『ヒア アフター』・・・イーストウッドの新境地もやはり温かい

旅先で津波にのまれ、奇跡的に生還したフランスの女性ジャーナリストを苦しめる臨死体験。
ロンドンで薬物中毒に苦しむ母と暮らす双子の兄弟が遭遇する悲劇と、残された弟の切ない想い。
死者と対話できる能力を持ってしまったことで、辛く孤独な人生を送っているサンフランシスコ在住の男の苦悩。

前半はこの3つのエピソードが並行して描かれてゆく。三者三様の不幸な境遇に当初は共通点が見えてこない。冒頭の津波のシーンを除けば派手な演出も感情を煽り立てるような音楽もなく、それぞれの物語が淡々と進む印象である。
が、やがて“お?”と思わせるヒントが出てくるあたりから3本の糸が少しずつ絡まり始める。例えばそれは「ディケンズ」であったり、「朗読」であったり、「アメリカとイギリスの出版社」あったり。
こうして3人が運命によって導かれるのはロンドンの地。ここで出会うことで3人はそれまでの不幸からようやく解放され、前向きな人生を歩み始めるのだ。

ガツンと一本芯の通ったリアルなヒューマンドラマこそがイーストウッド作品だ・・・というイメージを強く持つ人ほど、本作を見終えると呆気にとられてしまうかも知れない。前情報をできるだけ入れずに鑑賞した私自身がそうだった。だが、胸のうちに心地よくたゆたう穏やかな余韻がなかなか消えないという点で、これはやはりイーストウッドらしい一本だとも思えた。
まくし立てる説明口調のセリフもなく、足りない部分は音楽で補ってしまえと言わんばかりのやかましいBGMもなく、優しく静かに心に触れてくるような丁寧な演出はやはり彼ならではのもの。スピリチュアル要素を多分に含むせいもあってか必ずしも高い評価を得ているわけではないようだが、私には十分満足のいく作品となった。傑作中の傑作と言われる09年の『グラン・トリノ』よりも好みかもしれない。


印象に残ったシーンをいくつか。

津波のシーンは圧巻だ。VFXの産物だとわかっていてなお、“どうやって撮ってるんだろう?”と思わせてしまう本格的な映像に瞬きも忘れるほど見入ってしまった。よくあるVFX“だけ”がウリの作品に比べても何ら遜色がない。イーストウッド作品にこんな映像が登場することもある意味驚きである。この辺はスピルバーグの力が大きいか。

料理教室のくだりで目隠しをして口にした食材を当てるという課題があり、バックに流れる(講師が流している)トゥーランドットのメロディも効果的でこのシーンが妙に官能的だった。

地下鉄のホームで双子の弟が帽子を落としてしまい・・・というあのシーン。これはちょっとベタだな。こういう持って行き方自体は好みなので、それをイーストウッドが撮るとこうなるんだぜ、と言わしめるような斬新な工夫あってもよかったなあと。

握手と笑顔で終わるラストシーン。その直前にジョージ(マット・デイモン)の妄想(あるいは予知)として描かれる●●シーンは私には不要に思えた(というよりちょっと意味がわからなかった・・・)。あれで作品の方向性がブレてしまったのが非常に惜しい。



“イーストウッドにハズレなし”とよく言われる。監督としての彼に対する最大級の賛辞だが、もしかすると作品を重ねるたびにこの“ハズレなし”のハードルが、ファンの心の中で“みなアタリ”にじわじわとすり替わりつつあるのかもしれない。そんなことをふと考えた。

まあ賛否両論あるにせよ少なくとも本作は“ハズレ”ではないだろうし、つまりはイーストウッド神話が崩れたわけでもあるまい。スピルバーグとのコラボから生まれたイーストウッドの新境地は、それでもやはり穏やかで優しくて、そして春の日の太陽のようにぽかぽかと温かい。


この記事へのコメント

2011年02月20日 14:02
イーストウッド監督らしい“作り”になっていましたね。
演出も総じて良かったです。。

地下鉄のあの帽子のシーン・・・
ちょっと涙が出そうになりました。

そして、ラストシーンですが、
どうもしっくりこない感じでした。
握手だけでも良かったと思います。
2011年02月20日 15:14
私はあまり楽しめなかった派ですが、確かにこの作品も「ハズレ」ではないですよね。
ただこのテーマをなぜこの手法で描いたのかだけが疑問でした。
もっとシンプルな描き方でもよかったのに。
2011年02月20日 21:34
こんばんは。
否定的な意見が多数の中、SOARさんはどうご覧になったかどきどきしてお邪魔しましたが、ああ、よかった!
同じような感想を持ってらっしゃって。

>胸のうちに心地よくたゆたう穏やかな余韻がなかなか消えない
そうなんです。観終わったときより(特に、ラスト直前のシーンはどういう意味か、ちょっと戸惑ったので)
後からじんわり効いてくる感じがとても好きです。

「ディケンズ」は、単に伏線の道具じゃなくて、いろんなところで暗喩を感じさせてくれたり、
本人役のデレク・ジャコビの朗読があったり、
何かとてもたくさんのものを、静かにたくさん並べてもらって、
どれについても嬉しい素材だったというか…
酷評を眺めつつ、「よかったけどなぁ」と思うばかりです。
そうそう。いろんなシーンでいろんな形でお花(ここではアレンジメントが主だったけど)が登場したのも嬉しいことの1つ。
最後のテーブルにあったピンクのチューリップが可愛らしかったです。
SOAR
2011年02月20日 23:28
BROOKさん、こんばんは♪
イーストウッド監督の細やかな演出、今回もよかったですね。地下鉄のシーンからのマーカス少年のくだりは涙を誘いました。ただあまりにベタなので、見せ方にもう一工夫あればなお良かったかなと。
ラストシーン、握手ですっきりと終わって、その後の二人のことは観た人それぞれが補完するようになっていたわけですから、直前のあのキスはしっくり来ませんよね。ここはストレート勝負でよかったんじゃないでしょうか。
SOAR
2011年02月20日 23:29
にゃむばななさん、こんばんは♪
シンプルなヒューマンドラマを演出で見せるイーストウッド監督にしては、本作は少々小技に凝りすぎた感じでしょうかね。運命に導かれるままに登場人物たちの人生が交差してゆくストーリーを、彼らしく表現していたと私は感じました。
厳しい評価が多いようですが、それでも“ハズレ”評価まで下している方が少ないのはやはり監督のすごさですね。
SOAR
2011年02月20日 23:31
悠雅さん、こんばんは♪
どきどきさせてすいませんでした(笑)
ラスト直前で戸惑わせたことさえ、観後の余韻で包み込んでしまう後味。これは絶品ですよね!
疲れを癒すのが音楽ではなく朗読で、好きな作家はディケンズで。この設定が後々効いてくるストーリーにも魅了させられました。

そして花。元来私は鉢植えや花壇のほうに意識が行きがちなんですが、登場するさり気ないアレンジメントたちの配置は監督の繊細な演出の賜物なんですよね。おっしゃっているチューリップ、これといった飾り立てのないシンプルな姿があのシーンにぴったりでしたね。

死をテーマにしながら生きることを描く本作。優しく丁寧に撮られた作品にじんわりと感動させてもらいました。

少々気が早いですが、年末に悠雅さんが選ぶベストに本作は入るのか、今からどきどきすることにします(笑)
2011年02月21日 16:29
こんにちは。

これまでと比べると、その「ガツン!!」が薄かったのでしょうね~随分、賛否が分かれてますが、私もハズレではないと思ってます。
イーストウッドの「生と死」に対して、優しさをいっぱい感じることが出来ました。
同じく、ラストの●●シーンは要りませんよぉ~ちょっとガッカリ、どうかと思いました(苦笑)
SOAR
2011年02月21日 21:59
オリーブリーさん、こんばんは♪
いや~皆さんハードル高いなあと驚いております(笑)
優しく淡々と見せながらガツンがあるのがこの監督の味だとするなら、確かに本作ではそのあたりの薄さは否めません。
でも逆に言うと、ガツンがないのに安っぽいわけではなく重厚感はちゃんとあるわけで、そこが彼の力量なんでしょうね。

分かり合える存在に出会えた二人がああなることは必然なのかもしれませんが、それは観客の心の中で補完させればよかったんじゃないでしょうかね。作中唯一の蛇足に思えました。

でも、やっぱり私、この作品好きです~。
2011年03月05日 21:34
こんばんわ!昨日観てきました
大作ではありませんが 私もこの作品好印象です
気持ち良く見終える事が出来ましたし
オペラの曲が盛り上げ過ぎずに 入っているところなど
センスの良さを感じます
地味な良さがある作品だと思いました
SOARさんの印象&解説はほぼ共感です…いつもの事ながら^^
只最後の●●シーン 私は好きでしたよ!
なんだかハートが暖かくなりました
SOAR
2011年03月07日 23:42
Mariaさん、こんにちは♪
もともとこの監督は絵や音や凝ったストーリーで劇的に見せるのではなく、シンプルを貫きながら観終わった後で大きな感動や衝撃をちゃんと残してくれるような作品作りをしますよね。
そういう意味では新境地の印象ですが、じっくり味わってみると少しも変わらない彼らしい作品だったと思います。
あのシーンは絵的にはどこか幻想的でけっして嫌いではありませんが、なくてもよかったかなとも思うんです。
2011年03月13日 14:25
相変わらずクリント・イーストウッド監督は
良質な作品を提供してくれます。
死後の世界はどうなるか?
生きている我々にとってこの先の命題かも
しれませんね。自分は無の世界だと
思ってます。ただ、死んだ人はこの世に
戻らないので精いっぱい、誰かを愛したいと
願う今日この頃です。
SOAR
2011年03月13日 23:01
シムウナさん、こんばんは♪
相変わらずの心地よさ。スピリチュアルな内容であってもイーストウッド監督らしさは健在でしたね。

うまいこと言われますね~。おっしゃるとおりです。死後の世界があるかないか、見解は人それぞれでしょうが、現世に戻ってくることがないのは確かです。愛情を注ぐのは生きている間にしっかりやっておかないといけませんね。

この記事へのトラックバック

  • ヒア アフター

    Excerpt: 静かで前向きな物語。    Weblog: Akira's VOICE racked: 2011-02-20 10:36
  • 『ヒアアフター』(2010)/アメリカ

    Excerpt: 原題:HEREAFTER監督:クリント・イーストウッド出演:マット・デイモン、セシル・ド・フランス、フランキー・マクラレン、ジョージ・マクラレン、ジェイ・モーア試写会場:ニッショー... Weblog: NiceOne!! racked: 2011-02-20 10:36
  • 映画:ヒア アフター 「死別」に苦しむ人々に降り注がれ続けるイーストウッドの眼差し。

    Excerpt: まずカミングアウトすると、実は監督としてのクリント・イーストウッドはあまり好きではなかった。 もちろん、対で戦争を冷酷に描写した「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」は傑作だと思っていたが。 とこ.. Weblog: 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ racked: 2011-02-20 10:42
  • ディケンズの夢、そして朗読。クリント・イーストウッド監督『ヒア アフター』

    Excerpt: ※内容、ラストに触れています。スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮、クリント・イーストウッド監督『ヒア アフター』。主演は『インビクタス/負けざる者たち』に続いてイーストウッド監督と組むマット・デイ.. Weblog: 映画雑記・COLOR of CINEMA racked: 2011-02-20 11:36
  • ヒア アフター / Hereafter

    Excerpt: ランキングクリックしてね ←please click イーストウッドにハズレなし!だったんだケド… 「硫黄島からの手紙」に続き、スピルバーグ製作総指揮で3度目タッグ。 原題「Hereafte.. Weblog: 我想一個人映画美的女人blog racked: 2011-02-20 12:07
  • ヒア アフター

    Excerpt: ヒア アフター ★★★★★(★満点!) いや~。よかったです。ほんと、良い意味で裏切られました。 観たくて、観たくて、試写会にさんざん応募したのですがことごとくハズレナイトショーで鑑賞。 そのくせ.. Weblog: 食はすべての源なり。 racked: 2011-02-20 12:07
  • 映画「ヒア アフター」@ヤクルトホール

    Excerpt:  客入りは7割くらい。試写会の主権はラジオ日本「イエスタデイポップス・ウィズ・シネマダイヤリー」さんだ。映画上映前に横山明日香さんのMCでスポンサー様からの商品案内と抽... Weblog: masalaの辛口映画館 racked: 2011-02-20 12:16
  • ヒア アフター

    Excerpt: クリント・イーストウッド監督、スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮という巨匠2人がタッグを組んだ作品。生とは何なのかに正面から取り組んだ意欲作だ。主演は『インビクタス/負けざる者たち』でもタッグを組ん.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2011-02-20 13:04
  • 劇場鑑賞「ヒアアフター」

    Excerpt: 「ヒアアフター」を鑑賞してきました「硫黄島からの手紙」以来のコンビとなるクリント・イーストウッド監督とスティーヴン・スピルバーグ製作総指揮で贈るスピリチュアル・ヒューマ... Weblog: 日々“是”精進! racked: 2011-02-20 13:49
  • ヒア アフター

    Excerpt: 2011年2月19日(木) 21:25~ TOHOシネマズ川崎4 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:未確認 『ヒア アフター』公式サイト 年に一回は新作を発表しているイーストウッ.. Weblog: ダイターンクラッシュ!! racked: 2011-02-20 15:02
  • 『ヒア アフター』

    Excerpt: 死を忘れるのではなく、受け入れて生きていく。 クリント・イーストウッドやスティーブン・スピルバーグの死生観の下、この映画を通して彼らが言いたいことは何となく分かるので ... Weblog: こねたみっくす racked: 2011-02-20 15:15
  • ヒア アフター / HEREAFTER

    Excerpt: 齢80を超えて、まだまだ健在のクリント・イーストウッド監督作品。臨死体験という、非常に深いテーマを扱っています。 物語の冒頭、いきなり津波のシーンから始まります。2004年のスマトラ沖地震に依る大津.. Weblog: 勝手に映画評 racked: 2011-02-20 16:03
  • ヒアアフター    まさに芸術だ

    Excerpt: 人間は死んだ後どうなるのか、それはもはや宗教の世界の問題になってくる。その問題に真正面から取り組んだのがすばらしい。2時間を越える上映時間に無駄なシーンはない。イースウッド監督の手腕はますます冴え渡り.. Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver racked: 2011-02-20 17:07
  • ヒア アフター

    Excerpt:  アメリカ  ドラマ  監督:クリント・イーストウッド  出演:マット・デイモン      セシル・ドゥ・フランス      フランキー・マクラレン      ジョージ・マク ... Weblog: 小泉寝具 ☆ Cosmic Thing racked: 2011-02-20 20:43
  • ヒアアフター

    Excerpt: 野球帽。チャリングクロス駅。ディケンズの朗読。 Weblog: 悠雅的生活 racked: 2011-02-20 21:19
  • 映画「ヒアアフター」感想

    Excerpt: 映画「ヒアアフター」観に行ってきました。 クリント・イーストウッドが監督を、スティーブン・スピルバーグが製作総指揮をそれぞれ担っている、マット・デイモン主演作品です。 映画「ヒアアフター」では、人.. Weblog: タナウツネット雑記ブログ racked: 2011-02-20 21:20
  • ヒア アフター

    Excerpt: 【HEREAFTER】 2011/02/19公開 アメリカ 129分監督:クリント・イーストウッド出演:マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス、フランキー・マクラレン、ジョージ・マクラレン、ジェイ・.. Weblog: 映画鑑賞★日記・・・ racked: 2011-02-20 22:04
  • 映画レビュー 「ヒア アフター」

    Excerpt: ヒア アフター  原題:Hereafter 【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】 クリント・イーストウッド監督、スティーブン・スピルバーグ製作総指揮。「死」から.. Weblog: No Movie, No Life (映画・DVDレビュー) racked: 2011-02-20 22:54
  • 【映画】ヒア アフター

    Excerpt: <ヒア アフター を観て来ました> 原題:Hereafter 製作:2010年アメリカ ←クリックしてね。ランキング参加中♪ 試写会にて鑑賞してきました。すごく見たかった作品だったので、嬉しい.. Weblog: ★紅茶屋ロンド★ racked: 2011-02-20 23:48
  • ヒア アフター

    Excerpt: 丹波哲郎化したクリント・イーストウッド 公式サイト。原題:HEREAFTER(来世)。スティーブン・スピルバーグ製作、クリント・イーストウッド監督、マット・デイモン、セシル・ドゥ・フラ ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2011-02-21 00:02
  • ヒア アフター

    Excerpt: フランス人ジャーナリストのマリー(セシル・ドゥ・フランス)は、バカンス先の東南アジアで津波に襲われ、九死に一生を得る。 霊能力者として活躍したアメリカ人のジョージ(マット・デイモン)は、今はそ.... Weblog: 心のままに映画の風景 racked: 2011-02-21 13:47
  • 「ヒア アフター」 HEREAFTER

    Excerpt: ・ ウディ・アレン同様、老いてなお盛んとでも言うべきか、ここ最近はほぼ1年に1作のペースで次々と新作を発表し、今や巨匠と呼ばれるようになってしまったクリント・イーストウッド監督の新作である今回の作品、.. Weblog: 俺の明日はどっちだ racked: 2011-02-21 17:52
  • ヒア アフター

    Excerpt: 死後の世界との交信に疲れ果てたアメリカの霊能力者ジョージ、死後の世界を見てしまったフランスのジャーナリスト、マリー、交通事故で亡くなった双子の兄との再会を願うイギリスの少年マーカス。 “死”に直面した.. Weblog: 象のロケット racked: 2011-02-21 20:02
  • 『ヒア アフター』 ボーナスはないものと思え!

    Excerpt:  私は世事にうといので、小田嶋隆氏のコラムではじめて「パワースポット」なるものがはやっていたことを知った。2010年のことである。  パワースポット――敢えて訳せば「力のある観光地」となるだろうか。.. Weblog: 映画のブログ racked: 2011-02-22 07:25
  • 『ヒアアフター』 | 自分の死生観とじっくり向き合う機会を与えてくれる秀作。

    Excerpt: 結論からいうと、とても誠実な良作だと思います。 人間は死んだ後どこへ行くのかという問いは、 個人の死生観や宗教観と直結するデリケートな 問題ですが、クリント・イース ... Weblog: 23:30の雑記帳 racked: 2011-02-22 08:25
  • 人生は必然で出来ている。『ヒア アフター』

    Excerpt: 生と死を身近に体験した人間の物語です。 Weblog: 水曜日のシネマ日記 racked: 2011-02-22 14:03
  • 映画「ヒア アフター」

    Excerpt: 映画「ヒア アフター」を鑑賞しました。 Weblog: FREE TIME racked: 2011-02-22 21:05
  • ヒア アフター  「割れ鍋に閉じ蓋」 か~?英語で言や~Every Jack has his Jillや~(笑)

    Excerpt:  この映画、2つの試写会に当選していたのだけど、どっちも行けなかった。 今の役職(書記長→執行委員長)になってから、様々なアポを空いている日にどんどん放り込んでいて、平日夜のあらかじめフリーな時間がほ.. Weblog: 労組書記長社労士のブログ racked: 2011-02-22 23:50
  • ヒアアフター(2010)☆Hereafter

    Excerpt:   MOVX京都にて鑑賞。「毎日かあさん」、鑑賞後に続けて観ました。「インビクタス~」が私的には今一つだったので、イーストウッド監督作品、ちょっと不安だったのですが、、、。 物凄い感動とまではいき.. Weblog: 銅版画制作の日々 racked: 2011-02-23 10:33
  • ヒア アフター

    Excerpt: ★★★★★ 雄花と雌花と蜜蜂 サンフランシスコとパリ。 遠く離れて生きる男女が出会うべくして出会う物語。 人は過去に囚われて生きている。 その過去とどう折り合いを.. Weblog: スペース・モンキーズの映画メイヘム計画 racked: 2011-02-25 00:47
  • 生と死、そして希望

    Excerpt: 21日のことですが、映画「ヒア アフター」を鑑賞しました。 双子の兄を亡くした少年、津波で死を垣間見た女、死者と話せる能力に苦しみ男 3人が希望を持つまでのドラマ じっくりと 静かに進んでいくスト.. Weblog: 笑う学生の生活 racked: 2011-02-25 20:07
  • 【映画レビュー】ヒアアフター

    Excerpt: 2010年/アメリカ 監督:クリント・イーストウッド 製作 クリント・イーストウッド、キャスリーン・ケネディ、ロバート・ロレンツ 製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、フランク.. Weblog: Hisa-Bo's Walk racked: 2011-02-27 00:30
  • ヒア アフター

    Excerpt: 「クリント・イーストウッドにハズレなし」 この言葉に?偽りなし。 今回も間違いなし、でした。 感服しました。 マイルス・デイヴィスが「俺は音楽を喰って生きているんだ」と言ったように。 ク.. Weblog: SUPER BLOG.JP racked: 2011-02-27 20:01
  • ヒア アフター  HEREAFTER

    Excerpt: 先日ある集まりで突然「神や死後の世界の存在を信じますか?」という質問を受けました。 う~ん、唐突にヘビーな質問でちょっとビックリ。 元々占いなども信じないし、迂闊に聞いて行動を左右されたくない私。 ス.. Weblog: 映画の話でコーヒーブレイク racked: 2011-02-28 01:42
  • ヒア アフター

    Excerpt: クリント・イーストウッド監督ヒア アフター <Story> リゾート地で休暇中に津波に飲み込まれ、臨死体験をする人気キャスターのマリー いつも一緒にいた双子の兄を突然の事故で亡くした、マーカス 死者.. Weblog: 犬・ときどき映画 racked: 2011-02-28 20:32
  • 「ヒアアフター」感想

    Excerpt:  「グラン・トリノ」「インビクタス」のクリント・イーストウッド監督最新作は、双子の兄を亡くした少年、臨死を経験した女性キャスター、人の死に触れる事に疲れ果てた元霊能力者... Weblog: 狂人ブログ ~旅立ち~ racked: 2011-03-04 19:14
  • ヒア アフター

    Excerpt:  『ヒア アフター』を渋谷シネパレスで見てきました。 (1)本作品を監督したクリント・イーストウッド監督の映画は、最近では『インビクタス』や、『チェンジリング』、『グラン・トリノ』を見ているので、こ.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2011-03-05 22:35
  • No.244 ヒア アフター

    Excerpt: 【ストーリー】 巨匠クリント・イーストウッドが、死後の世界にとらわれてしまった3人の人間の苦悩と解放を描いたヒューマン・ドラマ。サンフランシスコに住む元霊能者で肉体労働 ... Weblog: 気ままな映画生活 racked: 2011-03-10 23:08
  • 『ヒア アフター』 映画レビュー

    Excerpt: 『 ヒア アフター 』 (2010)  監  督 :クリント・イーストウッドキャスト :マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス、ジェイ・モーア、ブライス・ダラス・ハワード、フランキー・マク.. Weblog: さも観たかのような映画レビュー racked: 2011-03-11 12:07
  • 映画「ヒア アフター」何より今が一番大切だということ

    Excerpt: 「ヒア アフター」★★★☆ マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス、 フランキー・マクラレン、ジョージ・マクラレン、 ジェイ・モーア、ブライス・ダラス・ハワード出演 クリント・イーストウッド監督、.. Weblog: soramove racked: 2011-03-12 10:42
  • ヒアアフター/HEREAFTER

    Excerpt: <<ストーリー>>霊能力者としての才能にふたをして生きているアメリカ人のジョージ (マット・デイモン)、津波での臨死体験で不思議な光景を見たフランス人のマリー (セシル・ドゥ・フランス)、亡く.. Weblog: ゴリラも寄り道 racked: 2011-03-13 02:19
  • ヒア アフター

    Excerpt: 「硫黄島からの手紙」以来のコンビとなるクリント・イーストウッド監督と スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮で贈るスピリチュアル・ヒューマン ・ドラマ。 死後の世界をテーマに、それぞれのかたちで死と.. Weblog: だらだら無気力ブログ racked: 2011-03-13 02:21
  • 『ヒア アフター』

    Excerpt:   □作品オフィシャルサイト 「ヒア アフター」 □監督 クリント・イーストウッド    &nb.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2011-03-18 12:30
  • ヒア アフター

    Excerpt: ヒア アフター'10:米◆原題:HEREAFTER◆監督:クリント・イーストウッド「グラン・トリノ」「ミリオンダラー・ベイビー」◆出演:マット・デイモン、セシル・ド・フランス、フランキー・ ... Weblog: C'est joli~ここちいい毎日を~ racked: 2011-04-25 11:29
  • ヒア アフター マット・デイモン主演 クリント・イーストウッド監督

    Excerpt: パリで活躍するジャーナリストのマリー(セシル・ドゥ・フランス)は、恋人と一緒に休暇で訪れていた東南アジアで、津波に遭遇。波に飲まれて生死の境を彷徨ったものの、何とか一命を取り留める。 一方、サンフラ.. Weblog: 国内航空券【チケットカフェ】社長のあれこれ racked: 2011-06-13 02:51
  • ヒア アフター

    Excerpt: HEREAFTER/10年/米/129分/ファンタジー・ロマンス・ドラマ/劇場公開 監督:クリント・イーストウッド 製作:クリント・イーストウッド 製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、フランク・マ.. Weblog: 銀幕大帝α racked: 2011-10-05 02:20
  • mini review 11541「ヒア アフター」★★★★★★★☆☆☆

    Excerpt: クリント・イーストウッドがメガホンを取り、スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務めた死と生をめぐる感動的なストーリーをつづるヒューマン・ドラマ。死を身近で体験した3人の登場人物が悩み苦しみ、生と向.. Weblog: サーカスな日々 racked: 2011-10-12 00:36
  • 「ヒアアフター」(HEREAFTER)

    Excerpt: 「グラン・トリノ」「ミリオンダラー・ベイビー」「マディソン郡の橋」などの作品で知られる米映画界の大御所、クリント・イーストウッドが死後の世界を題材にメガホンを執ったヒューマン・ドラマ「ヒアアフター」(.. Weblog: シネマ・ワンダーランド racked: 2011-10-22 22:31
  • ヒア アフター (Hereafter)

    Excerpt: 監督 クリント・イーストウッド 主演 マット・デイモン 2010年 アメリカ映画 129分 ドラマ 採点★★★ “死後の世界”ってのには、常々「あったらいいよなぁ」と思っている私。頭ごなしに否定する.. Weblog: Subterranean サブタレイニアン racked: 2011-11-29 12:41
  • 【DVD】ヒア アフター

    Excerpt: JUGEMテーマ:洋画  ※ 震災を想起させるシーンが流れます。あらかじめご了承ください。クリント・イーストウッド監督、主演マット・デーモンの組み合わせである。 インビクタスに続き.. Weblog: 映画鑑賞&洋ドラマ& スマートフォン 気まぐれSEのヘタレ日記 racked: 2011-12-13 08:35
  • ヒアアフター

    Excerpt: ブログネタ:東日本大震災について今思うこと 参加中 この映画は今年の3月11日の前に 試写会に招待して頂いて観ました。 レビューを書いて、UPしようとした矢先に あの震災が起きました。.. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2011-12-31 00:56