『サブウェイ123 激突』・・・情けないぞNYPD

ジョン・トラボルタ演じる地下鉄ジャック犯ライダーと、デンゼル・ワシントン演じる地下鉄職員ガーバーの心理戦。二人の名優のぶつかり合いはそりゃあもう見応えがあった。しかしながら、う~ん、逆に言えば主演がこの二人じゃなかったらあまり記憶に残らない作品のような気も・・・(汗)

前置きにダラダラと時間をかけずに事件が発生する導入は好印象。あれよあれよという間に乗っ取られるスピーディーな展開は、まるで劇中の乗客たちといっしょにこの事件に巻き込まれたかのような独特のスリルがあった。
ネゴシエーターが関連当局のプロではなく、たまたま運行指令室で席についていた職員というのも、先が見えない感じでサスペンスとしては面白い設定だと思う。

何よりこの作品が面白いのは単なる身代金目的の犯行ではないことで、捜査が進むにつれ徐々に明らかになるライダーの素性から、要求額の意味と彼のNY市長に対する私怨が浮かび上がる。さらにライダーが見据えるのは地下鉄ジャックによる株価下落であって、彼にしてみれば身代金はこのジャックを事件として成り立たせるための手段でしかないのも興味深かった。こういう乗っ取り身代金要求物で、犯人が自分の起こした事件による株価の動きをチェックするというパターン、あまり描かれたことがないんじゃないかな。

それにしてもNYPDが情けない。身代金をパトカーと白バイで運ぶ発想自体は間違ってないと思う。市内での移送にヘリを飛ばすのは準備や離発着の手間を考えると時間が掛かりすぎる。しかしさあ、同時スタートの先導白バイが要所要所で道路を封鎖して回るって作戦はどう考えてもおかしいぞ。目的地までのルートが決定したら真っ先にその区間を所轄が封鎖しておくのがセオリーじゃないかなあ。あんな一か八かの曲芸走行じゃ、そりゃあ事故るわな。
まあガーバーとライダーの息づまる交渉シーンの合間に挿入されるこのカーアクションは、映画的には別の意味で有効だった気もするけどね。
情けないその2。SWATだか市警の特殊部隊だか、地下鉄内に展開した狙撃班の彼!だめだよ~あそこで撃っちゃあ!(笑)
情けないその3。ラストで橋の上で対峙するガーバーとライダーの所に駆け付けるのが、なんで普通のおまわりさんたちなんだ?(しかもへっぴり腰の)
絵的に欲しいのは制服私服はともかく、やっぱりライフルやショットガン構えた精悍な警官だよなあ。

・・・ちょっと自分の趣味で劇中のNYPDを非難してしまったが、たぶん似たような考えを持った方も多いはず。

単純に狂気を表現するだけではないトラボルタの演技がいい。冗舌になったり急に目付きが鋭くなったりと、こういう“紙一重”的な役どころはゲイリー・オールドマンあたりがとにかくウマいけど、トラボルタのイっちゃった目や半端じゃない切れ具合もかなりの恐ろしさだった。
対するデンゼル・ワシントン。一瞬彼だとわからないほどのふっくらした丸顔に拍子抜けしたものの、悲しい目をした正義の男(私のイメージ)は本作でも健在で、いかにもな彼らしさがあふれていた。
この二人が無線でやりとりしているくだりがもっともおもしろい。ここから事件の裏側がポロリポロリと見えてくるので聞き漏らせないし目も離せないという緊張感の持続が強いられ、自然と引き込まれてしまうのだ。ただし、ガーバーとライダーが接触するあたりからは急速にそんな面白さがしぼんじゃったような気がする。
また、乗客の元空挺隊員、ビビッておしっこが出なかった男、何かしでかしそうな少年、そしてビデオチャット中のノートパソコンなど、なんとなく伏線を思わせるあれこれが結局活かされずに終わったのも正直ちょっとシラけたかも。

VFXやアクションに頼らない俳優同士のまさに“激突”する演技の迫力は最近観た作品の中ではダントツだったが、それだけではどうしても物足りなくなる。
リメイクであるうえにこのジャンルだ。新鮮味や奇抜さという名の高いハードルがあっただろうし、そんな中でけっしてマンネリな内容ではなかったことは評価したいが、もうひとつ、何かが欲しかったなと言ったら欲張りすぎだろうか。

そうそう。颯爽と現れたものの一瞬にしてライダーに嫌われてしまったイタリアンな警部補。最後はヘリから手を挙げてカッコつけてた(?)けど、ジョン・タトゥーロだけにあの時はもう勝負パンツに履き替えてたんだろうな~(爆)

 ★『サブウェイ123 激突』公式サイト

"『サブウェイ123 激突』・・・情けないぞNYPD" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント