『ポテチ』・・・キリンに乗ってくから!

確信した。伊坂幸太郎作品の映画化は監督・中村義洋、音楽・斉藤和義でなければ成立し得ないことを。
中村×斉藤によって作り出される伊坂ワールドは原作ファンを決して裏切らず、それでいて一本の映画としての魅力に満ちている。このタッグでは3作目となる伊坂ワールド、その素晴らしさを今回も存分に堪能した。
(劇場での鑑賞は『ゴールデンスランバー』に次いで2作目)


「僕、すごいことに気付いちゃったんです」

主人公の今村忠司の序盤のセリフである。それがどんな“すごいこと”なのかを観ている人がどこで気付くかが本作の最大のポイントだと思う。言い換えるならどこまで気付かずに観続けるか、だ。

今村には同棲中の若葉という彼女がいる。で、ある状況下で今村が彼女にポテトチップスを買ってくるシーンがあり、今村が若葉に手渡したのが彼女希望のコンソメ味でなく自分に買ってきた塩味だったことでちょっとした悶着が発生してしまう。もっとも若葉は本気で怒っているわけではなく、「食べてみたら塩は塩でおいしいので、まちがってくれてよかったかも」といった趣旨の発言をするのだが、ここで今村がなぜかはらはらと泣き出してしまうのだ。

原作を知っている者なら若葉の言葉から彼が何を感じ取ったのか、その涙の意味が痛いほど伝わるのでこちらまで泣きそうになってしまう名場面である。ところが、事情を知らずに観ていると、Sっ気のある彼女の一言に気弱な青年がうるうるしている図にも見えてくるわけでこの場面、観る人によって泣きどころにも笑いどころにもなるという映画的に非常に面白いシーンだと思う。

つまりだ。今村が気付いた“すごいこと”とはそれこそ出生にまつわる重要事項。ところがそれが明かされていく前に彼が“気付く”のが今更ながらの「万有引力の法則」や「三角形の内角の和」なので、まずは笑いが先行していくのだ。やがて健康診断、同じ誕生日、同じ病院といったキーワードから一つの可能性が導き出されたとき、観ている者の胸の内に大きな何かがようやく、そして一気に押し寄せてくるのである。


伊坂×中村に欠かせない俳優が濱田岳。今回の彼もとにかくよかった。事情を知らない周囲を戸惑わせるプロ野球の尾崎選手への異常なまでの執着ぶりを熱演。原作の今村のイメージと必ずしも合致するキャラではない彼が、こうもすんなりと今村になり切るとは・・・。濱田の使い方をわかり切ってる中村監督の手腕おそるべし。もちろん濱田岳のウマさあってのことなのは言うまでもない。

今回私が濱田以上に惹かれたのが若葉を演じた木村文乃。「ぶっとばすよ!」が口癖の若葉を、原作から飛び出してきたかのような、むしろそれ以上の勢いで演じていたのではなかろうか。野球に関して冷めている彼女の気持ちが、クライマックスの野球観戦シーンで徐々に高まっていく様子は圧巻。
膝の上でわなわなと震える彼女の握りこぶし。

“そんなもんじゃないだろ” “どうしたんだよ”

今村の想い、彼の母親の想い、今村が慕う男、黒澤の想い、そして打席に立つ選手、尾崎の想い。“すごいこと”を知っている者知らぬ者。ポテチの取り違えで泣き出した命の恩人今村にまつわるそうしたすべてのことを理解した若葉が今、グランドの尾崎に向かって声を限りに叫ぶ。

「野球ヒーローだったんじゃないのかよ!!」

“ホームランなんてただボールが遠くに飛ぶだけじゃん”が持論だった彼女が、直後、尾崎の放ったホームランに立ち尽くし涙する。

「・・・だって、ただのボールがあんなに遠くに」

あ~、この場面、最高だったなあ。読んだときとは違う種類の感動を、中村監督と女優木村文乃のおかげで改めて味わうことができた感じだ。


なにせネタバレできない作品なので核心に触れられないのが何とももどかしいのだが、伊坂幸太郎ファンもケチのつけようがない完璧な映画化なのは間違いない。原作「ポテチ」は「フィッシュストーリー」の中の一編であり、中村×斉藤×濱田で先に映画化された表題作「フィッシュストーリー」も素晴らしい作品である。映画も原作もとにかくおすすめなので未見未読の方はこの機会にぜひ。ちなみに本作で黒澤がとあるカップルを脅すシーンがあるが、ここで引き合いに出すこわーい話は同じく「フィッシュストーリー」収録の一編が元ネタである。
そもそも黒澤というキャラは伊坂ファンにとっては超お馴染みの男なのである。また本作のヒロイン若葉もある伊坂作品に登場しているキャラなので、興味のある方は探してみるのも楽しいかと。

わずか68分に込められた切なくも温かい・・・いや、温かくも切ない人間模様に、私は原作を知りながらも涙を止めることができなかった。伊坂×中村×斉藤。ここに俳優・濱田岳が加わった時、映像作品としての究極の伊坂ワールドが誕生する。映画は長けりゃいいってもんじゃない。

傑作。


この記事へのコメント

2012年05月13日 10:36
おはようございます。ご無沙汰してました。
きっとSOARさんがご覧になっているはず、とお邪魔したらどんぴしゃり!
いつもながら、全く、言いたいことを全部綺麗に仰っていただいて感謝感謝です。

小説を読んだ時の今村のイメージは、やっぱりわたしも濱田くんではなかったけど、
この役は彼でなければならないくらいによかったですね。
そうか、それぞれの台詞はこんな間と声音で言ってたんだ、と思ったり。
長編の大作も伊坂作品の醍醐味だけれど、このお話を映画化してくれるというだけで嬉しかった、
その期待を満足させて余りある作品でした。
観終わった時、なんでわたしは1人で観たんだ、
何で伊坂ファンと一緒に観て、そのまま語り合えないんだ、と悔しい気持ちになりました。
SOAR
2012年05月13日 11:42
悠雅さん、こんにちは♪
短編集「フィッシュストーリー」の中で一番好きなのがこの「ポテチ」でした。映画化に向かなそうなこの作品をよくぞといった気持ち、私も同感です。

伊坂さんが書き上げた構成の妙をアレンジを加えながらも完璧に映像化し続ける中村監督、ホント素晴らしいです。斉藤和義の音楽も伊坂ワールドにぴったりなんですよね。そして毎回みなさん口をそろえて絶賛する岳くん!
本作でもその存在感に圧倒されました。けっしてオレがオレがキャラでもないのにうまいよなあ。

例のポテチ取り違えシーンで、横に三つほど離れた席の女性がクスクス笑ってたんですよ。私はもちろん泣きそうだったわけですが(笑)、その後の展開によりあそこが実は泣き所だったと気付いた時、彼女はきっと伊坂幸太郎の真骨頂に感動したんじゃないかなあ。

映画化に当たり原作ファンが納得する稀有な例でもある伊坂×中村。これに斉藤さんの音楽を重ね、あとは脇でもいいから岳くんを配しての次回作を楽しみに待ちたいところですね。

伊坂作品をよく知ってる監督だからこその一本。それについて本と映画双方の視点で語れる相手がいるってうれしいことですよね!
2012年05月17日 21:08
あのポテチを取り間違えたシーンで泣けなかったのは凄くもったいないと、今更になって思いましたよ。
原作未読者にとってはあのシーンは何てことないシーンなんですが、全てを知ってから見るとあのシ-ンが一番泣けるじゃなイカ!
あぁ~原作を読んでから映画を見るべきだった~。
SOAR
2012年05月18日 19:59
にゃむばななさん、こんばんは♪
後になって「そういうことだったのか!」と気付かされる醍醐味もありますよね。で、もう一度最初から観たくなるという・・・。私『ゴールデンスランバー』は未読鑑賞だったので、まさにそんな感じでした。
予告編を見直してみたというにゃむばななさんのお気持ち、よ~くわかりますよ~。
2012年05月21日 22:10
原作を未読でみたので、彼が泣いている意味ははっきりとはわからなかったのですが検査をしたあたりからなにかあるんだろうなあ…と思って観ていました
彼の事情がわかってからもそういう事情があるんだね…と泣くでなくさめるでなくエンディングを迎えて、曲が流れて歌詞をきいてなんだか一気にあふれ出ました
人は心にひっかかっていることをなんでもないことのように思って防御しようとすることがありますが、でもあるきっかけで溢れ出してしまう
曲で崩壊してしまった
大変なことをなんでもなく、でも忘れ去るわけでなく
曲にスイッチを押されてしまったなあ…
2012年05月25日 00:53
こんばんは~★

原作は全く知りませんでしたが、割りに早い段階で真相には気づき、
ポテチのシーンでは確信になり、うるうるで
今村のアノ行動で決壊しちまいました~。

若葉役の木村さん、今回のクロサワの大森さんも良かったです~!
SOARさんの記事を読む度、また涙が・・(ノ_-)。
SOAR
2012年05月27日 01:43
おくやぷさん、こんばんは♪
エンディングの曲、歌詞まで追ってなかったのですが、なるほど、そうだったんですね。そうそう、泣くでもなく冷めるでもなくという見る側の心境って、まんま彼の心理でもあるんですよね。彼、この事実について大きく動揺はしていますが必ずしも悲しいこととして受け止めてるわけでもないし、必死になって受け入れようとしているわけでもない。
誰がなんと言おうと自分の母親はただひとり。むしろ今の母親のことこそを気遣っている彼の心のきれいさに打たれました。
SOAR
2012年05月27日 01:43
kiraさん、こんばんは♪
観終わってみて気付くのは、わかりやすい伏線の数々。なんだ、あちこちに真相のヒントあったんじゃんって。だからkiraさんのように早々に気付ける方もいるんですよね。これもまた伊坂×中村ならではなんだと思ってます。
木村文乃は何か月か前のNHKの深夜番組で知って以来気になる女優さんだったのですが、初めてスクリーンで拝見して今後が楽しみになりました。
2012年05月28日 22:34
全部、既読のあとの映画です。
まず読んでしまうんで。
で、今回のが一番よかった。
世界観がきっちり出てた。
実は私、中村監督をなんとも評しがたくて、一本彼のオリジナルな映画を見てみたいのですよ。
ぜひとも、そこで手腕が見たいなあと。
濱田くんがとにかく絶品でしたなああ。彼ならではでしたね。あの味わいは。
SOAR
2012年05月29日 01:14
sakuraiさん、こんばんは♪
ゴールデンスランバーやフィッシュストーリーも捨てがたいけど、私もやっぱりコレですかね。

ああ、確かに。中村監督って他にどんなの撮ってるんだっけと調べてみたら、なるほど原作依存の傾向ありますね。つまりは原作の良さを引き出す才能に長けている方なんだと思いますが、その分オリジナルが見てみたくもあります。

この記事へのトラックバック

  • ポテチ

    Excerpt: 空飛ぶキリン。コンソメ味。ピタゴラスの定理。 Weblog: 悠雅的生活 racked: 2012-05-13 10:29
  • 『ポテチ』 「絆」よりもヒステリシス!

    Excerpt:  中村義洋監督!伊坂幸太郎原作!濱田岳主演!  まさしく鉄板の陣営だ。『アヒルと鴨のコインロッカー』、『フィッシュストーリー』、そして『ゴールデンスランバー』で私たちを楽しませてくれた人々が、ま.... Weblog: 映画のブログ racked: 2012-05-13 12:20
  • ポテチ

    Excerpt: ポテチ@スペースFS汐留 Weblog: あーうぃ だにぇっと racked: 2012-05-13 13:26
  • 「ポテチ」 口には出さない秘めた「想い」

    Excerpt: 伊坂幸太郎さんの短編「ポテチ」を、中村義洋監督が映画化しました。 中村監督は伊坂 Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2012-05-13 17:08
  • ポテチ

    Excerpt: Data 監督 中村義洋 原作 伊坂幸太郎 出演 濱田岳  木村文乃  大森南朋  石田えり  桜金造 公開 2012年 5月 Weblog: 映画 K'z films 2 racked: 2012-05-14 00:29
  • ポテチ

    Excerpt: 伊坂幸太郎原作の「フィッシュストーリー」にある短編小説を映画化。監督は伊坂作品と言えばこの人、『アヒルと鴨のコインロッカー』、『ゴールデンスランバー』を手がけた中村義洋だ。更に主演は伊坂+中村といえ.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2012-05-15 01:25
  • ポテチ

    Excerpt: わずか68分の中編映画「ポテチ」は、サックリとしたポテトチップスのような味わい。宮城県仙台市。空き巣を生業とする青年・今村は、同じ年、同じ日、同じ街で生まれたプロ野球の ... Weblog: 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 racked: 2012-05-16 07:43
  • ポテチ

    Excerpt: やっぱ濱田岳だな。彼の醸し出す独特の存在感がイイ! Weblog: だらだら無気力ブログ! racked: 2012-05-17 00:19
  • 『ポテチ』

    Excerpt: 68分は短すぎる!でも見終わった後に予告編を改めて見るとこれが濃密な68分だったことに気付かされました。あぁ~原作を読んでから映画を見るべきだった…。 仙台で出来るだけ早く ... Weblog: こねたみっくす racked: 2012-05-17 21:15
  • ポテチ 【映画】

    Excerpt: 人はたまに すごいことに気づいちゃうね でもそれはずっと変わらず存在していた営みだったりする 気づいても 気づかなくても 今までも在って これからも在る営みだったり.. Weblog: as soon as racked: 2012-05-21 22:11
  • ポテチ(2012-068)

    Excerpt: ポテチ MOVIXさいたま 宮城県仙台市、生まれた年も日にちも一緒の2人は成長した後、 片方はプロ野球の人気選手、もう片方は空き巣というまったく異なる人生を歩んでいた。 ある日、空き巣をなり.. Weblog: 単館系 racked: 2012-05-22 22:00
  • どっちも同じ『ポテチ』じゃないか。

    Excerpt: ポテチ ★★★★★ 伊坂幸太郎×中村義洋×斎藤和義 さらに濱田岳主演に大森南朋のスパイス、 これでおもしろくないわけがない! 人気作家・伊坂幸太郎の短編小説集「フィッシュストーリー」所収の1篇を 『ゴ.. Weblog: Healing racked: 2012-05-23 22:19
  • ポテチ

    Excerpt: 製作年度 2012年 上映時間 68分 原作 伊坂幸太郎『ポテチ』(新潮文庫刊『フィッシュストーリー』所収) 脚本:監督 中村義洋 音楽 斉藤和義 主題歌『今夜、リンゴの下で』 出演 濱田岳/木村文.. Weblog: to Heart racked: 2012-05-23 23:41
  • ポテチ

    Excerpt:  『ポテチ』を渋谷のシネパレスで見ました。 (1)本作は、映画『ゴールデンスランバー』などの制作に携わった3人〔伊坂幸太郎(小説家)+中村義洋(監督)+斉藤和義(ミュージシャン)〕の組み合わせで、わ.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2012-05-24 05:50
  • [映画『ポテチ』を観た(超短信)]

    Excerpt: ☆・・・『ポテチ』なんて題名の映画、全くそそられなかったのだが、監督(中村義洋)や原作者(伊坂幸太郎)の名を聞いて、ちょっと気になっていた。  さて、見てみると、これがかなり面白い。  珍しい68.. Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 racked: 2012-05-24 06:04
  • 「ポテチ」 そのまんま伊坂ワールド

    Excerpt: 監督 中村義洋 Weblog: ももたろうサブライ racked: 2012-05-24 08:22
  • ポテチ

    Excerpt: 凄いことに気付く凄い奴! Weblog: 迷宮映画館 racked: 2012-05-28 22:35
  • 『ポテチ』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「ポテチ」□監督・脚本 中村義洋□原作 伊坂幸太郎□キャスト 濱田 岳、木村文乃、大森南朋、石田えり、中林大樹、松岡茉優、阿部亮平、       中村義洋、桜 金造■.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2012-06-04 08:18
  • ポテチ

    Excerpt: 本編が全て終わった時に、やっとタイトルの意味が判りました。俗語で軽くってコンビニ言葉で、さほど有難味のない単語、ポテチ。ポテトチップの事だと、誰でも簡単に判る。でもこの作品のタイトルに込められた思.. Weblog: ここなつ映画レビュー racked: 2012-06-18 15:11
  • ポテチ

    Excerpt: 12年/日本/68分/コメディ・ドラマ/劇場公開(2012/05/12) -監督- 中村義洋 『ゴールデンスランバー』 -原作- 伊坂幸太郎『ポテチ』 -脚本- 中村義洋 -音楽- 斉藤和義 -主題歌.. Weblog: 銀幕大帝α racked: 2012-10-28 23:26