『127時間』・・・生きる、生き抜く、生き延びる

死に直面した青年が“生きる”ために究極の決断をする壮絶なドラマ。作り話としてなら案外ありふれたシチュエーションかもしれないが、これが実話だというから驚くばかりである。

渓谷の狭い隙間に転落し、運の悪いことに落石で右腕を挟まれてしまったアーロン(ジェームズ・フランコ)が、手元に残された装備を駆使しながら命を繋ぎ生還に至るまでの127時間を、リアルな臨場感とどこか幻想的な回想映像とで一気に見せたダニー・ボイル監督。本作の素晴らしさは監督の演出の巧さによるところが大きいのだが、忘れてはならないのが事実上の一人芝居を完璧にこなしたジェームズ・フランコの熱演である。
思えば2月のアカデミー賞。当時鑑賞済みだった『英国王のスピーチ』のコリン・ファースの主演男優賞に何の異論もない私だが、本作を観終えた今となっては・・・う~ん、どっちもイイなあ。むしろフランコくんのオスカーでもよかったような・・・(やば、コリンファンを敵に回してしまった)。


したかったこと、しなかったこと、できなかったこと・・・。

そうした後悔の念が、妄想、幻覚、回顧となってアーロンの脳裏に浮かんでは消える。死を目前にした人間が不安定に混濁する意識の中で何を思うのか、それらは一見なんの脈絡のない様でもあり実は関連しているようでもあり、とても興味深かった。同時に単調になりがちなストーリーにいろんな意味で含みを持たせていたようにも思う。

ただし、彼が最後にあの決断を下すに至った時、こうした回想は見事に掻き消える。誰にもう一度会いたいからとか、伝えられなかったことがどうとか、そんな思いに動かされて“あの行動”に出るようには描かれない。例えば恋人の名を叫びながらナイフを振り上げるような陳腐な表現はないのだ。そこにあるのは純粋に生きることへの強い意志であり、あくまで自分が生還するという現実を見据えての希望。

切れ味の鈍い小さなナイフでは骨を切れないことを冷静に確認したうえでまずは骨をへし折る。肉を切り裂く過程で触れる神経に身悶えしながらもそれを断ち切る。
そうやって脱出を図っていくアーロンの姿は絵的に正直かなりキツく、少なくともそのテの映像が苦手な私には限界ギリギリレベルのはずなのに、けっきょく目をそらすことなく見入ってしまった。どうしてもそらせなかったのだ。
ここを見ずして本作語ることなかれ、とまでは言わないが、アーロンの決断をすべての鑑賞者にしっかりと見届けてもらいたいものだ。

誰のためでもない、自分のために生還した男の勇気と信念を時に熱く時に繊細に描き切る94分。自分ならどうするだろう。あんなことを思うだろうか。あんなことができるだろうか。そうやって自分自身に当てはめながらの鑑賞でもあった。

観る人の多くが心を揺さぶられるに違いない。傑作。



この記事へのコメント

2011年06月19日 17:19
こんにちは。

「生」への執着。
凄かったです。
本当にキツイ場面でしたけど、彼は強靭な人物でした。
個人的には、好みな映画ではなかったけど、フランコ君の演技と見せ方は最高に良かったですね。
2011年06月19日 21:26
こんばんは、こちらこそお世話になってます。
あのスコールのところで水没しかけたのは、一瞬別バージョンかと思ってしまいました^^;
痛みの感覚をあれだけリアルに表現したフランコくんと
ダニー・ボイル監督の演出に拍手です。
これはワタシにとって記憶に残っていく作品になりそうです。
2011年06月19日 23:41
いえいえ、敵に回されてはおりませんわよ。わたしも、コリンがいなければ、是非彼に1票入れますもの。
何と言っても、コリンはもう50ですからね。今年獲って欲しかったのです。

で、この作品。わたしも、ここで目を逸らしたらこの作品をちゃんと観たことにならないと覚悟を決めて、
できるだけ、しっかりと観ておりました。
ただ、本当に観ているのが辛くて往生しましたが。

言ってしまえば、シンプルな筋書きなのだけれど、
あの内容にも関わらず、映像の美しさやかっこよさ、としっかりと堅実で奇を衒わない脚本、
それに十二分に応えたジェームズ・フランコの演技は、やはり賞賛に値するものですね。
ダニー・ボイル監督、ますます冴えた作品を作ってくれました。
SOAR
2011年06月20日 19:43
オリーブリーさん、こんばんは♪
「生」への執着に少なくとも思考上の理由なんてものはなく、ただただ動物としての本能なんだなと、そう思わせてくれたダニー・ボイル監督の捉え方に唸りました。
フランコもスゴイ。
かの授賞式ではお茶目な印象ばかりが残りましたが、実はあの時こんな素晴らしい演技でノミネートされてたんですよね。クマの被り物の印象しかなくてごめんよ~(笑)
SOAR
2011年06月20日 19:45
itukaさん、こんばんは♪
神経について触れる方が意外といないなあと思っていたらそちらに!
水没のシーン、あれも表現としてはおもしろいと思いました。単純な話なので演出のセンスが問われるわけですが、監督さすがでしたね。記憶に残る作品でした。
SOAR
2011年06月20日 19:47
悠雅さん、こんばんは♪
お~、やっぱり悠雅さん食い付いた~(笑)
スポーツのような絶対勝負ではないし、総合的な判断をするとやはりコリンのオスカーは妥当でしょうね。一方でフランコはこれからこうした賞レースに確実に絡んでくるでしょうから、今後が楽しみになりました。

そう、映像の美しさ。これポイントかもしれません。例えるなら中島や是枝に近い監督さんのようにも思いました。すごく重い中にごく自然にスタイリッシュな美をはめ込んでしまうような。
奇を衒ったとすれば幻覚や妄想のシーンでしょうが、それでもストーリー自体はしっかりと堅実でストレートなんですよね。あとはもう主役次第。ジェームズ・フランコ、よくやり遂げたなあ。彼の印象って、私スパイダーマンでのあの役しかないんですよ、恥ずかしながら。彼の株がぐぐっと上がった思いです。もちろんダニー・ボイルも!
2011年06月21日 13:03
こんにちは~♪。
既に感覚が無かったり、麻酔もしくは鋭利な物で、スパーンといくものだと予想して鑑賞に行きました。
なので、一つ一つ段階を経て進行していく様子は、かなりキツかったです。
とはいえ、手1本にも、数多くの細胞達があるからこそ機能している事を再認識したり、切るにあたっての準備や手当しておくべき方法等も知ったりしながら、「人間(動植物達も含め)としての形」になって、この世に生まれてくる事の凄さを感じ、命って大切なんだよなぁ…と思いました。

アーロンが見る幻影や夢は、起きている時「こうなってくれたら。」と感じた願望とリンクしていましたよね。
「思いが強いと夢の中にでてくる。」実生活でも時々あるので「夢枕に立つ」って本当にあるのかなぁ。。。とも(飛躍しすぎですね。すみません)。

☆悔いのない人生を☆なぁんて思います(^^)。
2011年06月21日 14:54
自分だったら、どうだろう?
と、ふと考えてしまいました。
おそらく切断出来ません・・・。


凄惨かもしれませんが、
その先に“あるもの”を感じ取れるような作品でした。
“生”とはいかにすごいことなのか、観終わった後は爽快な気分に。
2011年06月21日 17:27
ある意味、見る人を選ぶようなこの映画。
彼のあの選択。最後に感謝の言葉を残してあの場を去る姿が印象的でした。
SOAR
2011年06月23日 01:00
みぃみさん、こんばんは♪
最近そちらへのTBがなぜかできなくなっちゃってゴメンナサイね。

アーロンの妙な冷静さが逆にリアルでもありましたよね。試しに刺してみたり骨を探ってみたり・・・。
たしかに命の大切さや構成パーツひとつひとつ(本作では腕)の大切さを強烈に感じさせる作品でした。

家族へのそっけない態度を後悔したり、直前に出会った女の子たちと楽しむはずだったパーティーの様子を妄想したり、意識が遠のく中で彼の脳裏に浮かぶあれこれが興味深かったです。
SOAR
2011年06月23日 01:01
BROOKさん、こんばんは♪
生き残るには自ら切らねばならないというシチュエーションはホラーではおなじみですが、ヒューマンドラマとして描かれるとまた違った味わいがありましたね。

私も多分切れないでしょう。ただ、極限状態で究極の決断を下す心理の予測はつきませんから、私もBROOKさんも、いざとなったらやれちゃうのかも!?
SOAR
2011年06月23日 01:01
にゃむばななさん、こんばんは♪
脱出劇の見応えでおなかいっぱいになれる作品なのに、前と後にしっかりとしたドラマを見せてくれた監督。やりますね~。
あの犠牲は彼にとって感謝に足るものだったのでしょうね。
2011年06月27日 10:50
大丈夫です。世の中、圧倒的にフランコ君ファンの方が多いと思います。
特におばさんは絶対フランコ君ですよ!!
かくいうあたしも、当然フランコ君。
あのシーンにやはり気を奪われがちですが、冷静に状況を分析し、何をどうやったら一番ベストな選択なのか・・ということもキチンとした上での行動。
いろんな面で、勉強になりました!
まあ、腕を挟まれることはないでしょうが、行き先は言わないとね。
SOAR
2011年06月29日 01:08
sakuraiさん、こんばんは♪
あはは、そうですか~。彼チョイチャラだけど二枚目ですもんねぇ。

そう、けっきょくこの作品が高評価を得てるのは、あの決断に至る過程、特に彼の思考や心理をものすごく丁寧にかつ興味深く描いているからなんですよね。あのシーンだけが話題になっても評価につながるわけではないし。
私も一人で急にふらりとカメラ一式クルマに積んで出掛けちゃうことがあるので、せめて誰か一人にはメールしとこうと思いました。

この記事へのトラックバック

  • 127時間

    Excerpt: 自由気ままを楽しむアーロン・ラルストン(ジェームズ・フランコ)は、週末、庭のように慣れ親しんだブルー・ジョン・キャニオンへと向かう。 美しい景観の大自然を思う存分満喫するアーロンだったが、ふ... Weblog: 心のままに映画の風景 racked: 2011-06-19 15:43
  • 127時間

    Excerpt: 評価:★★★★【4点】(14) これは強烈だった!その瞬間、極限の痛みで顔がついつい歪んでしまった。 Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~ racked: 2011-06-19 21:00
  • 127時間

    Excerpt: 前に進むことの大切さ 【Story】 アメリカ・ユタ州のブルージョン・キャニオン。ロッククライミングをしていた登山家のアーロン・ラルストン(ジェームズ・フランコ)は落石事故に見舞われ、.. Weblog: Memoirs_of_dai racked: 2011-06-19 21:03
  • 127時間 / 127HOURS

    Excerpt: ランキングクリックしてね ←please click 「スラムドッグ・ミリオネア」でアカデミー賞作品賞受賞、ダニー・ボイル監督最新作 ってことで思わず、「127時間後&amp.. Weblog: 我想一個人映画美的女人blog racked: 2011-06-19 21:42
  • 127時間

    Excerpt: 『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督が登山家アーロン・ラルストンの実話を映画化。峡谷で岩に右腕を挟まれた主人公の127時間にも及ぶ極限のサバイバルを描いた感動作。出演は『スパイダーマン』シ.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2011-06-19 22:52
  • 127時間

    Excerpt: 急転直下。暗中模索。自力更生。 Weblog: 悠雅的生活 racked: 2011-06-19 23:23
  • 「127時間」  127 Hours

    Excerpt: 渓谷で落下した際に右腕を岩によって挟まれ身動きが取れなくなり、生と死のはざまで127時間を過ごした登山家を襲う絶望と希望を描いたダニー・ボイル監督の最新作。 前作「スラムドック・ミリオネア」同様、.. Weblog: 俺の明日はどっちだ racked: 2011-06-20 01:25
  • 映画レビュー 「127時間」

    Excerpt: 127時間  原題:127Hours 【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】 実在する登山家、アーロン・ラルストンの実話を映画化したヒューマン・ドラマ。峡谷でアク.. Weblog: No Movie, No Life (映画・DVDレビュー) racked: 2011-06-20 03:13
  • 127時間

    Excerpt: 【127 Hours】 2011/06/18公開 アメリカ 94分監督:ダニー・ボイル出演:ジェームズ・フランコ、アンバー・タンブリン、ケイト・マーラ、リジー・キャプラン、クレマンス・ポエジー、ケ.. Weblog: 新・映画鑑賞★日記・・・ racked: 2011-06-20 11:27
  • 映画:「127時間」♪。

    Excerpt: 平成23年6月20日(月)/。 映画:「127時間」。 【監督・脚本】 ダニー・ボイル 【原   作】 アーロン・ラルストン 【脚   本】 サイモン・ボーフォイ 【撮   影】 アンソ.. Weblog: ☆みぃみの日々徒然日記☆ racked: 2011-06-20 14:08
  • 劇場鑑賞「127時間」

    Excerpt: “生”への執着 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201106210004/ .. Weblog: 日々“是”精進! ver.A racked: 2011-06-21 14:52
  • 『127時間』

    Excerpt: 右腕を岩に挟まれ5日と7時間。感謝することに無頓着だった青年の心理的な密室脱出劇。そのラストに自然と涙が流れる。 若き登山家アーロン・ラルストンの実話を映画化したこの ... Weblog: こねたみっくす racked: 2011-06-21 17:36
  • 127時間

    Excerpt: (原題:127 HOURS) 【2010年・アメリカ/イギリス】試写会で鑑賞(★★★☆☆) 第83回アカデミー賞、作品賞・主演男優賞・脚色賞・作曲賞・歌曲賞・編集賞の6部門ノミネート。 第68回ゴー.. Weblog: ともやの映画大好きっ! racked: 2011-06-22 23:02
  • 映画「127時間」

    Excerpt: 127 hours アメリカ・イギリス 2010 2011年6月公開 劇場鑑賞 このところ3カ月遅れのレビューが続いているのですが、新作映画を劇場で観たときには優先して感想を書くことにしました。すぐに.. Weblog: Andre's Review racked: 2011-06-22 23:45
  • ダニー・ボイル監督『127時間』

    Excerpt: 注・内容に触れています。原作はアルピニストとして活動しているアーロン・ラルストン氏の実体験をもとにした「127時間」。監督は『スラムドッグ$ミリオネア』でアカデミー賞8部門に輝いたダニー・ボイル。主演.. Weblog: 映画雑記・COLOR of CINEMA racked: 2011-06-23 12:17
  • 127時間

    Excerpt:    『127時間』  (2010) アメリカ・ユタ州のブルージョン・キャニオン。 ロッククライミングをしていた登山家のアーロン・ラルストン(ジェームズ・フランコ)は、.. Weblog: サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村 racked: 2011-06-23 23:20
  • 127時間 えっ?これって実話っ?

    Excerpt:  えらく夏になった、本気で、暑すぎる~~(=^‥^A アセアセ・・・ 【=31 -8-】 TOHOシネマズ1か月フリーパスポート5本目、オープニングではインド映画の香りが・・・でも「最後のみんなで.. Weblog: 労組書記長社労士のブログ racked: 2011-06-24 09:59
  • 「127時間」 127 Hours (2010 FOXサーチライト)

    Excerpt: トレッキング(というかケイビングに近い)の最中に岩の裂け目から落下し、同時に腕を Weblog: 事務職員へのこの1冊 racked: 2011-06-25 11:11
  • 映画「127時間」

    Excerpt: 映画「127時間」を鑑賞しました。 Weblog: FREE TIME racked: 2011-06-25 19:25
  • 『127時間』

    Excerpt: '11.06.09 『127時間』(試写会)@よみうりホール 観たかった! 試写会探してたら、お友達のともやさんの当選tweet発見! ちゃっかり便乗してしまった(笑) だってダニー・ボイルだからね.. Weblog: ・*・ etoile ・*・ racked: 2011-06-26 04:46
  • 127時間

    Excerpt: フランコ君に尽きます! Weblog: 迷宮映画館 racked: 2011-06-27 10:51
  • ■映画『127時間』

    Excerpt: 2008年の米国アカデミー賞にて8部門で賞を独占した『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督の最新作『127時間』。 「失神者続出!」とか「劇場で嘔吐する人も!!」などという、海外の前評.. Weblog: Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ> racked: 2011-06-27 11:02
  • 身動き取れぬ 127時間

    Excerpt: 20日のことですが、映画「127時間」を鑑賞しました。 1人でロッククライミングに行ったアーロン その途中 谷間に落ち右腕が岩に挟まれ身動きが取れなくなってしまい・・・ まさに、絶体絶命の127時.. Weblog: 笑う学生の生活 racked: 2011-06-27 22:10
  • 127時間

    Excerpt: 行き先を言わないでユタ州のブルー・ジョン・キャニオンに入ったために、5日間も身動きが取れない状態で死の恐怖に直面した青年の様子を退屈しない描き方で見せてくれる。こういう映画を傑作という。非常にリアルで.. Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver racked: 2011-06-30 00:54
  • 『127時間』

    Excerpt: アカデミー賞受賞作「スラムドッグ$ミリオネア」のダニー・ボイル監督が、 青年登山家アーロン・ラルストンの奇跡の実話を映画化した衝撃のサバイバル ・ヒューマン・ストーリー。 誰も寄りつかない大自然の.. Weblog: だらだら無気力ブログ racked: 2011-07-01 00:06
  • 127時間

    Excerpt: ジェームズ・フランコって整ったお顔立ちなのに、「スパイダーマン」のハリー以外で私が見たのは 変な役どころばかり  今回はほぼ一人芝居で、アカデミ―主演男優賞ノミネート 残念ながら賞は「英国王のスピーチ.. Weblog: 映画の話でコーヒーブレイク racked: 2011-07-03 02:06
  • 『127時間』 (2010) / アメリカ・イギリス

    Excerpt: 原題: 127 Hours 監督: ダニー・ボイル 出演: ジェームズ・フランコ 、アンバー・タンブリン 、ケイト・マーラ 、リジー・キャプラン 、クレマンス・ポエジー 本年アカデミー賞作.. Weblog: Nice One!! @goo racked: 2011-07-03 03:08
  • 127時間

    Excerpt:  『127時間』を渋東シネタワーで見てきました。 (1)アカデミー賞を受賞した『スラムドッグ$ミリオネア』を制作したダニー・ボイル監督の作品ということもあって、映画館に出かけてみました。  物語の.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2011-07-06 05:31
  • 映画「127時間」自分なら同じことが出来るか絶えず問い続ける

    Excerpt: 「127時間」★★★☆ジェームズ・フランコ 出演 ダニー・ボイル 監督、スティーヴン・スピルバーグ製作 94分 、2011年6月18日, 2010,アメリカ、イギリス,FOX (原作:原題:127H.. Weblog: soramove racked: 2011-07-06 20:46
  • 127時間

    Excerpt: 127時間'10:米、イギリス◆原題:127 Hours◆監督:ダニー・ボイル「スラムドッグ$ミリオネア」◆出演:ジェームズ・フランコ、アンバー・タンブリン、ケイト・マーラ、リジー・キャプ ..... Weblog: C'est joli~ここちいい毎日を~ racked: 2011-07-07 14:23
  • 127時間 127HOURS

    Excerpt: 冒険家の実話を『トレインスポッティング』『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督が映画化! いつもアウトドアを楽しんでいるアーロン(ジェームズ・フランコ)は、金曜日の夜いつものようにMTB.. Weblog: まてぃの徒然映画+雑記 racked: 2011-07-10 00:59
  • シネトーク67『127時間』●どのホラーよりも怖い映画。でもそれだけに感動も深い!

    Excerpt: 三度のメシぐらい映画が好きな てるおとたくおの ぶっちゃけシネトーク ●今日のてるたくのちょい気になることシネ言 「『シネコンウォーカー』に金払って読んでる人いるの?」 .. Weblog: ブルーレイ&シネマ一直線 racked: 2011-07-11 03:32
  • 生きることをあきらめない~『127時間』

    Excerpt:  127 Hours  27歳のアーロン(ジェームズ・フランコ)は、ある週末、峡谷に向かう。音楽を 供に、一人でいることを愛する彼だったが、その単独行が思わぬ悲劇を招く。 .. Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2011-07-12 20:57
  • 「127時間」 自分と向きあった127時間

    Excerpt: 正直、観ようか観まいか迷った作品です。 「スラムドッグ$ミリオネア」のダニー・ボ Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2011-07-17 06:49
  • 『127時間』 映画レビュー

    Excerpt: 『 127時間 』 (2010)  監  督 :ダニー・ボイルキャスト :ジェームズ・フランコ、アンバー・タンブリン、ケイト・マーラ、クレマンス・ポエジー、 リジー・キャプラン、トリート・ウ.. Weblog: さも観たかのような映画レビュー racked: 2011-07-17 12:44
  • 映画:127時間

    Excerpt:  そのタイトルからどうしても96時間のようなアクション映画を想像しちゃいますよね。でも全く違います。そんな訳で渋谷のシネクイントで127時間を見てきました。  このシネクイント、前回の半.. Weblog: よしなしごと racked: 2011-09-14 20:57
  • 127時間☆あきらめるな、未来を笑え。

    Excerpt:    生きて帰りたい。   断崖に挟まれた一人の青年の、       究極の〈決断〉   。 Weblog: ☆お気楽♪電影生活☆ racked: 2011-09-28 11:13
  • 127時間

    Excerpt: ブログネタ:○○の秋、あなたは何の秋? 参加中 先月はレビューが本当に少なかった。 レビューを書くために映画を見てる気になって 映画を観る気になれなかったのです。 でもそれではダメだ!.. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2011-10-03 21:20
  • 127時間

    Excerpt: 127 Hours/10年/米・英/94分/サスペンス・ドラマ/劇場公開 監督:ダニー・ボイル 過去監督作:『スラムドッグ$ミリオネア』 製作:ダニー・ボイル 原作:アーロン・ラルストン『奇跡の6日間.. Weblog: 銀幕大帝α racked: 2012-01-07 00:43
  • 『127時間』

    Excerpt: JUGEMテーマ:映画 制作年:2010年  制作国:アメリカ  上映メディア:劇場公開  上映時間:94分  原題:127 Hours  配給:20世紀フォックス  監督:ダ.. Weblog: La.La.La racked: 2012-01-22 11:56
  • ダニー・ボイル監督 「127時間」

    Excerpt: 登山家アーロン・ラルストンが体験した実話を監督ダニー・ボイル、主演ジェームズ・フランコで映画化し、昨年2011年度アカデミー賞作品賞と主演男優賞にノミネートされた作品 ブルーレイで鑑賞 オフィシャ.. Weblog: 映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。 racked: 2012-01-25 17:21
  • 127時間

    Excerpt: 「ある決断」やどうなるのかというものは誰しも予想がつくので、主人公が動けないという状況下における演技力が試される作品です。主演はジェームズ・フランコさん。 実際にあった話だそうなので、1人で.. Weblog: いやいやえん racked: 2012-01-26 09:19
  • 「127時間」(127 HOURS)

    Excerpt: 「トレインスポッティング」「スラムドッグ$ミリオネア」などの作品で知られる英国出身のダニー・ボイル監督が実話を基に「メガホンを執ったパニック・サバイバル・ムービー「127時間」(2010年、英米、97.. Weblog: シネマ・ワンダーランド racked: 2012-04-07 00:09
  • 127時間

    Excerpt: 気合いだー!!!!! Weblog: Akira's VOICE racked: 2012-04-25 12:00
  • 【映画】127時間…蛇足を排除してヤッツケてみる(6)蛇足はイキ

    Excerpt: 本日2012年9月2日(日曜日)は、ブログ書いてる時間以外、寝っぱなしの一日でした で、本日二回目の投稿。 本当は「ダークナイト・ライジング」と「アベンジャーズ」の映画観賞記録をそろそろアップしたい.. Weblog: ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 racked: 2012-09-03 21:12
  • 『127時間』’10・米・英

    Excerpt: あらすじ金曜の夜、いつものように一人で、ロッククライミングを楽しむため、ブルー・ジョン・キャニオンに向け出発したアーロンだったが・・・。解説アカデミー賞作品賞・主演男優... Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... racked: 2012-11-08 08:43