『奇跡』・・・愛すべき7人の少年少女たち

衝撃の『空気人形』公開から待つこと2年・・・。『後の日』、『桜の木になろう』といった“短編”を挟んでいよいよ是枝監督の長編映画公開である。例によって例のごとく、是枝つながりの友人と初日舞台挨拶が行われる新宿バルト9へ。

是枝監督、前田航基、前田旺志郎、大塚寧々、そして樹木希林という豪華な顔ぶれが登壇しての舞台挨拶は、特に旺志郎くんの発言がどれもこれもウケまくりで場内は大いに盛り上がった。
そして毎回何かしら深い言葉を残してくれる監督。今回印象に残ったのは“画面に映るもう一人の演出家”というお言葉。これについては後述するとして、今日(11日)の舞台挨拶でなにより感動したのは寧々さん!
ううう、なんでこんなに美人さんなんでしょう、この方。トークもよどみなく滑らかで品があって・・・。
夏川結衣、ペ・ドゥナ、大塚寧々。是枝作品の舞台挨拶のたびに惚れ込む女優さんが増えてゆく・・・(笑)


九州新幹線全線開業にちなんだ本作は、開業日の一番列車、博多発の「つばめ」と鹿児島中央発の「さくら」がすれ違う瞬間に奇跡が起こるという噂を知った鹿児島と福岡の子供たちが、それぞれの願いを胸にその地点である熊本を目指すという物語。

是枝監督は子供“たち”を撮るのが相変わらず巧い。『誰も知らない』や『歩いても歩いても』同様、今回も7人の子供たちのキラキラした姿を内から外からみずみずしく描き出す。よく知られる話だが、彼は子役たちに台本を渡さない監督だ。台本が頭に入っている俳優たちに撮影の現場でセリフや演技を“指導”させることも多いようで、そこから子供たちの自然な表情やしぐさを引き出していくのだろう。母親役の俳優を本当のお母さんのように、祖父、祖母の俳優を本当のおじいちゃんおばあちゃんのようにイメージさせていく巧妙な手段でもあると思う。
そう。舞台挨拶で監督が言った“もう一人の演出家”とは、そうした共演俳優を指すわけである。

けっきょく監督の狙いは子供たちに演じているのを意識させないことなのだろうが、それだけでなく演技ではない素の部分を巧みに取り入れてるなと思わせるシーンも多かった。子供たちが“奇跡”として夢を語るシーンなど『ワンダフルライフ』のようで、まるで彼らが演技ではなくリアルで語っているかのような見せ方がおもしろい。
また列車の中や宿泊先での子供たちのあどけない寝顔。これもたぶん寝る演技をさせているのではなく、本当に寝ているところを撮ったに違いない。それほどに自然な寝顔がかわいらしかった。そう、かつて彼が撮ったネスカフェのあの傑作CMのように。
(思えばあのCMで引用された「朝のリレー」も本作での「生きる」と同じく谷川俊太郎である)


離婚した両親の元で別れて暮らしている兄弟の願いは、いつかまた家族4人が一緒に暮らすことだ。これを“奇跡”として話が進むかに思えるのだが、実はそうではない。これが本作の面白いところで、詳細は避けるがこの兄弟は家族の再生を心底願っているわけではないのである。実際に「つばめ」と「さくら」のすれ違いを目の当たりにした彼らが願ったこと。それを告白しあう二人のシーンも印象的だ。そして・・・鹿児島の母の実家で暮らす航一の、ベランダでのラストシーンがすべてを物語る。登場人物たちの揺れる胸のうちをゆらゆらとある意味不明瞭に描いておきながら、最後のほんのワンシーンで一瞬にして観客の心をグッと掴んでしまう。いかにも是枝監督らしい終わり方である。

九州を北と南から縦断した子供たちの大冒険も終わり、二人の兄弟も、それぞれの友だちも、彼らを取り巻く大人たちも、なんてことのない日常に戻っていく。桜島の大噴火もなければ家族再生もない。マーブルだって生き返らない。でも、それぞれの心の中は湧き上がる新たな決意や、より一層の充足感でいっぱいである。仰々しくも幻想的でもないけれど、これこそが奇跡。
偶然一夜の宿を提供することになった老夫婦にとっても、彼らの訪問は奇跡だった。子供たちを寝かしつけ自室に戻った夫婦の穏やかなやりとり。7人は旅先でもちゃんと奇跡を残したのだ。

前後するが、ついに目的地までやって来た子供たちが一斉に駆け出す中、一人の女の子が見送る老夫婦の元へ駆け戻っての一言にやられた。夫婦の返す言葉もまた実にいいのだが、やはり極めつけは再び仲間に追いついた女の子が「何を言ってたの?」と訊かれての一言だ。まだまだ幼い小学生の女の子ならではの愛らしくも小生意気な感性が一瞬で伝わると同時に、客席は大きな笑いに包まれるという仕掛け。子供を撮らせたら天下一品の是枝監督の真骨頂は、このシーンにこそあったのかもしれない。本作で一番好きなシーンはと言われたら、私は迷わずこれを選ぶ。

新幹線をモチーフにした冒険物語でありながら、子供たちは新幹線に乗ることはないし、そもそも新幹線が映るのはほんの一瞬である。すれ違いの前にトンネルから出てくる「800系つばめ」を子供たちが見つけるが、この映像以外にはっきりと車両を認識できるシーンは皆無。
ここまでくると監督はじめ製作スタッフやJR九州の大胆さに唸るしかない。大人のキャストも終始控えめだし(舞台挨拶ではこのことに関して希林さんから監督へのユーモア溢れる毒舌が・・・)、主役はあくまで7人の子供たちなんだという作り手側の思いがしっかりと伝わる作品でもあった。


次に是枝監督作品に出会えるのはいつのことだろう。それを楽しみに待つ日々が今日からまた始まった。

画像

すれ違う「800系つばめ」と「N700系さくら」を模型にて。私、飛行機やAFVだけでなく新幹線も大好きなのだ



早くも、世界13カ国で公開決定!!映画『奇跡』初日舞台挨拶!巨大クラッカーで祝!大ヒット(CINEMA TOPICS ONLINE 2011/06/12)


2011/07/19追記
本作に出演されていた原田芳雄さんが亡くなりました。是枝作品では特に『歩いても歩いても』での演技が私は大好きでした。ご冥福をお祈りいたします。




この記事へのコメント

2011年06月13日 00:00
本当に、子供を撮るのが巧い監督さんですね。
今回もまた、演技だけではないいい表情や声を掬い取って見せてくれましたね。
子供たちにとっての「奇跡」=夢、願いなどを語る場面は特に顕著で、
わたしも『ワンダフルライフ』のあの場面を思い出してました。

あの老夫婦への女の子の一言も、冒頭とラストのベランダや「かるかん」のお兄ちゃんの一言もいいですねぇ。
子供たちのナチュラルな表情や会話の素晴らしさに加えて、
奇跡の実現を支える大人たちの顔ぶれもいいですね。
これまでの是枝作品で強い印象を残す人たちでもあるけれど、
子供たちに対する、役柄を超えたかのように愛情溢れるまなざしもとても素敵でした
SOAR
2011年06月13日 22:32
悠雅さん、こんばんは♪
本作絡みのエピではありませんが、是枝監督は撮影の合間も共演者同士を常にくっつけておくというお話を聞いたことがあります。そこで擬似的な兄弟感や家族感が高まるのでしょうね。
『歩いても~』の舞台挨拶のときに子役の子が、夏川さんや阿部さんに宿題を手伝ってもらったと嬉しそうに話していたのを思い出します。これもきっと監督の作戦だったんだろうなあ。

是枝作品にしてはオールキャスト感が派手(笑)でしたが、みなさん監督のやりたいことがわかってらっしゃる方ばかりのようで、子供との距離感がそれぞれ絶妙だったと思います。

あ、初参加の長澤まさみは次回作まで温存してほしかったかも(笑)
2011年06月15日 21:53
『漫才ギャング』に続いて、芸人のネタの面白さに対する評価がそのまま出演映画の評価に影響を及ぼす結果となってしまいました。
まえだまえだはいい子供たちなんですけどね。ただリアルキッズほど好きになれないんですよね^。
SOAR
2011年06月18日 18:06
にゃむばななさん、こんにちは♪
まえだまえだに関しては存在はなんとなく知ってましたけど、芸人としての姿を見たことはありません。けっこう有名なコンビなんですね。

当初のプロットを変更しての起用だったようですが、元々の男の子と女の子のストーリーも観てみたかったです。
2011年06月27日 10:57
前田兄弟かア・・というんで、危うく見逃すとこでした。やばいやばい。
是枝監督作品!!と銘打ってくれないとねえ。
二人の漫才は何度か見たことありますが、あのキャラと同じで、多動かと思わせるほどの元気な弟と、ちょっとおっとり、おおらかお兄ちゃんという絶妙な二人ですよ。
二人はいつもの舞台よりも、素のままでやれたんじゃないでしょうかね。そういうのを引き出すのがほんとにうまいですね。
SOAR
2011年06月29日 01:10
sakuraiさん、こんばんは♪
たしかにこのキャスティングは監督にしては意表を突かれましたよね。私の場合は監督の同級生という友人から何かと情報が入るので、見逃す心配はなかったです。よかった~。

弟はたしかに多動の疑いありかもしれません(笑)
それに対するお兄ちゃんのキャラがいいんですよねえ。ブランチでのインタビューで、すごく自然にやれたと弟が話してましたし、たぶん素に近い状態に監督が巧く導いたのでしょう。オーディションに来たこの二人の素質を見抜いた監督、お見事でした。
ただ、当初はいわゆるボーイミーツガールになる予定だったそうで、それはそれで観たかったです。
2012年01月31日 13:06
SOARさんのランキングを参考に^^
観てみたらすごくよかったです

子供たちが何かを抱えていたとても、わくわくを止められない様子が好きです
笑いながら泣いてました

それにしても新幹線の模型であの一瞬を再現とはやりますね^^
あのシーン一瞬だったので、どんな新幹線かもあまりわからなかったんですよ←問題あり
SOAR
2012年02月01日 00:54
おくやぷさん、こんばんは♪
子供たちの思考や心理って大人が思ってる以上に複雑で、彼らなりに一生懸命考えながら生きてるんですよね。
だけど仲間がわいわい集まるとあっという間に無邪気な集団になっちゃうわけで。
とにかく走り回る子供たちとそれを追うカメラワークがすごくよかったと思います。
笑いながら泣けてくる、ホントにそういう作品でした。

普通の電車はまったく知識がないのですが新幹線は大好きでして。先日東海道新幹線を利用した際、ホームに滑り込んできたN700系のぞみの運転席には女性運転士!
カッコよかったなあ(惚)

この記事へのトラックバック

  • 奇跡

    Excerpt: 奇跡 ★★★☆☆(★3つ) 2010年九州新幹線全線開通の一番列車がすれ違うとき奇跡が起こる。 そんな作り話を信じて、親の離婚で鹿児島と福岡に離れて暮らす兄弟が奮闘する姿を描く。 出演は子役兼.. Weblog: 食はすべての源なり。 racked: 2011-06-12 10:58
  • 奇跡を願って

    Excerpt: 2日のことですが、映画「奇跡」を鑑賞しました。 読売ホールにて 試写会で見ました 両親が離婚し 母親と祖父母と鹿児島で暮らす兄、父親と福岡で暮らす弟 新しくできる九州新幹線がすれ違うときを見ると奇.. Weblog: 笑う学生の生活 racked: 2011-06-12 11:12
  • 映画「奇跡」@シネマート六本木

    Excerpt:  試写会場となったシアター1の客入りは9割くらい。今回は「YAHOO!映画 ユーザーレビュアー試写会」に招かれました。映画終映後には是枝監督と観客のティーチインが行われた。 Weblog: 新・辛口映画館 racked: 2011-06-12 14:36
  • 奇跡

    Excerpt: かるかんの味わい 公式サイト。英題: I Wish。是枝裕和監督、前田航基、前田旺志郎、内田伽羅、橋本環奈、磯邊蓮登、大塚寧々、オダギリジョー、夏川結衣、阿部寛、長澤まさみ、原田 ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2011-06-12 18:22
  • 「奇跡」

    Excerpt: 初めての九州新幹線がすれ違う時、奇跡が起きる。 そんな噂を、親が離婚して別々に暮らす小学生の兄弟が聞き、もういちど家族四人で暮らせるよう、奇跡が起こる場所へ向かう。 果たして奇跡は起こるのか。親子は.. Weblog: 【映画がはねたら、都バスに乗って】 racked: 2011-06-12 20:48
  • 奇跡・・・・・評価額1700円

    Excerpt: 九州新幹線の博多・鹿児島中央間が開業する日、「奇跡」が起こる・・・・ そんな噂を信じた子供達の、セカイとジブンを巡る小さな冒険を描いたロードムービー。 ゼロ年代に数々の傑作を放った是枝裕和監督の... Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ racked: 2011-06-12 21:37
  • 奇跡

    Excerpt: 自転車のベル。コスモスの種。「意味わからん」。 Weblog: 悠雅的生活 racked: 2011-06-12 23:28
  • 奇跡

    Excerpt: 2011年3月に全線開通した九州新幹線をモチーフに、家族の絆描いたハートフルなドラマです。主演は小学生漫才コンビ“まえだまえだ”の前田航基と前田旺志郎。共演に大塚寧々、オダギリジョー、橋爪功、樹木希林.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2011-06-13 00:32
  • 奇跡

    Excerpt: 両親が離婚し、大阪で暮らしていた家族はバラバラになってしまった。 母と鹿児島で暮らす小学6年生の兄・航一と、、父と福岡で暮らす4年生の弟・龍之介は、また4人一緒に暮らせるようにと、連絡を取り合っている.. Weblog: 象のロケット racked: 2011-06-13 04:13
  • 奇跡(試写会)

    Excerpt: 是枝監督がまたひとつ素晴らしい映画を届けてくれました。 航一(前田航基)と龍之介(前田旺志郎)は、両親の離婚で大阪から九州にに引っ越してきて、航一は母(大塚寧々)の実家鹿児島に、龍之介は父(オダギ.. Weblog: まてぃの徒然映画+雑記 racked: 2011-06-13 20:20
  • 「奇跡」

    Excerpt: ~ いつまでも そのままで 泣いたり 笑ったり 出来るように   曇りがちなその空を 一面晴れ間に出来るように   神様、ほんの少しだけ 絵にかいたような幸せを    分けてもらうその日まで .. Weblog: 俺の明日はどっちだ racked: 2011-06-14 10:45
  • 奇跡

    Excerpt: どこかに隠していた気持ちを、ちょっとだけ出してみる。 それがある時、堰を切ったように流れ出して、伝わっていく。 子供時代も大人時代も関係ない、みんなが持ってるそういう気 ... Weblog: ここにあるもの racked: 2011-06-14 15:54
  • 奇跡

    Excerpt: 「奇跡」という名の「日常」   Weblog: Akira's VOICE racked: 2011-06-15 16:22
  • 『奇跡』

    Excerpt: ほんのりした大人目線のビターテイストがあれば、ぼんやりした映画にはならなかったのに。何だかちょっともったいなくも感じる映画でした。 元々は男の子と女の子が再会する脚本 ... Weblog: こねたみっくす racked: 2011-06-15 22:03
  • 奇跡

    Excerpt: あなたもきっと、誰かの奇跡。 製作年度 2011年 上映時間 128分 脚本/編集/監督 是枝裕和 音楽 くるり 主題歌 『奇跡』くるり 出演 前田航基/前田旺志郎/林凌雅/永吉星之介/内田伽羅.. Weblog: to Heart racked: 2011-06-15 23:44
  • 『奇跡』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「奇跡」□監督・脚本 是枝裕和□キャスト 前田航基、前田旺志郎、林凌雅、永吉星之介、内田伽羅、橋本環奈、磯邊蓮登、       オダギリジョー、夏川結衣、阿部寛、長澤.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2011-06-18 07:40
  • 是枝裕和監督『奇跡』いま 生きているということ

    Excerpt: 注・内容、台詞に触れています。奇跡を信じた子供たちと、彼らを見守る大人たちを描く『奇跡』。監督は「誰も知らない」「歩いても歩いても」「空気人形」の是枝裕和。出演は本作が映画初主演となるお笑いコンビ“ま.. Weblog: 映画雑記・COLOR of CINEMA racked: 2011-06-18 22:08
  • 『奇跡』は世界に溢れてる

    Excerpt:  人形が意思を持って動き出す、という奇跡の物語『空気人形』を世に送り出した是枝裕和監督が、またもや奇跡に満ちた映画を撮り上げた。  タイトルはそのものズバリ『奇跡』なのだが、劇中で語られる"奇跡"... Weblog: 映画のブログ racked: 2011-06-19 08:09
  • 「奇跡」

    Excerpt: 「奇跡」を観てきました 以下、ネタバレが含まれていますのでご注意を 【あらすじ】 両親が離婚し、母と鹿児島で暮らす兄・航一、父と福岡で暮らす弟・龍之介。 航一は慣れない鹿児島で暮らしながら、かつ.. Weblog: 空色レールウェイ racked: 2011-06-19 16:12
  • 「奇跡」 是枝裕和監督 

    Excerpt: 酔狂にもわざわざ東根まで行って鑑賞。 だって「歩いても 歩いても」「誰も知らない Weblog: 事務職員へのこの1冊 racked: 2011-06-20 06:35
  • 映画「奇跡」奇跡は普段の生活で何気なく起きている

    Excerpt: 「奇跡」★★★☆ 前田航基、前田旺志郎、大塚寧々、オダギリジョー、 夏川結衣、阿部寛、長澤まさみ、 原田芳雄、樹木希林、橋爪功出演 是枝裕和 監督、 128分 、2011年6月11日, 2011,日.. Weblog: soramove racked: 2011-06-21 23:54
  • いま生きているということ~『奇跡』

    Excerpt:  両親の離婚により、鹿児島と福岡で離ればなれに暮らす兄弟。「九州新幹線の 一番列車がすれ違うとき、奇跡が起こる」。そんな噂を耳にした二人は、その瞬間 を目撃しようと、友人たちとの短い旅を画策す.. Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2011-06-26 09:22
  • 奇跡

    Excerpt: 絶妙な兄弟だわ。 Weblog: 迷宮映画館 racked: 2011-06-27 10:58
  • 『奇跡』

    Excerpt: 子供にとっての“ぼんやり”が、 “ほんのり”な人生の味わいに変わる瞬間。 『奇跡』 2011年/日本/127min 監督・脚本・編集:是枝裕和 出演:前田航基、前田旺志郎 .. Weblog: シネマな時間に考察を。 racked: 2011-07-01 10:15
  • 奇跡

    Excerpt:  『奇跡』を吉祥寺バウスシアターで見てきました。 (1)予告編を見て、子役が中心の映画だとわかったので見る気が失せてしまったのですが(子役とかペットが売りの映画は基本的には嫌いなので)、監督が、『空.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2011-07-02 05:22
  • スタンドバイミー。~「奇跡」~

    Excerpt: 映画の予告といっしょにはりつけたのは、九州新幹線のCM カンヌの国際広告祭で、金賞をとったそうな。 最近、エキッシュにはまってやたら電車にのってるせいか 見たことのない1両編成の電車を.. Weblog: ペパーミントの魔術師 racked: 2011-07-03 23:37
  • 「奇跡」は世界を変えること

    Excerpt: 兄は朝起きると先ず雑巾で机の上を拭く。畳の上を乾拭きする。感心だな、と思っていると、彼はこの世界に不満たらたらなのだということが分かってくる。 「わけわからんわ」 火山灰が毎日のように降ってくる... Weblog: くまさんの再出発日記 racked: 2011-07-07 23:56
  • 奇跡(2011-061)

    Excerpt: 8/14奇跡、公開終了 最終日、シネマート六本木で見てきました。 両親の離婚で博多と福岡に別れて暮らすことになった兄弟・大迫航一(前田航基)と 木南龍之介(前田旺志郎)の兄弟は 九州新.. Weblog: 単館系 racked: 2011-08-14 23:40
  • 奇跡

    Excerpt: 奇跡'11:日本◆監督:是枝裕和「空気人形」「歩いても 歩いても」◆出演:前田航基、前田旺志郎、大塚寧々、オダギリジョー、夏川結衣◆STORY◆小学生の兄弟、航一と龍之介は、両親の ... Weblog: C'est joli~ここちいい毎日を~ racked: 2011-10-11 13:48
  • 奇跡

    Excerpt: ブログネタ:ダイエットしてる? 参加中 体重が増えて、 しかも増えたっきり落ちません。(-_-) ダイエットをしたいと思うのですが、 炭水化物大好き、甘いもの大好き。 しかも、家にい.. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2011-11-23 16:36
  • 奇跡 【映画】

    Excerpt: よかったです 好き 子供の頃ってなんにでもなれる気がしていた 6歳まではそんな風に思っていた なんにでもなれる 年齢じゃなくてずっとそう思い続けてきたものが なりたかったものになれるん.. Weblog: as soon as racked: 2012-01-31 13:06
  • 『奇跡』'11・日

    Excerpt: あらすじ両親が離婚し、小学6年生の兄は母と祖父母と鹿児島で4年生の弟は父と福岡で暮らしていたが・・・。解説サン・セバスティアン国際映画祭最優秀脚本賞TAMA映画賞最優秀... Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... racked: 2012-07-24 06:59
  • 『奇跡』'11・日

    Excerpt: あらすじ両親が離婚し、小学6年生の兄は母と祖父母と鹿児島で4年生の弟は父と福岡で Weblog: 虎団Jr. 虎ックバック専用機 racked: 2012-07-24 06:59