『ハート・ロッカー』・・・もうひとつのイラク戦争

イラク戦争を題材にしながらこの作品にはスーパーホーネットも、ストライクイーグルも、アパッチロングボウも、エイブラムスも、ブラッドレーも登場しない。

戦場の兵士たちを主役に据えながらも、指揮命令系統をめぐっての上官との確執や衝突といったありがちな描写もなく、ただただ下士官と兵からなる爆発物処理チームの日常を追い続ける。(士官と彼らのやりとりが一定時間描かれるのはわずか1シーンのみだったかと思う)

にもかかわらず本作が描く真の戦争に圧倒されまくりだった。
バグダッド市街をハンビーで移動しながらひとつひとつ爆弾の処理をしていく主人公たちが発するピリピリした緊張感。言葉一つで互いの信頼関係さえも危うくなるような極限の任務。爆弾に向き合う者、周囲の民間人を警戒する者。そんな彼らの集中力をそぐような戦闘機の爆音が絶えず上空から響き渡る。
派手な戦闘シーンやアクションがない代わりに徹底した緊迫感が途切れることなく続き、DVD売りの少年との束の間の交流などもいい意味で余韻など感じさせてはもらえない。途中挟まれる膠着状態の狙撃戦も映像や間合いが秀逸で、長尺作品ながら最後まで時間を忘れてのめり込んでしまった。

最初のミッションで彼らが処理する“爆弾”に私はまず驚いた。セリフでも出てきたがこれは爆弾として作られ仕掛けられたものではなく、155ミリ榴弾を細工したものなのだ。先端に信管を仕込み電気コードをつないだ様は、他の映画やコミックに登場する爆弾とは全く違う。二重三重のトラップが仕掛けられ“●●をしたら即爆発”という代物を相手に、例えばジェド・豪士のようなスペシャリストが額に汗をにじませつつ解体し、最後はお約束の“赤と青どっちだ!?”に至るあの手の爆弾ではないのである。

陸自のFH70、75式、99式といった155ミリ榴弾砲の実射を毎年見学する機会がある。公開演習ということで火薬量をかなり減らしているにもかかわらず、数キロ先の弾着地点から観客席にその都度到達する熱風を思い出した。
あの砲弾、しかも火薬がフルに詰まった物を利用した爆弾が目の前に転がり、それを手作業で処理するという状況が現実のイラクで行われていたことに言葉もない。“HurtLocker”という表現を初めて知った(heartではなくhurt)。恐怖さえも超越した極限の精神的ストレスに異国の戦地で絶え続ける兵士たちの姿・・・。

戦争映画の二大テーマともいえる反戦思想もアメリカ的なプロパガンダも本作では明確にされない。しかし一方が爆弾を仕掛けもう一方がそれを処理するという繰り返しに何の生産性もないことは否が応にも伝わってくる。
そして真に恐ろしいのは冒頭で提示されるように兵士にとって戦争が麻薬となり得ることだろう。ブラボー中隊での任務を終え家族との安息の日々に身をおいたはずのジェームズは、デルタ中隊のメンバーとして輸送ヘリチヌークのランプハッチから再びイラクの地に降り立つ。

防爆スーツに身を包み爆弾に挑まんと歩みだす彼の後ろ姿のラストシーン。
これがリアルな戦争なのだ。

★3/8 追記
第82回アカデミー賞において、作品賞 監督賞 編集賞 脚本賞 録音賞 音響編集賞の6部門受賞!
キャスリン・ビグロー監督、オスカーおめでとう!!

この記事へのコメント

2010年03月07日 14:21
ある意味この映画は第3の戦争映画ですよね。
プロパガンダでも反戦でもない、まさに「今」を淡々と描いているだけ。なのに凄い見応えのある戦争映画。
何となく新しい時代が来たような気がしました。
2010年03月07日 16:43
SOARさん、こんにちは!

死と隣り合わせという非日常な状況が日常となってしまっている兵士たちの姿は戦争というものの本質を感じさせられました。
自分たちが攻撃に使った爆弾が、逆に自分たちに死をもたらす武器になる。
それを解体していく。
生産性がなく、淡々と任務を処理していくその姿に、戦争の不毛さを感じました。
2010年03月07日 17:25
>“赤と青どっちだ!?”
↑ あ~~~、笑わせてくれました。 つい最近も某邦画でこの爆弾もののオチが出てきてしまってました(笑

今までの戦争映画に見られがちな、例えば敵を倒すことに満足を感じているとか大義名分を掲げるとか、そういうお決まりのパターンじゃなく、あくまでも普通の感覚で、いつも戦争をこういう風にしているんだけど・・・ という、本物のリアルを切り取りましたといった印象です。ドキュメンタリーじゃないのが逆に不思議。 
明日はオスカーどうなるんでしょうね。 わくわくします。
2010年03月08日 14:52
こんにちは。
オスカー受賞しましたね!!
SOARさん書かれている通り、反戦思想もプロパガンダもなく、現状をしっかりと伝えている作品だと感じました。
そして兵士が戦争を経験することで抱える精神的な苦悩。
ここが一番怖いです。
本当に緊張感連続の映画でした。
SOAR
2010年03月08日 23:27
にゃむばななさん、こんばんは♪
好戦か反戦のどちらかに偏ったほうが、映画としておもしろいことに変わりはないようにも思います。
ただそれを覆してしまった本作はやはりすごいです。マンネリの戦争映画に新風を吹き込んだ傑作。問題はこれに続くことのできる作品ができるかどうかですね。
SOAR
2010年03月08日 23:28
はらやんさん、こんばんは♪
政治的な決着や進展はあるのかもしれませんが、現場で命を削る兵士たちにとって戦争は不毛な行為以外の何物でもありませんよね。
本作で彼らが解体する爆弾はおっしゃるように自分たちの不発弾が逆に利用されてるケースがほとんどのよう。不毛ですねぇ・・・。
SOAR
2010年03月08日 23:28
rose_chocolatさん、こんばんは♪
お~成宮くんのヤツね!

一番わかりやすい戦争映画は、主観である味方が正義で敵が悪という構図でしょうね。で次が市民目線で戦争そのものを悪とする描き方。敵味方を超えた友情モノなんてのもあります。
こういうのをやらないなら残るはドキュメンタリーでしょと思いきや、いや~本作にはヤラれましたよ。まさに“本物のリアルを切り取りました”って感じでした。

オスカー、昼間の生中継を録画(笑)したものを一気に見終えたとこです。個人的にはアバターびいきでしたが、まあこれは当然と言ってもいい結果ですね。納得のオスカーです。
SOAR
2010年03月08日 23:31
オリーブリーさん、こんばんは♪
やりましたね!もう少し「アバター」と分け合うような結果を予想してましたが圧勝でした~。
戦争を肯定してはいないけど兵士たちを悪くは言ってないので、見方を変えればかすかな反戦思想とかすかなプロパガンダが共存してるようでもあります。もちろんそこに作り手の明確な意思はありませんし、だからこそドキュメンタリーと違った独特の面白さにつながったのかもしれませんね。
湾岸戦争のときのような“正義”という大義名分があいまいになってしまったイラク戦争。いまだ自立も安定もままならないままついに米軍も撤退します。何のための戦争だったのでしょう・・・。
2010年03月22日 19:19
TB有難うございました。
ドキュメンタリー風の作品なので
ストーリー性は皆無でしたが、爆弾処理班から
戦争の日常が非常にリアルでした。

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】~と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!
2010年03月22日 22:55
オスカー受賞決定後、急遽、という感じで上映が始まったわが県、それでも観ることができて嬉しかったです。
とは言え、観ている途中も観た後も、そんなことはすっかり忘れて、
ただ、淡々と描かれていく兵士たちの日常を、辛いのか悲しいのか怒っているのかわからない感情で見つめていました。
余分なものを一切排除して、描きたいものをきちんと描いたという潔さに感服すると同時に、
そこに居る1人1人の兵士たちの無事の帰還を祈る気持ちが一気にわいて来ました。
何だかまだ、うまく言葉にできないですが。。。
SOAR
2010年03月22日 23:15
シムウナさん、こんばんは♪
ストーリー性を排除したことでリアルな緊迫感が伝わりましたね。戦場と家庭を行き来する一兵士の心が微妙に壊れかけている、そんな怖さを感じました。
SOAR
2010年03月24日 01:00
悠雅さん、こんばんは♪
イラクに限らずアメリカの兵士たちが置かれている現状を再認識させられました。アメリカの領土を守るわけでも、アメリカの国民を守るわけでもない戦争。異国の地で、明確な軍隊とは明らかに違う敵と向かい合う緊張感。

授賞式でビグロー監督と脚本を書いた方(お名前失念)が、オスカー像を手に、戦地の兵士たちの無事を祈る言葉をしきりに繰り返していたのがとても印象的でした。

かの地で日本の自衛隊も長期間任務についていたことを、私たちはもう少し意識しないといけないのかもしれませんね。いろんな意味で・・・。
2010年03月29日 22:50
>戦争映画の二大テーマともいえる反戦思想もアメリカ的なプロパガンダも本作では明確にされない。

確かに!「アメリカが世界を救う!」的なことは全く出てきませんでしたね。
声高に反戦を歌っていませんが、静かに力強くその空しさが伝わってきました。
SOAR
2010年03月30日 23:51
vicさん、こんばんは♪
正義のアメリカ万歳映画ではないけれど、戦争の悲惨さをくどくど訴えるわけでもないんですよね。このあたりを淡々と現実的に描いていくと、けっきょく空しさだけが残るんですね。
映画としての感想を表現するのがとても難しい作品ですが、インパクトは大きな物がありました。
なな
2010年04月03日 23:54
地味ですが確かに圧倒されまくりました。
この臨場感は半端じゃなかったです。
アバターのキャッチコピーが「そこにいるのだ」とかでしたけど
こちらの作品もまさに「そこにいる」ような臨場感があって
観終わった後は疲れましたね。
こういう切り口で戦争を捉え
その非人間性や恐ろしさを客観的に描き切る
監督の着眼や手腕に敬服しました。
SOAR
2010年04月06日 00:19
ななさん、こんばんは♪
3Dが作り出すアバターの臨場感も驚きでしたが、こちらのそれはリアルそのものでしたね。
ハンディカメラの乱用(?)が最近ちょっと気になっているんですが、こういう作品、こういう表現でこそハンディカメラ映像が生きてくると思いました。

観後の疲労感、これもまた味わったことのない質のものでしたね。
BROOK
2010年05月12日 06:49
これぞ“真の戦争映画”でしたね。
今までの戦争映画だと、どうしても主人公たちがヒーロー”みたいな感じでしたので・・・。

いやはや、アカデミー賞受賞も納得の出来だったと思います。
ただ、観終わってかなりグッタリしましたけど。
SOAR
2010年05月16日 10:29
BROOKさん、こんにちは♪
フィクションでもドキュメンタリーでもない、新しいスタイルの戦争映画でしたね。アメリカの絶対正義を前提とする作品は鼻につく場合も多々あるので、これはいい流れかと思います。
ただ、たしかに疲れましたねぇ。

この記事へのトラックバック

  • ハート・ロッカー

    Excerpt: 2004年、イラク・バグダッド郊外。 アメリカ軍爆発物処理班・ブラボー中隊のリーダーに、ウィリアム・ジェームズ二等軍曹(ジェレミー・レナ... Weblog: 心のままに映画の風景 racked: 2010-03-07 12:30
  • 映画「ハート・ロッカー」@サイエンスホール

    Excerpt:  客入りは8割くらい、男性客が意外に多い。 映画の話 2004年夏、イラク・バグダッド郊外。アメリカ軍爆発物処理班・ブラボー中隊のリーダーに、ウィリアム・ジェームズ二等軍曹(ジェレミー・レナー)が就任.. Weblog: masalaの辛口映画館 racked: 2010-03-07 13:55
  • 『ハート・ロッカー』

    Excerpt: 恐怖は人間が脳内で作れる唯一の麻薬である。戦争はその麻薬中毒患者を大量に生み出す場である。 爆弾処理班を主人公にした、無機質ながらも類稀なる緊張感が観客を身震いさせるこの映画は、昨今のアカデミー前哨.. Weblog: めでぃあみっくす racked: 2010-03-07 14:26
  • ハート・ロッカー/ The Hurt Locker

    Excerpt: {/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 各映画祭などでの受.. Weblog: 我想一個人映画美的女人blog racked: 2010-03-07 15:43
  • 「ハート・ロッカー」 戦争の負の遺産

    Excerpt: いやはやえらい久しぶりの映画鑑賞です。 こんなに劇場に行かなかった期間が長かった Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2010-03-07 16:25
  • ハート・ロッカー

    Excerpt: The Hurt Locker(2008/アメリカ)【試写会】 監督:キャスリン・ビグロー 出演:ジェレミー・レナー/アンソニー・マッキー/ブライアン・ジェラティ/ガイ・ピアース/レイフ・ファインズ.. Weblog: 小部屋日記 racked: 2010-03-07 16:53
  • プリンセスと魔法のキス【吹替え版】

    Excerpt: The Princess and the Frog(2009/アメリカ)【劇場公開】 監督:ジョン・マスカー、ロン・クレメンツ 出演:アニカ・ノニ・ローズ、ブルーノ・カンポス、キース・デビッド、ジェ.. Weblog: 小部屋日記 racked: 2010-03-07 16:53
  • ハート・ロッカー

    Excerpt: キャスリン・ビグロー監督が元ダンナ、ジェームズ・キャメロンの『アバター』とアカデミー賞を争ってる事の方が話題になってる『ハート・ロッカー』を観てきました。 ★★★★★ イラクで爆弾処理をするチームを.. Weblog: そーれりぽーと racked: 2010-03-07 16:58
  • 『ハート・ロッカー』(2008)/アメリカ

    Excerpt: 原題:THEHURTLOCKER監督:キャスリン・ビグロー出演:ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース、デヴィッド・モース試写会場 : 科.. Weblog: NiceOne!! racked: 2010-03-07 17:19
  • ハート・ロッカー / The Hurt Locker

    Excerpt: 第82回アカデミー賞9部門(作品賞、監督賞(キャスリン・ビグロー)、主演男優賞(ジェレミー・レナー)、脚本賞(マーク・ボール)、撮影賞、編集賞、作曲賞、音響編集賞、録音賞)ノミネート。 監督が、この.. Weblog: 勝手に映画評 racked: 2010-03-07 17:23
  • ハート・ロッカー

    Excerpt:  アメリカ  アクション&サスペンス&戦争  監督:キャスリン・ビグロー  出演:ジェレミー・レナー      アンソニー・マッキー      ブライアン・ジェラティ      レイフ・ファインズ .. Weblog: 小泉寝具 ☆ Cosmic Thing racked: 2010-03-07 17:39
  • 分かっちゃいるけど止められない。『ハート・ロッカー』

    Excerpt: イラクに駐留するアメリカ軍爆発物処理班の兵士たちの姿を描いた作品です。 Weblog: 水曜日のシネマ日記 racked: 2010-03-07 18:11
  • ハート・ロッカー

    Excerpt: 「K-19」のキャスリン・ビグロー監督が、死の危険がいつも伴うイラク駐留の 爆発物処理班のアメリカ兵達の姿を描いた戦争アクション。 爆弾テロの脅威が続くイラクのバグダッドを舞台に、殉職した爆発処理.. Weblog: だらだら無気力ブログ racked: 2010-03-07 18:56
  • ハート・ロッカー

    Excerpt: 2004年、夏。 イラク・バグダッド郊外。 爆発物処理を行う米軍ブラボー中隊の班長が爆死し、後任のウィリアム・ジェームズ二等軍曹が到着した。 彼は一切のルールを無視し怖いもの知らずで作業を進めていく。.. Weblog: 象のロケット racked: 2010-03-07 19:10
  • ハート・ロッカー

    Excerpt: アカデミー賞9部門ノミネート(2/24現在)と賞レースを席捲している作品。イラク駐留アメリカ軍の爆発物処理班の兵士たちを描いた戦争映画だ。『ハートブルー』『K-19』のキャスリン・ビグロー。主演は「2.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2010-03-07 20:26
  • ハート・ロッカー

    Excerpt: 【ハート・ロッカー】 ★★★★☆ 映画(祭)(12)ストーリー 2004年夏、イラクのバグダッド郊外。アメリカ陸軍ブラボー中隊の爆発物処理班 Weblog: りらの感想日記♪ racked: 2010-03-07 21:16
  • ハート・ロッカー/ジェレミー・レナー

    Excerpt: 間もなく開催される2010年の第82回アカデミー賞で最多9部門のノミネートされているある意味今一番旬な作品ですね。賞レース自体にはあまり興味がないと言いつつも年に一度のこの映画の祭典は毎年とても楽しみ.. Weblog: カノンな日々 racked: 2010-03-07 21:28
  • ハート・ロッカー [映画]

    Excerpt: 【THE HURT LOCKER】 2010/03/06公開 アメリカ(PG12) 131分監督:キャスリン・ビグロー出演:ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・フ.. Weblog: 映画鑑賞★日記・・・ racked: 2010-03-07 22:12
  • お薦め映画『ハート・ロッカー』

    Excerpt: 骨太な作品で、センチメンタルな表現は一切ない。今まであまり知られていなかった爆発物処理班の仕事において、彼らがいかに危険で過酷な状況の中、使命感を持って仕事を遂行しているかを知ることができる。 Weblog: ♪心をこめて作曲します♪ racked: 2010-03-07 23:23
  • 「ハート・ロッカー」女性監督が撮った“骨太戦争映画”

    Excerpt: [ハート・ロッカー] ブログ村キーワード 記事投稿日時 2010年2月4日21:23 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始1週間後まで固定。  “本年度アカデミー賞最有力、最多9部門ノミネート.. Weblog: シネマ親父の“日々是妄言” racked: 2010-03-08 00:30
  • ハート・ロッカー

    Excerpt: 永遠を思わせる戦場。 刹那を生きる男たち──。 Weblog: Addict allcinema おすすめ映画レビュー racked: 2010-03-09 00:26
  • ハート・ロッカー THE HURT LOCKER

    Excerpt: <<ストーリー>>2004年夏、イラク・バグダッド郊外。アメリカ軍爆発物処理班・ブラボー中隊のリーダーに、ウィリアム・ジェームズ二等軍�... Weblog: ゴリラも寄り道 racked: 2010-03-09 00:49
  • 「ハート・ロッカー」

    Excerpt:                                「ハート・ロッカー」 ユナイテッドシネマ豊島園にて。 監督・キャスリン・ビグロー 脚本・マーク・ボール この記事を今急いで書いております.. Weblog: ひきばっちの映画でどうだ!! racked: 2010-03-09 14:24
  • ハート・ロッカー

    Excerpt: 処理できないものは人間の心。   Weblog: Akira's VOICE racked: 2010-03-10 16:37
  • ハート・ロッカー The Hurt Locker 特殊なイラクの、また特殊な爆弾処理班の日々。

    Excerpt: 3月7日(日本時間8日)にロサンゼルスで行われるアカデミー賞。 ここで最多9部門にノミネートされているのが、「ハート・ロッカー」。 (作品賞、監督賞、主演男優賞、脚本賞、撮影賞、編集賞、作曲賞、音響.. Weblog: 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ racked: 2010-03-10 22:48
  • 映画「ハート・ロッカー(The Hurt Locker)」

    Excerpt: 『ハート・ロッカー』は時間感覚が秀逸だ。一般的には編集で時間をブツ切りにするのが映画だが、キャスリン・ビグロー監督は「時間」を操ることで緊張感・緊迫感を出し、作品の質感を高める。視覚よりも、聴覚や皮膚.. Weblog: わかりやすさとストーリー racked: 2010-03-11 18:20
  • ハート・ロッカー

    Excerpt: アカデミー賞発表前の公開初日、完売で見れなかった本作見てきました。 流石に、アカデミー賞6冠獲得!     興行成績を塗り替えた「アバター」を抑えての受賞!     初の女性監督、監督賞獲得!    .. Weblog: 映画の話でコーヒーブレイク racked: 2010-03-13 19:03
  • ハート・ロッカー/THE HURT LOCKER

    Excerpt: ちょっと苦手とする戦争ものみたいだし、パスしようかと思ってたんだけど。 アカデミー賞を受賞してしまうと、見ないわけにはいかない。 ということで、平日ちょっと早めに会社を抜けて「ハート・ロッカー .. Weblog: いい加減社長の日記 racked: 2010-03-14 12:51
  • [映画『ハート・ロッカー』を観た]

    Excerpt: ☆今年のアカデミー作品賞だそうだが、私にはどうも、一個の作品としては優れているが、このような冠が与えられるほどの作品とは思わなかった。  イラクでの米軍爆弾処理班の活躍を、ドキュメントタッチに描いた.. Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 racked: 2010-03-14 16:32
  • No.208 ハート・ロッカー

    Excerpt: 今年度のアカデミー賞、作品賞を受賞した作品。 今年は世界興行収入の記録を打ち立てた「アバター」と その20分の1の製作費で作られた本作品との一騎打ちとなった Weblog: 気ままな映画生活 racked: 2010-03-16 01:32
  • 『ハート・ロッカー』

    Excerpt:   □作品オフィシャルサイト 「ハート・ロッカー」□監督 キャスリン・ビグロー □脚本 マーク・ボール □キャスト ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レ.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2010-03-16 08:49
  • ハート・ロッカー そもそも誰が戦場にしたんだ!(;`O´)oコラー!

    Excerpt: 【 {/m_0167/}=13 -4-】 「アバター」のジェームズ・キャメロン監督と、この「ハート・ロッカー」のキャスリン・ビグロー監督、ともに9部門にノミネートされており、しかも監督が元夫妻という対.. Weblog: 労組書記長社労士のブログ racked: 2010-03-16 13:34
  • 映画「ハート・ロッカー」ヒリヒリするような恐怖を感じる

    Excerpt: 「ハート・ロッカー」★★★★ ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース 主演 キャスリン・ビグロー 監督、131分 、 2010年3月6日.. Weblog: soramove racked: 2010-03-17 00:33
  • 『ハート・ロッカー』

    Excerpt: アカデミー作品賞を含め、6部門を受賞したキャスリーン・ビグロー監督作「ハート・ロッカー」を観てきました。 あらすじは 2004年、イラク・バグダッド。駐留米軍のブラボー中隊・爆弾処理班の作業.. Weblog: Matthewの映画日記? racked: 2010-03-17 22:30
  • 【ハート・ロッカー】

    Excerpt: 監督:キャスリン・ビグロー 出演:ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ   永遠を思わせる戦場    刹那を生きる男たち- 「200.. Weblog: 日々のつぶやき racked: 2010-03-18 12:41
  • 戦争中毒~『ハート・ロッカー』

    Excerpt:  THE HURT LOCKER  2004年夏、イラク。バクダッドに駐留する米軍。爆弾処理を担当するブラボー 中隊に、新しい班長が赴任する。  アカ�... Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2010-03-19 18:32
  • ハート・ロッカー

    Excerpt: [ハート・ロッカー] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:中吉 2010年19本目です。 【あらすじ】 2004年、イラク・バグダッド。 ジェームズ二.. Weblog: 必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー! racked: 2010-03-21 00:28
  • 「ハート・ロッカー」感想

    Excerpt:  ちなみに「ハート・ロッカー」とは、「行きたくない場所、棺桶」の意味。2004年夏、イラク。他の軍人に比べて5倍の死亡率と言われる爆発物処理班(EOD)の、38日間の任務を追う。 冒頭、処理作業中にい.. Weblog: 狂人ブログ ~旅立ち~ racked: 2010-03-21 21:48
  • ハート・ロッカー

    Excerpt: 2004年、バグダッド。任務完了まで38日・・・ Weblog: 悠雅的生活 racked: 2010-03-22 22:19
  • なぜアカデミー賞はペテンなのか

    Excerpt: John Pilger 2010年2月10日Information Clearing House 一体なぜ、これほど多くの映画が実にろくでもないのだろう? 今年のアカデミー賞候補作品、プロパガンダ、紋.. Weblog: マスコミに載らない海外記事 racked: 2010-03-22 22:20
  • 「ハート・ロッカー」 息継ぎできない・・・・

    Excerpt: ヒリヒリするような緊迫感、標的を見据えて 目にハエが入ろうとも瞬きもしない・・・・ こちらまで息を凝らし、瞬きできない。 気が付くと、息が苦しくなって、大きな深呼吸。 目もすっかり乾いてしまい・.. Weblog: ノルウェー暮らし・イン・London racked: 2010-03-24 17:21
  • 『ハート・ロッカー』... ※ネタバレ有

    Excerpt: 2008年:アメリカ映画、キャスリン・ビグロー監督、ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース、デヴィッド・モース出演。 Weblog: ~青いそよ風が吹く街角~ racked: 2010-03-25 00:28
  • 映画「ハート・ロッカー」

    Excerpt: 話題の映画「映画「ハート・ロッカー」」を鑑賞しました。 Weblog: FREE TIME racked: 2010-03-26 00:28
  • ハート・ロッカー

    Excerpt:  『ハート・ロッカー』を、日比谷のスカラ座で見てきました。  むろん、この作品が本年度のアカデミー賞の作品賞を受けたことから映画館に出かけたわけですが、見る前まで、タイトルはテッキリ『Heart R.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2010-03-26 05:00
  • ハート・ロッカー◆◇THE HURT LOCKER

    Excerpt: イラクでの取材体験に基づいて描く戦場の恐るべき実態 東宝シネマズ二条にて鑑賞。仕事終了後、急いでシアターに。。。。今日はアカデミー賞6冠に輝いた「ハート・ロッカー」です。ニューヨークアイラブユーパー.. Weblog: 銅版画制作の日々 racked: 2010-03-29 00:48
  • ハート・ロッカー

    Excerpt: 第82回アカデミー賞で、作品賞、監督賞など6部門を受賞した作品。私の住む地域でも上映したので、戦争映画は苦手ながらも観に行ってみた―【story】2004年夏、イラク・バグダッド郊外。アメリカ軍爆発物.. Weblog: ★YUKAの気ままな有閑日記★ racked: 2010-03-29 19:20
  • 映画 ■■ハート・ロッカー■■

    Excerpt: 私がとても感動した「アバター」を抑えて アカデミー作品賞受賞。 しかも作品賞以外の賞も受賞し 今年度のアカデミー書最多受賞作品となった「ハート・ロッカー」 見るつもりはなかったけれど こ.. Weblog: Playing the Piano is ME. racked: 2010-03-29 22:46
  • 「ハート・ロッカー」

    Excerpt: 「俺は死にたくない…あと5センチで破片は喉を血まみれにして…生きるか、死ぬかだ…子供が欲しい…」監督・製作:キャスリン・ビグロー脚本・製作:マーク・ボール出演:ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー.. Weblog: 再出発日記 racked: 2010-04-01 11:11
  • ハート・ロッカー

    Excerpt: The Hurt Locker (2008年) 監督:キャスリン・ビグロー 出演:ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ イラクにて爆弾処理の任務をこなす兵士の命がけの日常.. Weblog: Movies 1-800 racked: 2010-04-03 00:37
  • ハート・ロッカー

    Excerpt: 本年度のアカデミー賞で,アバターを押さえてみごと作品賞,監督賞を含む6部門を勝ち取った作品。イラクに駐留するアメリカ軍の中で兵士の死亡率が最も大という,爆発物処理班の物語だ。いやはや,最初から最後まで.. Weblog: 虎猫の気まぐれシネマ日記 racked: 2010-04-03 23:55
  • 『ハート・ロッカー』

    Excerpt: 監督    キャスリン・ビグロー キャスト  ジェレミー・レナー       アンソニー・マッキー       ブライアン・ジェラティ  第82回アカデミー賞 最優秀作品賞受賞。監督は「K-1.. Weblog: You got a movie racked: 2010-04-04 12:31
  • 【映画】ハート・ロッカー

    Excerpt: ▼動機 戦場ドキュメンタリーっぽさに惹かれて ▼感想 ドキュメンタリーじゃなかった ▼満足度 ★★★★★☆☆ このへん ▼あらすじ 2004年夏、イラク・バグダッド郊外。アメリカ軍爆.. Weblog: 新!やさぐれ日記 racked: 2010-04-06 20:25
  • ハート・ロッカー、アカデミー賞とイラク戦争の名誉回復作業

    Excerpt: David Walsh 2010年3月11日 今年のアカデミー賞式典、陳腐さと、ひきょうの見世物。 アカデミー賞で、最も高く評価された三本の映画、「ハート・ロッカー」、「プレシャス」そして「イングロリ.. Weblog: マスコミに載らない海外記事 racked: 2010-04-07 12:14
  • ハート・ロッカー

    Excerpt: ハート・ロッカー’08:米 ◆原題:THE HURT LOCKER ◆監督: キャスリン・ビグロー「K-17」「ストレンジ・デイズ/1999年12月31日」◆出演: ジェレミー・レナー、アンソニー・.. Weblog: C'est joli~ここちいい毎日を~ racked: 2010-04-08 14:22
  • ザ・シネマハスラー『ハートロッカー』の件で、町山智浩アメリカから緊急電話出演! 配信限定!放課後DA★話特別編(「ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル」(TBSラジオ)ウェブサイト、20...

    Excerpt: ○「ザ・シネマハスラー『ハートロッカー』の件で、町山智浩アメリカから緊急電話出演 Weblog: ラジオ批評ブログ――僕のラジオに手を出すな! racked: 2010-04-09 07:03
  • ハート・ロッカー

    Excerpt: 第82回アカデミー賞の話題の的の作品でしたね。 「アバター 」は観たけれど、 私は、映像以外は今一つだったので 結果は、やっぱりねぇ、、、という感じでしたが、 こちらも観てみないとね。 .. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2010-04-11 23:35
  • ■映画『ハート・ロッカー』

    Excerpt: 2010年の第82回アカデミー賞で最多9部門のノミネートを記録し、作品賞・監督賞、最有力候補とも言われている映画『ハート・ロッカー』。 2004年、イラク戦争で爆発物処理という任務に従事する男た.. Weblog: Viva La Vida! racked: 2010-04-17 05:57
  • 映画:ハート・ロッカー

    Excerpt:  自称映画ブログなのに、最近は全然映画を観に行っていない。観たい映画がどんどん終わってしまう中、時間を作ってハート・ロッカーを観てきました。 Weblog: よしなしごと racked: 2010-05-01 00:29
  • 劇場鑑賞「ハート・ロッカー」

    Excerpt: 遅ればせながら、「ハート・ロッカー」を鑑賞してきました行きつけのシネコンでは5月8日から漸く上映開始に・・・。「ハートブルー」「K-19」のキャスリン・ビグロー監督が、... Weblog: 日々“是”精進! racked: 2010-05-11 16:23
  • ハート・ロッカー

    Excerpt: 作品情報 タイトル:ハート・ロッカー 制作:2008年・アメリカ 監督:キャスリン・ビグロー 出演:ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース.. Weblog: ★★むらの映画鑑賞メモ★★ racked: 2010-09-08 01:29
  • 「ハート・ロッカー」

    Excerpt: お勧め度:★★★☆☆ 製作年 : 2008年 製作国 : アメリカ 配給 : ブロードメディア・スタジオ 監督・製作 : キャスリン・ビグロー 脚本・製作 : マーク・ボール 出演 : ジェレミ.. Weblog: ドゥル的映画鑑賞ダイアリー racked: 2010-09-10 02:12
  • 「ハート・ロッカー」(THE HURT LOCKER)

    Excerpt: イラク戦争の現場バクダッドを舞台に、死と隣り合わせの日常を送る米兵士らの緊迫の姿を描いた戦争ヒューマン・ドラマ「ハート・ロッカー」(2008年、米、131分、キャスリン・ビグロー監督)。この映画は、テ.. Weblog: シネマ・ワンダーランド racked: 2010-09-13 00:41
  • 【映画】ハート・ロッカー…蛇足はダラダラと、で結局フィギュアの話。

    Excerpt: 昨日2010年12月4日(土曜日)の過ごし方… 前日の夕方から始まった夜勤が残業で朝までになってしまい、帰宅できたのがAM7:00過ぎ… それから小一時間ほど入浴、でその後はうつらうつらと…で気が付く.. Weblog: ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 racked: 2011-02-16 03:46
  • ハート・ロッカー 評価:★★★★

    Excerpt: レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます Weblog: 20XX年問題 racked: 2011-02-28 23:38
  • 『ハート・ロッカー』 映画レビュー

    Excerpt: 『 ハート・ロッカー 』 (2008)  監  督 :キャスリン・ビグローキャスト :ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、 クリスチャン・カマルゴ、ガイ・ピアー.. Weblog: さも観たかのような映画レビュー racked: 2011-03-02 20:37
  • ハート・ロッカー

    Excerpt: ハート・ロッカー / THE HURT LOCKER 2008年 アメリカ映画 監督・製作: キャスリン・ビグロー 製作:マーク・ボール ニコラス・シャルティエ グレッ.. Weblog: RISING STEEL racked: 2011-09-02 11:10
  • ハート・ロッカー

    Excerpt: アクションというか戦争スリラーといってもいいような内容でした。 リアルな迫力があって、空気がぢりぢりとしてるので、観終わって本当に疲れました。ドンパチするだけが戦争ではないというのを改めて感.. Weblog: いやいやえん racked: 2011-12-26 09:33