『サンクタム』・・・ジェームズ・キャメロンは何をしたかったのか?

サンクタムとは聖なる場所、聖域のことである。

ジャングルの奥地でぽっかりと口をあける世界最大級の洞窟、その深部にある水路が海へつながっていることを証明しようとする探検家チームに自然の驚異が襲い掛かるというリアル系サバイバル作品。嵐により地上班との連絡が途絶え、洞窟入り口へのルートは流れ込む水により遮られてしまった彼らは、生還のために皮肉にも海への脱出ルートを探すことになるのだが・・・。

うーん、正直期待したほどの作品ではなかったかな。製作総指揮のジェームズ・キャメロンが知人の体験を元に作ったとの事で、なるほどSFや謎解き要素はなくストレートな冒険ストーリーである。


で、えーと・・・。

えーとね・・・・・・・・

ううう、あまりにフツーで書くことがない・・・(笑)



脱出行の過程で見失ったアイテムや人物(遺体や重傷者含む)と再会するシチュエーションが何度か登場する。これをご都合主義と言ってしまうと身も蓋もないわけで(笑)、本作が実話ベースであれこうした創作部分は話を盛り上げるために必要不可欠な要素だと割り切りたいところ。が、どうもこれらがベタ、あるいは中途半端な扱いになってしまっていて残念なのだ。
例えば万事休すな父子の前に亡きジュードのリブリーザーが流れ着く場面。ここでフランクが「ジュード、ありがとう」とつぶやくのだが、その後にドラマチックな展開が・・・ない!
序盤のジュードの事故死のシーンはかなりインパクトがあった。で、その時に取ったフランクの行動が今ひとつわかりにくい(とっさに助けようとしたものの、けっきょく自分の生還を選んでしまったってこと?)だけに、彼女の装具と再会したフランクに何か語って欲しかったのだが・・・。

再会と言えば、地上に戻ることになったジョシュたちが増水による激流に阻まれベースキャンプまで戻されてしまった際に、リズとJDって流されずに地上へ進みかけてたと思うのだがどうなったんだっけ? 
てっきりあの二人との再会が後々あるものだと思って観ていたんだけどなあ。何にもないし。

そもそもこのケイビングチームのメンバー構成がよくわからないうちに話が進んでいってしまう感じ。ジョシュ、カール、ビクトリアの3人は現地に向かう様子から描かれるのでいいのだが、既に洞窟内で活動しているメンバーたちのキャラ説明が全くないまま、どんどん死んだり流されたりして消えていくのはどうよ。
フランクとジョシュの屈折確執親子、カールとビクトリアの金持ち非常識バカップル、そしてジョージと、早いとここの主要5人に絞って話を進めようってことなんだろうね。


水中で狭いところに挟まったり、タンクのホースが破損したり、ライトのバッテリーが尽きたりと、いずれもお約束ではあるがハラハラ度はなかなか高いと思う。洞窟調査という特殊性ゆえダイビングとロッククライミングが交互に描かれるのも面白い。また本作ではぶつかったり絡まったり刺さったりと痛グロな描写も多いので、適度な刺激もありだ。

一方で、タイトルから連想される神聖さや荘厳さが期待したほどのレベルでなかった分、親子関係や仲間割れといったドラマ部分ばかりがやけにチープな印象として残ってしまった気もする。
どんでん返し的な展開も皆無で、最後にジョシュが使うアイテムも含めこれだけ先が読めてしまう作品も珍しい。


キャメロン監督、こんなところで寄り道してないで早いとこご自身がメガホンとってくださいな。



この記事へのコメント

2011年09月17日 20:24
現地の村長らしき人物がスクリーンに登場していながら、聖域に関する説明がなしというのはダメダメですよね。
聖域だからこそ神の怒りに触れて…みたいなことが起こるのかと思いましたが、神様の「か」の字も出てこない展開にがっかりでしたよ。
2011年09月17日 20:36
キャメロンが名前を連ねているものの、
ただの“名義貸し”のような感じでしたね・・・。

スキューバダイビングをやっている方なら、
フランクにしていることに、いろいろと納得出来るのでしょうけど、
素人が観ると、どうしても共感出来ず。
もっと説明が欲しかったような気がします。

痛々しいシーンは“見応え”がありました。
SOAR
2011年09月19日 00:21
にゃむばななさん、こんばんは♪

>聖域だからこそ神の怒りに触れて…みたいな

はい、なんでそういう要素を入れなかったのか不思議です。人間ドラマもチープだしメジャーどころは出てないし、3Dも度肝を抜かれるほどではないですよね。何が作りたかったのかさっぱりわからない映画でした。
SOAR
2011年09月19日 00:22
BROOKさん、こんばんは♪
私はむしろキャメロンほどの御仁がこのレベルの作品に名義貸しすることが理解できません。単にネタ提供ということにして、あとはまあ3D技術協力とかのポジションで十分ですよねぇ。まあ私の場合、彼が製作総指揮ってところに釣られたわけですけど(苦笑)
なな
2011年11月14日 21:33
お久しぶりです。
>キャメロン監督、こんなところで寄り道してないで早いとこご自身がメガホンとってくださいな。

ははは,たしかに~。緊迫感や閉塞感は十分感じられ,ストーリーもそこそこ最後まで集中して観れるほどの面白さはあったものの,う~~ん,やはりなんか納得できない消化不良な感じもしました。
私は「自業自得」な命の落とし方が多すぎて,メンバーたちにもリーダーにも突っ込みを入れながら観てしまいました。不慣れな場所ではとにかく経験者の言うことを聞こう!と改めて思いました・・・・。
SOAR
2011年11月21日 00:07
ななさん、こちらこそご無沙汰です。
これだけキャストがいながら誰にも共感できない点で私にはイマイチでした。
それでも飽きずに観られるのはやはり洞窟にして水中という特殊性に興味を引かれたんだと思います。
それにしてもみんながみんな自分勝手で困ったもんですよね。そりゃあ命も落とします。

チームでの仕事や遊びは、信頼できるリーダーの元でやりたいものです。
サロン
2012年02月05日 07:20
他人を踏み台にしなければ自分も死ぬことになるという教訓は一理ある。にしても、足でまといになった者の命を奪うことには狂気すら感じる。安い制作費でリアリティを追求したかったのだろうが、蓋を開けてみれば、人権無視の殺しを正当化する否人間的な狂気サスペンス。描写もグロくて小さな子供には見せられない。主人公の親父は次々に人を殺めていくが、親父が主人公に対して安楽死を求める以外は誰も殺してくれとは求めてない。中途半端感がものすごくて、殺しのインパクトがなければ、何の話題性もない駄作。
SOAR
2012年02月09日 23:03
サロンさん、こんばんは♪
リーダーである主人公のお父さんの行動に全く共感できなかったことが致命的だったと思います。
話題性という点に関しては、「キャメロン×3D」だけが一人歩きしてしまいましたね。
2012年12月03日 06:43
聖域だから神の怒りに触れたとあっちゃあそれもあなたの言うありきたりでしょう。
個人的にフランクには最初から賛同してました。髪の毛が引っかかってミキサーに落ちた女がうざかったですな。言うこと聞かない、命懸けだから足手まといを消し去るとフランクを最低呼ばわり。
挙げ句の果てに、死ぬ間際に周りに迷惑かけました。
現実にあんな女がいたらどうしてやろうか…何せ、みんなの命を背負ってますからな
はじめまして。
2013年02月10日 03:59
はじめまして。なんというか。今の世の中は平和だと思う。

足手まといだから命を奪うわけでもないし、殺人を正当化しているわけでもない。
殺してくれ、殺してくれと懇願される状況を知っている人なら、多少なりとも分かるかも知れない。
それは正当なことではなく、生きている間苛まれる罪を背負うこと。
他に手段があるなら良いが無ければ、あとはただただ苦しむ者を放置するしかない。

子供ですらパニックに陥れば、大人を溺れさせてしまう。
狂気に陥れば、意味も無く仲間を殺すこともある。
パニックにさえ陥らなければ救えたのに、パニックに陥ったがために、見捨てなければならない。
日本でぬくぬくしているなら、分かるはずのないことだと思う。
やまちゃん
2013年04月16日 18:32
主人公の父親がなぜ探検家になったかという理由を見れただけで私はこの映画を見る価値があったと思います。

一見なにを考えているかわからない人でも生きることの苦しさを持っている、ただの一人の人間なんだなと思いました。

人はなぜ苦しみながらに生きるのかという根源的な問いにアンダーラインが明確にひかれている良い映画だなと思いました。

はじめまして。
2013年05月10日 16:51
主人公の父は確かに足手まといだから命を奪った訳ではないと思います。

あれは主人公の父が数々の経験から選んだ行動なのではないかなと思います。
設定で感じましたが、ああいう死という選択しかない場面は彼にとって一度や二度ではなかったのではないしょうか 。

だけど、だけどやはり死は重い。それしかないけど、苦しく恐怖でいっぱいになる。自分が死を望んだとしても、いざ死ぬとなると苦しくていられない、そんな目を覆いたくなる位残酷な事はこの世の事実なのではないでしょうか?

最初の場面で主人公の父はマスクを奪うように見えました。それは相手の彼女がマスクを渡さずパニックを起こしたから見捨てたんだと思います。二人死ぬより良かったのでしょうか?そこは綺麗事でも無く、ヒーローでも無い、リアルな人間を描きたかったのでしょうか?

私はこれを見ていろいろ考える事が出来てよかったと思います。

この記事へのトラックバック

  • サンクタム

    Excerpt: 聖域には到底及ばないデキ 【Story】 南太平洋に浮かぶ島の熱帯雨林の奥地に広がる洞窟。その地は、人が足を踏み入れてはいけない聖域(サンクタム)の様相を呈していた。そんな洞窟の謎に挑.. Weblog: Memoirs_of_dai racked: 2011-09-17 19:30
  • サンクタム

    Excerpt: ベテラン探検家フランクは、パプア・ニューギニアにある世界最大の洞窟体系“エスペリト・エサーラ”に潜り、全体像を解き明かす調査を行っていた。 ところが、ハイテク装備を駆使した前線基地にいた探検隊を、巨大.. Weblog: 象のロケット racked: 2011-09-17 20:19
  • 『サンクタム』

    Excerpt: ジェームズ・キャメロンは水中でのリアルな撮影技術だけが欲しくて、この映画の製作総指揮になったのではないでしょうか。だって潜水シーン以外には何の魅力もない映画なんですも ... Weblog: こねたみっくす racked: 2011-09-17 20:25
  • 劇場鑑賞「サンクタム」

    Excerpt: 決死の脱出へ・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201109160006/ .. Weblog: 日々“是”精進! ver.A racked: 2011-09-17 20:25
  • サンクタム

    Excerpt: 『アバター』のジェームズ・キャメロンが製作総指揮を務めるアドベンチャーサスペンス。人跡未踏の洞窟の調査に入った主人公たちが、予期せぬサイクロンのお陰でそこに閉じ込められる。果たして彼らは無事に脱出でき.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2011-09-17 22:17
  • 映画『サンクタム』 3D

    Excerpt: 『アバター』のジェームズ・キャメロンが制作総指揮ということで期待して 行ってきました!実話を映画化したアドベンチャームービー。 南太平洋の島にある熱帯雨林の人跡未踏の洞窟を探検している.. Weblog: よくばりアンテナ racked: 2011-09-18 00:50
  • 映画「サンクタム (3D・字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレあります

    Excerpt: 映画『サンクタム (3D・字幕版)』(公式)を、本日初日二回目の回にて鑑賞。金曜の午前中とあって450席余りに大人20名ほど(なぜか高齢者が多かった)。 予告編に騙されず、実.. Weblog: ディレクターの目線blog racked: 2011-09-18 07:43
  • サンクタム

    Excerpt: 【SANCTUM】 2011/09/16公開 アメリカ 109分監督:アリスター・グリアソン出演:リチャード・ロクスバーグ、リース・ウェイクフィールド、アリス・パーキンソン、ダン・ワイリー、クリス.. Weblog: 新・映画鑑賞★日記・・・ racked: 2011-09-18 10:27
  • 映画「サンクタム(3D版)」感想

    Excerpt: 映画「サンクタム(3D版)」観に行ってきました。 「タイタニック」「アバター」のジェームズ・キャメロン製作総指揮のアドベンチャームービー。 この作品は私の行きつけの映画館では3D版しか上映されてお.. Weblog: タナウツネット雑記ブログ racked: 2011-09-18 20:28
  • サンクタム

    Excerpt: サンクタム ★★★★☆(★4つ) パプア・ニューギニアの密林地帯にある巨大洞窟エスペリト・エサーラ。 洞窟探検家・フランクの指揮で、フランクの息子・ジョシュも含めた探検隊により前人未到の洞窟調査.. Weblog: 食はすべての源なり。 racked: 2011-09-18 23:43
  • 洞窟冒険・開拓ロマン。【映画】サンクタム

    Excerpt: 【映画】サンクタム(SANCTUM) ジェームズ・キャメロンが製作総指揮。 【あらすじ】 南太平洋にぽつりと浮かぶ島にある、熱帯雨林の奥地に広がる洞くつ。その地は、人が足を踏み入れて.. Weblog: B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら racked: 2011-09-19 10:44
  • サンクタム3D

    Excerpt: 公式サイト。原題:SANCTUM(聖域)。オーストラリア映画。アンドリュー・ワイト原案、ジェームズ・キャメロン製作総指揮、アリスター・グリアソン監督。リチャード・ロクスバーグ、リ ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2011-09-20 11:53
  • サンクタム とにかく空気を~!

    Excerpt:  うちの労組の第13代書記長がお亡くなりになり昨日お葬式に行ってきたが、現役の社員は俺以外に2人、自分は面識がないのだけど労組代表で参列、会社関係者の参列はすでに定年退職されている大先輩ばっかだった。.. Weblog: 労組書記長社労士のブログ racked: 2011-09-29 11:18
  • サンクタム

    Excerpt: 2011年9月18日(日) 21:30~ TOHOシネマズ川崎6 料金:300円(フリーパス+メガネ持参3D料金) パンフレット:未確認 『サンクタム』公式サイト TOHOシネマズのフリーパスポー.. Weblog: ダイターンクラッシュ!! racked: 2011-09-30 13:43
  • シネトーク78『サンクタム』●閉所恐怖症を克服したい人にオススメ!(責任は持ちません)

    Excerpt: 三度のメシぐらい映画が好きな てるおとたくおの ぶっちゃけシネトーク ●今日のてるたくのちょい気になることシネ言 「相方はMOVIXのヒッポコ・ブラザースが好き。どこがいいんだろう?(笑)」 .. Weblog: ブルーレイ&シネマ一直線 racked: 2011-10-04 00:54
  • サンクタム

    Excerpt: そこは、人が入ってはならない、「聖域」サンクタム「サンクタム」なんて聞き慣れない言葉だし、なにが出てくるんだと思いましたが、スパイ映画などで、味方に必ずパソコンおたくがいるように、アドベンチャーものに.. Weblog: 幕張コーポ前 racked: 2011-10-06 00:02
  • ■映画『サンクタム』

    Excerpt: ジェームズ・キャメロンの盟友であり、水中探検家かつ映画作家であるアンドリュー・ワイト氏。 洞窟の中に閉じ込められたという、彼の実体験を元にした映画『サンクタム』は、美しい巨大洞窟の中にある水中世界の.. Weblog: Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ> racked: 2011-10-06 02:07
  • サンクタム(3D)

    Excerpt: サンクタム(3D)'10:米◆原題:SANCTUM◆監督:アリスター・グリアソン◆出演:リチャード・ロクスバーグ、リース・ウェイクフィールド、ヨアン・グリフィズ、アリス・パーキンソン、 ... Weblog: C'est joli~ここちいい毎日を~ racked: 2011-11-11 17:23
  • 映画:サンクタム

    Excerpt:  今年80本目の映画記事はジェームズ・キャメロン製作総指揮のサンクタムです。  そこそこおもしろかったピラニア3Dを「これは3Dにすべきでない映画の見本」と激怒したジェームズ・キャメロン.. Weblog: よしなしごと racked: 2011-11-13 11:25
  • サンクタム

    Excerpt: 3Dは苦手で避けてきた私が,この作品の3Dは観やすかった。脱出パニックムービーとしては,予想していたよりやや重い後味が残るが,なかなか面白かった。 サンクタムとは,聖域という意味だそうで,この場合は南.. Weblog: 虎猫の気まぐれシネマ日記 racked: 2011-11-14 21:35
  • 映画『サンクタム』を観て

    Excerpt: 11-62.サンクタム3D■原題:Sanctum■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:109分■字幕:戸田奈津子■鑑賞日:9月29日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)■料金:300円(3.. Weblog: kintyre's Diary 新館 racked: 2011-11-26 18:09
  • サンクタム

    Excerpt: SANCTUM/10年/米/109分/アドベンチャー・サスペンス/劇場公開 監督:アリスター・グリアソン 製作総指揮:ジェームズ・キャメロン 出演: ◆リチャード・ロクスバーグ…フランク 過去出演作.. Weblog: 銀幕大帝α racked: 2012-01-15 14:54
  • サンクタム

    Excerpt: パプア・ニューギニアの熱帯雨林の奥地に存在する、巨大な洞窟体系[エスペトリ・エサーラ]、そこは人が足を踏み入れてはいけない「聖域(サンクタム)」として君臨していた。だが大富豪の実業家カールから.. Weblog: いやいやえん racked: 2012-01-21 08:46
  • サンクタム

    Excerpt: 3Dで観たかった。 Weblog: Akira's VOICE racked: 2012-04-24 11:02