『十三人の刺客』・・・殺陣それぞれの魅力

片や正義のために暴君を斬らんと命を賭して戦う男たち。片やその暗殺集団から主君を守るべく命を賭して忠義を尽くす男たち。
泰平の世にあって人を斬ったことのない侍たちが、要塞と化した宿場を敵味方入り乱れながら駆け抜ける。
返り血を浴び、自らも血を流し、汗にまみれ泥にまみれ、それでもなお命尽きるまで斬り合う壮絶な終盤は圧巻。
背筋がゾクゾクするほどに見応えある骨太のアクション時代劇だった。

冒頭いきなり始まる切腹シーン、その“音”が強烈だ。明石藩主松平斉韶(稲垣吾郎)の悪政に抗議すべく自害する家老の間宮(内野聖陽)。カメラは内野の苦悶の表情を捉え続けるのだが、腹を切り裂いてゆくその音が耳をふさぎたくなるくらいにリアル・・・。
他にも音でグロさを表現するシーンがいくつかあった。観た方ならわかるであろう「山猿の骨は硬いのう」のシーンもそう。刀を二度三度引く音とその後に聞こえる“ゴトン、ゴロゴロ・・・”はしばらく耳に残りそうだ。

斉韶が将軍家の血筋であるため、幾多の残忍な振る舞いに対し何の咎めも下せない幕府老中土井(平幹二朗)は、悩んだ末に目付の島田新左衛門(役所広司)に暗殺を命じ、ここに斉韶暗殺計画が始動する。
新左衛門はさっそく徒目付の倉永(松方弘樹)とともに仲間となる者を探し出し、やがて12人が集まるのだが、ここで一人一人の個性をより掴めるようなエピがほしかった。
目付の新左衛門、徒目付の倉永、小人目付の三橋軍次郎(沢村一樹)。この3人がそれぞれの配下から選抜したという構図はわかりやすかったものの、顔もよくわからないうちにその他大勢的な扱いになってしまったキャラがいたのが残念。「遅くてもお盆には帰る」と女に告げて仲間に加わる者や二百両を要求しその使途を語る者など、そういうちょっとしたシーン一つでぐっと感情が入りやすくなるものなのに。
全員やってもたったの13人。よその一団みたいに47人もいるわけじゃないんだからさ~(笑)
(ところで沢村が新左衛門の前で最初に名を名乗るときに、「色香恋次郎」と語呂が似ていて吹き出しそうになったのは私だけ?)

終盤の戦闘シーンはいい意味で予想が外れた。
それは移動バリケードやら爆破トラップやら火の牛やらが絶えず発動する中でのチャンバラでなかったこと。三池監督ならそういう派手な環境下での斬り合いを作ると思っていたわけだが、そうではなかった。
まずはこうした仕掛けで迎え撃ち、敵の数を減らしたところで文字通りの真剣勝負に突入する。後半は各人の殺陣だけをたっぷり見せるというこの二段構えの構成がエンターテインメントとして素晴らしい。
新左衛門の「斬って、斬って、斬りまくれーっ!」の掛け声にこちらまで力が入ってしまった。

殺陣について詳しいわけではないが、交互に斬りあう一連の動作が舞うようにさえ見えるテレビドラマのそれとは明らかに違っていたと思う。どこか泥臭く、なり振りかまっちゃいられない感が溢れ、そしてなにより強い殺気がビシビシ伝わってくるのだ。
中でも際立っていたのが松方弘樹。彼の殺陣はやはりさすがで、他の役者とは別格別次元。一手一手の立ち回りは流麗なのに、前述した舞いのような殺陣ではないのである。あくまでリアル。やっぱスゴイわ。

もう一人、非常にインパクトある殺陣を見せてくれたのが伊原剛志。
地面のあちこちにたくさんの刀が刺さった場所に敵を誘い込んでの一戦は、私的に本作一番の見せ場だった。共に戦う弟分に対しての一言がまずかっこいい。「俺の後ろにすり抜けたやつはお前が斬れ」だったか、そう言ってから多勢に切り込んでいく。
二手三手で刀を捨て、地面に刺さる別の刀を引き抜き次の一手。この立ち回りがよどみなく続く。しかも彼は二刀流なのである。つまりこの動作が両手で発生しているわけで・・・。いやあ、これは見事だった。いかにも剣豪浪人といった雰囲気もにじみ出ていた。見入ってしまい記憶が定かではないが、けっこうな長回しの殺陣だったかと思う。素晴らしい!

新左衛門が斉韶の側近鬼頭(市村正親)との一騎打ちを前に、刀に付いた血のりを肘で拭い取るシーンも印象的。単に切れ味を復活させるための行為だったのか、それともかつての同門のライバルでもある鬼頭を斬ることになる刀、その刃を清めるという敬意の表れなのか。これまたいいシーンだった。

さて。好き嫌いが分かれそうなのが伊勢谷友介と岸部一徳のアレ。もちろんこれが三池監督ならではの面白さでもあるのだが、さすがに悪ノリが過ぎたか。伊勢谷が演じるキャラ自体は好きだが、本作の場合こういう三池節をあえて封印する手もあったのではないだろうかねぇ。

ところで、ヴェネチアに出品され喝采を浴びたという本作。それなのに肝心の賞レースではなぜか忘れられてしまったらしい。
審査委員長のタランティーノがどうしてこれを推さなかったのか。モロ彼好みの映画だと思うんだけどなあ・・・。残念。

この記事へのコメント

2010年09月26日 09:25
観終わった後、非常に“疲れて”劇場を後にする作品ですね。
ラスト50分の死闘は映画史に残るんじゃないかと思います。
上戸彩の「あずみ」の200人斬りなんて霞んでしまうくらい。

そうそう、岸辺一徳さんと伊勢谷さんのシーンはちょっとやり過ぎでした。
観客は笑ってましたけど、
映画祭ではカットされたみたいです。
2010年09月26日 10:59
そうですねえ。1人1人の見せ場が偏ったのはありました。 高岡くんも障子のシーンは印象に残りましたが、人物的なエピはなかった。 あの場面、あんなに悠長に目と目で会話してる場合じゃないんですが(苦笑)
若手でよかったのは波岡くんと窪田くんですね。 この2人、特に波岡くんは個別のエピソードなかったにも関わらず、立ち居振る舞いだけで印象付けるものがありました。 窪田くんは伊原さんとの掛け合いもよかったです。

ともあれこれだけ出ちゃうとそれもしょうがないけどね。。。
ベテラン勢の貫録にもまた酔いしれますね。
SOAR
2010年09月26日 15:10
BROOKさん、こんにちは♪
そういえば最近疲れて劇場を後にする作品って、なんか多くありません?
精神的な面もあれば肩こりなど肉体的疲労を感じる作品もあります。
これは息抜きに映画を~なんて思っていると逆効果になりかねませんが、観るほうも力が入る作品ってやはりすばらしいですよね。
本作のラスト50分がまさにそれでした。

そうなんですか?なるほどなあ。映画祭参加にあたってはさすがに封印したんですね、監督。
SOAR
2010年09月26日 15:10
rose_chocolatさん、こんにちは♪
最初からリーダー格とその仲間たちという格の違いを見せ切れてない以上、腕前や歳の差以外はやはり13人に均等な扱いがほしかったなと。

あ、やっぱりあれが高岡くんね。そうじゃなくても最近の若手の見分けが付かなくなってきてるのに、だんだんと顔や着衣が血と泥でどす黒くなってくからそれぞれの最期に至ってはもう誰が誰やら(笑)
あれは明らかな油断ですが、あの王道的死に様はやっぱりドラマチックだよね。
窪田くんは待ち伏せ連中と一戦交えた後の演技が印象的でした。伊原剛志とのコンビもよかった~。
2010年09月26日 16:03
時代劇のチャンバラって悪く言えば敵が間を考えて斬られに来てくれるのですが、この映画ではそんな優しさなど微塵もなし。
間を空けた瞬間に斬られる。その緊迫感を50分も続けてくれるなんて、さすが三池崇史監督!
2010年09月26日 17:44
吾郎ファンであり市村ファンでありチャンバラ好きである私にはパラダイスのような作品でした♪こんな見応えのある活劇は時代劇では久しぶりですよね。あの圧倒的な迫力のある50分の死闘では、超ベテランの松方さんの素晴らしい殺陣、鬼気迫る伊原さんの殺陣に見惚れてしまいました。こういう時代劇をこれからもドンドン作っていて欲しい!と心から思いました。
そうそう、国際ヴァージョンでは、殿が犬食いをするシーンと小弥太と宿頭のアーッなシーン(笑)と、お艶のラストショットはカットされているそうです。
2010年09月26日 21:17
こんばんは♪
先日は5周年のコメントありがとうございましたっ。
冒頭の切腹シーンは妙にリアルでしたね、音が・・・うわっ。そのほか結構グロいシーンがありましたね。
50分にもわたる斬りまくりシーンは圧巻でした。
2010年09月26日 22:29
こんばんは。
確かに、13人のうちの数人の影が薄くて、元々、日本の若手男優に疎くて、余計によく見知ったベテランとか、
お目当てで観に行った人たちに注目してしまった感じでした。
13人をそれぞれ詳しく描いたらとっても長くなっちゃうから、思い切って端折って、後半の戦闘場面に重点を置いたということなんでしょうね。

人それぞれお目当てがあったり期待する部分が違っても、押並べて好評が多い作品ですね。
こういう日本映画、よくぞ作ってくれました。
SOAR
2010年09月27日 23:49
にゃむばななさん、こんばんは♪
いわゆる時代劇のチャンバラはその一連の流れを楽しむ殺陣でしょうしそれはそれで見応えはあるわけですが、本作のチャンバラはまさに斬るか斬られるかを見せてくれるすさまじい殺陣でしたね。
あの50分は映画史に残る名場面となるでしょう。
SOAR
2010年09月27日 23:50
ななんぼさん、ご無沙汰しちゃってます。
時代劇好き、チャンバラ好きな人には至福の50分だったのではないでしょうか。私は伊原さんの二刀流にしびれてしまいましたよ。

犬食いは斉韶の異常性を表すいいシーンだと思いますが、カットですか~。ラストショットも吹石ちゃんの表情が見事なんですがねえ・・・。もったいない。“アーッなシーン”は・・・なくてもいいけど(笑)
SOAR
2010年09月27日 23:50
yukarinさん、こんばんは♪
5周年同期ということで引き続きよろしくです。

あの切腹、身の毛のよだつ思いでしたよ。あれは強烈でした。でも無駄なグロさやエグさではないですよね。命をかけての抗議、その無情さ悲痛さがビシビシ伝わりました。
そしてラストの斬りまくり。ほんと圧巻でしたね~!
SOAR
2010年09月27日 23:50
悠雅さん、こんばんは♪
私も最近の若手が区別つかない子が多くて・・・。とりあえずNHKのおかげで以蔵とゲゲゲはバッチリなんですが、残念ながら『BECK』は興味なし(笑)

どうせならそのことで話題になるくらい尺が長いのもありだったかなと、本作の場合はそんな風にも思います。まあ三池監督がやりたかったのはやはりラストの戦闘シーンであり、そこにはオリジナルへのリスペクトがあるんですよね、きっと。

“みなごろし”を訴えたあの女性など三池監督ならではのキツイ描写も多かったけど、本作ではどれもいいスパイスになっていましたよね。彼の作品とはどうも相性がイマイチなのですが、本作はかなりど真ん中です!
Maria
2010年09月28日 17:31
>背筋がゾクゾクするほどに見応えある骨太のアクション時代劇だった
>新左衛門の「斬って、斬って、斬りまくれーっ!」
そして刀の血のりを拭き取る場面…好きです!
久しぶりに出向いた映画館、期待に応えてくれました
グロテスクとも言える場面、夕食に思い出して困りました--;
でも実際は百姓娘の場面に涙してしまいました
SOAR さんのレヴューも大変楽しく読ませて戴きました
いつもながら素晴しいレヴューでございました パチパチパチ
TB させて頂きますね
SOAR
2010年09月29日 22:03
Mariaさん、ご無沙汰です。
暴君暗殺話ながら刺客たちによる仇討ちではないし、彼らが明石藩の人間ではない以上クーデターでもありません。
依頼を受けた第三者たちが命を取りに行くということで、これは『仕事人』に共通するんですよね。
そこがウケている部分なのかもしれません。

新左衛門が心を動かされるあの娘は、我々観客にとっても衝撃でした。その身の上を聞かされその姿を見た観客は、いつの間にか14人目の刺客となって映画の中に入り込んでしまうんでしょうねえ。
2010年10月15日 07:52
こんにちは!
見ごたえあった作品でしたね。
いろいろと賛否両論あるようですが、あたしは天晴れ派です。
平和な時代に、戦士のはずの武士と生まれた本懐をいろんな形で遂げた姿を見たような気がしました。
伊勢谷君と岸部さんは、その対極の姿として、閑話休題だったもですね。
SOAR
2010年10月17日 10:13
sakuraiさん、こんにちは♪
三池監督の時代劇ということで、斯くも見応えあるチャンバラが生まれましたね。
大河の戦国時代物に出てくるような目をギラギラさせた武士とは明らかに違う面々が、刀を振り人を斬ることに徐々に陶酔していくようなある種異様な雰囲気もよく出てたと思います。まさに本懐を遂げた戦士たちですね。
2010年11月27日 18:05
初めまして pataです。
先々月の日記ですが、お邪魔させていただきます。
『十三人の刺客』は見応え抜群で、久々に熱い気持ちになれる映画でした。
4回見たのですが、まだまだ見たい!と思わせてくれます。
早くDVDなりブルーレイを発売してほしいです。
SOAR
2010年12月01日 00:37
pataさん、はじめまして♪
よ、4回ですかっ!?
それはすっかりハマってしまわれたようですね。おっしゃるように見応えのある骨太の熱い映画でした。
終盤の殺陣はこれぞチャンバラという印象で、私もすっかり見入ってしまいましたよ。
ふだんなかなかリピート鑑賞ができない私としても、早くのDVD化を期待したいところです。

この記事へのトラックバック

  • 劇場鑑賞「十三人の刺客」

    Excerpt: 「十三人の刺客」を鑑賞してきました1963年の傑作時代劇を「クローズZERO」「ヤッターマン」の三池崇史監督が豪華キャストでリメイクした時代劇エンタテインメント大作。権... Weblog: 日々“是”精進! racked: 2010-09-26 09:22
  • 十三人の刺客

    Excerpt: 刀を使うことを忘れた侍が、主君のためと体制維持のために戦うことになる。泥にまみれて命を掛けた戦いの壮絶さを実感するほどに、なんという愚かなことかと思う。究極の反戦映画であり、一級の娯楽作品にもなってい.. Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver racked: 2010-09-26 09:25
  • 【映画】十三人の刺客(2010)

    Excerpt: <十三人の刺客(2010) を観て来ました> 製作:2010年日本 ←クリックしてね。ランキング参加中♪ ヤプログさんのご招待で、試写会にて鑑賞しました。いつもいつもありがとうございます。 1.. Weblog: ★紅茶屋ロンド★ racked: 2010-09-26 09:29
  • 十三人の刺客

    Excerpt: 痛快と興奮と切なさに満ちた男たちの生き様!   Weblog: Akira's VOICE racked: 2010-09-26 10:34
  • 『十三人の刺客』(2010)/日本

    Excerpt: 監督:三池崇史出演:役所広司、山田孝之、伊勢谷友介、沢村一樹、古田新太、高岡蒼甫、六角精児、波岡一喜、近藤公園、石垣佑磨、窪田正孝、伊原剛志、松方弘樹、松本幸四郎、稲垣... Weblog: NiceOne!! racked: 2010-09-26 10:41
  • 十三人の刺客

    Excerpt: 1963年に公開された工藤栄一監督の『十三人の刺客』を『クローズZERO』、『ヤッターマン』の三池崇史監督がリメイク。悪逆非道な暴君を天下万民の為に討つべく集まった十三人の刺客の命がけの戦いを描く。主.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2010-09-26 11:01
  • 映画「十三人の刺客」@朝日ホール

    Excerpt:  客入りはほぼ満席、客年齢は高い。今回は「yahoo!映画」ユーザーレビュアーとして招かれました。      十三人の刺客オリジナル・サウンドトラック 映画の話 幕府の... Weblog: masalaの辛口映画館 racked: 2010-09-26 11:17
  • 十三人の刺客

    Excerpt:  日本  時代劇&アクション&サスペンス  監督:三池崇史  出演:役所広司      山田孝之      伊勢谷友介      沢村一樹 【物語】  幕府の権力をわが物にするため、罪なき民衆に不.. Weblog: 小泉寝具 ☆ Cosmic Thing racked: 2010-09-26 15:28
  • 『十三人の刺客』

    Excerpt: 斬って、斬って、斬りまくれっ! これぞ日本映画史に残る息抜き知らずの壮絶なる死闘を描いた傑作。もうラスト50分に興奮しまくりでしたよ。 活劇時代劇の傑作と謳われたオリジナルに「これぞ三池!」色を見.. Weblog: こねたみっくす racked: 2010-09-26 16:03
  • 映画『十三人の刺客』

    Excerpt:  1963年公開の時代劇映画の名作を、監督・三池崇史、主演・役所広司ほか豪華キャストでリメイクした話題作。映画の後ろ半分、ほとんど斬り合�... Weblog: 闘争と逃走の道程 racked: 2010-09-26 16:34
  • 映画『十三人の刺客』試写会鑑賞

    Excerpt:  19日は有楽町朝日ホールで映画『十三人の刺客』の試写会を観て来ました。25日から劇場公開されますが、一足早く観られて嬉しかったぁ♪  ... Weblog: 続・蛇足帳~blogばん~ racked: 2010-09-26 17:38
  • 映画『十三人の刺客』

    Excerpt: 『十三人の刺客』を見に、ユナイテッド・シネマ豊島園へ。 地下鉄の駅の階段を上り、地上に出たら、あらすぐとなり。 Weblog: Today's keen! racked: 2010-09-26 17:59
  • 試写会「十三人の刺客」@よみうりホール

    Excerpt: 今年1番の傑作娯楽時代劇だと思います名作との呼び声も高い1963年公開の工藤栄一監督の『十三人の刺客』のリメイクです十三人の刺客価格:4,253円(税込、送料別)とにかくこの新しい... Weblog: 流れ流れて八丈島 racked: 2010-09-26 18:02
  • 十三人の刺客

    Excerpt: 監督は三池崇史。 出演は 役所広司、山田孝之、 市村正親、伊原剛志、松方弘樹、 稲垣吾郎、伊勢谷友介、沢村一樹、 古田新太、松本幸四郎 六角精児、、高岡蒼甫、 窪田正孝、吹石一恵等、 超豪華キャ.. Weblog: 花ごよみ racked: 2010-09-26 18:50
  • 十三人の刺客

    Excerpt: 2010/09/25公開 日本 PG12 141分監督:三池崇史出演:役所広司、山田孝之、伊勢谷友介、沢村一樹、古田新太、高岡蒼甫、六角精児、松本幸四郎、稲垣吾郎、市村正親命を、燃やせ。幕府の権力をわ.. Weblog: 映画鑑賞★日記・・・ racked: 2010-09-26 20:57
  • 「十三人の刺客」万民のため殺された者たちの無念を晴らすため暴君と戦った刺客たち

    Excerpt: 9月25日公開の映画「十三人の刺客」を鑑賞した。 この映画は1963年に公開された 「十三人の刺客」を再び映画化した作品で、 暴君により殺された人々のために命を懸けて 暴君を討とうと13人の刺.. Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2010-09-26 22:10
  • 十三人の刺客

    Excerpt: み な ご ろ し Weblog: 悠雅的生活 racked: 2010-09-26 22:14
  • 十三人の刺客

    Excerpt: 1963年に公開された工藤栄一監督の傑作時代劇『十三人の刺客』を『ヤッタ ーマン』の三池崇史監督がリメイクしたエンターテインメント時代劇。 将軍の弟ということでやりたい放題の凶悪な暴君を暗殺するた.. Weblog: だらだら無気力ブログ racked: 2010-09-27 00:45
  • 映画「十三人の刺客」感想

    Excerpt: 映画「十三人の刺客」観に行ってきました。 1963年に公開された同名の時代劇映画のリメイク作品。 作中に切腹シーンがあったり、手足を切り落とされた裸の女性が映し出されるシーンがあったりすることもあ.. Weblog: タナウツネット雑記ブログ racked: 2010-09-27 02:01
  • 十三人の刺客 だいわはうちゅ~o( ̄ー ̄;)ゞううむ

    Excerpt: 【{/m_0167/}=42 -13-】 試写会、三池監督と役所広司が舞台挨拶で、お客さんを巻き込んで写真撮影があった。 おはよう朝日(関西ローカルの朝の番組)とかスポーツ新聞に取り上げられるかと思っ.. Weblog: 労組書記長社労士のブログ racked: 2010-09-27 09:23
  • 十三人の刺客

    Excerpt: 江戸時代末期。 将軍の弟で、翌年には老中への就任が決定している明石藩主・松平斉韶(なりつぐ)は、残虐な性質で不条理な殺戮を繰り返していた。 幕府老中・土井は斉韶暗殺を決断し、御目付役・島田新左衛門に密.. Weblog: 象のロケット racked: 2010-09-27 13:54
  • 侍の道~『十三人の刺客』

    Excerpt:  江戸時代末期。時の将軍の弟で、明石藩主である松平斉韶(稲垣吾郎)は極悪 非道な暴君。しかし、年明けには老中への就任が決まっている�... Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2010-09-27 19:42
  • 『十三人の刺客』は世界を目指す!

    Excerpt:  トドーン!と迫るぶっとい毛筆のタイトル。黒澤映画もかくやと思わせる迫力に、三池崇史監督の覚悟と意気込みのほどが知れよう。  これぞ... Weblog: 映画のブログ racked: 2010-09-27 20:24
  • 「十三人の刺客(2010)」斬って斬って斬りまくれ!

    Excerpt: 300人対13人、まさに多勢に無勢。 現実的には、この戦力差を逆転することはほと Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2010-09-27 22:26
  • 庄内映画事情PART16~「十三人の刺客」その1

    Excerpt: 庄内映画事情PART15「鶴岡まちなかキネマその2」はこちら。  開巻、その居住 Weblog: 事務職員へのこの1冊 racked: 2010-09-27 22:41
  • 十三人の刺客

    Excerpt: 《十三人の刺客》    「お命頂戴仕る」この言葉には 何か魅かれるものがあります故あって目上に究極のとどめを刺す時さえも 礼儀をわきまえた言葉遣いそして役所広司がこの言葉を発した時は素晴しかったです!.. Weblog: Maria racked: 2010-09-28 17:32
  • 十三人の刺客

    Excerpt: 徳川家慶の弟・斉韶が権力を手にすることになる。 この人が、とんでもなく悪い奴で、こんな人が偉くなっちゃたまらん! 密かにやっつけちゃおう! と、参勤交代で移動中の斉韶様ご一行を、十三人の.. Weblog: うふふ・映画三昧。 racked: 2010-09-28 23:12
  • 十三人の刺客

    Excerpt: 『悪人』を観ようか、コチラにしようか迷ったんだけど・・・【story】罪なき民衆に不条理な殺戮を繰り返す暴君、松平斉韶(稲垣吾郎)を暗殺するため、島田新左衛門(役所広司)の下に13人の刺客が集結する。.. Weblog: ★YUKAの気ままな有閑日記★ racked: 2010-09-29 21:45
  • 映画「十三人の刺客」

    Excerpt: 「十三人の刺客(2010)」(映画.com) 「十三人の刺客(2010)」オフィシャルサイト 十三人の刺客@ぴあ映画生活 十三人の刺客 - goo 映画 ○作品情報(映画.com) 監督:三池崇史 .. Weblog: itchy1976の日記 racked: 2010-10-01 19:44
  • 13人の刺客

    Excerpt: 将軍の腹違いの弟であるため、 残忍な非道な行いにもお咎めのない明石藩主・松平斉韶(稲垣吾郎)。そればかりか彼には次の老中職が待っている。彼が幕府で権力をふるうのを阻止するため、お目付け役の島田新左衛.. Weblog: シネマ大好き racked: 2010-10-03 15:14
  • 『十三人の刺客』

    Excerpt: 注・台詞、内容に触れています。1963年に公開された工藤栄一監督『十三人の刺客』を『オーディション』『中国の鳥人』『ゼブラーマン』『妖怪大戦争』『クローズZERO』『神様のパズル』など(本当に多数、撮.. Weblog: 映画雑記・COLOR of CINEMA racked: 2010-10-04 12:11
  • 飽きさせない立ち回り「十三人の刺客」

    Excerpt: 将軍の腹違いの弟である明石藩主・松平斉韶(なりつぐ)は暴挙をつくす。御目付役・島田新左衛門はこの暴君を闇に葬るよう密命を下される。�... Weblog: 筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編- racked: 2010-10-05 17:47
  • 十三人の刺客

    Excerpt: 命を、燃やせ。 製作年度 2010年 上映時間 141分 原作 池宮彰一郎 脚本 天願大介 監督 三池崇史 出演 役所広司/山田孝之/伊勢谷友介/沢村一樹/古田新太/六角精児/石垣佑磨/..... Weblog: to Heart racked: 2010-10-05 20:59
  • 【十三人の刺客】

    Excerpt: 監督:三池崇史 出演:役所宏司、山田孝之、伊勢谷友介、沢村一樹、古田新太、高岡蒼甫、波岡一喜、石垣佑磨、稲垣吾郎、   松本幸四郎、市村正親、三石研     命を、燃やせ。 「江戸時代末期.. Weblog: 日々のつぶやき racked: 2010-10-06 11:06
  • 十三人の刺客

    Excerpt: <<ストーリー>>幕府の権力をわが物にするため、罪なき民衆に不条理な殺りくを繰り返す暴君・松平斉韶(稲垣吾郎)を暗殺するため、島田... Weblog: ゴリラも寄り道 racked: 2010-10-09 00:18
  • 映画:「十三人の刺客」♪。

    Excerpt: 平成22年10月11日(月)。 映画:「十三人の刺客」感想。 【監  督】三池崇史 【原  作】池宮彰一郎 【脚  本】天願大介 【音  楽】遠藤浩二 【キャスト】役所広司・山田孝之・.. Weblog: ☆みぃみの日々徒然日記☆ racked: 2010-10-11 14:46
  • 『十三人の刺客』

    Excerpt:   □作品オフィシャルサイト 「十三人の刺客」□監督 三池崇史 □脚本 天願大介□原作 池宮彰一郎 □キャスト 役所広司、山田孝之、伊勢谷友介、沢村一樹、古田新太、高岡蒼甫、     .. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2010-10-12 12:12
  • 「十三人の刺客」斬って、斬って、斬りまくれ~!

    Excerpt: [十三人の刺客] ブログ村キーワード  三池崇史 監督が、真面目に遊ばず(?)に撮った時代劇エンタテインメント大作。1963年に製作された、工藤栄一 監督作のリメイク。「十三人の刺客」(東宝)。迫力.. Weblog: シネマ親父の“日々是妄言” racked: 2010-10-13 23:45
  • 十三人の刺客

    Excerpt: 贅沢三昧!このくらいしちゃってもらっていい!! Weblog: 迷宮映画館 racked: 2010-10-15 07:52
  • 十三人の刺客

    Excerpt:  ヴェネチュア国際映画祭では評判が高かったと聞こえてきたこともあり、『十三人の刺客』を有楽町のTOHOシネマズ日劇で見てきました。 (1) Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2010-10-30 09:05
  • 十三人の刺客

    Excerpt: 地元での上映はほぼ終わってしまい諦めていたところ、所用で訪れた広島県呉市の映画館 Weblog: C note racked: 2010-12-23 11:44
  • 十三人の刺客

    Excerpt: 10年/日本/141分/時代劇アクション/PG12/劇場公開 監督:三池崇史 原作:池宮彰一郎「十三人の刺客」 出演:役所広司、山田孝之、伊勢谷友介、沢村一樹、古田新太、六角精児、伊原剛志、松方弘樹.. Weblog: 銀幕大帝α racked: 2011-05-13 21:37
  • 『十三人の刺客』 映画レビュー

    Excerpt: 『 十三人の刺客 』 (2010)  監  督 :三池崇史キャスト :役所広司、市村正親、山田孝之、沢村一樹、吹石一恵、高岡蒼甫、松方弘樹、松本幸四郎、稲垣吾郎、古田新太 1963年に公開さ.. Weblog: さも観たかのような映画レビュー racked: 2011-05-20 01:51
  • 十三人の刺客(三池崇史監督)

    Excerpt: 予告編、面白そうだったんですよね。 弘化元年3月。 明石藩江戸家老間宮図書が、 明石藩主・松平斉韶の暴虐ぶりをしたためた訴状と共に 老中・土井邸の門前で切腹自害。 将軍・家慶の弟である斉.. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2011-06-06 14:04
  • 三池崇史監督 「十三人の刺客」

    Excerpt: 工藤栄一監督が1968年に撮った名作「十三人の刺客」を、「ヤッターマン」や「クローズ・ZERO」そして「忍たま乱太郎」等を撮った三池崇史監督がリメイクした2010年の作品 SMAPの稲垣吾郎が残虐な.. Weblog: 映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。 racked: 2011-09-10 11:41
  • 命を、燃やせ。「十三人の刺客」

    Excerpt: Weblog: Addict allcinema おすすめ映画レビュー racked: 2011-11-23 15:12
  • ■映画『十三人の刺客』

    Excerpt: いやいや、これはすごい…。まさに“手に汗握る”衝撃作でした。 前半は“いかにも時代劇”なカット割りやカメラワークで静かに物語を説明していき、後半は怒涛の大アクション・ムービーに変身するこの映画『.. Weblog: Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ> racked: 2011-11-25 05:07
  • 別館の予備(感想212作目 十三人の刺客)

    Excerpt: 1月22日 十三人の刺客(感想212作目) 下記TBアドレスの別館にTBして頂けると有難いです TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum.. Weblog: スポーツ瓦版 racked: 2012-01-22 13:16