『最後の忠臣蔵』・・・16年後、完結の日

吉良邸討ち入り後に姿を消したとされる寺坂吉右衛門。四十七士の中で唯一切腹を免れたこの人物と、討ち入り前の江戸潜伏中に逐電した数名の中の一人として名が残っている瀬尾孫左衛門。元禄赤穂事件、いわゆる忠臣蔵にかかわりながら生き延びてしまったこの二人のその後を劇的に描いたのが本作である。

長尺がまったく気にならないほどの見応え。生き恥をさらすという考え方が当たり前の時代にあって、死ぬことを許されなかった男たちの生き様が熱くも切ない。
討ち入り前夜に内蔵助から呼び出され、「そなたの命、わしに預けてくれぬか」と切り出された孫左衛門。
一方、吉良を討ち取り泉岳寺へ向かう道中、内蔵助からある使命を受け「身をいとい命を惜しめ」と言い聞かされたうえで隊列を離れた吉右衛門。
与えられた使命を全うしながら、その“時”を待ち続けたふたりがついに幕を下ろす忠臣蔵。討ち入りから16年経ってようやく訪れる真の完結。終盤には込み上げる涙がとうとう止まらなくなってしまった。

役所広司と佐藤浩市。この二人の堂々とした演技は言うまでもなく圧巻であり、例えば役所演じる孫左衛門の家に佐藤演じる吉右衛門が訪ねてくるシーンなど、セリフもないのに両者が目と表情だけで見せるやりとりが実に素晴らしい。強く見つめ合うようで微妙に視線をそらし、涙をこらえんと宙をさまよう佐藤の目にはやられた。

主役二人の脇を固める俳優陣もいい。
登場シーンは少ないが存在感たっぷりの大石内蔵助を見せてくれた片岡仁左衛門。
逆に言えばこの少ない出番で内蔵助の人柄を強く印象付けられる役者でないと、終盤で彼の忘れ形見である娘可音の嫁入り行列にお供を願い出る者が次々と現れるというクライマックスの説得力がなくなってしまう。仁左衛門の内蔵助があったからこそ、あのクライマックスが感動を呼ぶのである。
思えば最近の“海老蔵騒動”で玉三郎と共にその尻拭いをさせられている片岡仁左衛門。歌舞伎にはとんと疎い私だがそちらのほうにもエールを送りたい。

そして語らないわけにいかないのがその内蔵助の隠し子である娘、可音を演じた桜庭ななみ。
主役はたしかに役所と佐藤ではあるが、桜庭の完璧な演技がないとそもそも本作は成り立たない。10代の彼女が杉田監督から求められた物はかなり大きかっただろうに、それを彼女なりに見事に表現していた。彼女の出演作品で観たことがあるのは、その題材(宇宙飛行士)と高山侑子目当てだった(笑)テレビドラマの『ふたつのスピカ』が唯一なのだが、あのときも彼女、喜怒哀楽の表現がうまかったな。

育ての親である孫左衛門を慕う気持ちの微妙な変化。年頃の娘が寄せる淡い恋心。まるで『レオン』のジャン・レノとナタリー・ポートマンを思わせる二人の想いがどこまでも切なく、胸を震わせる。
可音のこの心理描写をうまく引き立てるのが並行して登場する浄瑠璃の『曾根崎心中』。孫左衛門とゆう(安田成美)により純粋に育てられたであろう彼女がこれを見物したことで男女の色恋に目覚め、孫左衛門を意識し始める。同時にそれまで慕っていたゆうに対しても猛烈な嫉妬心を見せる。少女から大人の女へ。このあたりの桜庭の演技はとても巧かった。

可音を嫁がせたことで使命を果たした孫左衛門が最後に取ろうとする行動。それを察していたからこそ、ゆうはその夜にあんな誘いを仕掛けたのであろう。死なせないために「残りの人生を私と・・・」と申し出たのだ。決していやしい色仕掛けではなかったと思いたい。
婚礼の席から姿を消した孫左衛門を追う吉右衛門も、彼がしようとしていることに気付いていた。まさに事の真っ最中に駆けつけた吉右衛門が、介抱するのではなくすかさず刀を抜こうとしたことがいかにも武士らしい。そしてそれを見越していた孫左衛門の一言がまた泣かせる。

自分の素性を知る可音もまた、自分が嫁ぐことで孫左衛門が何をするのかわかっていたに違いない。「嫁になど行かない。孫左とずっと一緒にいる」と駄々を捏ねた彼女の本意はそこにこそあったのではと、そんなふうにも読み取れた。
最初の浄瑠璃見物を中座することになった可音が、帰宅後に物語の続きを孫左衛門に問うシーンがある。「あの二人は心中するんです」という孫左衛門の答えに、彼女は何を思ったろう・・・。


清々とした竹林。紅く染まるモミジ。奥深い雪景色。篠突く雨。軒下の干し柿。


美しくもどこか物悲しい情景の下で、大きな運命を背負いながら美しく成長した大石内蔵助の娘が嫁いだ日・・・忠臣蔵が本当に完結した日。

映画のレビューを日々こうして公開している上で、頻繁に使わないように心がけている言葉がふたつある。“琴線”と“涙腺”である。しかし今回使わずしていつ使うのかと。
本作は日本人の心の深いところに強く優しく訴えてくる傑作である。その琴線はいつまでも振れ続けるし、一度緩んだ涙腺はしばらくは戻らない。
ハッピーエンドこそ叶わないが、それほどに大きくて心地よい感動を多くの人がきっと味わえると明言したい。ぜひ劇場で。


☆役所広司・佐藤浩市・安田成美 出演作過去記事

 『十三人の刺客』・・・殺陣それぞれの魅力 '10/09/26
 『ATOM』・・・「まつ毛のないアトムなんて!」(友人談) '09/10/12
 『パコと魔法の絵本』・・・アヤカ・ウィルソンの才華 '08/09/14

 『誰も守ってくれない』・・・救いのない中から見えてくる希望 '09/01/24
 『感染列島』・・・明日地球が滅びるとも今日君は '09/01/18

 『時をかける少女』・・・走れあかり!走れ里依紗!! '10/03/13


この記事へのコメント

2010年12月19日 19:56
何て言っていいのか・・・
観終わった後、エンドロールをしっかりと見つめ、
終わった後も暫く立てませんでした。
観客のほとんどがそんな状態に。

キャスト、ストーリー、演出、映像・・・
全てが良かったとしか言えませんね。
今、作品のことを考えても、涙が出てきそうになります。
もしかしたら、今年1番の作品に出会ったかもしれません。
SOAR
2010年12月20日 01:22
BROOKさん、こんばんは♪
私の鑑賞劇場も同じでした。年配の方を中心にけっこう席が埋まっていましたけど、エンドロール中に席を立った方は、私の目に入る範囲ではただお一人でしたよ。

なんというか巧みに計算された演出が見事でしたね。杉田監督って細かいところに徹底してこだわりそうな印象があります。
私も年間の5本指は固いんじゃないかなあ。
2010年12月20日 09:49
サムライの主従関係の複雑さも垣間見えました。
何と言っても二人の名優に挟まれながら、堂々と演じきった桜庭ななみが素晴らしかった。
感情の起伏も武家子女としての立ち振る舞いも見事でした。
にゃむばなな
2010年12月20日 14:26
今回いつも以上に頑張っている佐藤さんを霞めるくらいに素晴らしい演技を見せてくれた役所さんの演技力の凄さ。
これは日本映画史に残りますよ。

人形浄瑠璃の挟み方も凄く効果的でしたね。
役者だけでなく監督の演出も見事な映画でしたよ。
2010年12月20日 23:38
元々忠臣蔵のお話は好きではありますが、今回はキャストに惹かれてというかそれ目当てで原作まで事前に読んで楽しみにしていました。役者さんたちも皆すばらしかったですし、映像もすばらしく、予想以上によくて、涙が止まらなかったです。

孫左衛門が可音に浄瑠璃の結末を教えてあげるシーンは、「曽根崎心中」に女性の足を持った男が死ぬ覚悟を伝えるという場面があるので、余計に二人の関係というか心の中はどうなんだろう・・・と重ねてしまいました。
SOAR
2010年12月21日 22:44
KGRさん、こんばんは♪
吉右衛門は厳密には足軽の身分なんですよね。“士”ではないから腹を切らせなかった。そんな解釈もできるかもしれません。
最初と最後で桜庭の表情も立ち振る舞いも別人のようでしたね。
SOAR
2010年12月21日 22:44
にゃむばななさん、こんばんは♪
死ぬことを許されず、武士として生きることも許されず。そんな孫左衛門がやっと武士として最期を迎える瞬間。素晴らしかったですね。
心中話の“曾根崎心中”を巧みにリンクさせる演出も見事です。
SOAR
2010年12月21日 22:44
みゆみゆさん、こんばんは♪
可音の足を洗うシーンはどこかなまめかしく感じたのですが、なるほど曾根崎心中のワンシーンを絡めているわけですね。
育ての親として預かった赤ん坊が美しく成長したとき、孫左衛門が彼女に注ぐ愛情はどういうものだったのでしょうね。はっきりした男女の恋愛感情はないにしろ、それに近い複雑な想いが両者にあっただろうなあ。
2010年12月24日 06:52
SOARさん、書き込みはお久です(*^_^*)
いつも、こちらで映画の感想を読んでは、ワクワクしております。
「最後の忠臣蔵」は、涙線との戦いになりそうですね^^; 週末にでも時間を作って観てこようと思います。

多忙中とのこと、ご自愛くださいね^^;
2010年12月24日 11:14
突然で申しわけありません。現在2010年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票は1/20(木)締切です。ふるってご参加いただくようよろしくお願いいたします。
日本インターネット映画大賞のURLはhttp://www.movieawards.jp/です。
なお、twitterも開設しましたので、フォローいただければ最新情報等配信する予定です(http://twitter.com/movieawards_jp)
2010年12月25日 18:19
SOARさん、こんばんは。

今日、観てきましたよ^^;
こちらのブログを拝見した後でしたので、
物語の軸のようなものも私なりに理解してから観たこともあって、本当に感動してきました。

年末のあわただしい中でしたが観られてよかったです。

争いごとは嫌ですが、武家社会の凛とした生き方は、
好きです。
SOAR
2010年12月26日 00:57
日本インターネット映画大賞様、了解しました。
今年もたくさん観ましたので、これからじっくり検討してマイベストを選出します。
SOAR
2010年12月26日 00:57
空見子さん、こんばんは♪
こちらこそすっかりご無沙汰しちゃってました~(汗)
数多ある「忠臣蔵」作品群の中ではかなり新鮮な印象を与える一本だと思いました。
実は私そもそも忠臣蔵の話があまり好きではないんですよ。要は殺人未遂の罪で極刑となった地方公務員の部下たちが、判決を不服として被害者宅に不法侵入し殺害するってことですよね。仇討ちになってない気が・・・(汗)
その点本作はその後の話ということで、素直に観ることができましたし心から感動させてもらいました。
2010年12月31日 01:23
こんばんは~SOARさん。

本当に桜庭さんの頑張りがなかったら、成立しなかったと思います。
セリフや細かな所作、一所懸命、勉強したのだろうな~と感じました。

生きて欲しい…そうも願うのですが、いや、やはり、これが武士なんですよね。
SOAR
2010年12月31日 17:24
オリーブリーさん、こんにちは♪
桜庭ななみにスポットを当てたメイキング番組をCSで見たのですが、クランクインの一ヶ月前から杉田監督の猛特訓を受けたようです。琴の演奏シーンでの手元アップも彼女本人が弾いているとのことで、かなりがんばったんでしょうね。応援したい若手女優さんが一人増えました。
Maria
2010年12月31日 23:39
いつもながらSOAR さんの視点や表現に感服です
それにしても〈重苦しくなく〉それでいて心の奥に達するような作品に仕上っていたと思います
それぞれが人を思い、自分の行くべき道を踏み違えないということは こんなにも美しい…と主人の去った家の隅々をカメラが追うエンディングは
この作品を反芻する静かな時間となりました
TBさせて下さいね
良いお年をお迎えくださいませ
SOAR
2011年01月01日 17:15
Mariaさん、あけましておめでとうございます♪
いつもほめて頂いてありがとうございます(喜)
人が人を互いに思い合うことの美しさ、おっしゃるようにそれをしっかり見せてくれる作品でしたね。登場する人物の誰もが誰かを想っている・・・。美しいです。

家の内外をカメラが巡り、そして孫左衛門と可音の16年の日々がフラッシュバックされるエンディングもよかったなあ。ここでもうひと泣きさせられました。昨年の締めにいい作品に出会えてよかったです。

今年もよろしくお願いします。

この記事へのトラックバック

  • 劇場鑑賞「最後の忠臣蔵」

    Excerpt: 「最後の忠臣蔵」を鑑賞してきました『四十七人の刺客』の池宮彰一郎が忠臣蔵の後日譚を描いた同名時代小説を役所広司と佐藤浩市の主演で映画化。赤穂浪士の中にあって名誉の死を果... Weblog: 日々“是”精進! racked: 2010-12-19 19:53
  • 映画『最後の忠臣蔵」@よみうりホール

    Excerpt:  客入りは7~8割くらい、客年齢は高い。    映画の話 忠臣蔵として有名な赤穂浪士の吉良邸討ち入りでは46人が主君に殉じ切腹するが、二人の男が生き残った。討ち入り前日に... Weblog: masalaの辛口映画館 racked: 2010-12-19 20:16
  • 最後の忠臣蔵

    Excerpt: 『四十七人の刺客』の池宮彰一郎が忠臣蔵の後日譚を描いた同名時代小説を 映画化。 赤穂浪士による吉良邸討ち入り事件の前後にそれぞれ姿を消した二人の男の 使命を全うするべく私心を捨て忠義に殉ずる姿を描.. Weblog: だらだら無気力ブログ racked: 2010-12-19 20:49
  • 最後の忠臣蔵

    Excerpt: 不器用ですから・・・   Weblog: Akira's VOICE racked: 2010-12-19 21:47
  • 最後の忠臣蔵

    Excerpt: 有名な赤穂四十七士の生き残りと、討ち入り前夜に逐電して生き残った2人の侍がいた。討ち入りから十六年、二人の忠臣蔵はいまだ続いていたのだった…。『四十七人の刺客』の池宮彰一郎の同名小説を映画化。監督は『.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2010-12-19 22:58
  • 『最後の忠臣蔵』の販売戦略

    Excerpt:  【ネタバレ注意】  12月14日は元禄赤穂事件(いわゆる忠臣蔵)の討ち入りの日として知られるが、1985年の12月14日は映画『サンタクロース』が封切られた日だ。  サンタクロースが登場する.. Weblog: 映画のブログ racked: 2010-12-20 01:31
  • 試写会「最後の忠臣蔵」

    Excerpt: 2010/11/1、よみうりホール。 1階席は8分の入り、2階席は半分強といったところか。 心なしか、いつもより高齢者が多く、男性も多い。 *      役所広司、佐藤浩市、桜庭ななみ、安田成美、片.. Weblog: ITニュース、ほか何でもあり。by KGR racked: 2010-12-20 09:45
  • 最後の忠臣蔵 古き良き時代劇

    Excerpt: 【{/m_0167/}=51 -14-】 先週末同様、今週末も仕事、次の休みは23日の祝日だ、海に浸かりたいよ~(ノд-。)クスン しかし、役所広司さん、どんな役回りであっても、あかん、やっぱ「だいわ.. Weblog: 労組書記長社労士のブログ racked: 2010-12-20 12:52
  • 『最後の忠臣蔵』

    Excerpt:  歌舞伎で一番好きな仁左衛門さんが大石役で出演されるということで事前に(ミーハーだけど佐藤浩市も好きだし)、原作も読みました。原作の感想記事でも書きましたが、歌舞伎であれ映... Weblog: みゆみゆの徒然日記 racked: 2010-12-20 23:37
  • 最後の忠臣蔵

    Excerpt: 江戸時代。 世間を騒がせた赤穂浪士の吉良邸討ち入り事件(1703年12月14日)から16年。 四十七士の唯一の生き残りである寺坂吉右衛門は、諸国に散った遺族を訪ね歩く旅をようやく終えて京へ向かう途中、.. Weblog: 象のロケット racked: 2010-12-21 10:42
  • 『最後の忠臣蔵』

    Excerpt: 想いを押し殺す。無二の親友を失いかけようとも、かつての仲間から卑怯者と罵られようとも、大石内蔵助の忘れ形見・可音が幸せに嫁がれるまではどんな想いとて押し殺す。それが瀬 ... Weblog: こねたみっくす racked: 2010-12-21 14:11
  • 「最後の忠臣蔵」大石内蔵助の命を最後まで全うした2人の赤穂浪士

    Excerpt: 12月18日公開の映画「最後の忠臣蔵」を鑑賞した。 この映画は忠臣蔵のその後を描いた作品で死ぬ事を許されなかった 2人の武士が再会しそこで大石内蔵助から命じられた命を ... Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2010-12-23 22:29
  • 映画「最後の忠臣蔵」感想

    Excerpt: 映画「最後の忠臣蔵」観に行ってきました。 「忠臣蔵」として有名な元禄赤穂事件で生き残った赤穂浪士達の後日譚を描いた、佐藤浩市および役所広司主演の時代劇作品。 物語は、元禄赤穂事件で赤穂浪士四十七士.. Weblog: タナウツネット雑記ブログ racked: 2010-12-24 00:17
  • 『最後の忠臣蔵』

    Excerpt:   □作品オフィシャルサイト 「最後の忠臣蔵」□監督 杉田成道□脚本 田中陽造□原作 池宮彰一郎□キャスト 役所広司、佐藤浩市、桜庭ななみ、安田成美、笈田ヨシ、山本耕史、伊武雅刀、風吹.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2010-12-26 09:49
  • 日本人の美学。『最後の忠臣蔵』

    Excerpt: 赤穂浪士の吉良邸討ち入り事件後、使命を果たすために生き残った男の姿を描いた作品です。 Weblog: 水曜日のシネマ日記 racked: 2010-12-26 14:32
  • 最後の忠臣蔵

    Excerpt:   赤穂浪士の討ち入りから16年。 大石内蔵助(片岡仁左衛門)から、生き証人として討ち入りの真実を後世に伝え、浪士の遺族を援助せよとの使命を受けていた寺坂吉右衛門(佐藤浩市)は、全国を渡.. Weblog: 心のままに映画の風景 racked: 2010-12-29 16:07
  • 最後の忠臣蔵

    Excerpt: 日本人の心に今も残る赤穂浪士の討ち入り事件の後日談という着眼点がすばらしい。討ち入り前夜に大石内蔵助から密命を帯びて逐電した瀬尾孫左衛門(役所広司)と、討ち入りとしても切腹を免れた寺坂吉右衛門(佐藤浩.. Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver racked: 2010-12-30 07:43
  • 「最後の忠臣蔵」 男の忠義、女の愛情

    Excerpt: そろそろ2010年も終わりです。 やはり年末は忠臣蔵で、ということで「最後の忠臣 Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2010-12-30 10:39
  • 最後の忠臣蔵

    Excerpt:            Weblog: to Heart racked: 2010-12-30 21:32
  • ■映画『最後の忠臣蔵』

    Excerpt: 討ち入りで“死に損ない”、その後の人生を“生き損なった”男の生き様を、日本を代表する二人の俳優、役所広司と佐藤浩市が迫真の演技で見せている映画『最後の忠臣蔵』。 浅野内匠頭の松の廊下での狼藉から.. Weblog: Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ> racked: 2010-12-31 00:17
  • 『最後の忠臣蔵』(2010)/日本

    Excerpt: 監督:杉田成道出演:役所広司、佐藤浩市、桜庭ななみ、山本耕史、風吹ジュン(TOHOシネマズ1か月フリーパス鑑賞 16本目)公式サイトはこちら。<Story>吉良上野介邸討ち... Weblog: NiceOne!! racked: 2010-12-31 18:00
  • 最後の忠臣蔵

    Excerpt: 《最後の忠臣蔵》            役所広司主演の「最後の忠臣蔵」を先日鑑賞してきました《十三人の刺客》を鑑賞して日が浅いですし主演が役所広司の時代劇 と言う事で設定が似ています当然《十三人の刺客.. Weblog: Maria racked: 2010-12-31 23:41
  • 最後の忠臣蔵

    Excerpt: 最後の忠臣蔵'10:日本◆監督:杉田成道「北の国から」(TVシリーズ)「ラストソング」「優駿 ORACION」◆主演:役所広司、佐藤浩市、桜庭ななみ、山本耕史、風吹ジュン、安田成美 ... Weblog: C'est joli~ここちいい毎日を~ racked: 2011-01-04 11:53
  • 「最後の忠臣蔵」感想

    Excerpt:  池宮彰一郎原作。年末時代劇スペシャルの定番「忠臣蔵」の後日談を、実力派・役所広司、佐藤浩市主演で映画化。  本作の影響で、悪役のイメージの強い吉良上野介義央だが、地元... Weblog: 狂人ブログ ~旅立ち~ racked: 2011-01-07 18:56
  • 最後の忠臣蔵

    Excerpt:  『最後の忠臣蔵』を有楽町の丸の内ピカデリーで見てきました(ネタバレあり)。 (1)この映画はどうしても『十三人の刺客』と比べたくなってし... Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2011-01-09 17:58
  • 最後の忠臣蔵 (上)

    Excerpt: 近年、主に藤沢周平の小説を原作とした正統派時代劇が積極的に映画化されていますが、それらにほぼ共通するのは封建制が成熟しきった江戸時代における「武士の生き様」を描いている点で、本作のテーマは、たとえば『.. Weblog: WEBLOG:e97h0017 racked: 2011-01-17 18:16
  • 最後の忠臣蔵 (下)

    Excerpt: 本作のテーマ表現のもうひとつの核となる武士の生き様についての描写もまた「美しさ」を伴って表現されていたということになると思います。『必死剣 鳥刺し』における「武士の生き様」は、そのレビューでも書いたと.. Weblog: WEBLOG:e97h0017 racked: 2011-01-17 18:17
  • 【最後の忠臣蔵】

    Excerpt: 監督:杉田成道 出演:役所広司、佐藤浩市、桜庭ななみ、安田成美 誰もが知る忠臣蔵の、誰も知らない二人の生き残り 「吉良邸討ち入りで死んだ46人、生き残った二人は16年後偶然出会う。 討.. Weblog: 日々のつぶやき racked: 2011-01-18 11:29
  • 『最後の忠臣蔵』

    Excerpt: '10.12.25 『最後の忠臣蔵』@丸の内ピカデリー 忠臣蔵好きなのでこれは見たかった。映画ブロガーさん達の評判もよかったので期待大。 *ネタバレありです 「吉良邸討入り直後、大石内蔵助の密命.. Weblog: ・*・ etoile ・*・ racked: 2011-02-04 01:11