『阪急電車 片道15分の奇跡』・・・人生の機微に触れるとき

有川浩の原作がとにかく好きで好きでそれはもう大好きで、これまでに何度読み返したことか。
宮部にしろ伊坂にしろこれほど繰り返し読んだ本は他にない。それだけに原作での主要人物のうち一組のカップルが登場しないと知った時は愕然としたものだが、いざ観終えてみるとこのカップルが抜けたことで起こる矛盾をきちんとフォローしたうえで、原作の“味”を少しも損なわない脚本が素晴らしかった。好きな小説が映画化されると、とたんにトゲトゲした酷評に走る傾向にある私も本作については文句なし!

前述のカップルは考えてみればイレギュラーなキャラでもあるのだ。原作の往路冒頭で宝塚線から乗り換えてきた彼らは、他の登場人物たちに少しずつ影響を与えながら復路ラストで再び宝塚線に乗り換えていく。なるほど、今津線が舞台の本編には登場させず、その代わりにスピンオフドラマで主役を張らせるというスタイルも十分アリなのかもしれない。(このスピンオフドラマについては後述)

前置きは切り上げて映画のほうに話を戻そう。
ある電車の乗客たちがそれぞれの利用駅を乗り降りしながらすれ違う中で、時にさりげなく、時に大きくかかわりあう様子を描いていくスタイルは、単なるオムニバスや群像劇とは一味違う面白さに溢れていて観る者をまったく飽きさせない。また往路と復路で約半年の時間差があるのもいい。これによって登場人物たちの心境や彼らの置かれる状況ががらりと変わっていたりして興味が尽きないのだ。それらは回想という形でていねいに回収されていき、前半で彼女たちがこらえた涙、こぼした涙は確実に前向きな心持ちへとつながっていく。

結婚式場への“討ち入り”を果たした翔子(中谷美紀)と、彼氏のDVに苦しむミサ(戸田恵梨香)。二人が出会うのが孫娘(芦田愛菜)を連れた老婦人の時江(宮本信子)だ。若い二人が時江から言葉を掛けられるのが往路。時江の言葉に影響を受けた二人は、数ヶ月の間に人生の大きな転機を経て物語は復路に。今度は翔子とミサがそれぞれ別の人物に声を掛け話を聞くことになる。

いやあ、巧いなあ、この見せ方。
もちろん原作の内容をほぼ取り込んでいるわけだし大筋の流れは原作と変わらないのだが、この構成をより際立たせるような見せ方に徹しているのが好印象なのだ。登場人物のエピを順番にダラダラと見せるようなどこぞのつまらない作品とは大違い。脚本も監督も原作の言わんとするところを理解しているからこそなのだろう。これはファンとしてうれしい限りである。
復路で翔子とミサがどんな人物に出会い、そこにどんな“人生の機微”を見出すのか、どうか多くの人に劇場鑑賞にて確かめていただきたい。ミサの機転に助けられたイトーさん(南果歩)と翔子の行動に救われた少女(高須瑠香)の表情が一気に晴れる瞬間。これが劇的に素晴らしい。
宝塚駅から始まった物語は復路の小林駅で降りた二人の姿で静かに爽やかに終わる。登場人物が最後はそろって宝塚駅へ・・・なんていう安易かつ派手な結末ではないのがまたニクイ。

泣かせどころの多い作品でもあるのでナキムシさんはハンカチ必携。
私の涙腺を決壊させたのは小林駅ホームのベンチでの翔子と小学生の少女とのやりとり。いや泣けた泣けた。ひとつ隣の席の女性もここでハンカチ出してたな~。
傷付いたこの国の人たちが今求めているのは、人と人との温かいつながりではないだろうか。この映画にはそれがある。

おっと忘れちゃいけない。このメインストーリーとは少々違うテンションで進行する二つの恋模様もキュンキュンと可愛らしい。クリスマスの夜に彼の部屋やラブホの一室で繰り広げられる恋人たちのやりとりは、見ているこちらがこっ恥ずかしくなるほどに純真でいじらしくて、考えてみればこういう恋愛描写こそが有川浩の真骨頂なんだよねえ。


余談。
「SOARが触れないハズがない」と思われてるであろうシーンについて(笑)
ゴンちゃん(谷村美月)が車窓から見つけた5機編隊のヘリを軍オタの圭一(勝地涼)が解説するシーンである。
機種は圭一が言ったとおり陸自のUH-1Jで原作と同じなのだが、正直そのままの映像を持って来るとは思ってなかった(サイアク音だけであとは二人の目の動きで見せるだけかと・・・)ので、これは作り手のこだわりに拍手。
編隊がH型(UH-1H)混在ではなくちゃんとすべてJ型だったのにも驚いた。映画のために撮影した映像なのか観閲式あたりの映像流用なのかは不明だが、原作どおりのJ型5機の映像を使ったのはお見事。
また原作にないCH-47Jの3機編隊まで登場したことに至っては、自衛隊通の有川女史も大喜びだろう。


それにしてもえんじ色の阪急のなんと懐かしいこと!
こんなことを言うと、にゃむばななさん、悠雅さんはじめ関西ブロガー諸氏から「関東モンが何を言う」と突っ込まれそうだが、私その昔一年ほど阪急沿線に住んだことがあるのだ。大阪の同業他社への出向期間中、兵庫某所から宝塚線に揺られて毎日通勤したのである。
ちょうど本作のえっちゃん(有村架純)たちのような女子中高生たちのキャピキャピした関西弁が聞こえてくる車内に最初はかなり戸惑ったものの、女の子がしゃべるとその言い回しやイントネーションが実はとても可愛らしいことに気付いてからは、毎朝の電車でのひと時が楽しみになっちゃったよなあ。いやヘンな意味ではなくて・・・。

ま、それもかれこれもう10年以上前の話。
いつか機会があればまた乗りに行ってみたいなあ、阪急。出張とか旅行とかそういうんじゃなくて、なんてことのない日常のさりげない時間の中で、えんじ色のかわいい電車にもう一度揺られてみたい。
本作の登場人物たちが出会ったような素敵なドラマに出会えそうな気がするのはただの思い込みだとしても、温かい関西の言葉に包まれながらどこかホッとする外観の阪急電車に揺られる毎日を想像した時、翔子とミサが味わったような“人生の機微”に私も出会えそうな気がしてくるのだ。




☆原作にあって本作で登場しなかった一組のカップルの物語が、『征志とユキの物語』というスピンオフドラマになっている。原作では翔子や時江がこのカップル誕生の瞬間をそれぞれの想いで見守っている場面があり、本作終盤での時江VSおばちゃん軍団のシーンに登場するのも実はこちらのカップル。
エンドロールでちらりと映る川の中州の「生」の字は、このカップルのエピに欠かせない希望のアートでもある。
auケータイやCATVのJ:COM等、「LISMOドラマ!」を見られる方はぜひ!



この記事へのコメント

2011年04月29日 20:53
関西人ブロガーです♪
いや~、この映画は関東関西関係なく、阪急電車を利用したことのある人なら誰もがほっこりしながら見れると思います。
ほんと、あのエンジ色の車体がいいですよね~。
そこが阪神電車とは違うところなんですわ。
SOAR
2011年04月29日 21:43
にゃむばななさん、こんばんは♪
そちらは一週早い公開だったんですよね。一日も早く観たかった私にとって、関西先行上映のなんともうらやましかったこと!
原作者が好きで、そして阪急での通勤経験もある私にとって、この映画はほんとうにほっこりと優しい気持ちで観ることができる作品でした。
2011年04月30日 00:41
関西人ブロガー、その2です♪
けど、阪急には縁が薄い奈良県民。。。
阪急に乗ろうと思たら、その前に近鉄とJRか大阪地下鉄に乗らんとあかんの。近鉄電車の車体の色、阪急に比べたら、どことのう安っぽいし、
近鉄は、遺跡と山の間ばっかり走ってるもん、お洒落なとこ、あらへんし。
息子は仁川で降りる大学やのうて、京都地下鉄で通うとこ行ったし。娘が阪急京都線沿線で暮らしてた時も車でばっかり行ったし。
このネイティヴ関西人より、SOARさんのほうが阪急通やと思います。

小林駅でのシーンを観ながら、「小説でもここで泣いたなぁ」と思ったら、座席のあちこちからどうやら泣いている気配が…
同じ「女」と一括りにされたないねん、と思う女たちがぞろっ、と出てくる嫌な空気を、すこ~んと蹴っ飛ばしてくれるような、胸のすく女たちも何人もいて、
それがこのお話が好きな一番の理由かもしれません。
作品の本質を見間違えず、巧く映像化してくれて嬉しかったです。
SOAR
2011年04月30日 08:37
悠雅さん、こんにちは♪
私が利用していたのはわずか数駅区間で、たまに梅田まで遊びに出ましたけど阪急通といえるほど乗ったわけではないんですよ。
それでも通学や通勤で定期券を買って鉄道を利用した経験は人生で3回しかないので、そのうちのひとつですからやはり思い入れはありますね、阪急って。

本作の見所に、“カッコイイ女たち”っていうのがあると思います。「聞いてないのに教えてくれて」の女の子に対し翔子が「お見事」とつぶやきますが、胸のすくような言動行動を取る女性は他にも出てきますよね。時江おばあちゃんもそうだし、愛菜ちゃん演じる孫娘だってスゴイこと言い放ってる(笑)
中でもミサの友だちのケータイのシーンは原作にはないので(原作では番号とメルアドを消去させるのみ)、あれはビックリでした。かっこよかった!
相武紗季、出番は少ないですがおいしいとこ持ってったなあ。
素敵な小説が本質そのままに素敵な映画になりましたね。
みみりん
2011年05月02日 12:31
小学生しょうこちゃん最高でした。
パンフの中谷さんのコメントにも
ありましたが「本当に悲しい人生を送ってるのか心配になりました」の言葉通りw
2011年05月02日 12:52
こんにちは。
私も原作が好きで、楽しみにしていました。
原作のエピソードがなかったり、原作にはないエピソードがありましたが、見終わった後に心温かくなる素敵な映画でした。
ひとつ不満があるとすれば(?)時江おばあちゃんが昔飼っていた犬の犬種が違うじゃん!ということですが(笑)電車の中で時江おばあちゃんがえっちゃんのあほ彼氏の顔を見て昔を思い出すところがかわいかったので許します(笑)
その時江おばあちゃんも原作どおり素敵な女性でしたが、登場人物の皆が魅力的な作品でした。
SOAR
2011年05月02日 23:53
みみりんさん、こんばんは♪
小学生役の彼女、私は初めて見ましたが、涙をこぼすタイミングなどうまかったですね。
隠れてるいじめっ子たちに“子供翔子”が泣いてる様子は見せず、笑いあってるところだけ見せる“大人翔子”の機転も最高でした。
SOAR
2011年05月02日 23:54
みゆみゆさん、こんばんは♪
そうでした、原作の犬種はみゆみゆさんお気に入りの甲斐犬でしたよね。
この時の彼がえっちゃんのアホ彼氏に似てるという映画版でのアレンジはすごく良かったと思います。これを観てからだと、原作で犬絡みのエピソードだけが浮いてるようにも思えてきますし。
キャスティングにただの一人もハズレがなかったのもうれしかったですね。特に宮本信子が演じた時江の厳しさと優しさ、かっこよかったです。
2011年05月04日 19:40
SOARさん、こんばんは!

>小林駅ホームのベンチでの翔子と小学生の少女とのやりとり
僕もここで決壊しました。
翔子やミサが往路では自分のことだけでせいいっぱいだったのが、復路ではまわりの人にも気を配ることができる人になっているのが、嬉しかったです。
あの少女も、今度は他の人にやさしくしてあげられるようになるといいなと思いました。
SOAR
2011年05月05日 20:08
はらやんさん、こんばんは♪
複数のエピを重ねる群像劇のようで一捻りが効いているのが翔子とミサだと思います。
往路で一人苦悩と戦っていたこのふたりが時江との出会いを経て、復路では他人を思いやる優しい女性に変わるんですよね。
翔子が言ったように、あの少女の進む道には試練が待っているのでしょう。でも彼女はもう大丈夫。涙の後の笑顔があんなに輝いていましたからね。
2011年07月12日 01:17
田舎興業でやっとやってまいりまして観てきました
こうめぐりめぐって優しさも巡るんですなあ…

わたしはちょっと見方がおかしかったと自覚はあるのですが、優しさを集めた映画だと思いました

みほちゃんと圭一君の甘さがよかったですね!

そうそしてヘリのシーンで
あははSOARさんを思い出しましたよ^^
SOAR
2011年07月17日 22:41
おくやぷさん、こんばんは♪
日々の生活で阪急を利用する女性たちを優しさがリンクしながら巡っていく様子は、出来過ぎ感もありましたがとても心地よかったと思います。

原作にも描写があるヘリコプターですが、自衛隊機の編隊飛行なのでまさか映像が出るとは思いませんでしたよ。車窓から空を見上げる二人の絵にヘリの音を合わせるだけだと思ってたのでビックリした~。
松U
2011年11月27日 01:39
知人に進められ、通学で使っていたこともあり、
遅ればせながら、DVD観て原作読みました。
登場する女性達みんな凛としてかっこよかった。また、少しづつ、どんどんかっこよくなっていきますね。いい女がいい女を育てていく感がよかったなぁ。原作には無かった「自分で涙を止めれる女になりなさい」の一言ぐっときました。いい女につりあういい男にならんといかんですね。
SOAR
2011年11月27日 21:59
松Uさん、こんばんは♪
この作品はまさに女同士が互いに守りあうだけでなく磨きあうような、そんな気持ちよさがありましたね。
凛としたカッコよさは歳には関係ないというのも伝わりました。
一方で本作登場の一部の男たちの不甲斐なさ(笑)
男も負けてはいられません、はい。
tom.
2012年05月05日 22:36
はじめまして。googleで阪急電車を検索してたらたどり着きました。
今日、阪急電車がテレビで放送されてますね^^

僕は今年3月まで小説のなかでええとことして描かれてた大学で学んでました。
自分が大切な仲間たちと過ごした場所、住んでた街、大好きな学び舎がこうして素敵な映画に登場してるのは凄く嬉しいですね。
エキストラとして撮影にも参加させてもらいましたが、スタッフさんも暖かい、にこやかな方が多かった印象がありました。
映画館でも号泣してました。

こんな心の温まる作品に、大切な場所が出てくるのはすごく幸せですね、やっぱり。
SOAR
2012年05月06日 01:55
tom.さん、はじめまして♪
テレビ放送、迂闊にもノーマークでした。当記事のアクセス数が今夜になって急に跳ね上がったことで気付き、あわてて途中から観た次第です(汗)
いい映画は何度観てもいいものですね。

舞台となった大学のご出身でエキストラ参加もされたとのこと、うらやましい限りです。素敵な映画に懐かしい場所や思い出の場所が登場するなんて、そうそうありませんよね。

意気投合した翔子とミサが小林駅を出ていくラストシーンの爽やかさが私は大好きです。
関西に行く機会があったら今津線は絶対乗ろうと思ってます。

この記事へのトラックバック

  • 阪急電車 片道15分の奇跡

    Excerpt: 有川浩のベストセラー『阪急電車』の映画化。映画化に際しては、阪急阪神ホールディンググループ全面バックアップ。関西地方では、全国公開に先駆け4/23から先行公開された。 概ね、原作のまま、映像化された.. Weblog: 勝手に映画評 racked: 2011-04-29 19:38
  • □『阪急電車 片道15分の奇跡』□ ※ネタバレ有

    Excerpt: 2011年:日本映画、三宅喜重監督、中谷美紀、戸田恵梨香、南果歩、玉山鉄二、勝地涼、谷村美月、有村架純、芦田愛菜、小柳友出演。 ≪大阪試写会にて観賞≫ Weblog: ~青いそよ風が吹く街角~ racked: 2011-04-29 20:29
  • 映画 『阪急電車』 を観た

    Excerpt: 武庫川に出現した「生」の文字! Weblog: 仙丈亭日乘 racked: 2011-04-29 20:30
  • 阪急電車 片道15分の奇跡

    Excerpt: 宝塚~西宮北口間を約15分で走る、えんじ色の車体にレトロな内装の阪急今津線。 後輩に婚約者を寝取られたOL、彼氏の暴力(DV)に悩む女子大生、息子夫婦との関係がぎくしゃくしている老婦人、主婦同士の付き.. Weblog: 象のロケット racked: 2011-04-29 20:43
  • 『阪急電車 片道15分の奇跡』

    Excerpt: 阪急電車が紡ぐ女性の強さと優しさの群像劇。 阪急西宮北口駅から宝塚駅までの8駅を舞台に7人の女性と1人の男性の計8名の悲喜劇を描いたこの映画。阪急今津線が舞台と言いな ... Weblog: こねたみっくす racked: 2011-04-29 20:54
  • 阪急電車 片道15分の奇跡

    Excerpt: 実際に存在する今津線という阪急電鉄の一路線を舞台に、人間関係に悩んでいる登場人物たちが新しい一歩を歩みだすまでを丁寧に描いている。その中で一番存在感を放っているのが宮本信子で、中谷美紀のウェディングド.. Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver racked: 2011-04-30 06:39
  • 阪急電車 片道15分の奇跡

    Excerpt: 線路は続く。人生も続く。   Weblog: Akira's VOICE racked: 2011-04-30 10:31
  • 阪急電車 片道15分の奇跡/宮本信子ここにあり!

    Excerpt: 始点から終点まで僅か15分という阪急今津線を軸に、そこに行き交う人間模様を描き出した心温まるヒューマンドラマだ。原作は有川浩の「阪急電車」。出演は中谷美紀、戸田恵梨香、宮本信子、谷村美月、勝地涼、南果.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2011-05-01 00:22
  • 阪急電車 片道15分の奇跡

    Excerpt: 片道わずか15分の関西ローカル線“阪急電車”を舞台に、そこに乗り合わ せた人々の悲喜こもごもの人間模様を心温まるタッチで綴った有川浩のベスト セラー連作短編集を、中谷美紀、戸田恵梨香はじめ豪華キャ.. Weblog: だらだら無気力ブログ racked: 2011-05-01 15:57
  • 『阪急電車 片道15分の奇跡』

    Excerpt:  有川浩の原作も読んだのが昨年。すごくステキな物語で一気読みしてしまいました。キュンキュンしたり、心温まるほっこりする物語もそうですが、ピンポイントなツボがあって、お気に入りの本なのです。それが故に映.. Weblog: みゆみゆの徒然日記 racked: 2011-05-02 12:53
  • 阪急電車 片道15分の奇跡 悪くないよね。この世界も♪

    Excerpt: 【=23 -6-】 関西は全国より1週間早く封切り、有川浩さんの原作「阪急電車」は読んでない、読まなきゃと思いながら読んでない。 すると映画になった、そりゃー力は入りますよ~、このブログにもブログパ.. Weblog: 労組書記長社労士のブログ racked: 2011-05-02 13:14
  • 阪急電車 片道15分の奇跡 劇場パンフレット 映画チラシ 中谷美紀 戸田恵梨香 谷村美月 芦田愛菜

    Excerpt: ●『阪急電車 片道15分の奇跡』2011年4月23日公開。 劇場パンフレット 映画チラシ ロケ地マップ 映画チラシ評価 ■硬さ度■★★★★(硬い) ■扱.. Weblog: 映画鑑賞&グッズ探求記 映画チラシ racked: 2011-05-02 16:57
  • 「阪急電車 片道15分の奇跡」 誰かが見てくれていることの力

    Excerpt: 有川浩さんはこちらで何度も取り上げているように、好きな作家の一人なのですが、なか Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2011-05-03 21:43
  • 阪急電車 片道15分の奇跡

    Excerpt: 2011年5月3日(火) 19:05~ TOHOシネマズ川崎1 料金:1300円(シネマイレージデー) パンフレット:未確認 『阪急電車 片道15分の奇跡』公式サイト 主役を張る役者が大挙出演。た.. Weblog: ダイターンクラッシュ!! racked: 2011-05-04 01:26
  • まだ世の中捨てたもんじゃないかも~「阪急電車片道15分の奇跡」~

    Excerpt: 映画阪急電車予告 小説「阪急電車」の舞台を往く あとで削除されるかもしれませんが予告といっしょにちょこっと載せますね。 いつもなら自分の足で見て回るんですけど(コラコラ) 小説「阪急電車」の舞台に.. Weblog: ペパーミントの魔術師 racked: 2011-05-05 00:33
  • 阪急電車 片道15分の奇跡

    Excerpt: その出会いは 偶然なんかじゃ ……ない 「終着駅は、きっと笑顔。」 上映時間 119分 原作 有川浩『阪急電車』(幻冬舎刊) 脚本 岡田惠和 監督 三宅喜重 音楽 吉俣良 出演 中谷美紀/戸.. Weblog: to Heart racked: 2011-05-05 23:38
  • 自分の足で歩き出そう!『阪急電車 片道15分の奇跡』

    Excerpt: 始点から終点まで片道15分のローカル線、阪急今津線の電車内を舞台に描かれた群像劇です。 Weblog: 水曜日のシネマ日記 racked: 2011-05-07 11:12
  • 後味ほっこり 「阪急電車」

    Excerpt: 片道15分の阪急電車の中で行きずりとなったことにより、ちょっとだけ前へ進んでいく数組の人々の物語 監督:三宅喜重 出演:中谷美紀 Weblog: 筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編- racked: 2011-05-07 14:27
  • 『阪急電車 片道15分の奇跡』 私たちの勧善懲悪

    Excerpt:  【ネタバレ注意】  こいつは一本取られた。  実在の阪急電車を舞台にした映画『阪急電車 片道15分の奇跡』は、阪急電鉄の多大なる協力を得て制作されている。とうぜん企業イメージを悪くする内.. Weblog: 映画のブログ racked: 2011-05-07 20:03
  • 阪急電車 片道15分の奇跡(2011-026)

    Excerpt: 有川浩による同名の短編小説集を映画化 兵庫県の宝塚駅から今津駅までを結ぶ阪急今津線は 片道15分 そこで出会う人々のエピソード集かな? 集団おばちゃん連中、うるせー!!と思った.. Weblog: 単館系 racked: 2011-05-07 21:54
  • 宮本信子婆ちゃんがカッコイイ ─ 阪急電車 片道15分の奇跡 ─

    Excerpt: ─ 阪急電車 片道15分の奇跡 ─ 「図書館戦争」などで有名な女性作家・有川浩(アリカワヒロ)の小説を映画化したこの作品「阪急電車」。予告編でもかなり気になってたので、空い ... Weblog: Prototypeシネマレビュー racked: 2011-05-08 09:23
  • 『阪急電車 片道15分の奇跡』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「阪急電車 片道15分の奇跡」□監督 三宅喜重□原作 有川 浩 □脚本 岡田惠和□キャスト 中谷美紀、戸田恵梨香、宮本信子、南果歩、谷村美月、芦田愛菜、勝地 涼、玉山.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2011-05-09 10:05
  • 『阪急電車 =片道15分の奇跡=』 ベストなキャスト&阪急電車が織りなす、ハートフルな群像劇

    Excerpt: 『阪急電車 片道 15分の奇跡』 片道15分の阪急今津線の電車内を舞台にした有川浩のベストセラー小説を、絶妙なキャスティングで映画化したハートフルな群像ドラマ-。 阪急沿線の方々のみならず、す.. Weblog: ketchup 36oz. on the table ~新作映画レビュー racked: 2011-05-09 19:40
  • 「阪急電車 片道15分の奇跡」吾輩も乗ってます!

    Excerpt: [阪急電車片道15分の奇跡] ブログ村キーワード  有川浩原作のベストセラー小説の映画化。「阪急電車 片道15分の奇跡」(東宝)。関西の一私鉄の会社名が、そのままタイトルの映画が公開されるなんて、吾.. Weblog: シネマ親父の“日々是妄言” racked: 2011-05-10 17:53
  • 「阪急電車 -片道15分の奇跡-」感想

    Excerpt:  有川浩原作。阪急今津線を舞台に、そこに乗り合わせる人々の抱える悲喜を織り交ぜつつ、それぞれが小さな幸せを手にしていく姿を描く。    まったく期待していなかった本作だが、これは意外なクリーン.. Weblog: 新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~ racked: 2011-05-11 19:06
  • 映画「阪急電車 片道15分の奇跡 」奇跡というと大袈裟だけど優しい時間

    Excerpt: 「阪急電車 片道15分の奇跡 」★★★★ 中谷美紀、戸田恵梨香、南果歩、 谷村美月、有村架純、芦田愛菜、小柳友、 勝地涼、玉山鉄二、宮本信子出演 三宅喜重監督、 119分、2011年4月29公開 2.. Weblog: soramove racked: 2011-05-14 10:14
  • 映画「阪急電車 片道15分の奇跡」

    Excerpt: 映画「阪急電車 片道15分の奇跡」を鑑賞。 Weblog: FREE TIME racked: 2011-05-14 23:44
  • 阪急電車

    Excerpt:  『阪急電車―片道15分の奇跡―』をTOHOシネマズ日劇で見てきました。 (1)この映画は、阪急電車(今津線)の沿線の事情をある程度知っている人には、共感を呼ぶところが多々あるでしょうし、大阪に住ん.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2011-05-15 08:55
  • 「阪急電車 片道15分の奇跡」(日本 2011年)

    Excerpt: 阪急今津線。 全部で8駅。 宝塚~西宮北口間約15分。 Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 racked: 2011-05-22 15:01
  • 映画「阪急電車 片道15分の奇跡」

    Excerpt: 阪急電車 片道15分の奇跡 ブログ - goo 映画 阪急電車 片道15分の奇跡(映画.com) 映画 『阪急電車』 公式サイト 阪急電車 片道15分の奇跡@ぴあ映画生活 阪急電車 (小説)-Wiki.. Weblog: itchy1976の日記 racked: 2011-05-28 16:24
  • 「阪急電車 片道15分の奇跡」

    Excerpt: 舞台は宝塚から西宮北口までを約15分でつなぐ阪急今津線。そこで乗り合わせた乗客たちのやり切れない思いから生まれる様々な人間模様 ──。 ここには様々な事情を抱えた老若男女が登場する。 婚約者を後.. Weblog: 俺の明日はどっちだ racked: 2011-06-22 19:57
  • 映画:阪急電車 片道15分の奇跡

    Excerpt:  なんか超ローカルっぽくて、阪急電車に乗ったことのない僕はスルーしようかと思っていたのですが、ツイッターでの評判が上々。と言うわけでポイントを使って無料で見てみることに。と言うわけで今回の.. Weblog: よしなしごと racked: 2011-06-23 00:11
  • 「阪急電車 片道15分の奇跡」15分の片道を乗車した先にみたダメ男を切り捨てた2人の女と迷惑おばはんたちを説教した常識おばあさんの助け合いストーリー

    Excerpt: 「阪急電車 片道15分の奇跡」は阪急電車の片道15分の路線を舞台とした作品で、婚約者に裏切られた女、恋人にDVを受ける女、孫と共に電車に乗って色々なシーンを見るおばあちゃん ... Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2011-06-27 00:51
  • 【映画】 阪急電車 ~片道15分の奇跡~ 

    Excerpt: ぐはあ えぐられた だいたいわたしはほのぼのしようと思ってこの映画を観に行ったわけでね、 ボディーブローをくらわされるためじゃないんですよ とんだドM! いい映画ですよ いい映画で.. Weblog: as soon as racked: 2011-07-12 01:14
  • 阪急電車 片道15分の奇跡

    Excerpt: ブログネタ:睡眠時間足りてる? 参加中 この映画、全く興味がなかったのだけれど、 評判がとても良いので気になってました。 遅い時間だったけれど、 見始めてしまいました。 オムニバス作.. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2011-11-15 17:10
  • 阪急電車 片道15分の奇跡

    Excerpt: 11年/日本/119分/ロマンス・ドラマ/劇場公開(2011/04/29) -監督- 三宅喜重 -原作- 有川浩『阪急電車』 -主題歌- aiko『ホーム』 -出演- ◆中谷美紀…高瀬翔子 過去出演作.. Weblog: 銀幕大帝α racked: 2012-05-07 17:08
  • 『阪急電車 片道15分の奇跡』'11・日

    Excerpt: あらすじ宝塚~西宮北口間を約15分で走る、えんじ色の車体にレトロな内装の、阪急今津線・・・。解説「フリーター、家を買う。」の有川浩の小説の映画化で関西ローカル線の阪急電... Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... racked: 2012-05-24 08:42
  • 『阪急電車 片道15分の奇跡』'11・日

    Excerpt: あらすじ宝塚~西宮北口間を約15分で走る、えんじ色の車体にレトロな内装の、阪急今 Weblog: 虎団Jr. 虎ックバック専用機 racked: 2012-05-24 08:42
  • 阪急電車 片道15分の奇跡 : 15分間の路線にある小さな幸せ

    Excerpt:  今日は、朝からよい天気です。まさに、秋晴れですねぇ。今日は休みだし、外出前にこちらの作品を紹介します。 【題名】 阪急電車 【製作年】 2011年 【製作国】 日本 .. Weblog: こんな映画観たよ!-あらすじと感想- racked: 2012-10-03 09:18