『リアル・スティール』・・・繰り出せ三連コンボ!

往年の名作『ロッキー』の興奮と感動を思い起こさずにはいられない情感あふれる人間ドラマと劇的なクライマックス。
それぞれに生きる気力を少しずつ見失っていたチャーリーとマックスが、廃工場で見つけたロボットATOMとの出会いを通して活気を取り戻し、同時に互いの絆を深めていくという王道ストーリー。これがまた実に気持ちいい。
廃棄されていた型遅れの小さなスパーリング用ロボットがあれよあれよと勝ち進んでいく様に出来過ぎ感は否めないが、それでもやっぱりこういうストレートな作品、私は大好きだ。たっぷりと感動させてもらった。


ATOMが元々備えている能力に模倣機能がある。ロボットボクサーの練習相手として作られたATOMならではの機能で、一度認識した相手の動きを正確に“真似る”のである。本作で心に残るシーンには必ずこの機能が何かしらかかわっていて、製作サイドのこのアイデアこそが本作のポイントと言っても過言ではなかろう。

例えば、散歩と称し夜の街に駆け出すマックスとATOM。ふと立ち止まったマックスが両手を差し出して、自分を抱き上げるよう向き合うATOMを操作する場面のなんと幻想的で美しいこと。ATOMの顔の高さまで自分を持ち上げさせたマックスがATOMにそっと話しかけるシーンはその言葉の意味深な内容のせいもあってとても印象に残った。


“動物園”での試合に辛くも勝利したATOMだったが、リモコン操作による反応速度に限界を感じたマックスは、ジムで残骸状態となっていたロボット、ノイジー・ボーイの音声認識システムをATOMに移植する。これにより音声指示によるリアルタイムなコントロールが可能になったATOMは、模倣機能を使って元ボクサーのチャーリーからダブルアッパーや三連コンボなどプロの技も次々と習得し確実に強くなっていく。

試合の合間のこうした日常風景の描写から見えてくるのはマックスの可愛らしさと利発さ。おじさんの私が言うと危ないニュアンスが混じってしまう恐れもあるが(笑)、この少年とにかく可愛いのだ。意固地で小生意気な反面、プロリーグWRBの王者ロボット、ゼウスと、そのデザイナーである業界のカリスマ、タク・マシドを見る時の彼の目はキラキラと輝いていて、無垢な純真さが初々しい。
彼とATOMが見せるダンスシーンも可愛いし、こうなるともう彼の着るTシャツにカタカナで書かれた“ロボット”の文字さえ可愛く見えてくる始末(笑)
演じたダコタ・ゴヨ、私にはお初の子役である。今後のさらなる活躍に期待したい。


アンダーグラウンドでの活躍が話題となり、ラジオでも取り上げられ始めたATOMに待望の大きなオファーが来る。WRBの公式戦だ。初戦を突破した彼らはついに王者として君臨するゼウスに挑む。
こうして始まるクライマックスの対ゼウス戦はもう圧巻。王者ゼウスの容赦ない攻撃になす術もないATOMは音声認識システムをやられて万事休す。ここでマックスは使えなくなった音声認識を解除し、模倣機能へモードチェンジ。チャーリーにすべてを託し・・・・。

いや~、この展開には参った。
ATOMの試合でありリングに立つのは当然ATOMながら、闘っているのはリングサイドで空間にパンチを繰り出しているチャーリーでもあるのだ。夢破れたかつてのボクサーがその身にまとわりつくあらゆるしがらみを振り払おうと、また生きる希望に変えようと懸命に闘い続ける。


愛する息子のために。愛する恋人のために。


残念ながら判定負けに終わったものの、場内の観衆はATOMを、そしてマックスとチャーリーを大歓声で称える。みんなのチャンピオンはゼウスではなく君たちだと。
そして清々しい笑顔でインタビューを終えたマックスが「父さん!」と駆け寄るラストシーン。それまで“チャーリー”と呼ばれていた父親が肩車でそれに応えるその瞬間、ゆらゆらと危な気だった父と子の絆は完全に結ばれるのだ。
寄り添うATOMが模倣機能でチャーリーの動作を真似る様子がまたいい。バンザイのようでありガッツポーズのようでもあり、ここでも作り手の巧さが際立つ。


いつまでも止まない歓声。リピートされるATOMコール。

まるで私自身も観客としてその中に混ざっているような、サイコーに心地よい一体感を味わった。


前向きな親子の強くて優しくてたくましい再生の物語。これはこの冬一番のオススメとなるかもしれない。TVCMが気になってる方なら観て損なし。


この記事へのコメント

2011年12月11日 06:27
ATOMがスクラップとなったロボット2体の機能を付けてもらい、ヴァージョンアップしていくのは面白かったです♪
それでも最後は元々の機能が役立つという展開も憎い演出でしたね。
チャーリーが元ボクサーという設定が絶妙に活かされていました。

判定負けに終わったものの、“みんなのチャンピオン”として認められたのも素晴らしかった。
親子の絆が完全に取り戻せた瞬間でしたね。
にゃむばなな
2011年12月11日 18:26
見終わった直後に「エイドリア~ン!」と叫びたい自分がおり、その頭の中には『ロッキー』のテーマが流れている。
見事に監督の思い通りになったような気がしますよ。
エイドリア~ン!
2011年12月14日 04:20
気持ちよく胸熱でした!
こういうのが観たかった(特に年末に…)
期待して観て期待どおりでした
SOAR
2011年12月14日 23:13
BROOKさん、こんばんは♪
チャーリーがツブしてしまったロボットたちの“イイトコ取り”でヴァージョンアップしていく展開はいいですよね。チャーリーの過去がちゃんと受け継がれていく感じでした。
そしてやはり音声システムが壊れてからが素晴らしいです。チャーリーの闘いっぷりに胸が熱くなりました。
SOAR
2011年12月14日 23:13
にゃむばななさん、こんばんは♪
あー、それわかります。試合の勝ち負けを超えた感動はまさにあの名作のようでした。
監督さん、あらゆる客層の心をがっちり掴んだのではないでしょうかね。
SOAR
2011年12月14日 23:14
おくやぷさん、こんばんは♪
そう!
こういうのが観たかったんだよ~って言える映画って、まさしくこういう映画なんですよね。
良くも悪くも期待どおり。それがいいんです♪
2011年12月17日 00:38
こんばんは。

王道の良さって、これを観ると痛感しますね。
やっぱり、映画って、面白いわっ♪

マックス君は、小生意気で怖いもの知らずなんだけど、反面、賢いしあのピュアでストレートな感情がね、、、もう、スドンと胸にきます(笑)
ラスト、父親とATOMのリンクを見て流す一筋の涙の美しさ…。
わたしは、二度目の観賞の方が、より泣けました!
SOARさんの吹き替えのニュアンの違いが気になります(笑)
2011年12月18日 07:16
旧式のロボットが最新式のロボットに打ち勝っていくストーリー。
新しいものが全てじゃない!のメッセージにも思えました。
例えば、電機製品。最近は長くて4~5年持てばいい、その頃には既に機能が古いですよとの案内に、我が家には20年近く動いてくれているビデオデッキのある事を思うんです。
技術者さん達の力を借りながら、何度も修理して同じ年月を歩いてきたビデオデッキ。今の技術屋さんは、部品が無いの一言で見てもくれません。

なので、マックス君が旧式のロボットを連れて帰って、最初は大人の助けをかりるも、あとは自分で改造して、しっかり使えるようにしていく様子、心に響きました。
最先端の事も知ってるけれど、新しいものをすぐ求めるんじゃなく、古いものに工夫を加えて使い続ける、いい男の子だなぁ…マックス君と。

戦って、闘って、負けちゃったけど、真のチャンピオンとして称えられるATOM、観衆達の温かさも、父と息子とロボットのステキな繋がりに、涙腺ゆるゆるでした…。

ほんっと、いい映画です~☆。
SOAR
2011年12月18日 17:11
オリーブリーさん、こんにちは♪
結局こういうストレートな王道作品を素直な気持ちで観たときに得られる感動こそが、真の感動なんでしょうね。

マックス君のATOMに対するピュアな思いが大人たちをも変えていきます。それはチャーリーやベイリーだけでなく、対戦相手側にもきっと何かしらの影響を与えたんじゃないかなあ。

笑いながら気付くと涙が出ちゃってるような、そんな温かな感動を堪能させてもらいましたね。

そうそう。
字幕版で「秘密だよ」だったか、ATOMとチャーリーに一回ずつ言いますよねマックス。
それが吹替えだとたしか「どうってことないよ」とか言ってたかと。(すいません、早くも記憶が曖昧に・・・。年ですな)
SOAR
2011年12月18日 17:24
みぃみさん、こんにちは♪
そうですねぇ。費用を惜しまず最新技術で作られたゼウスの学習能力も、結局はATOMの模倣能力に叶わなかったわけですからね。
もちろん工業界において新しい技術の研究開発は怠ってはいけませんが、そのことと古いものを排除していくこととはまた別問題なんですよね。
チャーリーがスクラップにしてしまったロボットたちから優れた機能をATOMに移植していくくだりは、いろいろなことを教えてくれてるようでもあります。父の思いを受け継ぎ、壊れたロボたちの無念も受け継ぎ、そして古き良き物と新しい物の融合。

そうしたマックスの想いが伺えるからこそ、ラストの闘いに私たちは涙せずにはいられないのだと思います。

この記事へのトラックバック

  • リアル・スティール

    Excerpt: 2020年、ロボット・ボクシングが全盛の時代。元プロボクサーの父親と幼い頃に捨てられた息子が、廃棄されていた旧型ロボットATOMを通じて親子の絆を取り戻してゆく感動の物語だ。主演は『ウルヴァリン:X.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2011-12-11 00:39
  • 『リアル・スティール』 共感を集める悲しい理由

    Excerpt:  【ネタバレ注意】  面白い映画を作りたい。多くの映画制作者がそう思っているだろう。  面白くするにはこうすべき、という鉄則はあるものの、それを踏襲したから必ず面白くなるとは限らない。  し.. Weblog: 映画のブログ racked: 2011-12-11 04:17
  • 映画「リアル・スティール(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレあります

    Excerpt: 映画『リアル・スティール(字幕版)』(公式)を本日初日第1回目の回で劇場鑑賞。キャパ182名に10名ほど。 採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら70点にしま.. Weblog: ディレクターの目線blog@FC2 racked: 2011-12-11 06:06
  • 劇場鑑賞「リアル・スティール」

    Excerpt: 父と子の、熱い絆… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201112090004/ リア.. Weblog: 日々“是”精進! ver.A racked: 2011-12-11 06:11
  • リアル・スティール

    Excerpt: 評価:★★★★☆【4,5点】(10) 超悪男子って、これどうみてもチャイナ系フレーズでしょ(苦笑) Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~ racked: 2011-12-11 08:16
  • リアル・スティール

    Excerpt: ハートウォーミングアクション!   Weblog: Akira's VOICE racked: 2011-12-11 10:31
  • リアル・スティール

    Excerpt: 2020年。 リモコンで遠隔操作されたロボット同士が戦う“ロボット格闘技”が大流行。 かつて優秀なボクサーだったチャーリー・ケントン(ヒュー・ジャックマン)は、ロボット格闘技の世界に身を転.. Weblog: 心のままに映画の風景 racked: 2011-12-11 11:08
  • No.287 リアル・スティール

    Excerpt: 【ストーリー】 ヒュー・ジャックマン主演、「ナイトミュージアム」のショーン・レビ監督で、ロボット格闘技を通じて父子が絆を取り戻していく姿を描く。2020年、リモコンで遠隔操 ... Weblog: 気ままな映画生活 racked: 2011-12-11 12:02
  • リアルスティール

    Excerpt: リアルスティール ★★★★★(★満点!) 人間の代わり、高性能のロボットが死闘を繰り広げる時代 夢に破れた元ボクサーの父と、息子がであったのは、 ゴミ置き場に捨てられた旧式ロボットATOMだった.. Weblog: 食はすべての源なり。 racked: 2011-12-11 12:18
  • 「リアル・スティール」 全部入り

    Excerpt: 夏ぐらいから盛んに予告編を流していた本作、さっそく初日に観てきました。 結果から Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2011-12-11 13:15
  • 『リアル・スティール』

    Excerpt: 『ロッキー』シリーズを近未来のロボットボクシングで再加工したかのような映画でした。安易に名作にオマージュを捧げるのではなく、ロッキー、ミッキー、エイドリアン、アポロ、 ... Weblog: こねたみっくす racked: 2011-12-11 18:27
  • 映画「リアル・スティール」感想

    Excerpt: 映画「リアル・スティール」観に行ってきました。 人間に変わり、ロボットがボクシングの試合を担うようになった近未来を舞台に、1体のロボットとの出会いから変わっていく父と子の絆を描く作品。 物語の舞台.. Weblog: タナウツネット雑記ブログ racked: 2011-12-11 23:03
  • リアル・スティール

    Excerpt: 王道な展開ながらもとても良い作品。 Weblog: だらだら無気力ブログ! racked: 2011-12-12 00:41
  • 【リアル・スティール】を映画鑑賞!

    Excerpt: 親子の絆・・・リアルスティールを観てきました  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング【あらすじ】2020年、ボクシングは、生身の人間ではなく高性能のロボットたちが闘う競技になってい.. Weblog: じゅずじの旦那 racked: 2011-12-12 07:37
  • 「リアル・スティール」安定した感動

    Excerpt: このところ低迷しているスピルバーグだけに、予告から見ても親子愛を描いた感動作に仕上げようとしたかんじが、正直ちょっと気になっていた。 ところが!そんな心配は全くなし。 やっぱり大御所。 飽きずに.. Weblog: ノルウェー暮らし・イン・原宿 racked: 2011-12-12 09:38
  • 【映画】リアル・スティール

    Excerpt: JUGEMテーマ:洋画 期待値はそんなに高くない状態で見に行きました。 最近は子供向けや邦画でもおっとりした作品が多くて見たいのは地元近くの映画館ではやっていない。 そんな時期だったから、かもしれな.. Weblog: 映画鑑賞&洋ドラマ& スマートフォン 気まぐれSEのヘタレ日記 racked: 2011-12-12 12:53
  • リアル・スティール

    Excerpt: 【REAL STEEL】 2011/12/09公開 アメリカ 128分監督:ショーン・レヴィ出演:ヒュー・ジャックマン、ダコタ・ゴヨ、エヴァンジェリン・リリー、アンソニー・マッキー、ケヴィン・デュ.. Weblog: 新・映画鑑賞★日記・・・ racked: 2011-12-12 14:07
  • リアル・スティール

    Excerpt: シュガー・レイ・レナードがボクシングの監修をしていて、ロボットの動きはモーションキャプチャーだという。ある意味狼男のヒュー・ジャックマンが情けない男性を見事に演じていて、子役のダコタ・ゴヨもすばらしい.. Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver racked: 2011-12-12 17:12
  • リアル・スティール

    Excerpt: 予告をみて期待して、期待通り 望んだ通り 気持ち良い なのであまり書くことがない 展開もテンポよく 興奮して テンションが張る なにより息子のマックス ダコタ・ゴヨくんの可.. Weblog: as soon as racked: 2011-12-14 04:18
  • 映画「リアル・スティール」父よ、あなたにここに居て欲しい

    Excerpt: 「リアル・スティール」★★★★ ヒュー・ジャックマン、エヴァンジェリン・リリー、 ダコタ・ゴヨ出演 ショーン・レヴィ 監督、 128分、 2011年12月9日公開 2011,アメリカ,ウォルト・ディ.. Weblog: soramove racked: 2011-12-14 07:12
  • 真の絆~『リアル・スティール』

    Excerpt:  REAL STEEL  2020年のアメリカ。ロボット同士が闘う格闘技「ロボット・ボクシング」が隆盛 を極める近未来。元ボクサーのチャーリー(ヒュー・ジャックマン)は.. Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2011-12-14 12:19
  • リアル・スティール (Real Steel)

    Excerpt: 監督 ショーン・レヴィ 主演 ヒュー・ジャックマン 2011年 アメリカ/インド映画 127分 ドラマ 採点★★★★ 捨てられてる子猫や子犬って、なんであんなにも愛くるしく見えるんでしょうねぇ。同じ.. Weblog: Subterranean サブタレイニアン racked: 2011-12-14 14:01
  • ダメおやじからの脱却。『リアル・スティール』

    Excerpt: ロボットの格闘技を通して結ばれた親子の絆の物語です。 Weblog: 水曜日のシネマ日記 racked: 2011-12-15 12:59
  • リアル・スティール いきなりどっかーんっと感情移入っ!o(T◇T)oオオオン

    Excerpt: 【=64 -11-】 ゴルフはそうとう向いていないようだ、俺・・・つるやカントリークラブ西宮北コース、ワースト更新┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~・・・147(6回目・平均141.3・Best131・Wors.. Weblog: 労組書記長社労士のブログ racked: 2011-12-16 11:35
  • 『リアル・スティール』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「リアル・スティール」 □監督 ショーン・レビ □脚本 ジョン・ゲイティンズ□原作 リチャード・マシスン □キャスト ヒュー・ジャックマン、エバンジェリン・リリー、ダ.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2011-12-17 09:36
  • 映画:「リアル・スティール」♪。

    Excerpt: 平成23年12月16日(金)。 映画:「リアル・スティール」。 【監   督】ショーン・レヴィ 【製作総指揮】スティーヴン・スピルバーグ/ ロバート・ゼメキス 【 キャスト 】   ヒ.. Weblog: ☆みぃみの日々徒然日記☆ racked: 2011-12-18 04:48
  • 映画『リアル・スティール』 観てきたよ~(^_^)b

    Excerpt: 予告編でもう泣きそうになってたんで、ハンカチ持ってスタンバイ♪ もう、ね、最高でしたよ~!! 諦めないことで、希望が見えてくる。 胸が熱くなる、親子の感動のストーリーです!! .. Weblog: よくばりアンテナ racked: 2011-12-18 20:06
  • ■映画『リアル・スティール』

    Excerpt: 最初、この映画の情報を見た時は「ロボット・ボクシング? 何それ面白いの?」と、あんまり期待していなかった私。 でも、映画を観ている最中から「おお、超悪男子、カッコいい! 子ども、生意気で可愛い!.. Weblog: Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ> racked: 2011-12-19 03:55
  • リアル・スティール

    Excerpt: 「リアル・スティール」――。 それは、親子の絆が生み出す、“本当の強さ”。 原題 REAL STEEL 製作年度 2011年 上映時間 128分 脚本 ジョン・ゲイティンズ 監督 ショーン・レヴ.. Weblog: to Heart racked: 2011-12-21 21:34
  • リアル・スティール / REAL STEEL

    Excerpt: ランキングクリックしてね ←please click リチャード・マシスンの同名の短編小説「四角い墓場」をもとに、s.スピルバーグ&R.ゼメキス製作 「ナイトミュ.. Weblog: 我想一個人映画美的女人blog racked: 2011-12-24 10:37
  • シネトーク92『リアル・スティール』●熱くて泣ける映画、久しぶりかもね

    Excerpt: 三度のメシぐらい映画が好きな てるおとたくおの ぶっちゃけシネトーク ●今日のてるたくのちょい気になることシネ言 「ネタバレしてるのに“ネタバレ注意”と書いてない映画記事がムカツく」 .. Weblog: ブルーレイ&シネマ一直線 racked: 2011-12-28 04:21
  • 「リアル・スティール」感想

    Excerpt:  リチャード・マシソン原作の短編小説「四角い墓場」を、「ナイトミュージアム」のショーン・レヴィ監督、「ウルヴァリン」のヒュー・ジャックマン主演で映画化。  近未来、ロボットボクシングの隆盛により戦う.. Weblog: 新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~ racked: 2011-12-28 18:48
  • リアル・スティール

    Excerpt: リアル・スティール'11:米◆原題:REAL STEEL◆監督:ショーン・レヴィ「ナイト ミュージアム2」◆出演:ヒュー・ジャックマン、エヴァンジェリン・リリー、ダコタ・ゴヨ、アンソニー・ ... Weblog: C'est joli~ここちいい毎日を~ racked: 2012-01-11 15:09
  • 「リアル・スティール」

    Excerpt: 今年一発目の映画。 今年は映画感想は簡単にする。見た映画をすべてメモするとなると、簡単にしないと時間がかかって、しょうがないからだ。 Weblog: 或る日の出来事 racked: 2012-01-15 20:09
  • 映画『リアル・スティール』を観て

    Excerpt: 11-84.リアル・スティール■原題:Real Steel■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:128分■字幕:松浦美奈■料金:1,000円■鑑賞日:12月14日、TOHOシネマズ渋谷□監督・.. Weblog: kintyre's Diary 新館 racked: 2012-01-28 16:43
  • 映画:リアル・スティール

    Excerpt:  原作はアイ・アム・レジェンドのリチャード・マシスン、監督はナイトミュージアムシリーズのショーン・レヴィ。さらに製作総指揮にロバート・ゼメキスとスティーヴン・スピルバーグらが参加。こんなメ.. Weblog: よしなしごと racked: 2012-02-12 05:52
  • 「リアル・スティール」

    Excerpt: 映画「リアル・スティール」 REAL STEEL を観ました ショーン・レヴィ監督 スティーヴン・スピルバーグ/ロバート・ゼメキス製作総指揮 2011年 アメリカ   ロボット・ボクシングはもの.. Weblog: ここはここ racked: 2012-03-19 01:09
  • リアル・スティール

    Excerpt: REAL STEEL/11年/米/128分/ロボットアクション・ドラマ/劇場公開(2011/12/09) -監督- ショーン・レヴィ 過去監督作:『デート&ナイト』 -製作総指揮- ◆ロバート・ゼメキ.. Weblog: 銀幕大帝α racked: 2012-05-25 03:26
  • リアル・スティール

    Excerpt: ボクシング映画に間違いはないという言葉がありますが、これもそれにあたるかな。話そのものには目新しい事は特にありません。 ハリウッドらしい娯楽作、多少の突っ込みどころはあるにせよ、迫力ある映像.. Weblog: いやいやえん racked: 2012-05-31 09:46
  • 「リアル・スティール」(REAL STEEL)

    Excerpt: 人間に代わり、ロボットが死闘を繰り広げるロボット格闘技の世界を舞台に、すべてを失った元ボクサーの男が最愛の息子との絆(きずな)を取り戻していく姿を描いた近未来アクション・ムービー「リアル・スティール」.. Weblog: シネマ・ワンダーランド racked: 2012-07-16 00:01
  • リアル・スティール  この冬最高のアクションムーヴィー

    Excerpt: 今年初の映画レビューをようやくアップ! もうそろそろ公開終了かもしれませんが、オススメ!! リアル・スティール / REAL STEEL 2020年、近未来のアメリカではロボットによ.. Weblog: RISING STEEL racked: 2012-08-09 12:11