十三夜もお月見を♪

今日は旧暦9月13日。十三夜である。会社からの帰り道、すっかり暗くなった夜空をふと見上げると、いつのまにか高く昇っている栗名月。雲がかからないうちに写真でも撮って、それから一杯やろう・・・などと考えつつ家路を急いだ。

十五夜の時は横着してISに頼っての手持ち撮影だったが、今夜はベランダに三脚を据えEOS30Dにはリモートスイッチを接続、EF300ミリのISはもちろんオフ。毎回似たような露出や感度設定では芸がないので、今回は8.0まで絞りISOは100にしてみることに。これでシャッター速度を変えながら何枚か撮影した。

画像

画像

 EOS30D / EF300mm F4L IS USM +1.4x / 1/80秒・F8.0 / ISO100 (トリミング)

撮影後の晩酌は缶ビールと安ウイスキーの水割りで。明かりを消し窓を開け放つと、昼間の暑さが嘘のように涼やかな空気が流れ込む。窓の向こうにぽっかり浮かぶ美しい十三夜が“つまみ”のせいか、いつもの安酒が今夜はちょっとグレードアップしたみたいだ。

さあ、明日の仕事もがんばりましょう。

ちなみに私の購入した1200坪の土地は2枚目のどこか(笑)

この記事へのコメント

2009年10月30日 23:16
こんばんは。
今日は夕方外を見たら、曇って月は見えないかなという感じでしたが、帰宅したら綺麗に見えました♪そして、さっき、犬のおトイレ(笑)のために外に出たらさらに綺麗でした~!!
SOAR
2009年11月01日 00:31
みゆみゆさん、こんばんは♪
月って当たり前すぎて「さあ見よう」ってものではないんですよね。
だからなのか、ふと見上げた空にきれいな月が浮かんでいると思わず息を飲むことがあったりします。

この記事へのトラックバック