ティタティタとスノードロップの発芽

もう一週間も経ってしまったが、先週末にティタティタ(ミニスイセン)とスノードロップがちょこんと発芽しているのを見つけた。

画像

画像

スノードロップは2シーズン目だがティタティタはちょうど1年前、今年の正月に鉢植えを購入花が終わった後庭に植えたものなので、こうして芽が出てくるのは初めてのこと。うれしいなあ♪

心配なのはティタティタの数が少ないこと。たしか10球ほどを植え付けたと記憶しているのだが、今のところ発芽してるのは写真に写っているだけなのだ。

これからどんどん出てくることを期待しよう。

この記事へのコメント

リコリン
2009年12月27日 06:48
今年もまたあの元気な黄色い花に会えるといいですよね。
我が家もティタティタを花後庭に植えましたが、まだそれらしい芽は出ていません。
スノードロップは小さな芽を確認したのですが。
そう考えると、店頭に並んでいる花たちは、時期をずらされ無理矢理咲かせられているんでしょうね。

ティタティタの開花報告、楽しみにしています。
SOAR
2009年12月28日 10:30
リコリンさん、こんにちは♪
そうそう、リコリンさんとおそろいでしたね。あの球根むき出しのものすごい植え付け方だったやつ(笑)
今年も正月帰省しますので、またあのお店に行きますよ。もしかするともう知らずにすれ違ったりしてるのかも!?
ガーデナーがいろんな花を長期間楽しめるのは、花期をずらして咲いてくれてる花たちのおかげでもあるんですよね。
大事にしてあげなくちゃって思います!

この記事へのトラックバック