『おっぱいバレー』・・・「道程」そして「道標ない旅」

ただただおバカなだけの映画だろうと予定に入れてなかったのだが、日頃お世話になってる映画ブロガー諸氏、特に私と世代の近い男性陣がまずまずの評価をされているので、ワーナーマイカルの千円の日を利用して観ることにした。

弱小バレー部の新任顧問となった寺嶋美香子(綾瀬はるか)が、おっぱいに憧れるおバカな部員たちと交わした約束。それは「試合に勝ったらおっぱいを見せる」というものだった。

この約束で俄然やる気になった部員たちの姿に感動しつつも、「勝ったら困る!」という本心も当然ある美香子先生。そんな悩める女性教師を綾瀬はるかが好演。当たり年だった昨年に続き今年の彼女もよさそうだ。

おっぱいおっぱいと連呼する部員たちを「オバカなやつらだなあ」と呆れながら見ているうちに、自分が中学生の頃もけっきょくそうだったことを思い出した。女子のブラジャーがどうだとか、誰それ先生の胸がどうだとか、そんな話ばかりしてたよなあ。頭の中がそういうことでいっぱいだった時代なんだ。そもそも当時のエッチな思いって案外純粋なんだよね。具体的な嫌らしさなんてないのだ。ただ見たくて、ただ触りたくて・・・。

この作品が単なるおバカコメディに終わってないことも評価したい。
美香子が抱えるトラウマの重さ。かつて自分の保身のために生徒に嘘をついたことがある美香子は、それゆえ彼らとの約束を反古にしたくない思いが強いのだ。
そして自分が中学生の時に犯してしまった万引き。そのときに出会った原田先生とのエピソードも胸が熱くなる。
墓前で出会う原田の妻(市毛良枝)に家に招かれた美香子が、そこで初めて知る当時の真実も私にはかなり効いた。

70年代を代表する楽曲群も懐かしいものばかり。オープニングの「渚のシンドバット」でつかみはOK。ひたむきな少年たちには「HERO」がバッチリ似合った。レストランでのピアノによる「オリビアを聴きながら」がいつの間にか「卒業写真」になり、続くホテルのシーンで途切れることなくストリングスアレンジに変化していくところなども、なかなかやるな~と感心。
でも一番のツボは永井龍雲の「道標ない旅」だろう。歌詞が高村光太郎の「道程」にこうも見事にリンクするとは今まで気付きもしなかった。(「道標~」は以前カラオケでよく歌ったのに)
初戦を不戦勝で勝ち進んだ2試合目。第2セットを取り返して迎えた第3セット。メンバーを1軍に入れ替えた竜王中にことごとくやられてしまう場面に流れるこの曲がとても印象的だった。

こうした曲についつい気を取られてしまいがちだが、佐藤直紀が創り出す切なくも優しいメロディーが70年代の風景にすんなり溶け込んで、これもまた素晴らしい。彼が手掛けるこの手のBGMはやはりいいなあ。(私がいろんな意味で注目している9月公開の某作品の音楽は彼とのことで、こちらも大いに期待したいところである)

試合に負けてしまったバレー部員と、妙な約束が学校側に知られてしまった美香子。
交わされた約束はどうなるのか。美香子の処分は?
感動のラストはぜひ劇場で。私、かなりウルッときました。これ、隠れ名作となりそうな予感!

 ☆『おっぱいバレー』公式サイト

4/23追記
記事中「私がいろんな意味で注目している9月公開の某作品」とは言うまでもなく『BALLAD 名もなき恋のうた』のことです。元作品、『クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』が純愛を描いたアニメとしては稀に見る傑作であることはご存知の通りで、私の大好きな作品でもあります。
主演俳優が本日逮捕されたことが『BALLAD~』にどう影響するか、ご本人の今後も含めとても心配です。

"『おっぱいバレー』・・・「道程」そして「道標ない旅」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント