『うさぎドロップ』・・・原作前半のダイジェスト的な印象

映画化の話を聞くまで全く知らなかった原作コミックの存在。最近になって映画館配布の小冊子にて試し読みしたその第1話にたちまち惹かれてしまい、気付けば全9巻まとめて大人買いというにわか「うさドロ」ファンの私。
やはり5巻以降で描かれる10年後のストーリー(予備知識ナシで5巻の表紙を見たときはタマゲタ)があってこその「うさドロ」だと思うのだが、本作はその序盤、まずは大吉に引き取られることになったりんの保育園時代のお話。

身寄りをなくした幼児を独身男が引き取るという設定は阿部サダヲ主演のフジ系ドラマ、『マルモのおきて』と同じであり、どちらにも芦田愛菜が出てるのが興味深い。撮影時期も近かったと思うのだが、両者をきちんと演じ分ける芦田の才華、やはりタダモノじゃないねこの子。
過去にも触れてると思うが、彼女のセリフはきちんと話し言葉としての抑揚があるのがすごいところ。覚えたセリフを一語一句間違えずにきちんと“棒読み”できることが上手な子役の定義ではないのである。テレビでスクリーンで愛菜ちゃんを見るたびにそう思う。



祖父の隠し子(らしい)少女りんを勢いで引き取ることになった大吉を、母親の一言が容赦なく苦しめる。

「子供を育てることで私がどれだけ自分を犠牲にしてきたかわかるか?」

さらには「妊娠中から、娘ではなく仕事を選ぶことに決めていた」と言い切るりんの母親の態度にも大吉は困惑してしまう。
安易に名乗りを上げたことに後悔しそうになるそんな大吉を救うのが、会社の仲間やりんの初めての友だちコウキの母ゆかりだ。一見ガラが悪そうで実は子煩悩な若いパパたちに勇気をもらい、子育ての先輩である“後藤さん”がさらりと言い放つ一言で自信を取り戻す大吉。サバサバとしたコウキママを前に、強くなることではなく臆病になることの正当性を見出す場面も実にいい。

脚本は基本原作に忠実な流れで、終盤の“脱走→冒険”がオリジナル。コウキの身の上をうまく見せる形になってはいるが、大人たちが仕事そっちのけで街中を探し回るというシチュエーションは正直アリガチかな。それに他ならぬ芦田が友だち数人と幼稚園を抜け出すというドラマもこの前あったばかりだし、そのあたりはやや新鮮味に欠けたかもしれない。

それと。
これは好みの問題だが、この手の作品だけにもう少し泣かせる演出に偏ってもよかったんじゃないかなと、そんな風にも思った。その意味では原作コミックの前半を、親の目線でさーっとなぞりました的な印象。ダイジェスト版とでも言おうか。大吉の両親や従兄妹、そしてコウキ親子とりんの母正子の身の上などの描写が浅いのがとにかく残念。特に正子はもっとじっくり描くべきだったんじゃないかな。つかみどころのないキャラのまま終わっては絶対いけない人なのに!
で、そのわりに妹カズミの彼氏や児童施設の職員など必然性の見えないオリジナルキャラが配されてたりするんだよねぇ・・・。


おねしょをしたりんが、「これは汗だもん!」と主張する姿はなんともいじらしく印象的であった。ちなみに原作コミックではある人物があるモノを“汗”だと主張して終わる。そんなラストシーンにつながる最後の数ページに私はすっかり泣かされてしまった。本作を気に入った方で原作コミック未読の向きはぜひ手に取っていただきたい。
親の目線で語られた物語が10年の時を経て今度は高校生となった子供たち(りん、コウキ、麗奈)の目線で語られていく後半、これまた引き込まれますよ~。


どうせなら映画版も、10年後に36歳の松ケンと17歳の愛菜ちゃん主演で続編ができたらいいかも・・・・・なーんて、ふと思ってしまった。


この記事へのコメント

一葉
2011年08月24日 23:52
やっぱり原作に回帰します。

映画見て、原作が読みたくなって原作再読。
やっぱり原作オモシロイです。
そしてイロイロ思索する事も。

やっぱり原作者の宇仁田さんがすごいのですよ。
うさぎドロップをここまで育てあげ、さらにアニメ化、映画化に
こぎ着けるなんて・・・。

http://www.birthday-energy.co.jp/
緩急自在、勢いのある色気タップリな表現力、
自己に苦悩しながらも世間を観察する力量
際限のない何でもありそうな少女的感性

そしてやっぱり勢いあるとちがうんですね!
SOAR
2011年08月27日 21:46
一葉さん、こんばんは♪
原作はもともとこんなに長く続く予定じゃなかったそうですね。それを宇仁田さんが本当によく育ててくださったと思います。

例えば9巻170ページの1コマ目。これは1巻の18ページのシーンの再現なんですよね。この時ダイキチが見ていたりんの表情はコレだったのか!という・・・。

映画も及第ですが、やはりおっしゃるように原作回帰ですね。

この記事へのトラックバック

  • 「うさぎドロップ」子供を引き取って初めて知った子育ての大変さと家族の愛情

    Excerpt: 「うさぎドロップ」は宇仁田ゆみ原作の「うさぎドロップ」を映画化した作品で祖父の葬式で隠し子がいる事が発覚し、その処遇を巡って親族会議が行われ、自ら引き取る事になった青 ... Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2011-08-21 19:08
  • 「うさぎドロップ」 子供との時間も、自分の時間だから

    Excerpt: 芦田愛菜ちゃんが反則的にカワイイ。 僕自身は結婚もしてないし、(当然のことながら Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2011-08-21 19:13
  • 映画『うさぎドロップ』

    Excerpt: 松ケンファンの私はずいぶん前から楽しみにしてました、この作品。 普通の会社員ダイキチは祖父の葬儀で、 祖父の隠し子だという6歳のりんを預かることになってしまう。 子育て経験のない独身の青年が.. Weblog: よくばりアンテナ racked: 2011-08-21 20:09
  • 「うさぎドロップ」ほのぼの愛菜ちゃん、無敵!

    Excerpt: [うさぎドロップ] ブログ村キーワード  人気大爆発中の芦田愛菜チャンと、新婚で絶好調の松山ケンイチの共演で描く、ハートウォ~ミング・ストーリー。「うさぎドロップ」(ショウゲート)。大人気コミック原.. Weblog: シネマ親父の“日々是妄言” racked: 2011-08-21 20:30
  • うさぎドロップ

    Excerpt: 宇仁田ゆみ原作の人気コミックを『蟹工船』のSABU監督が実写映画化。祖父の隠し子を引き取って育てることになった主人公が四苦八苦しながらも親になることの意味を悟ってゆくハートフルドラマだ。主演は『GAN.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2011-08-21 22:21
  • 松ケンと愛菜ちゃん最高!! 【映画】うさぎドロップ

    Excerpt: 【映画】うさぎドロップ 宇仁田ゆみ原作の人気コミックを、 『蟹工船』のSABU監督が映画化。 【あらすじ】 27歳独身のダイキチ(松山ケンイチ)は、祖父の葬式に出席するため久しぶり.. Weblog: B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら racked: 2011-08-22 20:40
  • うさぎドロップ

    Excerpt: 27歳の独身サラリーマン、ダイキチが祖父の葬式で出会った悲しげな6歳の少女・りんは何と祖父の隠し子だった。 引き取り手のない彼女を、つい男気を見せて連れ帰ったものの、慣れない男の子育ては3日で限界! .. Weblog: 象のロケット racked: 2011-08-22 22:43
  • うさぎドロップ

    Excerpt: うさぎドロップ ★★★☆☆(★3つ) この作品、何回か試写会の応募に外れてしまっていて諦めていたのですが、滑り込みで当たりました! そして、事前告知はなかったのですが、松ケンと芦田愛菜ちゃん、.. Weblog: 食はすべての源なり。 racked: 2011-08-23 09:29
  • うさぎドロップ

    Excerpt: 宇仁田ゆみの人気コミックスを「GANTZ」「ノルウェイの森」の松山ケンイチ とTV「Mother」「マルモのおきて」の芦田愛菜主演で実写映画化した ハートフル・ドラマ。 ひょんなことから亡き祖父の.. Weblog: だらだら無気力ブログ racked: 2011-08-25 01:59
  • 『うさぎドロップ』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「うさぎドロップ」□監督 SABU□脚本 林民夫、SABU □原作 宇仁田ゆみ □キャスト 松山ケンイチ、香里奈、芦田愛菜、桐谷美玲、キタキマユ、佐藤瑠生亮、    .. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2011-08-26 12:15
  • 映画「うさぎドロップ」松山ケンイチと芦田愛菜の芸達者ぶりを見る

    Excerpt: 「うさぎドロップ」★★★☆ 松山ケンイチ、香里奈、芦田愛菜、 池脇千鶴、木村了、キタキマユ、 風吹ジュン、中村梅雀出演 SABU 監督 114分、2011年8月20日公開 2011,日本,ショウゲー.. Weblog: soramove racked: 2011-08-28 10:22
  • うさぎドロップ

    Excerpt: まわりを見渡せば 世界は愛で溢れてる――。 製作年度 2011年 上映時間 114分 原作 宇仁田ゆみ 脚本 林民夫/SABU 監督 SABU 主題歌 PUFFY 『SWEET DROPS』 出演 .. Weblog: to Heart racked: 2011-08-28 12:19
  • うさぎドロップ(2011-066)

    Excerpt: 27歳独身のダイキチ(松山ケンイチ)は、 祖父の葬式に出席するため久しぶりに帰省する。 彼はその席で6歳の少女りん(芦田愛菜)に目を留めるが、 何と彼女は祖父の隠し子だということで 親族一同が.. Weblog: 単館系 racked: 2011-08-30 21:38
  • うさぎドロップ

    Excerpt: 原作は宇仁田ゆみの同名コミック。 監督はSABU。 27歳の会社員ダイキチを松山ケンイチ、 ダイキチのおじいちゃんの隠し子りんを芦田愛菜。 香里奈、池脇千鶴、風吹ジュン等が共演。 ダイキチ(松.. Weblog: 花ごよみ racked: 2011-09-03 15:17
  • 映画「うさぎドロップ」

    Excerpt: 先月の話になりますが、映画「うさぎドロップ」を鑑賞しました。 Weblog: FREE TIME racked: 2011-09-06 21:39
  • ■映画『うさぎドロップ』

    Excerpt: 松山ケンイチと芦田愛菜が急ごしらえの親子になっていく様子を描く映画、『うさぎドロップ』。 宇仁田ゆみの人気コミックスを映画化した作品ですが、普段はオトコくさい作品ばかりを手がけているSABU監督.. Weblog: Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ> racked: 2011-09-12 01:54
  • うさぎドロップ

    Excerpt: まわりを見渡せば、 世界は愛で溢れてるー。 レディースデーにK子ちゃんと一緒に『うさぎドロップ』を観てきました。 原作は途中迄(第1部)しか読んでいないのですが、深夜枠のアニメも観ていたし、何よりも.. Weblog: Peaceナ、ワタシ! racked: 2011-10-04 16:38
  • うさぎドロップ

    Excerpt: うさぎドロップ'11:日本◆監督:SABU「蟹工船」「ホールドアップダウン」◆出演:松山ケンイチ、香里奈、芦田愛菜、桐谷美玲、佐藤瑠生亮◆STORY◆27歳で独身サラリーマンのダイキチは祖 ... Weblog: C'est joli~ここちいい毎日を~ racked: 2011-10-14 16:42
  • うさぎドロップ

    Excerpt: 11年/日本/114分/ドラマ/劇場公開 監督:SABU 過去監督作:『疾走』 原作:宇仁田ゆみ 脚本:SABU 主題歌:PUFFY『SWEET DROPS』 出演: ◆松山ケンイチ…河地ダイキチ .. Weblog: 銀幕大帝α racked: 2012-02-03 00:08
  • 映画:うさぎドロップ

    Excerpt:  去年の夏頃公開された映画ですが、DVD発売直前に劇場で見てきました。と言うわけで今回の作品は2本だての1作目、 うさぎドロップです。 Weblog: よしなしごと racked: 2012-02-18 20:14
  • うさぎドロップ(感想239作目)

    Excerpt: 10月2日 うさぎドロップ(感想239作目) 当ブログで鑑賞した映画の感想も239作品を超えて ステキな金縛り&三銃士 王妃の首飾り& マネーボール&スマグラー おまえの未 ... Weblog: スポーツ瓦版 racked: 2012-10-02 20:55