『ゴールデンスランバー』・・・「信じてるんじゃない、知ってるんだ!」

逃げること、生きること。
冒頭で旧友の森田(吉岡秀隆)からこの二つを言い聞かされ、青柳(堺雅人)の逃走が始まる。前置きにさして時間は割かれず、明かしてしまえばラストも実にシンプルだ。しかし最初から最後までこれでもかと張り巡らされる伏線が、前後しながら絶妙なリズム・テンポで解かれていく感覚がとにかく気持ちいい。

例えば青柳が2年前にある事件で関わったアイドル凛香(貫地谷しほり)。予告で知っていた本筋に対しこの子の存在に何の意味があるんだかと思っていると、彼女がちらりと語っていた一言がかなり重要な展開を見せることになるのだ。終盤、車の中での彼女とマネージャーのセリフなどでき過ぎていて見事である。
そして彼女が秘めるある疑惑が最初に提示されたエレベーターのシーンにつながり、それをダメ押しで最後の最後にもう一度持ってくるという監督のセンス。
そういうことか。エレベーターの帽子男はそういうことか。
さらにこのラストでは駆け寄った一人の少女がある行動を取るのだが・・・このあたりはもうため息モノであった。

前述した森田の“逃げろ生きろ”の言葉も、中盤に病院内で入院患者(柄本明)からもう一度言われる。それは言いっぱなしとはならず実にユニークな手助けを受けることになり、そのまま青柳たちの学生時代の花火打ち上げアルバイトの思い出へとリンクしていく。ベンガル演じる花火職人も回想シーンだけかと思いきや、最後に現在の時系列でも登場。回想で憂いていた問題がちゃんと解決している上、刑事を前に言い放つ一言がまた最高だ。

連続殺人容疑で指名手配中の少年や電話でのみ登場する整形外科医、またバイクでツーリング中の親子などとの関わりも含め、雑然とちりばめられたキャラクターたちの一言一言が巧みにつながり合っていく様は本当に見事としか言いようがない。

伊東四朗もイイ。彼演じる父親が報道陣の「息子さんを信じたいお気持ちはわかるが・・・」という問いに対して、「信じてるんじゃない、知ってるんだ!」と切り返す。息子の無実を確信する父親の熱い言葉だ。
以前にも書いたが彼がこれまでに演じてきた父親役や刑事役が私は大好きで、本作でも彼らしい父親像を見せてくれた。やっぱイイなあ伊東四朗。

逃げる青柳に次々と接触してくるかつてのサークル仲間や先輩社員のさり気ない言葉がまたいい。容疑者に仕立て上げられそれがテレビで報道される中で、彼らは青柳の犯行などとはこれっぽっちも思ってないのだ。
「で、お前じゃないんだろ?」と笑顔で接する先輩といい、ある場所で書き残した「おれは犯人じゃない」というメモに元カノ晴子(竹内結子)が書き足す「だと思った」の一言といい、父親同様仲間たちも彼が犯人じゃないことなどわかりきっていると言わんばかりのそっけなさ。けっして状況説明口調ではない単純で短い言葉が実にリアルでよかった。原作でもそっけないのに熱く心強い言葉たちがこうして飛び交っているのだろうか。だとしたら読まないわけにはいかないね。

まずイイトコをざっと書いたが、一方で中だるみというか退屈に思えてしまうパートも正直あった。息もつかせず一気に見せるシーンと、ふっと緊張を緩ますようなシーン。両者のバランスがいまひとつだったような。眠気に至るほどではなかったものの、早く次次~!とスピーディな展開を促したくなることもしばしばで、逃亡劇というスタイルに139分という長尺を考えると一工夫がほしかったところではある。

あえてツッコミどころも挙げてしまうと、まずiPodに刺さった●●の角度は不自然だ。また、朽ち果てたクルマはバッテリー換えただけじゃダメだろう。プラグ、キャブ(だよねあの年式は)、オイル、ガソリン、タイヤの空気圧・・・。錆びたり腐ったりヘタったりしてたはず。
そうそう、赤いイヤマフのショットガン刑事(永島敏行)。彼の役どころは指揮系統からはみ出した狂気の警官って感じだと思うのだが、どうもそういう怖さが感じ切れなかった。あのニヤリは怖いんだけどちょっと違うかなみたいな。
それにしてもぶん殴られた竹内結子はカワイソウだった~。回想シーンで大学生時代を演じる彼女があんまりかわいいのでフラフラと惚れかけてたのだ(笑)

まあそれでもとにかく。本作が非常に面白い作品であることに変わりはない。張られた伏線が絡み解かれを繰り返す楽しさを存分に堪能した。オススメ!

"『ゴールデンスランバー』・・・「信じてるんじゃない、知ってるんだ!」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント