真夏のトレニア

今年の夏もやっぱりトレニアでにぎわう我が家の庭。全部こぼれ種。この涼やかな青紫の気持ちいいこと!

画像

画像

圧倒的に多いのがこの色↑で、全体の9割以上を占める。4年前の春、庭の隅っこに一つまみの種をパラパラっと蒔いたのが始まりで、その後毎年このにぎわいだ。

残り1割がこの色↓

画像

このピンクは年によって花苗を2~3株植えているのだが、こぼれ種で出てくるのはいつも数株。青紫のように増えてくれないんだよねえ。

今年はこんな色も咲いている↓

画像

画像

赤紫はピンクと青紫の交配、薄紫は白と青紫の交配と思われる。

今年はピンクも白も植えなかったので、来年はほぼすべてが一番“強い”青紫になるんじゃないかな。

最近は“夏すみれ”という名前で様々な品種が出回るようになったトレニアだけど、やっぱりこうしたブルー系や淡いピンクの花色が爽やかで好きだな~。

この記事へのコメント

2010年08月17日 15:29
私も大好きですよ~トレニア。
でもメランポジウム同様、まったくこぼれ種で発芽したことがありません。
だからSOARさんの庭のような「トレニアの海」がうらやましいです。
勝手に交配するんですね。
薄紫がとっても気に入りました。
2010年08月17日 19:36
すごい数の開花になりましたね~。とってもきれいです。
最初は、トレニアの名前も知らなかったSOARさんだったのに(笑)
我が家では、まだ1つもこぼれ種株は開花してないのですよ。楽しみです。
SOAR
2010年08月17日 21:10
リコリンさん、こんばんは♪
不思議ですよね~。なんでそちらでは発芽しないのでしょう?
うちの庭は翌シーズンまで種が定着しやすい土質なのかなあ。
トレニアが咲き出すとミツバチより一回り大きなハチが毎年必ずやって来るようになり、花から花へと渡り歩くので交雑が起こるんでしょうね。
SOAR
2010年08月17日 21:11
ちゅうさん、こんばんは♪
はい、今年も庭の空きスペースはほぼトレニアに占領されました。ヒメツルソバをも押さえ込む勢いです!
そうそう、ヒマワリとかアサガオを除けば、最初に覚えた園芸品種がトレニアだったんですよねえ。4年前です、わはは。
そちらも開花が待ち遠しいですね。

この記事へのトラックバック