『コララインとボタンの魔女 3D』・・・ストップモーションアニメと3Dの相性

ストップモーションアニメの傑作『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』が好きな方には特にオススメの作品。本作は児童文学が原作とのことでたしかに少女が奮闘する冒険活劇的なスタイルながら、その世界観はかのティム・バートンにも通じるダークなファンタジー。これ実写でやったら演出次第でかなり怖いホラーにもなり得るんじゃなかろうか。
冒頭で人形を解体(再生)していく映像がしばらく続くのだが、これがまたバックに流れる音楽も含め『シザーハンズ』を思わせるような映像で、ここにもティム・バートン臭が(笑)

ストーリー自体はいかにも子供向けといった単純な内容。引っ越してきたばかりのアパートで封印された小さな扉を見つけた主人公コララインが、扉の向こうの不思議な世界に足を踏み入れてしまったために恐ろしい出来事に巻き込まれながらも、捕らわれた両親や子供のゴーストのために近所の黒ネコと力を合わせて魔女と戦うというお話。

やはり本作で注目すべきはストーリーよりも映像である。想像を絶するような膨大な手順を経て完成したであろうストップモーションアニメのきめ細かい映像はすばらしいの一言。3Dについても元々立体である人形やジオラマを3D撮影しているためかその相性はなかなかのもので、少なくとも私にはこれまで観たどの3D作品よりもしっくりきた。上手い表現が浮かばないが擬似的に立体を表現する3DCGの3D(映画の3D化により表現がややこしくなってしまったものだ・・・)とは違い、立体物だからこその自然かつリアルな3Dといった感じ。
正直映像作品3D化の必然性をいまだに実感できないでいる私にとって、ストップモーションと3Dという組み合わせは今後の3D作品におけるひとつの可能性を見せてくれたようにも思えた。

目がボタンに付け替えられてしまった扉の向こうのパパとママはなんとも不気味で怖い。でも仕事で忙しい現実のパパとママに比べて優しいのでコララインの心は揺れ動く。越してきたばかりの知らない土地で一人で遊ぶコララインのレインコート姿はどこか寂しげで、そんな彼女が偶然見つけた扉の向こうの魅力的な世界と優しい両親に惹かれてしまったのも無理なかったのかもしれない。

ラストでワイビー少年が連れてくるおばあちゃん。彼女の存在もワイビーが届けたあの人形も実はコララインの冒険に大きく関係していた。だから目下のところコララインが扉の向こうでの出来事を語り合えるのはおそらくこのおばあちゃんだけ。「あら、スノードーム割っちゃったのね」なんて言ってるママには、たぶん彼女の冒険など信じてもらえないだろう。
だからこそこのエンディング。「話したいことがたくさんあるの!」とコララインが楽しそうにおばあちゃんを出迎える締めくくりがとても印象に残った。これから始まる二人の壮大な会話を予感させつつ・・・。


メガネの上にメガネの違和感やその重さなど、それまで感じていた私の3Dメガネ問題がREAL D方式の新型メガネの登場によりあっけなく解決したことを以前記事にした。しかし今回は近くで上映があったのがX PAND方式のシネコンのみだったため、REAL D採用の上映館を求めてのプチ遠征。X PANDのメガネも軽量化や装着感の改善がなされるといいんだけどなあ。

ちなみにコララインの両親はともに園芸雑誌ライター。SOAR的にちょっと憧れの職業である(笑)

この記事へのコメント

KLY
2010年02月20日 20:22
こんにちは~。
私はXpand方式でしたが、重い上に、今回は色彩が豊かでコントラストがキツメのせいもあって、ただでさえ暗く見える画面が余計暗く見えてしまった感じです。ためしに外したら凄く明るいし。^^;
3Dの良さは確かにあるのですが、これなら2Dで観た方がよかったと感じました。
SOAR
2010年02月21日 01:17
KLYさん、こんばんは♪
Xpandの3Dメガネは形状が私のメガネと相性悪いんですよね。重さや暗さもほんとよく言われてますので、なにかしらの改良をしてほしいものです。
本作や『カールじいさん~』のような、鮮やかな色彩が見せ所でもある作品は暗くなったら楽しみ半減ですよねえ。映画の3D化はまだまだ作り手の一人歩きの段階なのかもしれません。
2010年02月21日 20:39
こんばんは。
本当に見事な手作業の結晶。こんなやりがいのある仕事ができる方って、いいなぁ…と本筋とは違う感想を持ってしまいます。

お話はお子様向けでシンプルだけれど、
見方を変えれば、気をつけないとふとした瞬間に、大事な人の心を見失いますよ、というふうにも取れたのが面白かったです。

こちらでは、上映があるだけいい状態、3Dで観れるのも1館だけなので選択肢もなく、
重くて辛い二重めがねで観なければならないのが辛いところ。
何とか快適に観れると嬉しいんですけどね。。。
SOAR
2010年02月22日 00:18
悠雅さん、こんばんは♪
TVCMや子供向け番組などで数十秒程度のクレイアニメを見ただけでもその膨大な撮影作業を思ってしまうというのに、まるまる1本の長編映画ですからねえ。しかもCGと見紛うような滑らかな動き!
それだけで評価高くなっちゃいますよね。

はい、そうですね。“子の心親知らず”的な訓話という見方もできたように思います。

スクリーンの交換など劇場設備の改修のいらないX PANDは、そのかわりメガネに精密機器を組み込むため重くなっちゃうんですよね。
ちなみに使い捨て感覚で配ってるREAL Dのメガネは、単価がたったの数セントだそうです。
2010年02月22日 11:27
ストップ・モーションだったとは、露知らず・・。
お恥ずかしい限りですが、最近前知識を入れる暇もなく、ただひたすら見れるものから見る・・ということをやってます。
なもんで、逆にもったいないなああと、感じたのですが、作り手としては、そんな手間隙かかってることはおくびにも出さず、満足してますかね。
家で仕事をしなければならないお父さん、お母さんというのは、なかなか区切りがつけられないんですよね。
あの両親の姿は、とっても非アメリカを感じましたわ。
SOAR
2010年02月24日 00:52
sakuraiさん、こんばんは♪
セリック監督の「ナイトメア~」のファンなので、本作は早くからチェック入れてました~。あっちはあっちでティム・バートン好きで観たんですが(笑)

ストップモーションは典型的な自己満足創作ですよね。だから相手がそれに全く気付かなくても、創った側は満足してるのではと思います。
2010年02月26日 23:55
こんばんは。

自分も「ナイトメア~」が大好きなので、とても楽しみにしてた作品で、終始ワクワクしながら鑑賞しちゃいました。

ストップモーションのアニメと3Dは、確かに相性が良いですね。人形達が勝手に動く人形劇を目の前で見ているような感覚になりました。ただ、ちょっと画面が暗く感じたのと、メガネonメガネだったのが辛かったのですが(TOHOでの鑑賞でしたので)。

SOAR
2010年03月01日 00:38
ANDREさん、こんばんは♪
CGという擬似的な立体絵ではなくホントに立体なものを撮影しているわけですから、3D映画として理にかなってるように思います。

TOHOが採用しているXPAND、重さと暗さと掛け心地の不満を訴える方が多いようですね。技術の進歩はすばらしいと思いますが、それが観客にわずかでも苦痛を与えるようでは本末転倒ですよねえ。
2010年03月07日 22:45
こんばんは~♪
お話は単純でしたが(笑)、結構ダークな部分があって、こういうのは好きです♪わりと引き込まれて観たわ~
ただ、コララインがイマイチ可愛く思えなかったのが残念で・・・

コララインのご両親は園芸雑誌ライターでしたね~
スッゴク大変そうでしたが、、、SOARさんにとってピンッとくるお仕事でしょうね
SOAR
2010年03月08日 23:30
由香さん、こんばんは♪
ダークなファンタジー全般が好みというわけではないのですが、好きなものはとことん好きな私。本作はとても気に入りました。たしかにコララインにもう少しかわいらしさがあってもよかったですね。
でもちょっとすねた感じの女の子っぽさはよく出てたように思います。
書くこと好きだし花好きだし、やっぱり転職するならこれやりたい~♪

この記事へのトラックバック

  • コララインとボタンの魔女 3D

    Excerpt: 同名のベストセラー小説を『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』のヘンリー・セリック監督が3Dアニメーションで映画化。魔女が作ったパラレルワールドに迷い込んだ少女の冒険と成長の物語だ。日本語吹替え版では.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2010-02-20 20:23
  • コララインとボタンの魔女 3D字幕版

    Excerpt: 『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』のヘンリー・セリック監督が 同名ファンタジー小説を3Dで映画化したストップ・モーション・アニメ。 偶然迷い込んだパラレルワールドに夢中になるヒロインがやがて訪.. Weblog: だらだら無気力ブログ racked: 2010-02-20 22:02
  • コララインとボタンの魔女 3D/榮倉奈々、劇団ひとり、戸田恵子

    Excerpt: 『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』のヘンリー・セリック監督が贈るストップモーションアニメーションによるダークファンタジーの世界が再びスクリーンに。『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』は私の大好き.. Weblog: カノンな日々 racked: 2010-02-20 22:20
  • 映画「コララインとボタンの魔女 3D」@TOHOシネマズ川崎

    Excerpt:  MovieWalkerさん主権の試写会だ。客入りはほぼ満席、作品柄小さなお子さんも多数来場している。   コララインとボタンの魔女 映画の話  コララインは両親と新しい街に引っ越して来るが、二人とも.. Weblog: masalaの辛口映画館 racked: 2010-02-20 22:21
  • [映画『コララインとボタンの魔女/3D』を観た]

    Excerpt: ☆仕事の前に無理して観に行った。  良かった。  今年のここまでで、一番に満足のいく作品だった。  人形アニメーション、その3D作品だ。  ただ、初めて見たTOHOシネマズ南大沢(だからかは分.. Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 racked: 2010-02-21 04:07
  • コララインとボタンの魔女

    Excerpt: 面白い!そして怖い!   Weblog: Akira's VOICE racked: 2010-02-21 10:36
  • コララインとボタンの魔女 3D

    Excerpt: 小さな扉の向こうに、別のママとパパがいた・・・(日本語吹替え版) Weblog: 悠雅的生活 racked: 2010-02-21 20:34
  • コララインとボタンの魔女 3D版

    Excerpt: こうやって、どんどん3D版になって行くんでしょうか。 Weblog: 迷宮映画館 racked: 2010-02-22 11:18
  • コララインとボタンの魔女3D / Coraline

    Excerpt: {/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 「ナイトメア・ビ.. Weblog: 我想一個人映画美的女人blog racked: 2010-02-23 10:57
  • コララインとボタンの魔女 3D

    Excerpt: コララインとボタンの魔女 3D’09:米 ◆原題:CORALINE ◆監督・脚本: ヘンリー・セリック「モンキーボーン」「ジャイアント・ピーチ」◆声の出演: 榮倉奈々、劇団ひとり、戸田恵子 .. Weblog: C'est joli~ここちいい毎日を~ racked: 2010-02-23 17:06
  • コララインとボタンの魔女 3D

    Excerpt: 手放しで好きなヘンリー・セレックのストップモーションアニメ映画最新作『コララインとボタンの魔女』の3D版字幕版を観てきました。 今回はコンセプトアートを手がけた日本人作家さんがアニー賞を受賞したのだそ.. Weblog: そーれりぽーと racked: 2010-02-25 23:52
  • 映画「コララインとボタンの魔女 3D」

    Excerpt:   Coraline アメリカ 2008 10年2月公開 劇場鑑賞(3D字幕) 愛してやまない映画、「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」のヘンリー・セリックが手掛けるストップモーションアニメということ.. Weblog: Andre's Review racked: 2010-02-26 23:37
  • 扉の向こうのもう一つの世界~『コララインとボタンの魔女 3D』 【吹替え版】

    Excerpt:  CORALINE  築150年の「ピンクパレスアパート」へ引っ越してきたコララインは、勝気な 女の子。ある日彼女は、壁紙で封印された小さな�... Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2010-02-27 17:04
  • 甘い誘惑の裏側。『コララインとボタンの魔女』

    Excerpt: 毎日の生活に不満だらけの少女が新しい町で理想の世界に出会う物語です。 Weblog: 水曜日のシネマ日記 racked: 2010-02-28 10:43
  • 「コララインとボタンの魔女3D」感想

    Excerpt:  「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」のヘンリー・セリック監督最新作。 築150年のボロアパートに引っ越してきたコララインは、新しい町に友達もおらず、両親は仕事が忙しくてかまってもらえないので、とて.. Weblog: 狂人ブログ ~旅立ち~ racked: 2010-03-01 20:39
  • 『コララインとボタンの魔女』への挑戦的なアプローチ

    Excerpt:  コラライン(Coraline)は、いつもキャロライン(Caroline)に間違えられてしまう女の子。  人は誰しも承認欲求があるが、承認どころかコララインと�... Weblog: 映画のブログ racked: 2010-03-02 00:14
  • コララインとボタンの魔女

    Excerpt: 1コマごとに人形やセットを動かしながら撮影するストップモーションアニメということで気になっていました~3D吹き替えで鑑賞です―【story】コララインは両親と新しい街に引っ越して来るが、二人とも仕事が.. Weblog: ★YUKAの気ままな有閑日記★ racked: 2010-03-04 15:35
  • 「コララインとボタンの魔女 3D」 ヒトリボッチの世界

    Excerpt: 昨年末の「アバター」は3D映像をコンピューターを駆使することによってすごくナチュ Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2010-03-08 21:46
  • コララインとボタンの魔女

    Excerpt: 築150年のピンクパレス・アパートへ引っ越してきた少女コララインが、新しい家で見つけた小さなドアを開けると、その先はレンガでふさがれていた。 真夜中、ふと目覚めてドアを開けると、そこには昼にはなかった.. Weblog: 象のロケット racked: 2010-03-09 00:25
  • コララインとボタンの魔女

    Excerpt: この作品、気になってました。 アカデミー賞にもノミネートされてましたね。(^^)v 「目をボタンにする」というのが怖い感じ。 怖い映画は苦手ですが、 もし怖い映画でも、アニメなら大丈夫かも。f.. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2010-08-16 01:22
  • 【映画】コララインとボタンの魔女…とほぼ関係無いバトンの話

    Excerpt: 本日から夜勤の私ですが、今週って間に休みを挟んでいるから、すぐに終わっちゃうんだね 割と楽に過ごせそうでホッとしているところです…まぁあくまでも多分楽だろうという段階ですが…。 ... Weblog: ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 racked: 2010-11-01 08:59
  • コララインとボタンの魔女

    Excerpt: コララインとボタンの魔女 / CORALINE 2009年 アメリカ映画 監督・製作・脚本:ヘンリー・セリック 製作:ビル・メカニック クレア・ジェニングス メアリー・.. Weblog: RISING STEEL racked: 2011-01-14 22:34
  • コララインとボタンの魔女

    Excerpt: CORALINE/09年/米/100分/ファンタジー・ホラー/劇場公開 監督:ヘンリー・セリック 原作:ニール・ゲイマン『コララインとボタンの魔女』 声の出演:ダコタ・ファニング、テリー・ハッチャー.. Weblog: 銀幕大帝α racked: 2011-02-17 00:57
  • コララインとボタンの魔女

    Excerpt: 夏ですから怖い話し。 怖い話と言えば2008年この夏一番切な Weblog: LIFE ‘O’ THE PARTY racked: 2012-08-02 01:13