『ワールド・トレード・センター』の価値

8月の『ユナイテッド93』に続いて、同じくあの「9.11」を扱った作品、『ワールド・トレード・センター』を観た。

【多少ネタバレあり】
崩壊した世界貿易センタービルで生き埋めになった二人の警官ジョンとウィルが救出されるまでを、暗闇での二人の会話や回想を中心に、安否を気遣うそれぞれの家族の様子と合わせて描いている作品である。
映像と音響効果はかなりのものだと思う。明と暗、静と動がうまく表現されていて、これについては劇場鑑賞でなければ味わえないド迫力。突然スクリーンが真っ暗になり音も無くなってしまうという表現が何度かあって、その間合いがなんとも絶妙だった。最初の時は劇場側のトラブルかと思ってしまったよ(笑)

しかしながら『ユナイテッド93』を見終わったあとに感じたような強烈なインパクトは正直なかったな。そのかわりウィルとその妻アリソンの間に生まれ来る子供の名前についての件(くだり)や、ジョンの妻ドナが病院で出会うエレベーターボーイの母親など、ホロリとさせられるシーンは満載である。
そのあたりが逆にオリバー・ストーン監督らしくないような気もするが、当時ビル内にいたビジネスマンたちの悲劇ではなく、あとからビルに入っていわば二次災害にあった警官のほうをあえて描いている点では彼らしいと言えるかもしれない。

事故、遭難、生死の瀬戸際、家族、そして生還。

こう考えるとテーマとしてはけっして目新しい部類の映画ではない。もっと言ってしまえば似たようなテーマでより感動を与えてくれる映画はいくらでもある。だがこの作品の意義とはそういうことではないんじゃないかな。

一睡もせず気付けば朝までテレビに釘付けになっていたあの日。

マンハッタンを代表する摩天楼があっけなく崩れ落ちる様を捉えた映像に、言葉を失ったあの日。

あの日・・・2001年9月11日にアメリカで起こった史上最悪のテロリズムを、世界中の人の記憶に残しておくための手段の一つとしての価値が、『ユナイテッド93』と『ワールド・トレード・センター』にはきっとあると思うのだ。

☆『ワールド・トレード・センター』公式サイト
☆『ユナイテッド93』公式サイト

"『ワールド・トレード・センター』の価値" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント