花のチカラ

庭の植物がにぎやかに花を咲かせ始めている。

八分咲きといったところのジンチョウゲは甘い芳香を放ち、その下には白や黄色のクロッカスが毎日花を開く。

画像

花芽をたくさんつけて開花を待つツツジの根元では、紫ストライプのクロッカスが満開だ。

画像

ミニスイセンのティタティタが咲かせる鮮やかな黄色の花は見ているだけで元気になる。私にとってのビタミン剤。

画像

春の陽気に誘われて花数の増してきたビオラやパンジーたちも華やかで、その葉陰からはチューリップの芽が太陽を目指してぐんぐん伸びる。

画像

今月はじめに一鉢増えたクリスマスローズも、昨年からの株と並んでうつむき加減の清楚な花を次々と見せてくれる。

画像


花で空腹は満たされないけれど、疲れた身体や心を癒す不思議な力が花にはきっとある。


いくつもの街が一瞬で波にさらわれた彼の地に花は咲いているだろうか・・・。

ある映画ブロガーさんも書かれていたが、花一鉢が居合わせる人々を元気付けてくれることだってあるのだ。その場の空気をふんわりと和らげてくれることだってあるのだ。
そして、くじけそうな心を支えてくれることだってあるのだ。

昨夜のテレビ。まだ雪の舞うその地で、小さな小さな梅の木に小さな小さな新芽がいくつも吹いている映像が流れていた。家を失った女性が語る。家族にとっての記念樹だったんだと。東北地方ではこれから梅の開花期を迎える地域も多いだろう。その時にはこの小さな梅の木にもかわいらしい花が咲くことを願わずにはいられない。


この記事へのコメント

2011年03月19日 16:43
本当にそうですね
花は枯れてもまた咲いて
一輪の花に無限の命があることを感じます
2011年03月19日 23:41
私の自宅の庭も次々とお花が咲き始めています。
つい数日前、そんな庭を見て、東北にも早く春が訪れてほしい・・と願わずにはいられませんでした。
2011年03月20日 21:16
本当に花をみていると癒されますね…
うちは花はまだクリスマスローズだけですけど、
紫陽花の枝から青々と葉が。
生命の力を信じて、希望を持ちたいですね。
SOAR
2011年03月20日 22:38
おくやぷさん、こんばんは♪
ここに紹介した花のうち一年草はビオラだけで、他はみな毎年確実に芽を出し花を咲かせる植物たち。冬に姿が消えても、枯れたようになっても春を待ちながらちゃんと生きているんですよね。
SOAR
2011年03月20日 22:38
みゆみゆさん、こんばんは♪
被災地に本当の意味での“春”が来るのは何年も先かもしれません。でもまずは今年のこの春ですよね。穏やかな風やきれいな花たちが、荒れた土地を優しく包むといいですね。
SOAR
2011年03月20日 22:39
ちゃいむさん、こんばんは♪
まずは早春の花たちが咲きはじめ、落葉樹が芽吹き出し、そうやって華やぐ春がやってくるんですよね。
被災した方もそうでない方も、この国のすべての人が希望を忘れずにがんばれるといいですね。
2011年03月29日 11:22
こんにちは~♪。
元気に咲き誇る花達に、ほっこりです(^^)。
地面という地球に根ざし、栄養をもらって花開き、
昆虫や小鳥達の糧となり、次の世代にも命を繋いでいく花達。
美しい色彩や優しい緑は、人の心も癒してくれます。
震災で被害を受けた場所でも、土の中や地面には、
きっときっと多くの命達がいきづいていると思います。
温かな陽の光りと花達が、人心にも優しい春を届けてくれるといいな☆と思います。

☆小さな小さな梅の木にも可愛いお花が咲きますように☆。
☆これからを生きるその女性の心の支えでいてくれますように☆。
SOAR
2011年03月31日 01:24
みぃみさん、こんばんは♪
家がなくなってもそこに植えられていた木は残っていたという話に心を打たれました。
おっしゃるように、地面の下では芽を出す時を待っている植物たちが他にもたくさんあるはずですよね。廃墟と化した地で、芽を出し花を咲かせるであろう植物たちこそ「ど根性○○」と呼ぶにふさわしいかもしれません。
眠っていた草木の目覚めと共に、優しく暖かい春が東北の地に訪れるよう祈りたいですね。

この記事へのトラックバック