『太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男-』・・・これでは心に響かない

けっきょく何を描きたかったのか、そもそも何が奇跡なのか、伝わる物があまりに弱くて残念。期待が大き過ぎたか・・・。

登場人物たちそれぞれの身の上や互いの係わり合いなど、見せ方を工夫すればもっと深みのあるいい話になりそうなのだが、なんでこうも盛り上がらないのだろう。竹野内豊演じる主人公大場大尉の周りに集まる人物たちは皆魅力的なのに、それがまったく生かされない。

総攻撃を前に自決する部下の少尉、ヤクザ者の一等兵とその仲間、再度合流する曹長や軍曹たち、大場と共に野営のリーダーとなる海軍陸戦隊の少尉、民間人のリーダー、二人の女性、幼い姉弟、捕虜収容所の男たち、大場を意識するアメリカ海兵隊の大尉等々。
ひとりひとりにせっかくいいドラマを用意しながら、その見せ方はあまりに歯切れが悪く中途半端な印象しか残らない。観ていて“ここで盛り上がるぞ”という予感が、ことごとく裏切られていく感じなのだ。会話や映像で見せるべき状況説明も不足がちで、ではそういう判断を観客に委ねるスタイルなのかと言うとそれも違う。

捕虜収容所から説得にやって来た男と、大場の元で野営する彼の子供たちとの絡みをなぜ見せてくれないのだろう。

正統派軍人タイプの大場と唐沢寿明演じるヤサグレ一等兵の関係が、激しい衝突も熱い結束もなく、なぜうやむやで曖昧なまま終わってしまうのだろう。

井上真央と中嶋朋子が演じたふたりの女性はけっきょくなんだったのだろう。前フリがあるのだから中嶋が捕虜になる場面は最低限必要だったのではないか。

山田孝之演じる曹長が徹底抗戦にこだわる思いを描かずして、なぜ最後のあの行動だけを不快に見せつけるのだろう。

サイパンに駐屯する米海兵隊司令の交代劇、前任司令のもったいぶった退任シーンは何の意味があったのだろう。

大場が見つけ、追撃してくるであろう敵に託し、無事に収容所に保護され、アメリカ人ナースに抱かれ、最後は井上真央に抱かれたあの赤ちゃんのエピで、なぜもっと泣かせてくれないのだろう。

大場が米軍からフォックスと恐れられたとするエピソードはあれだけしかないのか。
日本に思い入れがあるとは言えあの海兵隊大尉が敵である大場を尊敬するに至るには弱すぎはしないか。

実話であることは百も承知だが、その内容をそのまま順々に並べただけでは心に何も響かない。戦闘シーンの迫力で見せる作品ではなく、山中にこもった日本兵たちがいかに生き延びたかがポイントなのだから、やはり見せるべくは人間ドラマ。ドキュメンタリーに徹した作りではない以上、感情の激しい起伏を誘うような創作のセンスを発揮してほしかった。少なくとも私はそういう物を求め、期待していた。
そうでなければいっそのことドキュメンタリーとして描き切るか、だ。

モヤモヤと消化不良のままエンディングを迎えてしまったおかげで、軍歌を歌いながらの行進シーンで一人だけ音が外れていることにすらイラだってしまった。いいシーンなのに・・・。こういうの最終チェックの段階で巧く音声処理できないのかな、まったくもう。

いずれにしろタイトルに“奇跡”は的外れに思えてならない。


この記事へのコメント

2011年02月12日 07:12
>そもそも何が奇跡なのか

私もこれは思いました。
タイトルから、もっと何か凄い“奇跡”が起こるのかと想像していたのですが・・・。
タイトルはイマイチでしたね。


そうそう、私もラストの行進&軍歌シーンで、
一人だけ音痴な方がいるのに気付きました。
2011年02月12日 16:03
多分大場大尉の戦績を描いた戦争映画として期待された分、がっかり感が強かったのではないでしょうか?
まぁ奇跡というのは大場大尉があの当時にああいう考え方を行動に移し、結果的に多くの命を救ったことなんでしょうね。
日本軍人ならそうはしないことを彼はした。それが日本軍人を知る人には奇跡に近いものだったのでしょう。
SOAR
2011年02月13日 00:57
BROOKさん、こんばんは♪
“奇跡”という言葉を使う以上、それなりの出来事が起こらないのでは納得できません。集客にはもってこいの言葉ですから、そういう意図もあったのかもしれませんね。

でしょ~。本来はもっとバラバラなのが一番リアルですが、作品として自然なのは無難に合ったユニゾンのはず。一人だけ外れているのはやはり作り手のミスとしか思えません。
SOAR
2011年02月13日 00:58
にゃむばななさん、こんばんは♪
うーん、ちょっと違うかなあ。ミリタリー好きの私も本作に関してはそういうことを期待していたわけではないんですよ。大場大尉という人物について事前に少し予習をしていたのですが、戦場のカリスマヒーローではない彼と、その部下や民間人たちがどうまとまって生き抜いたのかという深いドラマを期待したんです。そのあたりが弱かったなあと。

なるほど、大場大尉の考え方ですか。
あの時代、むやみに死に急ぎ、民間人に冷酷で、海軍と仲が悪い陸軍将校が多かったとしたら、たしかに周囲には奇跡の人だったのかもしれませんね。
2011年02月17日 22:13
こんばんは。
仰ってる意味がわかる気がします。
もうちょっとずつの何かが足りていない感じですよね。
それが引っかかり続けると残念な感じである一方で、
どこにどう着目して観るかで、「いい作品だった」と言えるものでもあるという作品だと思います。

「奇跡」は、ちょっと言い過ぎな気もしますが、
あの時代に、捕虜にならないのに自決もせず、命を粗末にしないで胸を張って投降した指揮官の決断が、
奇跡と呼ぶに相応しいということだったのかと思いました。
SOAR
2011年02月20日 12:44
悠雅さん、こんにちは♪
太平洋戦争を描く作品にはやはり何かずっしりと伝わる物がほしいですし、そうあるべきだと思うんですよね。思想は自由ですからそれが反戦メッセージであれ、美化した内容であれ、ドキュメンタリーであれ。
本作はそういう点で弱さを感じました。「奇跡」だけが一人歩きしてしまったようにも思います。
兵や民を思い行動した指揮官の話も過去にいろいろあるわけですし、大場の生き様でも人間ドラマでも、何か「これだ」という部分がほしかったです。

この記事へのトラックバック

  • 太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-

    Excerpt: 太平洋戦争末期のサイパン島で僅か47人の兵を率いてアメリカ軍を翻弄した大場栄大尉の実話を映画化。主演は『さまよう刃』の竹野内豊。共演にショーン・マッゴーワン、唐沢寿明、井上真央、山田孝之ら豪華なキャス.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2011-02-11 22:48
  • 太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男

    Excerpt: 事実に基づいた物語。太平洋戦争末期の1944年、サイパン島が玉砕してから、大場大尉の物語は始まる。援軍はもちろん、食料・弾薬はおろか、水も乏しい中、512日にも渡り抵抗を続け、最後は、連隊長からの正式.. Weblog: 勝手に映画評 racked: 2011-02-11 23:18
  • 「太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男」国民と兵を守るために512日間戦い続けた指揮官の人望

    Excerpt: 2月11日公開の映画 「太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男」を鑑賞した。 この映画は1944年7月に太平洋戦争で アメリカ軍がサイパン島に侵攻し殆どの日本軍は壊滅した ... Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2011-02-11 23:46
  • 太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男

    Excerpt: 舞台は1944年、 太平洋戦争末期のサイパン島。 最後には47人の兵力に対して 圧倒的な人数のアメリカ軍。 その戦いの中、 大場栄大尉というアメリカ軍から恐れられ、 “フォックス”と呼ばれた日本.. Weblog: 花ごよみ racked: 2011-02-12 00:53
  • 劇場鑑賞「太平洋の奇跡フォックスと呼ばれ...

    Excerpt: 「太平洋の奇跡フォックスと呼ばれた男」を鑑賞してきました太平洋戦争末期、玉砕の島サイパンで、たった47人で敵に立ち向かい、多くの民間人を守り抜いた実在の軍人、大場栄大尉... Weblog: 日々“是”精進! racked: 2011-02-12 06:04
  • 太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男

    Excerpt: 太平洋戦争(第二次世界大戦)末期の1944年6月。 当時日本が統治していたサイパン島にはアメリカ軍が上陸し、捕虜になることを恐れた日本人は次々と“玉砕(戦死)”、“自決(自殺)”していた。 陸軍大尉の.. Weblog: 象のロケット racked: 2011-02-12 06:56
  • 『太平洋の奇跡ーフォックスと呼ばれた男ー』

    Excerpt: これは大場栄大尉の軍人としての戦績を描いた映画ではなく、人としての功績を描いた映画。 それゆえに戦争映画としては物足りなさを感じるものの、人間ドラマとしてはさらに奥深 ... Weblog: こねたみっくす racked: 2011-02-12 16:13
  • 太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-

    Excerpt: 太平洋戦争末期、激戦地となったサイパン島で部隊が壊滅した後も、残存する 47人の兵士を率いてアメリカ軍に立ち向かいながら200人ちかい民間人を守り、 アメリカ軍からフォックスとして恐れられた日本陸.. Weblog: だらだら無気力ブログ racked: 2011-02-12 19:43
  • 太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-

    Excerpt: 公式サイト。ドン・ジョーンズ原作、平山秀幸監督、竹野内豊、ショーン・マクゴーウァン、井上真央、山田孝之、中嶋朋子、岡田義徳、板尾創路、光石研、柄本時生、近藤芳正、酒井 ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2011-02-13 00:03
  • 太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男-

    Excerpt: 2011/02/11公開 日本 128分監督:平山秀幸出演:竹野内豊、ショーン・マッゴーワン、井上真央、山田孝之、中嶋朋子、岡田義徳、板尾創路、阿部サダヲ、唐沢寿明生きて、日本に帰ろう─ ... Weblog: 映画鑑賞★日記・・・ racked: 2011-02-13 22:22
  • 太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男

    Excerpt: 原作はサイパンに従軍した元アメリカ兵のノンフィクションで、竹野内豊演じる大場大尉の家族も協力した映画だ。イーストウッドの「硫黄島」2作もすばらしい戦争映画だったけど、日本の製作でここまでの戦争映画が出.. Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver racked: 2011-02-14 21:59
  • 映画「太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-」感想

    Excerpt: 映画「太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-」観に行ってきました。 大東亜戦争(太平洋戦争)で激戦が繰り広げられたサイパン島のタッポーチョ山で徹底抗戦を続け、民間人を守り通した大場栄大尉(通称フォッ.. Weblog: タナウツネット雑記ブログ racked: 2011-02-15 02:14
  • 『太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男』 開戦から70年だから描けることは?

    Excerpt:  『椰子の実』の歌を聴きながら、私は涙した。  この歌を作詞した島崎藤村は、忌み嫌われる戦陣訓の作成にも参画した人物である。にもかかわらず、日本の戦争映画では、しばしば平和を希求する曲として歌わ.... Weblog: 映画のブログ racked: 2011-02-15 08:00
  • 太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男 とにかく生きるのだ・・・

    Excerpt: 【=12 -3-】 大阪~阪神地区を午後、仕事でウロウロしていたが、すごく雪が降ってビックリ! このまま降り続けたら、明日の朝までに数メートルの積雪にでもなるのではないかとびびったけど、夕方にはすっか.. Weblog: 労組書記長社労士のブログ racked: 2011-02-15 10:19
  • 映画「太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-」日本人は何処へ向かってきたのか

    Excerpt: 「太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-」★★★☆ 竹野内豊、ショーン・マクゴーウァン、井上真央、 山田孝之、中嶋朋子、岡田義徳出演 平山秀幸監督、128分、2011年2月11日公開 日本,東宝 (原.. Weblog: soramove racked: 2011-02-16 07:30
  • 映画『太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-』劇場鑑賞

    Excerpt:  先日、映画『太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-』を観て来ました。この作品は、去年の11月だったかな?『十三人の刺客』を観に行った時に予告編を初めて観まして、久しぶりに予告だけで「観てみたい!」... Weblog: 続・蛇足帳~blogばん~ racked: 2011-02-16 21:49
  • 『太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男-』 | 中嶋朋子、竹野内豊が素晴らしい。

    Excerpt: 観ていていろんなことを考えさせられました。 そういう意味で、今の時代にこのような映画が 作られるというのは大いに意義があることだと思います。 いちばん良かったのは、 ... Weblog: 23:30の雑記帳 racked: 2011-02-17 13:14
  • 太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-

    Excerpt: 赤い目印。山中の水場。タッポーチョの狐。 Weblog: 悠雅的生活 racked: 2011-02-17 22:14
  • 映画「太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-」

    Excerpt: 映画「太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-」を鑑賞。 Weblog: FREE TIME racked: 2011-02-19 20:37
  • ほんの少し勇気があれば・・・。『太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-』

    Excerpt: 太平洋戦争の激戦地サイパン島を舞台に日本人大場栄大尉の実話を映画化した作品です。 Weblog: 水曜日のシネマ日記 racked: 2011-02-20 09:16
  • 映画<太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男->

    Excerpt: 歴史に埋もれた、真実の物語。 アメリカから賞賛された日本人兵士・大場栄大尉。 これは絶望的な状況の中、 最後まで諦めずに生きぬいた大場栄大尉と、 その仲間達の実話に基づく真実の物語である。 .. Weblog: 美味-BIMI- racked: 2011-02-20 14:27
  • 「太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-」見てきました。

    Excerpt: 親愛なるアッティクスへ 昨日、友人と映画「太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-」を見てきました。 (当然、本日はしっかりと二日酔いです(笑)。) 先日も、昭和27年公開の山本薩夫監督作.. Weblog: 平太郎独白録 親愛なるアッティクスへ racked: 2011-02-21 10:42
  • 『太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男』

    Excerpt:   □作品オフィシャルサイト 「太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男」 □監督 平山秀幸、チェリン・グラック□脚本 西岡琢也□原作 ドン・ジョーンズ□キャスト 竹野内 豊、唐沢寿明、シ.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2011-02-23 08:34
  • 太平洋の奇跡 (上)

    Excerpt: 本作のレビューを執筆するにあたっては、作品が有するテーマとその表現方法を明確に分けて書く必要があると感じています。プレビューで書いたとおり、私はこの映画は決して「反戦映画」ではないと考えます。実は日本.. Weblog: WEBLOG:e97h0017 racked: 2011-03-02 10:14
  • 太平洋の奇跡 (下)

    Excerpt: 本作が当時の日本人を描くときに用いた基本的な表現方法にまずは言及しておきたいと思います。クリント・イーストウッド監督が「硫黄島の戦い」を2作品をもって描いたのは、戦争を切り取る視点が一方に偏らないよう.. Weblog: WEBLOG:e97h0017 racked: 2011-03-02 10:15
  • フォックスと呼べる男・竹野内豊

    Excerpt: 『太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-』で、実在した大場大尉を演じた竹野内くんは、本当に見事に魅せてくれました。竹野内ファンでもあり、若い頃のイケメンな彼を思い返すと、こんな役を演じるようになったん.. Weblog: 美容師は見た… racked: 2011-03-03 13:35
  • 「太平洋の奇跡‐フォックスと呼ばれた男‐...

    Excerpt:  ジョン・ジョーンズ原作の長編実録小説『タッポーチョ「敵ながら天晴」大場隊の勇戦512日』を、竹野内豊主演、「愛を乞う人」「必死剣鳥刺し」の平山秀幸監督で映画化。 第二次世... Weblog: 狂人ブログ ~旅立ち~ racked: 2011-03-15 21:36
  • 太平洋の奇跡

    Excerpt:  またまた遅ればせながら、『太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-』を新宿ピカデリーで見てきました。 (1)この映画を見終わって、かなりの人は、どうして主人公の大場大尉(竹野内豊)が、米軍に畏敬の念.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2011-03-19 21:35
  • 映画:太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男

    Excerpt:  すごく久しぶりに有楽町スバル座に行きました。多分、小学生の頃に親に連れて行かれて依頼だと思います。小さくて汚いイメージだったんですが、だいぶ改装されたんですね。と言うわけで、今さらながら.. Weblog: よしなしごと racked: 2011-04-30 00:15
  • 「太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-」 守るべきものは何なのか

    Excerpt: 海外出張の帰りの飛行機の機内で観賞(行きは映画を観る気持ちのゆとりがなかった~) Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2011-06-29 19:46
  • 太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男

    Excerpt: (2011/日本)【DVD】 監督:平山秀幸 出演:竹野内豊、唐沢寿明、井上真央、山田孝之、中嶋朋子、岡田義徳、板尾創路、光石研、柄本時生、近藤芳正、酒井敏也、ベンガル、阿部サダヲ 生きて、日本に.. Weblog: 小部屋日記 racked: 2011-08-27 23:16
  • 太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男-

    Excerpt: FOXHOUNDではありません。 Weblog: Akira's VOICE racked: 2011-12-24 10:23