打(きんちょう)」を行う。刀(脇差)の刃を少し見せて戻すという厳格な約束の儀式であり、ふたりの絆がここから深まっていくことになるのだ。現代へ戻った直後にしんのすけが見せる行動にもこの脇差は必須アイテム。
ところが本作ではこの「金打」がとうとう出てこなかった。原作において絶対欠かせない「金打」を、そうと知ってるはずの監督がなぜ使わなかったのか。答えはパンフにあった。つまり「金打」は又兵衛としんのすけの友情関係を強めるアイテムであったため、又兵衛と廉の恋が主軸である本作ではあえて使わなかったとのこと。
なるほど、前述した主人公の変更について、監督の試行錯誤の一端がここにもあった。

シーン、カット、セリフの端々に原作の名残が垣間見えたこともとてもうれしかった。リメイク加減も絶妙で、VFXを得意とする山崎監督があえてそれを前面に押し出さなかったのも好感が持てる。例えばタイムスリップの描写も原作にほぼ忠実で、野原一家が現代に戻る場面も車がふっと消えるようなカットは一切ない。ドラえもんのように異次元空間をうにゃうにゃ~なんていうのももちろんない。
彼らが現代へ帰る瞬間を、廉の一瞬の表情だけで見せる。すばらしい。ここからも山崎監督の原作への愛情と敬意が感じられた。いや、それだけでなくこれは原監督への敬意でもあったと思う。

私が一番イジってほしくなかったのが、又兵衛が銃弾に倒れるシーン。
ここは真一(原作ではしんのすけ)がなぜタイムスリップしてきたのか、そしてなぜ今まで戻れないでいたのかが判明する重要なシーンだ。死に行かんとする又兵衛がそのすべてを悟り、真一にやさしく言い聞かせるクライマックスでもある。
そもそも廉の又兵衛を想う気持ちが時を超え、21世紀の少年を戦国時代に呼び寄せてしまったのが発端。真一が現れたことで又兵衛が救われ、廉と又兵衛が互いの想いを確認しあうことができた。つまり真一は二人にそのための時間を与えたのである。
よって廉の願いが叶い(又兵衛が死ぬ前に想いが伝わり)、これにより真一が過去に来た目的が達成したため、今度は“歴史”あるいは“時”という大きな力がその歪み(死ぬはずだった又兵衛が生きていること)の修正にかかったのだ。つまり、又兵衛は死ななければならない運命だったのである。
だから銃弾はどこから飛んできたのかとか、誰が撃ったのかは関係ないわけで、しいて言うなら真一が現れた時に外れた敵兵の弾丸が、今になって歴史を修正するために飛んできたということになろう。

私が恐れていたのは、このシーンを大倉井の兵の一人が何かしらの理由で撃ったとかいうつじつま合わせをされることだったのだが、ここも山崎監督はきちんと押さえたうえで、原作とは違い廉が駆けつけるという的確なリメイクで結んでくれた。よかった。ここは最大の肝なので、リメイクと言えど絶対変えて欲しくなかったのだ。

ううう、他にもあれこれ書きたいことが山ほどあるのだが、それはまたの機会に。

とにかく原作を知り尽くした監督やスタッフが心を込めてリメイクした、そんな敬意と愛情あふれる作品だったことが原作ファンとしてたまらなくうれしい。

山崎監督、ありがとう。

あ、疑問がひとつ。「金打」とともに原作で欠かせないキーワードに「青空侍(あおぞらざむらい)」がある。又兵衛のニックネームのようなものでこれが又兵衛の人柄を実によく表していて、原作ラストシーンの廉の心のつぶやきもずばり「おい、青空侍」。
「金打」と違いこちらはリメイク版でもいい効果を出せたと思うのだが、これを使わなかったことにもきっと何か理由があるのだろう。機会があればぜひ山崎監督にお訊きしてみたいものだ。

原作の原恵一監督がパンフに寄せた言葉を最後に引用したい。

『戦国大合戦』を観てない人が、この映画をきっかけに「じゃあ、しんちゃんも観てみるか」って思ってもらえたら、さらに嬉しいです。

一原作ファンとして全く同感である。原作『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』も名作ですよ!

 ★『BALLAD 名もなき恋のうた』公式サイト
 ★拙ブログ過去記事『『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』・・・泣けます!傑作です!』

この記事へのコメント

2009年09月06日 06:35
おはようございます。

オリジナルは未見のまま鑑賞しました。
それでも、後半になるにつれて盛り上がっていく展開に、涙腺も刺激されて・・・。
とても、とても、良かった・・・それしか言えません。
2009年09月06日 14:35
山崎監督の後輩さんがどうやら『アッパレ!戦国大合戦』のスタッフとして関わっていたそうですね。
ですから知り合いが関わった作品ということもあって、山崎監督も気合が入っていたのでしょう。
オリジナルファンの気持ちをきちんと理解してくれた映画でしたよ。
2009年09月06日 22:15
こんばんは!
私も見に行ってきましたよ。オリジナルのよさを損なわずにうまくリメイクされていたと私も思いました。
またアニメを見直したくなりました。
2009年09月07日 00:09
原作との違いが良くわかる記事内容で、未見者としては助かります。
触れ込みにもあったような、いわゆる「戦国タイタニック」ではなく、正確には「戦国ロス・タイム・ライフ」だったわけですが、このあたりの内容が原作と同じだとすれば、「ロス・タイム・ライフ」の原典も「クレヨンしんちゃん」になるわけですね。
まあそれはともかく「それでも主人公は真一君」だと思ってみた私は、彼が最後にちゃんと「勇気」を得たエンディングに、とてもすがすがしい気持ちになれました。
SOAR
2009年09月07日 23:49
BROOKさん、こんばんは♪
又兵衛率いる選抜メンバーが早朝に切り込む最後の戦いは、クライマックスとして盛り上がりましたね。
そして笑顔の凱旋にまさかの悲劇。原作のすばらしさがあってのことなんですが、それでも実写で観るラストはやっぱり泣けました。
SOAR
2009年09月07日 23:49
にゃむばななさん、こんばんは♪
原監督と山崎監督の接点がどうも見えなかったんですが、なるほど、そういうつながりがあってこの作品が生まれたわけですね。
同感です。オリジナルの言わんとするところをきちんと押さえたうえでのリメイクが見事でした。
SOAR
2009年09月07日 23:50
みゆみゆさん、こんばんは♪
山崎監督がもっといじくり回すだろうと思っていたので、原作にこだわったリメイクには正直驚きました。同時にうれしくなりました。
原作アニメ、何度も観たくなる傑作ですよね!
SOAR
2009年09月07日 23:50
あるきりおんさん、こんばんは♪
そうです、まさに「ロスタイムライフ」なんですよ、この作品は。
あのドラマのスタッフが「クレしん」を意識したかはともかく、死ぬはずだった侍がその瞬間に未来から来た少年に人生のロスタイムを与えられ、その時間を有意義に使い、満足して死んでゆく。
悲しいのに後味が爽やかなのは、そういう設定が効いているからですよね。
私は真一をあえて主人公から外しましたが、もちろん原作同様に彼の成長物語としてもよくできた脚本だったと思います。
2009年09月08日 13:27
でも、やっぱ「きんちょう」はほしかった。
なぜ、あの二人の絆が深まっていくのかが、あれじゃ後付でしたもん。
あたしにとって、あのぼろい映画館で、子供たちとうじゃうじゃと見た「戦国大合戦」は一生の宝モンです。
めったに出来ない体験を経験させてくれた「しんちゃん」は、最高ですわ。
昨日、スマスマを見て、証君のあまりの礼儀正しさに、顔がほころびました。いい子でしたわ。それが真一ににじみ出ていたような気がしました。
SOAR
2009年09月09日 23:04
sakuraiさん、こんばんは♪
「金打(きんちょう)」がなければ原作は成り立ちませんからね。私は「青空侍」も原作の重要概念だと思ってますが、これもありませんでした。まあ山崎監督が悩みに悩んで出した結論だと思うので、尊重したいと思います。いいリメイク作品ですが、原作には遠く及びませんでしたね。これはいかなる監督がリメイクしても難しいかもしれません。

「戦国大合戦」は先入観や偏見から避ける方も多いはずなので、そういう意味でも我々だけが知っている宝物って気がします♪

はい、証くん。いい子ですねー。CSのシネマホリックに阿部サダヲと出演した回を見たんですが、ハキハキとした話しっぷりとそのきちんとした言葉遣いにびっくりしましたよ。
2009年09月10日 07:15
SOARさん、こんにちは!

アニメのオリジナルの方はみなさん激賞していますねー。
しんちゃんは全く観たことがないので、これはやっぱり観なくてはいけないかなあ。
ラストの又兵衛が撃たれるところはけっこうショックだったけれど、SOARさんが書かれているように真一のタイムスリップの意味合いがわかる謎解きでもありましたから、仕方がないのかなあ。
又兵衛と廉姫には幸せに暮らしていってほしかったけど。
廉姫の気持ちを感じて切なかったです。
SOAR
2009年09月13日 08:05
はらやんさん、こんにちは♪
又兵衛が撃たれることは回避できないという点が重要で、ここにタイムスリップやら戦国恋物語といったストーリーが絡んでくる作品だと思います。もしハッピーエンドだったら、それはそれで不自然な話になってしまったんじゃないかなあ。

原作「戦国大合戦」の批評に「子供向けなのに」云々がよく出てくるんですが、原監督は“子供向け”とは一言も言ってません。クレしんイコール子供向けという先入観が観る人を制限してしまっているのも非常に残念です。
むしろクレしんで大人向け作品を作ってしまったことが、原監督がクレしんから離れる原因になったのかも・・・なんて思ってしまいます。
2009年09月15日 15:31
あまり期待せずに観賞したら予想外にとってもいい映画でした!
何度もウルウル・・

オリジナルは未見ですが、とても良かったようですね。
今まで敬遠していたクレヨンしんちゃん、甥っ子に連れられて今年見てから見直しました。沢山の方が絶賛されているオリジナル気になります♪
SOAR
2009年09月16日 00:36
hitoさん、こんばんは♪
草なぎくんの又兵衛は原作を知るものとしてどうだろうと思ったのですが、実際観てみると見事にハマリ役でしたね。ホンワカした優しさと鬼井尻と恐れられる迫力、そんな二つの顔を持つ武士を巧みに演じてくれました。
ガッキーはちょっとイメージが違いましたが、凛とした雰囲気はちゃんと出ていたのでよかったです。

オリジナルは名作にして傑作です。ぜひご覧あれ。「子供向け」とか「どうせクレしん」とか、言ってられなくなると思いますよ~。
2009年09月16日 16:28
SOARさん、こんにちは。
TB、コメントありがとうございます。
気まぐれfcですが(笑)また宜しくお願いします。

オリジナルを好きな方がたくさんいらして嬉しいなあ~。
これまであまり人には言えなかったから(爆)
リメイクされると知った時、不安はあるものの、
ほら、やっぱり(しんちゃんとは言え)素晴らしい映画だからだよっ!と、それ見たことか…みたいな(笑)
なので、期待を裏切らない内容であったのはとても評価に価されますね。

「きんちょー」は、監督の苦肉の策だったのですね。
オリジナルはオリジナルとして、リメイクはリメイクとして、重きをおくポイントは違っても良い作品だと思います。
SOAR
2009年09月18日 00:07
オリーブリーさん、こんばんは♪
いつも拝見してましたよ。TBできないのがもどかしかったです(笑)

今回「BALLAD~」のおかげで、オリジナルを評価している方とたくさんやりとりができてほんとうれしいです。
これまで「大合戦」のよさをどんなに熱く語っても、なかなか伝わらなかったので。

オリジナルでは「金打」とあの脇差(馬手差)が作品をびしっと締めているのを知っているだけに、山崎監督の決断が我々には少々惜しく感じてしまいましたね。

それでもいろんな意味でいいリメイクだったことは間違いないです。
2009年09月28日 22:50
TBコメントありがとうございました!
私もアニメ版ファンとしてこの作品を多くの人に知ってもらえたことがなんだか嬉しいです(笑)
「金丁」私もお話を聞いてなるほど・とは思いましたけど。「青空侍」同様あってもよかったですよね~。
時代の流れを感じさせてくれた実写のラストもよかったですが
空は時代を超えてつながっていると感じさせてくれた
アニメ版ラストがやっぱなんか好きです。
SOAR
2009年09月30日 19:25
くろねこさん、ご無沙汰しております。
山崎監督は名作のリメイクに否定的な立場を取る方だそうですね。それでも撮りたかったというこの作品、原作に対する愛情がものすごく伝わりました。その気になれば彼らしいアレンジで注目を浴びることもできたろうに、それをしなかったことを高く評価したい思いです。

アニメ版ラストの青空に浮かぶ白い雲。数百年の時を超えてしんのすけと廉が見上げるあの空は、きっとつながっているんですよね!(あ~思い出したら涙出た)
ひらりん
2009年10月09日 02:22
名作?アニメの実写化・・・
しかもしんちゃんを・・・という事で心配でしたが、
実写化・映像化してすばらしい部分も見せてくれてましたね。
SOAR
2009年10月10日 23:11
ひらりんさん、こんばんは♪
あのアニメ映画は永遠の名作だと思っていますが、実写にしかできない部分もあり、そのあたりはよくできていたと思います。
2009年10月24日 19:51
TB有難うございました。
本作品を観賞して、ぜひオリジナル版を観賞
したくなりました。と思ったらどこも
レンタル中…みんな考えることは一緒ですね~
許されない愛…戦国時代と現代社会との違い。
身分を超えた悲恋に感動でした。

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】~と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!
SOAR
2009年10月25日 18:08
シムウナさん、こんにちは♪
身分違いの許されない恋という前提で観ましたが、少なくとも殿様や家臣たち、そして又兵衛の家来たち、さらには廉姫の付き人と、二人を取り巻く人たちはこの恋を応援していたことが伝わり、そういう意味でも感動を呼ぶ悲恋でしたね。
2010年08月09日 21:19
こんばんは。
この作品の感想を、他所様でたくさん読ませていただいて、自分の認識が全く間違っていたのだと、今頃気づいています。
だって、クレヨンしんちゃんのTV版が嫌いだったので、まさかわざわざ映画を観るわけもなく、
これだって、出演者目当てで観ただけのことだったのです(申し訳ない)。
だけど、SOARさんがここまで熱く語られているのをはじめ、
多くの方々が、本気でこの作品とオリジナルを語っておられるのを読ませていただいて、
本当にビックリすると同時に、もし今後その機会があったら、
オリジナルも観てみるかな、と思うようになりました。
SOAR
2010年08月10日 00:17
悠雅さん、こんばんは♪
「クレしん」を見ない見せないが正しい大人の在り方という認識が定着してますし、何かきっかけがない限り真っ当な大人がクレしんを見ることはあまりないかもしれませんね~。

さて、本作は山崎監督がオリジナル版「あっぱれ!戦国大合戦」の言わんとする部分を大切にしながら実写リメイクしています。そこが私としてはとてもうれしく、また多くの映画ブロガーさんがオリジナル版を高く評価していることを知り、もう心の底から感激してしまいました。

そのオリジナル、しんのすけのしゃべり方などクレしんが根本的に苦手な方にはキツイかもしれませんが、もしそれほどでないのなら騙されたと思ってご覧になってみてくださいね。名場面名セリフの宝庫ですよ!
特にラストシーンは私の映画鑑賞史上ナンバーワンを与えてもいいくらいの名シーンです。
(晴れてクレしんの免疫ができましたら、続けて「モーレツ!オトナ帝国の逆襲」もぜひ!)

この記事へのトラックバック

  • [映画][劇場公開]BALLAD 名もなき恋のうた 53点

    Excerpt: タイムスリップものですが目的があって過去へ行くわけでもないしあんまりおもしろくない。 もっと現代のアイテムを持ち込んで大暴れする映画なら笑えたが感動映画にしたいようだ。 オチも整合性合わせというかタ.. Weblog: さとうれおはオレだけか racked: 2009-09-05 23:07
  • 「BALLAD 名もなき恋のうた」時代を超えて叶わぬ想いが繋がった恋物語

    Excerpt: 5日公開の映画「BALLAD 名もなき恋のうた」を鑑賞した。この映画は2002年に公開された映画「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」を実写化した作品で現代に生きる少年が突然戦国時代にタ.. Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2009-09-06 02:14
  • BALLAD 名もなき恋のうた

    Excerpt: 大人気アニメ「劇場版 クレヨンしんちゃん」シリーズから「嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」を実写化。監督は『ALWAYS 三丁目の夕日』の山崎貴、主演は草なぎ剛と新垣結衣の2人が務める。共演に『GOEM.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2009-09-06 04:25
  • 劇場鑑賞「BALLAD名もなき恋のうた」

    Excerpt: Ballad名もなき恋のうた「BALLAD名もなき恋のうた」を鑑賞してきました子ども向けアニメでありながら時に高い物語性で大人たちから評価されてしまうことも多い「劇場版クレヨンしんちゃん」シリーズ。本.. Weblog: 日々“是”精進! racked: 2009-09-06 05:19
  • BALLAD 名もなき恋のうた

    Excerpt: 歴史に,ありがとう。   Weblog: Akira's VOICE racked: 2009-09-06 10:29
  • BALLAD名もなき恋のうた

    Excerpt: これぞ実写化のお手本となるべき映画です。あの感涙映画『クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』の空気を安易に壊さず、かつオリジナルが持つ感涙要素もきちんと盛り込むという敬意の示し方に、『アッパ.. Weblog: めでぃあみっくす racked: 2009-09-06 14:46
  • BALLAD 名もなき恋のうた

    Excerpt: 『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』の 実写版。 小学生の川上真一(武井証)が 戦国時代へとタイムスリップ。 そこでの戦国武将との出会い、 交流を通して、心の成長を描いています.. Weblog: 花ごよみ racked: 2009-09-06 15:22
  • 『BALLAD 名もなき恋のうた』

    Excerpt:  思わず泣いてしまったクレしん映画『嵐をよぶアッパレ!戦国大合戦』の実写映画化ということで気になっていた作品です。先日の『HACHI』もそうでしたが、自分が好きな原作小説(マンガ)や映画が映画化なりリ.. Weblog: みゆみゆの徒然日記 racked: 2009-09-06 22:15
  • BALLAD 名もなき恋のうた

    Excerpt: 「クレヨンしんちゃん」の劇場版シリーズの中でも名作と言われる第10作目の 『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』を実写でリメイク した時代劇ファンタジー映画。 戦国時代を舞台に小国の.. Weblog: だらだら無気力ブログ racked: 2009-09-07 01:21
  • 「BALLAD 名もなき恋のうた」:亀戸駅前バス停付近の会話

    Excerpt: {/kaeru_en4/}手前に見えるのぼりのマーク、「BALLAD 名もなき恋のうた」で草?剛が被る兜の模様に似てない? {/hiyo_en2/}これは丸いのが三つだけど、あれは丸いのが二つだった.. Weblog: 【映画がはねたら、都バスに乗って】 racked: 2009-09-07 22:49
  • BALLAD 名もなき恋のうた

    Excerpt: 天正2年、戦国時代。 春日という小国の侍大将・井尻又兵衛は、戦場で危ういところを未来からタイムスリップしてきた少年・川上真一に偶然救われ、城主・康綱の娘・廉(れん)姫の命令で真一の面倒を見ることに。 .. Weblog: 象のロケット racked: 2009-09-07 23:20
  • 映画『BALLAD 名もなき恋のうた』(お薦め度★★)

    Excerpt: 監督・脚本・VFX、山崎貴。原案、原恵一。2009年日本。時代劇SF映画。出演、 Weblog: erabu racked: 2009-09-07 23:30
  • BALLAD 名のなき恋のうた

    Excerpt: 草?君、完全復活、おめでとうございます。 Weblog: 迷宮映画館 racked: 2009-09-08 13:22
  • [映画『BALLAD/名もなき恋のうた』を観た]

    Excerpt: ☆原作となった「クレヨンしんちゃん」云々は別にして、非常に面白かった。  内容は、『バック・トゥ・ザ・フューチャー3』の戦国版である。  主演の草なぎ剛がもっと面倒な演技をする作品かと思いきや、実.. Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 racked: 2009-09-08 19:32
  • 【映画】BALLAD 名もなき恋のうた

    Excerpt: ▼動機 草彅剛ファンに誘われて ▼感想 宣伝部に足を引っ張られた映画。 ▼満足度 ★★★★☆☆☆ そこそこ ▼あらすじ 時は1574年の戦国時代、春日という小国で“鬼の井尻”と恐れら.. Weblog: 新!やさぐれ日記 racked: 2009-09-08 21:19
  • 『BALLAD 名もなき恋のうた』

    Excerpt: うっほほーい!すっごく期待して、お城の見学までした映画『BALLAD』を観てきた Weblog: みかん星人の幻覚 racked: 2009-09-09 09:56
  • 「BALLAD 名もなき恋のうた」 僕らが忘れているシンプルな生き方

    Excerpt: 大人も泣いたと言われる「映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」を Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2009-09-09 21:50
  • BALLAD 名もなき恋のうた

    Excerpt: [名もなき恋のうた] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:5.0/10点満点 2009年77本目(72作品)です。 【あらすじ】 テレビ朝日系アニメ「クレヨ.. Weblog: 必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー! racked: 2009-09-10 22:36
  • 実写版には不向き。『BALLAD 名もなき恋のうた』

    Excerpt: 「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」を原案にした作品。戦国時代にタイムスリップした小学生を中心に描かれた実写版ファンタジー映画です。 Weblog: 水曜日のシネマ日記 racked: 2009-09-11 07:14
  • 映画『BALLAD 名もなき恋のうた』

    Excerpt:  『クレヨンしんちゃん』の映画版は、付き添いで行ったお父さんの方が泣いてしまう――。  そんなことを話として聞いたことがあったとはい... Weblog: 闘争と逃走の道程 racked: 2009-09-13 01:36
  • BALLAD 名もなき恋のうた

    Excerpt: 映画「BALLAD 名もなき恋のうた」を観てきました!! この映画の元は「クレヨンしんちゃん」の劇場版シリーズというこの映画、時代劇ものは少々苦手でもあるので、最初知ったときには、ほとんど観る気.. Weblog: Thanksgiving Day racked: 2009-09-14 02:22
  • BALLAD名もなき恋のうた

    Excerpt: こちら映画公開まで色々ありましたがやっと見ましたよ私は先に原案である「クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」を見てますなので今回の感想についても原案と比べる部分もあるかと思いますまず映画とし.. Weblog: にき☆ろぐ racked: 2009-09-15 00:47
  • 【BALLAD 名もなき恋のうた】

    Excerpt: 監督:山崎貴 出演:草なぎ剛、新垣結衣、筒井道隆、夏川結衣、武井証、大沢たかお、香川京子 守ることが、愛することだった。 祈ることが、愛することだった。 「戦国時代にタイムスリップしてし.. Weblog: 日々のつぶやき racked: 2009-09-15 15:27
  • BALLAD名もなき恋のうた

    Excerpt: BALLAD 名もなき恋のうた’09:日本 ◆監督・脚本: 山崎貴「ALWAYS 続・三丁目の夕日」「ALWAYS 三丁目の夕日」◆出演: 草なぎ剛、新垣結衣、武井証、筒井道隆、夏川結衣、香川京.. Weblog: C'est joli~ここちいい毎日を~ racked: 2009-09-16 12:38
  • BALLAD 名もなき恋のうた

    Excerpt: 内気な小学生、川上真一(武井証)は、 ひょんな事から天正2年の戦国時代、春日の国にタイムスリップしてしまう。 真一は、“鬼の井尻”と�... Weblog: 心のままに映画の風景 racked: 2009-09-16 16:17
  • 【ネタバレ注意】実写版クレヨンしんちゃん「BALLAD 名もなき恋のうた」の感想

    Excerpt: まさか、まにょもで映画のレビューを書く日が来るとは、、、(ここならアクセス数多いし、きっと宣伝効果抜群だよね! 来月5日から公開される、映画「BALLAD 名もなき恋のうた」、試写会でひとまずお先に.. Weblog: fu+iのページ racked: 2009-09-16 16:21
  • BALLAD 名もなき恋のうた

    Excerpt: 2009年9月15日(火) 19:05~ TOHOシネマズ川崎1 料金:1300円(シネマイレージ・デイ会員料金) パンフレット:未確認 『BALLAD 名もなき恋のうた』公式サイト 草ナギのフリ.. Weblog: ダイターンクラッシュ!! racked: 2009-09-19 00:22
  • 『BALLAD 名もなき恋のうた』をうたう?

    Excerpt:  山崎貴(たかし)監督は、映画のタイトルを(ときに副題はあるものの)英単語1つに統一している。"juvenile"、"returner"、"always"、そして本作"ballad"であ... Weblog: 映画のブログ racked: 2009-09-20 04:13
  • 映画:BALLAD 名もなき恋のうた

    Excerpt:  映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦の実写版リメイク作品であるBALLAD 名もなき恋のうたをようやく観てきました。 Weblog: よしなしごと racked: 2009-09-20 20:19
  • BALLAD 名もなき恋のうた

    Excerpt: 映画「BALLAD 名もなき恋のうた」の感想・評論のまとめ Weblog: 週末映画! racked: 2009-09-21 22:29
  • 『BALLAD 名もなき恋のうた』

    Excerpt: '09.09.20 『BALLAD 名もなき恋のうた』@TOHOシネマズ市川コルトン なんだかとっても気になったので、連休中だし地元のシネコンへ見に行ってきた。 *ごめんなさい! 辛口です.. Weblog: ・*・ etoile ・*・ racked: 2009-09-27 03:12
  • BALLAD 「名もなき恋のうた」 やっぱみてきた♪

    Excerpt: 『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』の実写版。よくできてたぁあ(涙)アッパレ!といいたい★ Weblog: ★ Shaberiba  racked: 2009-09-28 22:23
  • BALLAD 名もなき恋のうた (新垣結衣さん&草なぎ剛さん)

    Excerpt: ◆廉姫 役の新垣結衣さん(のつもり) ◆井尻又兵衛 役の草なぎ剛さん(のつもり) 映画『BALLAD 名もなき恋のうた』は、アニメ映画『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦』を原案とした.. Weblog: yanajunのイラスト・まんが道 racked: 2009-10-01 12:20
  • ★「BALLAD 名もなき恋のうた」

    Excerpt: こないだ観た「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」の実写版。 主演の草なぎつよしの公然わいせつ事件後の大仕事でもあったし・・・ しんちゃんの原作者の死亡事故があったり・・・で、 劇.. Weblog: ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ racked: 2009-10-07 01:00
  • 「BALLAD 名もなき恋のうた」プチレビュー

    Excerpt: 「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦」 を原案にして作成された映画です。 クレヨンしんちゃんの映画版は数多く作られていますが 特に、この作品は大人でも泣けるとの触れ込みが多く .. Weblog: 気ままな映画生活 racked: 2009-10-20 06:15
  • BALLAD 名もなき恋のうた マンガやん!ってマンガやったよね(笑)

    Excerpt: 【 52 -12- 1ヶ月フリーパスポート=1 】 先輩んちで昨夜は飲んだくれていたんやけど、いつの間にか気を失ったようで(@ ̄ρ ̄@)zzzz、朝、布団の中で目を覚ましたときにはいったい何処にいるの.. Weblog: 労組書記長社労士のブログ racked: 2009-11-03 23:25
  • BALLAD 名もなき恋のうた

    Excerpt: 「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦 」が、 「ALWAYS 三丁目の夕日 」の山崎貴監督で実写化されました。 ちょっと不安ですが、好きな作品なので観なくては。 小学生.. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2010-05-31 00:24
  • BALLAD 名もなき恋のうた

    Excerpt: マウンテンバイク。記念写真。お礼の言葉。 Weblog: 悠雅的生活 racked: 2010-08-09 20:54
  • BALLAD名もなき恋のうた(テレビ録画)

    Excerpt: 2011年08月28日23時39分00秒テレビ朝日日曜洋画劇場「BALLAD 名もなき恋のうた」 ※時刻は録画終了時間。 録画にて鑑賞。 原作はくれよんしんちゃん 原作は読んだことないです.. Weblog: 単館系 racked: 2011-09-07 01:06